ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Robert Stephenson - Wikipedia
ロバート・スチーブンソン
(Robert Stephenson)

FRC (王立学会フェロー) のロバート・スチーブンソン (1803 年 10 月 16 日 - 1859 年 10 月 12 日) は初期の鉄道技術者であった。 「鉄道の父」であるジョージ・スチーブンソンの唯一人の子息として、 彼は父親の業績の上に積み上げた。ロバートは 19 世紀のもっとも偉大な技術者と呼ばれてきた。


ロバート・スチーブンソン、1856 年

ロバートはジョージ・スチーブンソンとフランシス・ヘンダーソン (旧姓) の下にノーサンバーランド (Northmberland) のウィリントン・キー (Willington Quay) で生まれ, その後、キリングワース (Killigworth) に移住し、そこでロバートは地元の村の学校で学んだ。 ロバートはニューキャッスルの中流階級のパーシー・ストリート・アカデミー (Percy Street Academy, 学校) に通い、 15 才で鉱山技術者のニコラス・ウッド (Nicholas Wood) の見習いとなった。 彼は 3 年間の見習い期間が終了する前に見習いを終え、 ストックトン・ダーリントン鉄道における父親の測量の手助けをした。 ロバートは 6 ヶ月間エディンバラ大学で学び、その後 3 年間コロンビアで鉱山技師として働いた。 帰国した時に、父親はリバプール・マンチェスター鉄道を建設しており、 ロバートは蒸気機関車のロケットを開発し、これが 1829 年のレインヒル試験で勝利した。 彼は 1833 年にロンドン・バーミンガム鉄道の主任技術者として任命され、年俸は £1,500 であった。 1850 年までに彼は英国の鉄道システムの 1/3 に関連していた。 彼は東海岸本線 (East Coast Main Line) のハイ・ランド橋 (High Lnad Bridge) とロイヤル・ボーダー橋 (Royal Border Bridge) をデザインした。 イートン・ホジキンソン (Eaton Hodgkinson) とウィリアム・フェアベーン (William Fairbairn) と共に、 彼は錬鉄製の管状橋 (tubular bridge) を開発し、このような橋にはウェールズのブリタニア橋があった。 このデザインは後にモントリオールのビクトリア橋で使用され、長年の間世界最長の橋であった。 彼は間もなく 60 社の企業からの 160 の委託で働き、 他国 -- 例えばベルギー、ノルウェー、エジプト、フランス -- の鉄道の建設をした。

1829 年にロバートはフランシス・サンダーソン (Frances Sanderson) と結婚した。 彼女は 1842 年に亡くなり、夫婦の間には子供がおらす、彼は再婚しなかった。 1847 年にウィットビー (Whitby) の国会議員に選出され、死に至るまで議席を保持した。 ロバートは英国の騎士の称号を断ったが、 ベルギーではレオポルド勲章の騎士の称号 (the Knight Of the Order of Leopold) を授与され、 フランスではレジオンドヌール勲章の騎士の称号 (the Knight of the Legion of Honour) を授与され、 ノルウェーではセント・オラフ勲章 (order of St. Olaf) の大十字騎士の称号 (Knight Grand Cross) を授与された。 彼は 1849 年に王立学会のフェロー (Fellow of the Royal Society, FRS) に選出され、 機械技術者協会 (Institute of Mechanical Engineers) の会長と 土木学会 (Institution of Civil Engineer) の会長を務めた。 ロバートの死は広く悼まれ、彼の葬儀の列はビクトリア女王によりハイド・パークを通り抜ける許可が与えられた。 これはそれ以前は王族に留保された名誉であった。彼はウェストミンスター寺院に埋葬されている。

  1. 初期の人生
  2. ストックトン・ダーリントン鉄道
  3. コロンビアの鉱山
  4. 機関車デザイナー
  5. 土木技術者
  6. 政治
  7. ノッカーの無い家
  8. 残されたもの (レガシー、legacy)
初期の人生

ロバート・スチーブンソンはニューキャッスル・アポン・タインの東のウィリントン・キー (Willington Quay) で 1803 年 10 月 16 日に生まれ、 両親はジョージ・スチーブンソンとフランシス・ヘンダーソン (旧姓) で母親はファニー (Fanny) と呼ばれた。 彼女はジョージよりも 12 才年上で、初めて会った時には、ジョージの下宿の召使であった。 結婚後、ジョージとファニーはコッテージの 2 階に住んだ。 ジョージはキーにある、固定巻き上げエンジンのブレーキ屋として働き、 暇な時間には時計の清掃と修理をし、靴の修理をした。 ファニーは結核 (当時は胸の病 (consumption) と呼ばれた) を患っており、 ジョージは夕方に子供の面倒を見た。 ロバートが後年思い出したことによれば、 彼は父親の左ひざの上に座って右手を父親にまわし、そこで父親が仕事をしたり、本を読むのを 眺めていた。彼の伝記作者のジェファーソン (Jeaffreson) はロバートの左腕が強いのはこのせいであると書いている。 1804 年の秋にジョージはウェスト・ムーア立坑 (West Moor Pit) のブレーキ屋となり、 家族はキリングワースのコッテージの 2 部屋に移住した。 1805 年 7 月 13 日に、ファニーは娘を産んだが、3 週間生きただけであった。 ファニーの健康が悪化し、1806 年 5 月 14 日に亡くなった。


キリングワースのダイヤル・コッテージ
ここでロバートが育った

ジョージは家政婦を雇って、息子の面倒を見させ、スコットランドのモントローズ (Montrose) にあるワットのエンジンの世話をするために 3 ヶ月留守をした。 帰宅すると、家政婦が弟のロバートと結婚していることに気が付いた。 彼はコッテージに息子と戻り、短期間、別の家政婦を雇った。 その後、妹のエリナーが移り住んで来た。 ロバートにはネリー叔母さんと呼ばれ、エリナーは婚約をしてから、家政婦として働くためにロンドンに赴いた。 しかし、結婚するための帰還中に、風がおもわしくなかったため、エリナーの船が途中で遅れ、 戻ってきたときには婚約者がすでに (別の人と) 結婚していた。 エリナーは地元のメソディスト教会に通ったが、 ジョージは定期的に教会に行くことがなく、日曜日には技術的な問題で仕事をしたり、 友人と会うことを好んだ。

ロバートは最初は 1.5 マイル (2.4 km) 離れたロング・ベントン (Long Benton) の村の学校に通った。 ここで彼はトーマス (トミー) ラッター (Rutter) に教わった。 登校時には、よくツルハシを持ってロングベントンの鍛冶屋で磨いてもらった。 ジョージは 1812 年に昇進し、キリングワース炭鉱のエンジン製造工 (enginewright) になり、 年収 £100 となった。 彼は最初の蒸気エンジンのブリュッヘル (Blücher) を 1814 年に建造し、翌年には年収が £200 となった。 ジョージは正式な教育をほとんど受けていなかったが、 息子に正式な教育を受けさせることを決意し、11 才のロバートをニューキャッスルのパーシー・ストリート・アカデミーに通わせ、 ジョン・ブルース (John Bruce) が教えた。 大半の子供たちは中流階級で、ロバートがアカデミーにいるときに、ノーサンバーランドのなまりの大半がなくなった。 最初はロバートは 10 マイル (16 km) を歩いたが、風邪をひきやすかった。ジョージは結核を恐れて、子供にロバを買い与えた。 ロバートはニューキャッスルの「哲学・文学協会」 (Philosophical and Literary Society) の会員となり、 自分と父親のために本を借りて読んだ。 夕方には、彼は蒸気エンジンのデザインに関してジョージと仕事をした。 1816 年に彼らは一緒に日時計 (サン・ダイヤル、sundial) を作り、今でもコッテージの扉の上に設置してある。

訳注
厳密に日時計を作るには緯度の概念と三角関数が必要なので、 2 人ともこのような科学の知識を持っていたのかもしれません。

1819 年に学校を卒業してから、ロバートは鉱山技師のニコラス・ウッド (Nicholas Wood) の下で、 見習いとなった。ウッドはキリングワース炭鉱の視察者 (viewer, マネージャー) であった。 ロバートのネリー叔母さんが結婚し、 ジョージはエリザベス・ハインドマーシュ (Hindmarsh) と再婚した。 ジョージはファニーと会う前にエリザベスに求愛していたが、エリザベスの父親により関係がおしまいになり、 エリザベスはその時、他の人とは結婚しないと誓った。ロバートは見習いとして懸命に働き、質素に暮らした。 鉱山コンパスを買う金がなかったため、自分で作り、 後にニューキャッスルのハイ・レベル橋を測量する時にこれを使用した。 ロバートはフルートを吹くことを学び、地元の教区教会の奉仕で演奏した。

ストックトン・ダーリントン鉄道
ストックトン・ダーリントン鉄道を参照

19 世紀初頭に、ビショップ・オークランド地域の炭鉱から、 ダーリントンまで、及びストック・オン・ティーズの波止場まで石炭を輸送する方法が調査され、 運河が提案された。ウェールズの技術者であるジョージ・オバートン (George Overton) はトラムウェイを提案し、 1818 年 9 月にルートを測量した。 計画は 11 月の会合でエドワード・ピーズ (Pease) が売り込んだ。 ストックトン・ダーリントン鉄道 (S&DR) の私的法案が 1819 年に議会に提示されたが、 地主たちの反対に会い通過しなかった。 ルートが変更され、オバートンは別の測量を実施し、法案は 1821 年の 4 月 19 日に王室の同意を得た。 この同じ日に、ピーズとジョージ・スチーブンソンはダーリントンで始めて顔を合わせ、 7 月 23 日までにジョージが採用されて、鉄道の新しい測量を実施した。

ロバートは見習いを完了していなかったが、結核の兆候を見せ、 そして彼の仕事は危険であった;地下で爆発があった時に彼はウェスト・ムーア立坑の中にいた。 ウッドは 18 才のロバートを解放することに同意し、ロバートは測量の最中に父親を助けることができた。 1821 年の終わりに、彼らが報告したことは、議会法の範囲内で鉄道を建設することはできるが、 別のルートの方が掘割やトンネルを避けることができる。 ジョージは株主により技術者に選ばれ、年収 £660 となった。 彼は蒸気機関車の使用を擁護した。ピーズは 1822 年の夏にキリングワースを訪問し、 ディレクターたちはヘットン (Hetton) 炭鉱を訪問した。ヘットン炭鉱にもジョージは機関車を導入していた。 S&DR の測量の最中に、主にスコットランドの技術者のロバート・ボールド (Bald) により、 ロバートは大学教育で恩恵を被るであろうと説得された。 ジョージは彼の子息をケンブリッジで学士号を所得させることもできたが、 短い 1 年コースに同意した。というのは、彼はロバートに紳士になって欲しいわけではなく、 彼の生計のために働いて欲しかったからである。 ロバートはまず、ウィリアム・ジェームスを助けて、リバプール・マンチェスター鉄道の測量をさせ、 その後、自然哲学・自然史・化学に関して 1822 年の 10 月から 1823 年の 4 月にかけてエジンバラ大学で学んだ。 【訳注:5 月から 9 月までが夏休み】

1823 年の 5 月 23 日に、S&DR の第二の議会法が (王室の) 同意を得、 元々のルートからのスチーブンソンの逸脱と蒸気機関車、あるいは可動エンジンの使用の許可を得た。 1823 年の 6 月に、スチーブンソン父子とピーズはニューキャッスルのフォース・ストリート (Forth Street) に 「ロバート・スチーブンソン会社」 (Robert Stephenson & Co.) を開設し、これらの機械を製造した。 ピーズはロバートに £500 を貸して、ロバートが株式を購入できるようにした。 ジョージは鉄道建設の監督をするのに忙しかったため、 ロバートは年収 £200 で工場の責任を持たされた。 ロバートはハガー・リーセズ (Hagger Leases) 支線のルートの測量とデザインも手掛け、 この支線はバターノレ (Butterknowle) とコプリー・ベント (Konpley Bent) の炭鉱に貢献することになっていた。 新しい議会法がこの鉄道のために必要とされ、ロバートは、法案が議会の手続きを経て通過するまで、 5 週間、ロンドンに滞在した。1824 年の 5 月に同意が得られた。 S&DR は 1824 年 9 月 16 日にロバート・スティーブンソン会社に 2 台の蒸気機関車と 2 台の固定エンジンを注文した。 鉄道は 1825 年 9 月 27 日に開通した。


1825 年にストックトン・ダーリントン鉄道が開通
コロンビアの鉱山

1824 年 6 月 18 日にロバートはサー・ウィリアム・コングリーブ (Sir William Congreve、船の名) に乗船して、リバプールからコロンビアまで 3 年間の契約のために航行した。 コロンビア鉱山協会 (Colombian Mining Association) は南米で金山・銀山を再開しようとして形成され、 ロバート・スチーブンソン会社の共同出資者 (partner) のトーマス・リチャードソン (Thomas Richardson) が発起人であった。ロバート・スチーブンソン会社はこの会社から蒸気エンジンの注文を受け、 リチャードソンがロバートが南米に行くことを提案し、ロバートはこれを受理した。 旅行の準備のために、ロバートはスペイン語のレッスンを受け、コーンウォールの鉱山を訪れ、 医者に相談した。医者はそのような気候の変化は彼の健康にとって良いことであると助言した。 ロバートは 6 月 8 日にリバプールに到着し、ジョージは 6 月 12 日から彼と一緒になった。 スチーブンソンの 1984 年の伝記の中で、L.T.C. ロルト (Rolt) はロバートの任命は全く彼の健康だけのためであったという、 初期の作家の示唆を取り上げた。 ロバートがなぜ機関車製造と他の仕事を放置したのかという疑問に対して、彼は スチーブンソン父子の間にはジョージの事業処理を巡って不和があったことを示唆している。 後の伝記作者であるハンター・デイビス (Hunter Davis, 1975 年) とデイビッド・ロス (David Ross, 2010 年) が議論したことは、 ロバートが父親のコントロールから独立していることを主張しようとしたことである。 マイケル・ロングブリッジ (Michael Longbridge) はロバートがいない間にロバート・スチーブンソン会社の経営を引き受けることに同意したが、 それがたった 1 年であると理解していた。

4 週間の航行の後で、ロバートはベネズエラのラ・グアイラ (La Guaira) 港に 1823 年 7 月 23 日に到着した。 彼は港における防波堤、桟橋、そしてカラカスまでの鉄道建設を調査した。 カラカスと港を結ぶ鉄道は野心的な計画で、これはカラカスが海抜 1000 m 近い場所にあったからである。 鉄道は 1880 年代に至るまで建設されなかった。 彼はロンドンには可能性のある鉄道の支持者がいたが、彼が結論したことは、 桟橋の建設は £6,000 と見積もられ、これはできるであろうが、防波堤と鉄道はそうではないとした。

彼は通訳と召使と共にボゴタ -- 当時の 大コロンビアの首都 -- まで陸上を旅行し、1825 年の 1 月 15 日に到着した。 ロバートはマグダレナ川 (Magdalena River) の川沿いのオンダ (Honda) で重い装置を見つけた; これを鉱山まで持ち上げる方法はなかった、というのは唯一つのルートが狭く急な小道だったからである。 鉱山はマリキタ (Mariquita) から更に 12 マイル (19 km) の所にあり、 ロバートはサンタ・アナ (Santa Ana) の竹で作ったバンガローを彼の家にした。 鉱山協会は鉱山で仕事をさせるためにコーンウォールの坑夫を派遣していた。 しかし、彼らは管理することが困難であることがわかり、 ひどく酒を飲むため、どんな日でもたった 2/3 が利用可能なだけであった。 彼らはロバートがコーンウォールで育ったわけではないので、 鉱山のことを何も知らないと考えた。 ある晩にロバートは酔った一団と別れたが、彼らはひげ面の子供には従わないと叫び、 しらふでは喧嘩をしないだろうと言った。 ロバートはロンドンへの報告が無視されていると感じた。というのは重い装置が送付され続けたからであった。 彼は熱に苦しみ、一度は昔の苦しみを感じ、胸に重苦しさを感じた。


サンタ・アナのロバートのコッテージ

ロバートの契約は 1827 年の 7 月 16 日に終了した。 彼はカルタヘナ (Cartagena) まで旅をして、パナマ地峡を歩いて横断できるかどうかを見ようとした。 しかしこれはとても困難であることが判明した。 ニューヨークへの船を待っている最中に彼はリチャード・トレビシックと出会った。 彼はペルーとコスタリカの鉱山で南米の金・銀を探し求めていた。 そこで、故郷に帰れるように £50 を与えた。 ロバートはニューヨーク行きの船に乗った。この船は途上で難破した生存者を助けたが、 彼らは非常に弱々しく、ウィンチで船に引き揚げる必要があった。 その後、彼の乗っている船が別の嵐で沈んだ。 誰もが救われたが、ロバートは現金と荷物を失った。 彼は一名の二等船客が一等船客より救命艇で優先されたことに気が付いた。 後に船長は個人的に語ったことによると、 彼とその乗客はフリーメーソン (Freemason) で、危機の時にはそのような選択をすることを誓約しているということであった。 彼はこれにひどく印象付けられ、ニューヨークでフリーメーソンになった。 北米で何かを見ておこうと思い、 ロバートと他の 4 人の英国人と共にがナイアガラの滝を経由して、モントリオールまでの 500 マイル (800 km) を歩いた。 ニューヨークまで戻り、パケット船の パシフィック に乗って大西洋を横断し、 11 月の終わりにリバプールに到着した。

機関車デザイナー
ニューキャッスル

この時ジョージはリバプールに住んでおり、 リバプール・マンチェスター鉄道 (L&MR) の主任技術者として働いていた。 ロバートは父親の家の客として短期間滞在した。 ロバートはロンドンに赴き、コロンビア鉱山協会のディレクター達と会合し、 次にロバート・スティーブンソン会社の仕事を開始してブリュッセルを訪れた。 彼はクリスマスはロンドンで過ごし、ガーニー (Gurney) の蒸気車両が整然としていることに印象づけられ、 そのあとでニューキャッスルに戻った。彼はその後 5 年間をそこで滞在することになった。


ニューキャッスルにおける
ロバート・スチーブンソン会社の工場

1827 年に、ジョージは (機関車の) エクスペリメント を製造し、 ニューキャッスルでそれ以前に製造した機関車の垂直シリンダーの代わりに、 傾いたシリンダーを取り付けた。ロバートは車輪が駆動される方法を改良しようとし、 1828 年 1 月に L&MR から注文が届いた時にチャンスが訪れた。 ランカシャー・ウィッチ は傾いたシリンダーが取り付けられ、これにより車軸がすぐに回転するようになった。 しかし L&MR は 4 月に注文を取り消した。 相互の同意により機関車はボルトン・リー鉄道 (Bolton and Leigh Railway) に売却された。 4 個ないしは 6 個の車輪の付いた何台かの類似の機関車がその後 2 年間に製造され、 1 台は米国のデラウェア・ハドソン運河会社に送られた。 機関車工場で働くことはもとよりのこと、ロバートは鉄道ルートの測量もし、 マージー川の下を通るトンネルに関しても助言を与えた。

1828 年の 3 月に、ロバートは友人に手紙を書き、 彼はロンドンのブロード・ストリートに惹き付けられており、 これはフランシス (ファニー) サンダーソンがそこに住んでいるからであった。 ロバートとファニーは彼が南米に行く前から知り合いで、 帰国してから彼女を訪ねてから、彼女の父親から何度来てもよいという招待を受けた。 彼は彼女を 1828 年の 8 月に父親に紹介し、その年の最後に、 彼女は彼の結婚のプロポーズを引き受けた。 ロバートが翌年にあまりにロンドンに滞在したため、彼の共同出資者 (partner) たちは彼が事業を怠けていると非難した。 ロバートは長い婚約時間を望んでいなかったが、 適当な家がニューキャッスルのグリーンズフィールド・プレース 5 番地に見つかるまで少し時間がかかった。 ロバートとファニーは 1829 年の 6 月 17 日にロンドンで結婚した。

リバプール・マンチェスター鉄道

L&MR のディレクター達はロープで牽引する固定エンジンを使用するか、蒸気エンジンを使用するかに関しては決定しておらず、 1829 年 4 月 20 日に決議して、蒸気エンジンが要求事項を満たすかどうかの試験をすることになった。 8 月の最後の日に、日取りを 10 月 1 日とし、 場所はレインヒルで建設が予定されている複線軌道の 2 マイル (3.2 km) 区間になった。 ロバートは 1829 年の夏季に試験のための機関車をデザインした。 2 個の車輪のみが駆動輪となった。これは経験により、錬鉄の駆動輪は消耗が激しく、 すぐに大きさが異なってしまうからであった。また歯車も提供され、前進・後退が可能となった。 水を加熱するために、ボイラーを通過する直径の小さな多くのチューブを使用する性能向上のアイデアは 父のジョージからロバートに手紙で伝えられていた。 ジョージはこのアイデアをヘンリー・ブース (Henry Booth) とマーク・セガン (Marc Seguin) から聞いていた。 ジョージもブースもリバプールにいたため、 ロバートが詳細なデザインの責任を負い、25 本の直径 3 インチ (76 mm) のチューブが分離した火室からボイラーを通り抜けた。 9 月に機関車はレインヒルに送られ、そこで炭水車と結合された。 ロケットの名称がいつ与えられたのかは不明である。

レインヒル試験は 10 月 6 日火曜日に開始し、 10000 名から 15000 名の人々が見物に訪れた。 5 台の蒸気機関車が到着したが、パーシビアランス (Perseverance) は参加しなかった。 というのは輸送中に被害をこうむったためである。枠に入れた 2 匹の馬で駆動する サイクロプス (Cyclops) は本気の参加ではなかった。 ロケット に挑戦するのは、 ノベルティー (Novelty) と サン・パレイユ (Sans Pareil) であった。 前者はロンドンのジョン・エリクソン (John Ericsson) とジョン・ブレースウェイト (John Braithwaite) が建造したもので、 後者はシルドン鉄道 (Schildon) の工場で、 S&DR の機関車監督のティモシー・ハックワース (Timothy Hackworth) により建造されたものであった。 どの機関車も水曜日には準備ができていなかった。 翌日の 10 時 30 分に ロケット は 70 マイル (110 km) の旅程を開始し、 1.5 マイル (2.4 km) のコースを前進・後退した。 ロケット は最初の 35 マイルを 3 時間 12 分で走り、 石炭と水が 15 分で補給され、更に 2 時間と 57 分で完走した。 ロケット は時速 13 マイル (19 km/h) の平均速度で走り、 最高速度は時速 29 マイル (47 km/h) 以上であった。 ノベルティー はまだ走る必要があり、本命であった。 もっともジョージは次のように言ったといわれている: "Eh mon, we needn't fear yon thing, her's got nae goots" (母ちゃん 【訳注:ノベルティーのこと、機関車は英語では女性扱い】、もう恐れないよ、ちっともよくない) ノベルティー は土曜日に走行を試みたが、蒸気で加圧された継ぎ目が急速に壊れた。 サン・パレイユ は次の火曜日に重すぎることが発見されたが、走行を許可された。 サン・パレイユロケット よりも 3 倍以上の燃料を消費して水がなくなった。 ノベルティー は翌日に再び試みたが、再び継ぎ目が壊れ、ロケット が勝利した。

L&MR は ロケット を購入し、10 月末までにロバート・スチーブンソン会社に類似の機関車 4 台を注文した。 もう 4 台の機関車がこれに続き、 1830 年 10 月 4 日に プラネット が配達され、シリンダーがボイラーの下で水平に設置されていた。 ハックワースは同時期にロバート・スチーブンソン会社の工場で グローブ (Globe) を建造し、 エドワード・ベリー (Edward Bury) は同じ月に リバプール (Liverpool) を配達した。 どちらもシリンダーはボイラーの下にあった。 ロバートがハックワースかベリーをコピーしたと根拠なしに非難されたが、 彼は後に プラネット をデザインしている時には リバプール のことは何も知らなかったと言った。 プラネット 形式の機関車の ジョン・ブル (John Bull) は米国に出荷され、 ニュー・ジャージーの鉄道で最初に動いた機関車となった。 これは、この機関車が 1831 年にカムデン・アンボーイ鉄道 (Camden and Amboy Railroad) を走った時のことである。 非常に多くの機関車の注文があったため、 ロバートは 1831 年に第二の機関車工場を開設することを提案した。 別の工場にはスチーブンソンの名前を付けないことが同意され、 バルカン鋳造所 (Vulcan Foundry) と呼ばれるようになるものが、 ニュートン=ル=ウィローズで発展した。

ランカシャー・ウィッチ (1828 年) ロケット (1829 年) プラネット 型式の機関車 (1832 年)
ロバート・スチーブンソンの蒸気機関車の進化

蒸気エンジンの使用にはまだ反対があり、 L&MR が開業する前に、ジョージとディレクター達は幾つかの内覧会を開催した。 女優のファニー・ケンブル (Fanny Kemble) はコベントガーデン劇場での最近のジュリエットの演技で有名となっていたが、 運転席での旅行でジョージに同行した。 L&MR は 1830 年の 9 月 15 日に開通し、 総理大臣のウェリントン侯爵が開通式の列車の一つに乗車した。 旅程で停止中に別の乗客で、国会議員のウィリアム・ハスキッソンが客車から降り、 別の軌道を通過中の ロケット にひかれた。 ハスキッソンは列車でエクルズまで運ばれ、その晩に亡くなった。

土木技術者
ジョージ・スチーブンソン & サン

「ジョージ・スチーブンソン & サン」 (George Stephenson & Son) はロバートが南米にいた時の 1824 年の最後の日に創設され、 共同出資者 (partner) はロバート・スティーブンソン会社と同じであった。 (会社は) 鉄道の測量と建設を実施するために造られ、 ジョージとロバートは主任技術者として列挙されて 国会の手続きに責任を取った。副エンジニアには ジョセフ・ロック (Joseph Locke)、ジョン・ディクソン (John Dixon)、 トーマス・ロングリッジ・グーチ (Thomas Longridge Gooch)、トーマス・ストーリー (Thomas Storey) がいた。会社は多くの仕事を引き受けすぎて、経験のない低賃金の労働者に委任した。

ロバートがアメリカから帰ってまもなく、 彼はカンタベリー・ウィスタブル鉄道 (Canterbury & Whitstable Railway) の建設監督を引き継ぎ、1830 年 5 月 3 日に開通した。 機関車は ロケット と類似なもので、インビクタ (Invicta) と呼ばれ、 ロバート・スティーブンソン会社により供給された。 彼は L&MR の 2 つの支線の責任も負い、この支線はボルトン・リー鉄道 (Bolten & Leigh Railway) とウォリントン・ニュートン鉄道 (Warrington and Newton Railway) であった。 レスター・スワニントン鉄道 (Leicester and Swannington Railway) はロング・レーン炭鉱 (Long Lane colliery) からレスターまで石炭を運ぶために建設され、ロバートは技術者に任命された。 ロバート・スティーブンソン会社は プラネット 形式の機関車を供給したが、 非力であることがわかり、1833 年に交換された。 ロバートは炭田がもっと開発されるであろうと考え、2 人の友人と共に、スナイブストン (Snibston) の地所が 競売にかけられた時に購入した。 ジョージは (鉱山) 監督をするために 1831 年にアルトン・グレインジ (Alton Grange, アルトン邸宅) に移住し、 水浸しの泥岩の層を突き抜けたあとに、石炭の薄層が、固い火山性の緑色岩 (greenstone) の上に見つかった。 ジョージは後にスナイブストン炭鉱がもっとも儲かる会社であったと言った。

グランド・ジャンクション鉄道のルートが 1833 年の 5 月 6 日に認可され、 ロック (Locke) により測量された。 ロックはジョージによって指図されていたが、ロックはスチーブンソンとの契約が切れたため、主任技術者となることを望んだ。 しかしながら、ジョージは完全に支援を打ち切ると脅し、 鉄道会社は契約を半分に分け、ジョージとロックがルートの半分の責任を取るようにした。 ロックは工事を小さな、明白に定義された契約に分割し、1834 年 9 月までに (契約が) 締結された。 ジョージは、訓練されていない助手に委任し、仕様と評価を作成させたが、あいまいで不正確で (契約を) 締結することが困難であった。 1835 年に、ロックは鉄道の全長の監督を引き継ぎ、グランド・ジャンクション鉄道が 1837 年に開通した。

ロンドン・バーミンガム鉄道

1830 年 9 月 18 日にジョージ・スチーブンソン & サンズはロンドン・バーミンガム鉄道のルートを測量する契約に署名した。 ジョージはオクスフォードを経由する代替のルートよりはコヴェントリーを経由するルートを勧めた。 しかし仕事の大半をしたのはロバートであった。 この同じ年にロバートは 1 会員として土木学会に加わった。 1830 年 - 1831 年には 2 回の測量があった。 これには反対があり、 1 つは土地を所有する紳士階級、 もう 1 つは列車ルート沿いにあって、素通りされるマーケット・タウンの住民であった。 法案が 1832 年に議会に提案された時に、 ロバートは技術権威者として臨んだ。 反対尋問の時にトリング (Tring) の掘割の側壁の角度が急すぎることが指摘された。 トーマス・テルフォードがダンスターブル (Dunstable) で類似の地形を切り進んだことを思い出し、 ロバートはその晩、グーチと馬車 (post-chaise) で出立し、夜明けに掘割に到着し、彼の提案と同じ角度であることを発見した。 すぐ戻り、午前 10 時に会社の弁護士の事務所に着いた。 この年、法案は下院を通過したが、上院で敗れた。公的な運動 (public campaign) とロバートによる別の測量の後で、 必要とされる議会法が 1833 年 5 月 6 日に獲得された。 1833 年 9 月 20 日に契約に署名したのは、まだ 30 才にも満たないロバートであり、 これによりカムデン・タウンからバーミンガムに至る 112 マイル (180 km) の鉄道が建設されることになった。

ロバートは £1,500 の年収と 1 年に £200 の経費が認められた。 彼とファニーはニューキャッスルからロンドンに移住し、 最初はセント・ジョンズ・ウッド (St. John's Wood) に短期間滞在し、 次にヘイバーストック・ヒル (Haverstock Hill) の家に移った。 ロバートは計画を作成し、詳細な工事の見積もりを作り、 鉄道を 30 の契約に分割し、この大半が 1835 年の 10 月までに締結された。 20 名から 30 名の製図家を抱える製図室が、セント・ジョーンズ・ウッドの 空き家のエアー・アームズ・ホテルに設置された。 ロバートがエジンバラ大学で知り合ったジョージ・パーカー・ビッダーがそこでロバートのために働き始めた。 プリムローズ・ヒル (Primrose Hill) のトンネル、 ウルバートン (Wolverton) の盛土、 そしてキルスビー・トンネル -- ラグビー (Rugby) 鉄道駅の 6 マイル (9.7 km) 南 -- はどれも技術的な問題があり、直接労働により完成された。 グランド・ジャンクション運河が鉄道に異議を唱え、 橋が建設されるのを防止しようとし、これは 1835 年に法廷で決着をつけた。 1833 年の議会法で許可されていた鉄道はカムデンのリージェント運河の北 (チョーク・ファーム地下鉄駅の近く) で終了していた。 というのは南側の土地を所有していたサウサンプトン男爵 (Baron Southampton) は 1832 年にはロンドンの鉄道に 強く反対していたからである。後にサウサンプトンは気持ちを変え、鉄道がリージェント運河を越えて、 ユーストン広場 (Euston Square) まで拡張されることが認可された。 これは坂道で勾配が 1/75 と 1/66 の間でカムデンの固定エンジンで列車が操業された。 -- ユーストンからの列車はロープで牽引され、 逆方向は重力で下った。 ロープによる牽引は当時の機関車が非力であったためであるという何度も繰り返された発言は ピーター・ルカウント (Peter Lecount) の 1839 年の発言で否定されている。彼は副技術者であった。 実のところ、開通時から 1837 年の 10 月 14 に至るまで、 坂道で機関車が使用できた。これは固定エンジンやロープが修理のために停止した場合にはいつでものことであった。 そして 1843 年の 11 月からは郵便列車が、1844 年の 7 月からはすべての列車が機関車の動力をたいして上げずに通過したのであった。 ルカウントが与えたロープ牽引の理由は、ロンドン・バーミンガム鉄道の議会法にあり、 これによって 「カムデン・タウンよりもロンドン寄りでは機関車エンジンを使用することが.....制限」 されていたからであった。


坂道と固定式蒸気エンジンの煙突、カムデン・タウン

ロバートはロバート・スチーブンソン会社に注文することができなかった。 これは鉄道会社の利害関係の規則によっており、機関車は他の 7 つの会社から購入された。 チャールズ・ウィートストン (Charles Wheatstone) はロバートの友人で、ユーストン広場とカムデン・タウンの間で、 1837 年に最初の電信を設置した。 列車は 6 月 24 日に走行を開始したが、L&BR は 1838 年 9 月 15 日に開通式を挙行した。 建設は 4 年と 3 ヶ月にわたり、建設コストは £550 万であったが、元々の見積もりでは £240 万であった。

訳注
ユーストン広場とカムデン・タウンの間に設置された電信は固定蒸気エンジンで列車を牽引する合図を送るためのもので、 クック・ウィーストーン電信と呼ばれるものです。

ヘイバーストックに住んでいる時に、ロバートは 1 週間 6 日働き、 5 時に起き、科学の本を読み詩を読んだ。 彼は頑固なトーリー党支持であったが、新聞の政治記事を読むことは避けた。 彼は尊敬され、チーフ (The Chief) と呼ばれたが、 友人には彼の名声は 「卵の殻のように私の下で砕けてしまう」 ように感じると言っていた。 彼は煙草を吸い、塩化水銀の 1 種である カロメルを服用した。(当時) 通常はこれはアヘンと混ぜて使用された。 彼の友人で作家のフランシス・ルービーヤック・コンドル (Francis Roubiliac Conder) が言うことでは、もしもロバートがどこかの現場で必要とされると、 北に向かう馬車に乗り、時には冬の夕方にもコートを着ずに外の座席に座った。 彼はこの期間にはフルートを吹かなかった。 しかしながら、ロバートは日曜日には家にいて教会に通い、妻と時間を過ごした。 ロバートとファニーには子供がいなかったが、家族 (のような人々) に囲まれていた。 ファニーは訪問してくるロバートの友人に好かれた。 このような人に、ビッダー、グーチ、ジョン・ジョセフ・ブラマー、 そして会社の弁護士のチャールズ・パーカーがいた。 彼女は 「意図せずに夫」 を支配したと言われている。 彼女を喜ばすために、彼は紋章をヘラルド大学に申請して受理され、 1838 年の 11 月にこれの対価を支払った。しかし彼はこれが好きではなく、 死の直前に 「馬鹿な絵」 と呼んでいる。

グレート・ジョージ・ストリート

1835 年にロバートは父と共にベルギーに旅行した。ジョージはベルギー国有鉄道に関して、 レオポルド王に助言するために招待され、レオポルド勲章を授与された。 2 年後に、ロバートは父と (ベルギーに) 戻り、ブリュッセルとヘント間の鉄道の開通を祝福した。 L&BR との合意から、 ロバートは鉄道建設中には、他の技術計画で働くことが許されていなかったが、 コンサルタントとして行動をとることは許されていた。 サービスの要望の多さから、ロバートはウェストミンスター に事務所を開き、最初はデューク・ストリートに設置した。1837 年にはグレート・ジョージ・ストリートに移り、 最初は 351/2 番地に設置し、1844 年には通り沿いを移動して 24 番地に設置し、 土木学会の隣に移った。これは父と子の両方の本部となった。

ロバートがロンドンに移った後で、 これによって生じたニューキャッスルの機関車工場における空白を、 ウィリアム・ハッチンソンが自分のデザインと技術的な手腕で埋めたのである。 ロングブリッジが 1836 年に会社を去り、ファニーの叔父のエドワード・クック (Edward Cooke) が交代した。 クックとロバートはファーストネームで呼び合う間柄で、 クックはロバートが信頼できると思える人だったのである。 スチーブンソンのバルブ装置が 1842 年に開発されている。 ニューキャッスルで誰が最初にこれを思いついたのかに関しては議論があるが、 ロバートは小さな模型を見て、原寸大のプロトタイプの製造の許可を与えた。 6 対の車輪を持ったスチーブンソンの長いボイラー・デザインは貨物機関車 (の製造) に成功裏に発展したが、 高速度を持続するには不適であった。

スタンホープ・タイン鉄道会社 (S&TR, Stanhope and Tyne Railway Company) は 1832 年 4 月 20 日に形成され、 レーンヘッド・ファームハウス (Lanehead Farmhouse) の石灰窯 (複数) とカウンティ・ダラム (Durham) のコンセット (Consett) の炭坑の間の鉄道を建設するための 共同出資会社 (partnership) として作られた。 共同出資者 (partner) は現存するポントップ (Pontop) ワゴンウェイの質を上げるよりは、 鉄道の建設をすることを決定し、ロバートに測量技術者と顧問技術者 (consulting engineer) となることを依頼し、トーマス・エリオット・ハリソン (Thomas Elliot Harrison) に実務技術者 (acting engineer) となることを依頼した。 建設は 1832 年 6 月にスタンホープで開始した。 ロバートは手数料の £1,000 の支払いに額面 £100 の株券を 5 枚受領し、鉄道は 1834 年に開通した。 議会法を獲得する代わりに、会社は地主から通行権を手に入れることに合意したが、 賃貸料を支払うことが要求された。 会社は随分借金をし、負債は £440,000 に膨れた。 1840 年までに石灰窯とスタンホープからカーハウス (Carrhouse) までの区間は閉鎖され、 残っているスタンホープからアンフィールド (Annfield) までの区間は赤字であった。 債権者は請求書をロバートに送り、鉄道会社が支払い不能であるとした。 これでロバートは S&TR が有限会社でなく、株主が負債に責務を負うことに気付いた。 資金的な破滅を恐れ、ロバートはパーカーの助言を求めた。 支払い不能な鉄道会社は 1841 年 2 月 5 日に解散し、 新しい有限会社のポントップ・サウスシールズ鉄道 (Pontop and South Shields Railway) が 1842 年 5 月 23 日に創設され、鉄道を引き継いだ。 ロバートは £20,000 を提供した。 スタンホープからカーハウスに至る南側の区間はコンセントのダーウェント鉄会社 (Derwent Iron Company) に売却された。グレート・ノース・オブ・イングランド鉄道 (Great North of England Railway) は 1841 年にヨークまで開通し、 鉄道はダーリントンからロンドンまで接続された。 ニューキャッスル・ダーリントン・ジャンクション鉄道 (N&DJR) が形成され、 (更に) 接続が延長された。 この鉄道はニューキャッスルまでポントップ・サウスシールズ鉄道の 5 マイルを利用した。 ジョージ・ハドソン (George Hudson) は鉄道資本家で、「鉄道王」と呼ばれ、 N&DJR の委員長であり、ロバートは技術者に任命された。

訳注
ニューキャッスル・ダーリントン・ジャンクション鉄道、ポントップ・サウスシールズ鉄道が以下の絵に描かれています。 (York, Newcastle and Berwick Railway に掲載。) 鉄道のつながり具合が奇妙に見えますが、この地図の左側にはダラム炭田があるので、 全部石炭を目的にした鉄道のようで、炭坑と港を結んでいるようです。

L&BR ではまだ少々工事が残っており、 ノース・ミッドランド鉄道と、ベルギーでオーストエンド (Ostend) からリエージュ (Liege) に至る鉄道と アントワープからモンス (Mons) に至る鉄道はまだロバートの配慮が必要であった。 1839 年には彼はフランス、スペイン、イタリアに 3 ヶ月間訪問し、鉄道に関して助言し、 フランスの主要な鉄道技術者であるポーラン・タラボ (Paulin Talabot) と会合した。 帰国すると人気が高くなり、 英国を旅行し、議会で証言したり、時には鉄道会社間、あるいは請負人の間のもめごとの調停を依頼された。

ロバートは父と同じように、鉄道の計画では、 出来る限り勾配を避け、可能であればルートを拡張した。 ロンドンとブライトン (Brighton) の間ではそのようなルートを提案したが、代替が選択された。 1841 年 8 月に、ロバート自身が機関車のエンジンの改良により レオポルド賞の騎士の称号が授与された。 1842 年の夏にはロバートは遠くの N&DJR で働き、9 月にはカーディフ (Cardiff) で働き、次いでロンドンでフランスの鉄道の報告で働いていた。 2 年前にファニーはガンと診断されていたが、 この月の終わりにひどく容体が悪くなった。 ロバートは働くことをやめ、5 日間彼女のそばにいたが、 1842 年の 10 月 4 日に亡くなった。 彼女はロバートが再婚して子供を作ることを望んだが、彼はその後独身のまま過ごした。 葬式は 10 月 11 日におこなわれ、ロバートは翌日に仕事に復帰した。 もっとも彼は何年もの間、墓参りすることになった。

ケンブリッジ・スクエア

ロバートは妻の死後、ヘイバーストックの家が嫌いになっていった。 彼はウェストミンスターのケンブリッジ・スクエアに移り、 ロンドンの紳士階級のクラブに近い場所に移住したが、 まもなく火災で被害を受け、10 ヶ月の間は一時的な住まいで生活した。 ニューキャッスル・ダーリントン・ジャンクション鉄道が 1844 年の 6 月 18 日に開通した。 特別列車が午前 5 時 3 分に、 ユーストンを出発し、ラグビー、レスター (Leicester)、ダービー、チェスターフィールド、 ノルマントン (Normanton) を経由して、タイン川の南のゲーツヘッド (Gateshead) に午後 2 時 24 分に到着した。 祝いの催しがニューキャッスルの集会室で開かれ、 ジョージは 「鉄のレールの上を自力で動いた最初の機関車を作った」 人として紹介された。 もっとも、もっと事情に通じた人も列席していた。

ジョージがストックトン・ダーリントン鉄道とリバプール・マンチェスター鉄道を建設した時に、 彼はレールを 4 フィート 8 インチ (1,422 mm) 離して設置した。 これは、キリングワース炭鉱の鉄道ゲージであったからである。 グレート・ウェスタン鉄道の主任技術者のイザムバード・キングダム・ブルネルは 7 フィート (2,134 mm) の広軌を採用し、この方が速度が速くなると議論した。 異なるゲージで建設した鉄道は 1844 年に始めてグロスターで出会った。 乗客には不便であったが、 これは貨物には深刻な問題となり、グロスターで遅れが生じたり、小荷物が失われたりした。 1845 年に王立委員会が任命され、 46 名の証人が証拠を提示し、 ブルネルとグレート・ウェスタンの彼の同僚のみが、 広軌を支持した。 ヨークとダーリントン間のスチーブンソンの機関車と、 パディントンとディドコット間のブルネルの機関車を比較すると、 広軌の機関車の方が優れていることがわかった。 しかし、委員会は 4 フィート 8.5 インチ (1,435 mm) の軌道の方に賛成した。 これは部分的にはすでに敷設されている軌道が長かったからである。 ブルネルは大気圧システムを使用する大気圧鉄道も支持した。 ロバートはアイルランドのダルキー大気圧鉄道に助手を派遣して観察させ、 これに関しては使用しないことを助言した。というのは 1 台のポンプの停止により全体が停止するためであった。


挿絵入りロンドン・ニュース (週刊誌)
風刺漫画、グロスターで列車を乗り換える乗客

ロバートの義理の母親のエリザベスは 1845 年に亡くなった。 その年にジョージはスペインへの旅行から再び病気になり、 サウサンプトンに向かうパケット船の船室で 腹膜炎 (pleurisy) の発作に苦しんだ。 彼はチェスターフィールドの近くのタプトン・ハウス (Tapton House) に退職し、 1848 年の始めに彼の家政婦と結婚した。 この年のこの後に、彼は 8 月 12 日に亡くなり、 これは腹膜炎の 2 回目の発作からであった。 彼はチェスターフィールドのトリニティー教会の墓地に埋葬された。 ジョージは新たに設立された機械技術者協会の会長であったが、 ロバートが 1853 年に至るまでこの役割を引き継いだ。

橋の建築者

チェスター・ホーリーヘッド鉄道が 1845 年に認可され、 ロバートが主任技術者となり、チェスターのすぐ外でディー川を横断する鉄の橋をデザインした。 交易委員会 (Board of Trade) の査察官であるペーズリー少将 (Major-General Paisley) により 10 月 20 日に査察された。 1847 年の 5 月 24 日に、橋が客車の通過時に崩落し、機関車と運転手は橋を越えたが、 炭水車と客車が川に落下し 5 名の人が亡くなった。 チェスターの 死因審問 (inquest) に列席したコンダー (Conder) による詳述では、 ペーズリーは動揺してほとんど話すことができなくなり、 ロバートは青ざめて、やつれ、陪審員長は殺人 (殺意がない殺人、manslaughter) の判決を下すことを決定していた。 ロバートは責任を認める用意があったが、 防御することを勧められ、 鋳鉄製のガーダー (girder、桁) が破壊されたのは、炭水車の車輪が壊れ、これが脱輪したことのみによっているとした。 ロバートは専門家の支援により支持された。このような専門家にはロック、 チャールズ・ヴィニョル (Charles Vignoles)、グーチ、ケネディーがおり、 事故死の判決となった。 ロバートは長い鋳鉄製のガーダーを再び使用することがなく、 王立委員会が後に立ち上げられ、鉄道会社による鋳鉄の使用が調べられた。

訳注
橋が崩壊した原因は 鋳鉄の中の 「鋳鉄の橋」 の中に少し詳しく書いてあります。 ロバート・スティーブンソンのエラーのようです。
崩壊後のディー橋 ブリタニア橋の箱桁区間、1852 頃

ブリタニア橋はチェスター・ホーリーヘッド鉄道のために建設され、 ウェールズからアングリシー島まで、メナイ海峡を横断した。 橋は 1,511 フィート (461 m) の長さにする必要があり、海軍本部は海面上 100 フィート (30 m) の単一スパンにすることを要求した。 錬鉄製の蒸気船 プリンス・オブ・ウェールズ (Prince of Whales) が進水時の問題から、船は船体が支えられることなく 110 フィート (34 m) を落下したが、 被害がなかった。 ロバートはこれに触発され、 ウィリアム・フェアベーン (William Fairbairn) とイートン・ホジキンソン (Eaton Hdgkinson) と共に、 錬鉄製の管状橋 (tubular bridge) -- 列車が通過可能なように十分大きなもの -- をデザインした。 彼らは 1845 年と 1846 年に模型で実験し、 経験を得るために 400 フィート (120 m) のコンウィ橋で類似のデザインを使用することを決定した。 コンウィ橋の最初の箱桁が 1845 年 3 月に浮かべられて位置に付き、 翌月に持ち上げられ、単線の鉄道が 5 月 1 日に開通した。 2 つ目の箱桁が 10 月に定位置に持ち上げられた。 この間にブルネルはロバートと一緒にいて、友として支援した。 ブリタニア橋の 4 つの箱桁の最初のものを定位置に設置することが 1849 年 6 月に実施され、この時ブルネルとロックはロバートと共にいた。 この箱桁は 10 月に定位置に持ち上げられた。 第 2 の箱桁が 1850 年 1 月 7 日に定位置に持ち上げられ、 1850 年 5 月 18 日に、これらの箱桁を通過する公的な単線鉄道が開通し、 10 月 19 日に第 2 の単線が開通した。(これにより複線となった。)

ニューキャッスルから北に向かって海岸沿いにエジンバラに至るルートはモーペス (Morpeth) とベリック (Berwick) を経由し、1838 年にジョージにより推薦されていたが、 ハドソンは 1843 年にニューキャッスル・ベリック鉄道で、このルートを売り込んだ。 必要とされる議会法は 1845 年に王室の同意を得たが、 これにはニューキャッスルのタイン川 (the Tyne) を超える高さが高い (ハイ・レベル) 道路・鉄道橋と ベリックのツイード川 (the Tweed) を超えるロイヤル・ボーダー橋 (Royal Border Bridge) が含まれていた。 ハイ・レベル橋は 1,372 フィート (418 m) の長さで、 166 フィート (45 m) の高さがあり、鋳鉄製の (複数の) 弓に 水平な錬鉄製の「弓ヅル」を張ったものから構成されていた。【訳注:結合アーチ参照】 タイン川を横断した最初の列車は 1848 年 8 月 に一時的な木製構造により、 タイン川を横断した。 鉄の橋が 1849 年 9 月にビクトリア女王により、公式に開通式が挙行され、 ロバートは 6 月に王立学会のフェローに選出された。 ツイード川を越える橋は 28 基のアーチからなる石の高架橋で、 1850 年 8 月 29 日に女王により開通式が挙行された。 祝賀の晩餐会でロバートは女王のそばに着席した。 直前に騎士の称号を授与する申し出でがあったが、ロバートは辞退した。


ハイ・レベル橋
政治

1847 年の夏にロバートは国会議員の選挙にウィットビー (Whitby) から立候補するように要請され、対立候補なしに選ばれた。 彼はその後、亡くなるまで議席を保持した。 彼は保守党の一員として議員となり、強い保護貿易的な トーリー党の観点を持ち、 自由貿易に反対した。 彼の最初の演説は ロンドン万国博覧会に賛成するもので、 ブルネルと共に委員の一人に選ばれた。 ロバートは教育改革には反対し、 労働者は仕事をするためだけのために学べばよいと言った。 最も彼は教育団体に寄付をした。 1850 年にローマ教皇がワイズマン司教 (Bishop Wiseman) を (イングランドの) 宗教改革以来、最初のイングランドのカトリック枢機卿に任命した。 ロバートは私的な手紙をしたためて、 これが侵略的で 「造物主を崇拝するための単なる形式的な戦いで -- キリスト教の真の精神が決して現れることがない」 とした。 後にクリミア戦争での英国の戦い方を否定したが、 1855 年 1 月には政府を支持した。 もっとも政府は投票に敗れ、総理大臣が辞職した。」

ロバートは 1846 年にスエズ運河協会 (Société d'Études du Canal de Suez) の一員となり、タラボット (Talabot) とアロイス・ネグレッリ (Alois Negrelli) に同行し、スエズ運河の建設可能性を査察した。 彼は運河に反対し、すぐにも砂で埋まるであろうと言い、 アレクサンドリアとカイロの間の鉄道建設に関しては 彼がデザインした管状橋を 2 本建設して援助するとした。 この鉄道は 1854 年に開通し、 1858 年にはスエズまで延長した。 彼は 1857 年と 1858 年の議会での演説で、 スエズ運河の計画に英国が関与することに反対した。

ノッカーの無い家

ロバートは 1847 年にグロスター・スクエア 34 番地に移り、 ロンドンにいる時は、アテナム (Athenaeum) クラブとカールトン (Carlton) クラブで人と付き合い、 帰宅するのが遅くなった。 1850 年に至るまで、ロバートは英国の鉄道システムの 1/3 に関連し、早く老け込み、 慢性腎炎 -- 当時はブライト病 (Bright's disease) と呼ばれた -- で苦しんだ。 これはイサンバード・ブルネルと同じで、大体同じ理由からであった。

ロバートは発明家や起業家のありがたくない注意を引き付けていることに気が付いた。 彼がグレート・ジョージ・スクエアで酔い潰れていると、 彼らが彼をグロスター・スクエアの家に連れて行った。 部分的にはこのような侵入から自分を守るために 1850 年に 100 トンのヨットを注文し、 チタニア (Titania) と名付けた。 船に乗船していると好ましからざる訪問客が来ないことがわかり、 この船を 「ノッカーの無い家」 と呼んだ。 乗船すると若返った気がし、興奮した子供のように振る舞った。 彼は 1850 年にロイヤル・ヨット・スクワドロン (Royal Yacht Squadron, ヨットクラブの名) に加わり、上流階級に属していない最初のメンバーになった。 チタニア は 1851 年のロイヤル・スクワドロン・レースに参加したが敗北し、 アメリカ が勝利した。 そこでアメリカス・カップ (America's cup) に挑戦することを開始したが、 数日後に非公式レースで アメリカ に敗北した。 2 番目のヨットも チタニア と呼ばれ、90 フィート (27 m) の長さで、 184 トンあり、1852 年に建造された。これは最初のヨットが火災で失われたからである。


1850 年の最初の チタニア
「挿絵入りロンドン・ニュース」から

1850 年にオスロ (当時はクリスティアーニア (Christiania) と呼ばれた) からミョーサ湖 (Lake Mjøsa) に至るノルウェー基幹鉄道のルートの測量があり、 ロバートは主任技術者、ビッダー (Bidder) は常駐技術者 (resident engineer) となった。ロバートは (現場に) 1851 年、1852 年、1854 年に戻ってきた。 1852 年の 8 月にはロバートはカナダに旅行し、 モントリオールのセント・ローレンス川における グランド基幹鉄道の横断に関して助言した。 8600 フィート (2600 m) のビクトリア橋は 6500 フィート (2000 m) の箱桁があり、 25 個の錬鉄製の区間から構成されていた。 この橋はしばらくの間、世界で最も長い橋であった。

1855 年にロバートは フランスの皇帝により、レジオンドヌール勲章の騎士の称号を授与された。

ロバートは 1847 年以来土木学会の副会長を務めたが、1856 年に会長に選ばれ、 翌年にはオクスフォードでブルネルとリビングストン博士と共に、 民法の名誉学位を受理した。

人生を通じ、ロバートはブルネルとロックの親密な友人であり、 1867 年には、弱々しく気分がすぐれなかったが、ブルネルが SS グレート・イースタン を進水させるときに、 ブルネルからの助けを求める依頼に即応した。 ロバートは造船台から川沿いの泥の中に落下したが、訪問が終わるまでコートなしで続けた。 翌日に、気管支炎により 2 週間の間ベッドにくぎ付けとなった。

1858 年の後半にロバートは何人かの友人とアレクサンドリアまで航行し、 そこで チタニア の船上に滞在するか、カイロのシェファード・ホテル (Shepheard's Hotel) に滞在した。 彼は友人のブルネルとクリスマスに食事をし、そのあとロンドンに向い、1859 年の 2 月に到着した。 彼はその夏は気分が悪かったが、ジョージ・パーカー・ビッダーと連れだって、オスロまで航行し、 ノルウェイ基幹鉄道の開通を祝い、セント・オラフ勲章の第十字騎士の称号を授与された。 彼は 9 月 3 日の宴会で気分が悪くなり、チタニア に乗ってイングランドに向かい、医者が同伴した。 しかし、ヨットが嵐に突っ込んでから旅行は 7 日かかった。 ロバートがサフォーク (Suffolk) に上陸した時に、 ブルネルは発作後、すでに重病となっており、翌日亡くなった。 ロバートは元気を回復したが、1859 年 10 月 12 日に亡くなった。 彼はブルネルよりも 3 才年上であった。

残されたもの (レガシー、legacy)

ロバートの死は国中で悼まれ、とりわけ、これがブルネルの死後ほんの数日後に起きたため猶更のことであった。 彼の葬儀の列は女王によりハイド・パークを通過する許可が得られた。 これはそれ以前は王族に留保された名誉であった。 2000 枚のチケットが発行されたが、3000 名がウエストミンスター寺院の葬式に参列した。 ここでロバートはトーマス・テルフォードのそばに埋葬された。 テムズ川、タイン川、ウェア川、ティーズ川の船は半旗 (flag at half-mast) を掲揚した。 タインサイドでは正午に仕事が停止して、 ロバート・スチーブンソン会社の 1500 名の従業員がニューキャッスルの通りを行進し、 自分たちの慰霊祭に向かった。 ロバートは £400,000、ニューキャッスル機関車工場、スナイブストン炭鉱を残した。 £50,000 は従弟のジョージ・ロバート・スチーブンソン -- ジョージの弟のただ一人の子息 -- に残され、£10,000 はパーカー、ビッダー、ニューキャッスル病院に残され、 残りは友人や協会に遺贈された。


ロバート・スチーブンソンの彫像
ユーストン駅の外

ビクトリア時代の自助 (self-help) の唱道者であるサミュエル・スマイルズ (Samuel Smiles) は 1857 年にジョージ・スチーブンソンの最初の伝記を出版した。 これは偏見に満ちて、ジョージを引き立てるために、子息は無論のこと競争相手を犠牲にしているとして攻撃されたが、 人気があって 250,000 部が 1904 年までに売られた。 希望の帯 (The Band of Hope) がジョージの伝記を 1 枚 1 ペンスで 1859 年に販売し、 ある時期には、ジョージの遺体をウェストミンスター寺院に移す提案もあった。 ジョージの生誕 100 年祭は 1881 年に 水晶宮で開かれ 15000 名が列席した。 1990 年から 2003 年まで英国銀行により発行されたシリーズ E の 5 ポンド紙幣の裏側の造作はジョージであった。 ノース・シールズのスチーブンソン鉄道博物館はジョージ・スチーブンソンとロバート・スチーブンソンにちなんで名づけられている。