ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Isambard Kingdom Brunel - Wikipedia
イザムバード・キングダム・ブルネル
(Isambard Kingdom Brunel)

イザムバード・キングダム・ブルネル (Isambard Kingdom Brunel、/ˈɪzəmbɑrd bruːˈnɛl/; 1806 年 4 月 9 日 - 1859 年 9 月 15 日) はイングランドの機械技術者且つ土木技術者で 『技術史において最も独創的で多産な人々の 1 人』 であり、 『産業革命の最も偉大な人々の 1 人で、彼の草分け的なデザインと独創的な建設により、 イングランドの景色が変わってしまった』 と思われている。 ブルネルが建設したのは: 造船所、 グレート・ウェスタン鉄道 (GWR)、 一連の蒸気船 -- これには最初のスクリュー駆動の大西洋横断の蒸気船が含まれている --、 多くの重要な橋とトンネルがある。 彼のデザインは公共輸送と現代技術に革命を引き起こした。


SS グレート・イースタン の進水用の鎖のそば
に立つイザムバード・キングダム・ブルネル
1857 年、ロバート・ハウレット撮影

ブルネルの計画は常に成功したわけではないが、 長年にわたる技術的問題に対しての独創的な解法を含んでいた。 生涯を通じ、ブルネルは多くの技術的な 『最初のもの』 を達成し、 航行河川の下を通る最初のトンネルの建設の手助けをし、 SS グレート・ブリテンを建造し、 これは最初のスクリュー駆動の鉄製の外洋船であり、 建造時点 (1843 年) では史上最大の船であった。

ブルネルは良好に建設された鉄道の標準を設定し、勾配とカーブを最小にした。 これにより高額な建設技術と新しい橋、高架橋、 そして 2 マイルの長さのボックス・トンネルが必要となった。 1 つの議論の的となる造作は幅の広い 7 フィート 1/4 インチ (2,140 mm) の広軌であり、後に標準ゲージと呼ばれる 4 フィート 81/2 インチ (1,435 mm) ではなかった。 広い軌道は乗り心地が快適であったが、建設費がより高くなり、 まもなく狭いゲージを使用する他の鉄道と接続しなければならなくなったときに問題が発生した。 1846 年の 「鉄道ゲージ規制法」 の結果、GWR のすべての鉄道網を標準ゲージに変更しなければならなくなった。

訳注
1846 年の法律は上で書かれているものとは少し違い、広軌も容認されています。(グレート・ウェスタン鉄道を参照。) グレート・ウェスタン鉄道のすべての鉄道網が標準ゲージに変化するのは 19 世紀末です。 蒸気機関車が強力になるのはベッセマー工程 (1855 年) により本格的に鋼が安くなる 1870 年代頃と思われ、この時期には標準ゲージの機関車も性能が広軌とさほど変わらなくなった可能性があります。 いずれにせよ、初期には広軌の方が圧倒的に有利であったと思われます。

ブルネルは蒸気動力の鉄製の船を建造して、グレート・ウェスタン鉄道を西の北米にまで延長することを提案して、 英国を驚愕させた。 彼は 3 隻の船をデザイン・建造して、造船技術に革命を引き起こした。

2002 年に、ブルネルは 「100 人の最も偉大な英国人」 を決定した BBC の公開投票で 2 位になった。 2006 年には彼の誕生 200 周年記念で、 一大プログラムが 「ブルネル 200」 の名の下に、 彼の人生と業績を祝福した。

  1. 名前
  2. 初期の人生
  3. テムズ・トンネル
  4. グレート・ウェスタン鉄道
  5. ブルネルの atmospheric caper
  6. 大西洋横断輸送
  7. レンキオイ病院
  8. 個人の生活
  9. 残されたもの (レガシー、legacy)
名前

ブルネルのユニークな名前は両親の名前の融合である。 彼の苗字は父親の苗字を引き継ぎ、ミドルネームは母親の苗字であった。 これは当時は普通の名前の作り方であった。

ブルネルのファーストネームのイザムバードは彼の父親のミドルネームで、 これは父親の好みの名前であった。 「イザムバード」 はドイツ語を起源とするノルマン人の名前で、「輝く鉄」 (iron-bright) を意味している。 同じ起源の名前にドイツ語の苗字 「Eisenbath」 があり、 これは今日でもババリア人やドイツ系米国人の中に見受けられる。

初期の人生

フランス人の土木技術者サー・マーク・イザムバード・ブルネルとソフィア・キングダムの子息として、 イザムバード・キングダム・ブルネルは 1806 年 4 月 9 日にポーツマス、ポートシー (Portsea) の ブリトゥン・ストリート (Britain Street) で生まれた。 この場所で彼の父親は滑車ブロック製造機械で働いていた。 彼には 2 人の姉 -- ソフィア (Sphia, 長女) とエンマ (Emma) -- がおり、 父親の仕事の理由から 1808 年にロンドンに移住した。 ブルネルは父親が金銭で不安があったのにもかかわらず、 幸福な子供時代を過ごし、初期の頃は父親が彼の先生となった。 父親は 4 才の時から線画と観察技術を教え、ブルネルは 8 才までにユークリッド幾何を学んだ。 この頃に彼は流暢なフランス語と技術の基礎原理を学んだ。 彼は興味ある建物の線画を描き、 その構造に何らかの欠陥があるか否かを見極めることを奨励された。

訳注
「滑車ブロック」のことは 滑車の挿絵のキャプションに登場しています。ブルネルの父親が働いていたのは「ポーツマス・ブロック工場」で この工場は海軍に「滑車ブロック」を納品していました。

ブルネルが 8 才になった時にホブ (Hove) にあるモレル博士 (Dr Morrell) の寄宿学校に送られ、彼はここで古典を学んだ。 生まれがフランス人であった彼の父親は自分がフランスで若かった時に楽しく経験した高等教育を子供が受けるべきであると考え、 その結果、14 才で若いブルネルは最初はノルマンジーのカーン・カレッジ (College of Caen) に入学し、次にパリのリセ・アンリ IV (Lycée Henri-IV) に入学した。

訳注
リセ・アンリ IV は現在でもある学校です。( リセも参照のこと。但し、教育制度が相当に複雑にできているようなので、信頼できるかどうか不明。) Lycée Henri-IVによれば、リセ・アンリ IV は 6 年制のセカンダリ・スクールで、 最初の 4 年間が本来のリセで、次の 2 年間が 予備大学 (classes préparatoires) と呼ばれ、以下に登場するエコール・ポリテクニークなどの名門校への進学の基礎資格ができるらしく、 カリキュラムがとても大変らしい。

ブルネルが 15 才になった時に父親のマークは £5,000 を超える借金があり、 債務者監獄 (debtor's prison) に送られた。 釈放される目途がつかないまま 3 ヶ月過ぎ、マークはロシア皇帝からの申し入れを考慮していることを (政府に) 知らせた。 1821 年 8 月に、政府は著名な技術者を失う可能性に直面し、態度を変えて、 英国にとどまることの約束と引き換えにマークの借金を清算した。

ブルネルが 1822 年にアンリ IV での勉強を終えた後に、 父親は彼を著名な工科大学である エコール・ポリテクニーク (École Polytechnique) に志願させようとした。 しかし、彼は外国人であったため入学資格がなかった。 その結果、ブルネルは著名な時計製造家であった アブラアム=ルイ・ブレゲの下で見習いをした。 ブレゲはブルネルのことを父親に宛てた手紙で褒めていた。 1822 年にブルネルは見習いを終えて英国に戻った。

テムズ・トンネル

ブルネルはロンドンのテムズ川の下を通るトンネルを作る計画の補助技術者として数年間働いた。 このトンネルはロザーハイズ (Rotherhithe) とワッピング (Wapping) を結び、 川の一方の側から他方に水平抗を穿つもので、非常に困難で危険を伴うものであった。 ブルネルの父のマークは主任技術者で、テムズ・トンネル会社により資金提供されていた。


テムズ・トンネル、2005 年

川底の成分はほとんど水浸しの沈殿物と、しまりのない砂利であった。 マーク・ブルネルによりデザインされた独創的なトンネル掘削用のシールドが陥没から労働者を守った。 しかし、2 回の激しい洪水により、長期間工事が停止され、数人の労働者が事故死し、若いブルネルは重傷を負った。 1828 年の 2 回目の事故では、2 人の最も上級な抗夫の命が奪われ、ブルネル自身もかろうじて死を逃れた。 彼は重傷を負い、回復するのに 6 ヶ月かかった。 この事故によりトンネル工事は数年間停止した。

テムズ・トンネルはマーク・ブルネルが存命中にまもなく完成するが、 彼の子息はもはやトンネル工事に直接携わらなかった。 ロザーハイズの見捨てられた工場を使用して、 彼の失敗した Gaz 実験を継続した。 これは父親のアイデアに基づくもので、 エンジンの開発を意図し、 炭酸アンモニウムと硫酸から得られるガスを交互に加熱・冷却して生成される動力で動くものであった。 幾つかの関係者 (海軍本部も含まれる) は興味を持っていたが、 燃料代のみから、ブルネルは失敗であると判断し、1834 年以後は継続されなかった。

1865 年に東ロンドン鉄道会社はテムズ・トンネルを £200,000 で買収し、 何年か後に最初の列車がここを通過した。 まもなくトンネルはロンドン地下鉄の一部となり、 今日でも使用され続けている。 元々は東ロンドン線の一部であったが、 現在は ロンドン・オーバーグラウンドに組み込まれている。

ブルネルはブリストルのクリフトン吊り橋のデザインによって最も良く記憶されていた。 橋はブルネルのデザインに基づいて建設されたが随分と変更された。 702 フィート (214 m) の単一スパンで、名目上エイボン川から 249 フィート (76 m) の高さであり、 世界で最も長いスパンを持つ橋であった。 ブルネルはトーマス・テルフォードが代表する委員会に 4 つのデザインで応募した。 しかしテルフォードはどの案も拒絶し、自分自身のデザインを提案した。 一般からの騒々しい反対により、組織委員会は新しいコンテストを開催することを余儀なくされ、 ブルネルはこれに勝利した。

後にブルネルは義理の兄弟である政治家のベンジャミン・ハウズ (Benjamin Howes) に手紙を書いた: 「この世界に入ってから、私が成し得たすべての偉業の中で、昨日のものが最も素晴らしいものであったと思う。 私は審査員 15 名の一致の下に採択され、彼らは最も扱いにくい主題 -- 味わい -- で論争していた。」

クリフトン橋の工事は 1831 年に開始したが、クイーン広場 (Queen Square) の暴動によって中断され、 この暴動はサー・チャールズ・ウェザレル (Sir Charles Wetherell) がクリフトンに到着したことにより引き起きた。 暴動が投資家を追い払い、計画に資金が残らなくなり、建設が中止された。

ブルネルは生きて橋が建設されることは見ることがなかった。 しかしながら土木学会の同僚や称賛者はこの橋が (ブルネルの) 適切なな記念碑であると考え、 新しい資金を集めて、デザインを修正し始めた。 工事は 1862 年に再開され、ブルネルの死の 5 年後の 1864 年に完成した。 2011 年に歴史家で伝記作家のエイドリアン・ボーガン (Adrian Vaughan) の示唆したところでは、 結果として建設された橋はブルネルのデザインしたものではない。 これは後の変更が随分あったからである。 彼の観点は 52 年前にトム・ロルト (Tom Rolt) が 1959 年の本 「ブルネル」 で述べている感想を反映していた。 初期の吊り橋から取り戻された吊り鎖のデザインをやり直したことは、 ブルネルのデザインが何故正確に踏襲されなかったことを示す、多くの理由の一つであった。

1845 年の 5 月に、ハンガーフォード橋 -- ロンドンのチャリング・クロス橋 (Charing Cross Station) の近くでテムズ川を横断する歩行者用の吊り橋 -- が開通した。この中央スパンは 676.5 フィートであり、建設費用は £106,000 であった。 この橋は 1859 年に新しい鉄道橋で置き換えられ、(この橋の) 吊り鎖がクリフトン吊り橋を完成させるのに使用された。


クリフトン吊り橋がエイヴォン峡谷にかかり、
ブリストルのクリフトンとノース・サマセットのリー・ウッズを結ぶ
訳注
2 つ前の文節では、ブルネルがデザインした吊り橋の吊り鎖が強度不足から新規にデザインした吊り鎖が利用されたように見えるが、 上の文節からは、経費節約のために他で使用されていた吊り鎖が使用されたように見える。

クリフトン吊り橋は今でも健在で、毎年 400 万台の車両が横断している。

ブルネルは彼の鉄道計画で多くの橋をデザインし、これには: プリマスの近くのソルタッシュでテイマー川をまたがるロイヤル・アルバート橋、 サマセット橋 (ブリッジウォーター (Bridgwater) の近くで普通とは違う積層木材 (laminated wood) を使用した木枠橋)、ウィンザー鉄道橋、 バークシャー州でテムズ川にかかるメイデンヘッド鉄道橋がある。 この最後の橋はレンガ製のアーチ橋では世界で最も平らで最も幅が広い橋であり、 今でも西に向かう本線の列車が通っている。もっとも現在の列車はブルネルの時代の列車よりはおよそ 10 倍重い。


メイデンヘッド鉄道橋
建設された時にはレンガのアーチ橋としては最大のスパン

彼の鉄道建設の経歴を通じ、とりわけサウス・デボン鉄道とコーンウォール鉄道の場合には、 横断すべき多くの峡谷があり、ブルネルは随分多くの高架橋の建設で随分と木材を使用した。 これらの橋は長年の間に交換しなければならなかった。 といのはカイアン方式で処理をしたヨーロッパアカマツ ( Kyanised Baltic Pine) は手に入れることが非経済的となったからであった。

訳注
「カイアン方式で処理」とは木が腐らないように塩化第二水銀の溶液で処理すること。

ブルネルは 1855 年にコーンウォール鉄道のためにロイヤル・アルバート橋をデザインした。 これは彼の元々の計画であるハモエーズ (Hamoaze) -- 潮汐のある テイマー川、テイビー川 (River Tavy)、リナー川 (River Lynher) の河口-- を列車の渡し船で横断することを、議会が拒絶したからあである。 橋は (弓ヅル・ガーダーあるいは結合アーチによる建造) は主スパン -- 長さ 455 フィート (139 m)、春の平均高潮の潮位の上に 100 フィート (30m) の高さ -- の 2 基と、より短いアプローチ・スパン 17 基から構成されていた。 1859 年 5 月 2 日に プリンス・アルバートが開通式を挙行し、 この年にブルネルが死亡した。


ロイヤル・アルバート橋がソルタッシュでテイマー川にかかる。

ブルネルの最後の重要な請負はロンドンのユニークなスリー・ブリッジ (3 本の橋、Three Brdge) であった。工事は 1856 年に開始し、1859 年に完成した。

問題となるスリー・ブリッジはグランド・ジャンクション運河、 グレート・ウェスタン鉄道 兼 ブレント・フォード鉄道、 そしてウィンドミル・レーン (Windmill Lane) が互いに交差するための巧妙な配置である。

グレート・ウェスタン鉄道

ブルネルの人生の初期に鉄道使用が物資輸送の主な手段になり始めていた。 これに影響を受けて、ブルネルは鉄道工事に関与し、鉄道橋の工事にも関与した。

テムズ・トンネルが完成する前の 1833 年にブルネルはグレート・ウェスタン鉄道の主任技術者に任命された。 グレート・ウェスタン鉄道はビクトリア時代の英国の驚異の 1 つで、 ロンドンからブリストルまで走り、後にはエクセターまで走った。 会社は 1833 年のブリストルの公の会合で設立され、1835 年の議会法により法人化された。 ブルネルの未来像では乗客はロンドンのパディントン駅で 1 枚の切符を購入して、 ロンドンからニューヨークまで旅行でき、 西ウェールズのネイランド (Neyland) のターミナルではグレート・ウェスタン鉄道から、 蒸気船グレート・ウェスタンに乗り換えることであった。 彼はロンドンからブリストルに至るルートの全長を自分自身で測量し、 多くの人々の援助を受けた。 このような人に、 ブリストルの法律事務所 「オスボーン・クラーク」 (Osborne Clarke) の彼の顧問弁護士であるジェレマイア・オスボーン (Jeremiah Osborne) がいた。 彼はある時に、ブルネルをボートに乗せて、エイボン川を漕いで下り、 鉄道ルートのためにブルネルが川の堤防を測量する助けをした。


パディントン駅は今でも本線駅で、
グレート・ウェスタン鉄道のロンドンのターミナルであった。

彼は論議を起こす 2 つの決定をした: 最初に、彼は 7 フィート (2,134 mm) の広軌を使用することを選択し、 これにより高速時になめらかな走行が可能となると信じた。 第二にマールボロ・ダウンズ (Marlborough Downs) の北 -- ここには大きな町はないが、オクスフォードとグロスターへの接続を可能とするものであった -- を通るルートを選択し、次にテムズ川の流域に沿ってロンドンに至った。 鉄道に広軌を使用する彼の決定は論議を引き起こすもので、 それは、それ時点までに建設されたほとんどすべての英国の鉄道は標準ゲージを使用していたからであった。 ブルネルによれば、標準ゲージは鉱山鉄道 -- 世界で最初の乗客鉄道を作る前にジョージ・スチーブンソンが工事していたもの -- からの持ち込みに他ならないことであった。 ブルネルが計算と一連の試験から示したことは、 彼の広軌は高速と安定した快適な走行のどちらも提供する最適な大きさであることであった。 更には、より広い軌道では大きな車両が可能となり、積載量が増えることになる。

テムズ・トンネルにおけるブルネルの経験を利用して、 グレート・ウェスタン鉄道には一連の印象的な業績が含まれた。 -- アイビーブリッジにあるような、そびえたつ高架橋、 特別にデザインされた駅、広々としたトンネル、これにはボックス・トンネルが含まれ、 ボックス・トンネルは当時世界で最長の鉄道トンネルであった。 ボックス・トンネルが意図的に向きを決められたという逸話があり、 ブルネルの誕生日に上る朝日がトンネル中に輝くとされていた。

ブルネルが自分の仕様により注文した最初の一群の機関車はノース・スター機関車のものを除き不十分であることがわかった。 そこで、20 才のダニエル・グーチ (後のサー・ダニエル) が機関車エンジンの監督として採用された。 ブルネルとグーチは彼らの機関車工場をスウィンドン村に設定した。 この場所はロンドンからの穏やかな勾配がバースにおけるエイボン峡谷へのよりきつい勾配となる所であった。


ブルネルの蝋人形
スウィンドン蒸気鉄道博物館

ブルネルの業績は、この時代で技術的なことに興味を持っている英国人の想像力に火をつけ、 彼は彼の建造物がある州ですぐに極めて有名となった。

ブルネルの死後、標準ゲージが国内のすべての鉄道で使用すべきであるということが決定された。 グレート・ウェスタン鉄道のネイランドにおける元々のウェールズのターミナルでは、 広軌のレールが波止場のそばの手すりに使用され、幾つかの掲示板にはブルネルの人生の色々な様相が描かれている。 彼の青銅製の彫像で実物より大きなものもあり、一方の手で蒸気船を持ち、 もう一方の手で蒸気機関車を持っている。

現在のロンドン・パディントン駅はブルネルによりデザインされ、 1854 年に開業した。 グレート・ウェスタン鉄道や関連した鉄道の中で、 より小さな駅のデザイン例で、良好な状態で現存しているものに: モーティマー (Mortimer)、 チャールベリー (Charlbry)、 ブリジェンド (Bridgend) (すべてイタリア風建築)、 カルハム (Culham) (チューダー復古様式 (Tudorbetham)) がある。 彼のスタイルによる木製の tトレーン・シェッド の現存する実例はフルーム (Frome) とキングズウェア (Kingswear) にある。

偉大な業績であるグレート・ウェスタン鉄道はスウィンドン蒸気鉄道博物館とディドコット鉄道センターで 不滅なものとなっている。 ディドコット鉄道センターにはブルネルのゲージ 7 フィート 1/4 インチ (2,140 mm) の再現された小区間があることで有名で、 同じゲージの非常に珍しい蒸気機関車もある。

全体的には社会が鉄道を見なす観点には否定的なものがあった。 ある地主は鉄道が (土地の) 快適さと資産価値への脅威と見なし、 他の地主は自分の土地ではトンネルを掘り鉄道が見えないように要望した。

ブルネルの大気圧鉄道

成功しなかったが、技術的な新機軸のブルネルによる興味ある使用に、 大気圧鉄道がある。 これはグレート・ウェスタン鉄道 (GWR) のエクセターから南方のプリマスへの延長で、 技術的にはサウス・デボン鉄道 (SDR) であるが、GWR の支援を受けていた。 列車は機関車の代わりにクレッグ (Clegg) とサミューダ (Samuda) の特許システムで動き、 これは大気圧 (真空) 牽引を使用するもので、 これにより軌道の中央に設置されたパイプから固定ポンプが空気を吸引するものであった。

エクセターからニュートン (現在のニュートン・アボット) に至る区間はこの原理で完成し、 列車はおよそ時速 68 マイル (109 km/h) で走った。 良く目立つ正方形の煙突があるポンプ施設が 2 マイルの間隔で設置された。 15 インチ (381 mm) のパイプが水平区間で使用され、 22 インチ (559 mm) のパイプがよりきつい勾配で使用された。

ブルネルの大気圧鉄道の再現
元々のパイプの区間を使用
ディドコット鉄道センター
実際のパイプの節
スウィンドン蒸気鉄道博物館

この技術には真空パイプを密閉するための皮縁 (leather flap) が必要とされた。 真空により、天然オイルが皮からにじみ出たが、 皮は水により傷みやすく、1847 年の冬には水は皮を腐らせ、 凍結により皮の繊維を破壊した。皮縁は獣脂で柔軟に保つ必要があったが、 これはネズミを呼び寄せた。 これらの皮縁は (ネズミに) 食われ、 真空動作は 1 年も続かず、 1847 年 (実験使用は 9 月に始まり、1848 年の 2 月に本使用が開始) から 1848 年の 9 月 10 日までしか続かなかった。 タンニンと酸化鉄の化学反応によるバルブの性能悪化は計画を沈没させた 最後の些細なこととして挙げられている。 これにより連続的なバルブがほとんど全長にわたり、 リベットから引き剥がされ始めたからで、 交換に要する見積もり費用は £25,000 となり、ひどく高価であった。

全計画は多額な失敗であったと示唆された。 ブルネルの立場から、指摘されたことは彼はこのベンチャー (冒険事業) を停止する勇気を持ち、より多大なコストで継続しなかったことである。

このシステムは正当性を主張できなかった。 サウス・デボン鉄道の 1848 年の収支報告では大気エンジンのコストは 1 マイルあたり 3 シリング 1 ペンスで、 普通の蒸気動力では 1 マイルあたり 1 シリング 4 ペンスであった。 (これは大気圧エンジンに付随した操業上の理由からで、この幾つかは操業時に解決したが、 実際のコストは計算することが困難であることが判明した。) 多くのサウス・デボン鉄道のエンジン棟が今でも存在し、 これにはトットネス (Totnes) のもの (2007 年にグレード II の指定建造物に指定されたが、 これはすぐにも取り壊されようとしていたからで、 しかもブルネルの 200 周年記念の祝賀の最中であった)、 そしてエグゼ川 (River Exe) の河口のそばのスタークロス村 (Starcross) にあり、これは印象的なランドマークとなっている。 更にこの村のパブの名前になっている。

皮縁のないパイプの区間がディドコット鉄道センターに保存されていrる。

大西洋横断輸送

グレート・ウェスタン鉄道が開通する前の 1835 年にブルネルは輸送網を延長して、 船によってブリストルから大西洋を横断してニューヨークまで至ることを提案した。 この目的のために、トーマス・グッピー (Thomas Guppy) がグレート・ウェスタン蒸気船会社を作った。 純粋に蒸気動力の船で、このように長い航海をすることが、 商用的に存続できるか否かに関して広く議論された。 1830 年代初期の技術的進展 -- これには表面凝縮器の発明が含まれ、 これによりボイラーを塩水で走らせ、洗浄するのに停止する必要がなくなった -- から、もっと長い航海が可能となった。しかし、船が旅程に十分な燃料を積んだ上に、 商用貨物の余地が残るとは一般に考えられなかった。 ブルネルはビューフォー (Beaufoy) の実験による証拠を適用し、 更に理論を発展させ、船舶の積載量は大きさの 3 乗で増大し、 一方で水による船舶の抵抗は大きさの 2 乗でしか増大しないとした。 これの意味することは、 大きな船を動かすには小さな船を動かすよりも、大きさに比例して燃料の消費が少なくなることであった。 この理論をテストするために、彼はグレート・ウェスタン鉄道に無料奉仕すること申し入れ、 会社は彼を建造委員会に加え、 最初の船 -- グレート・ウェスタン -- のデザインを委託した。

建造された時に、グレート・ウェスタン は世界で一番長い船であり、 長さが 236 フィート (72 m) でキールの長さは 250 フィート (76 m) であった。 船は主に木材で建造されたが、ブルネルは鉄製の斜めの補強材をボルト付けし、 キールの強度を維持した。 蒸気動力の外輪に付け加え、帆走できるように 4 本のマストが取り付けられた。 グレート・ウェスタン は 1838 年 4 月 8 日にブリストルからエイヴォンマス (Avonmouth) からニューヨークに向け処女航海に乗り出し、 船上には 600 英トン (610 トン) の石炭、貨物、7 人の乗客がいた。 ブルネル自身はこの最初の横断に乗りそびれた。 というのはこの船をロンドンで艤装した帰途で、船上火災があり、これで負傷したからであった。 火災により進水が数日遅れたため、 グレート・ウェスタン は蒸気力のみで大西洋を横断した最初の船であることを主張する機会を逸した。 競合するシリウスは 4 日前に出発していたが 1 日早く到着したのに過ぎず、 乗組員はキャビンの家具、予備の帆桁と 1 本のマストを燃料として燃やすことを余儀なくされた。 これと比較すると、グレート・ウェスタン は大西洋を 15 日と 5 時間で横断し、 船が目的地に到着した時に石炭はまだ 1/3 が残っており、ブルネルの計算が正しかったことが実証された。 グレート・ウェスタン は大西洋横断の蒸気船輸送が商業的に実行可能であることを示し、 これによりグレート・ウェスタン蒸気船会社は、この船を 1838 年から 1848 年まで、 ブリストルからニューヨークまでの定期輸送に使用した。 この船は 64 回 (大西洋を) 横断し、ブルーリボン賞を保持する最初の船となり、 西向きには 12 日の横断記録で、東向きには 12 日と 6 時間の横断記録であった。 この輸送は商業的に成功し、姉妹船を必要とするまでになり、 ブルネルに (新たな) 船をデザインすることが依頼された。

グレート・ウェスタン の処女航海
1838 年 4 月
グレート・ブリテン の進水
1843 年

ブルネルはスクリュー駆動の船が外輪船よりも優れていることを確信していた。 スクリュー駆動の蒸気船アルキメデスの船上のテストを実施した後に、 彼は大きな六枚羽根のスクリューを彼がデザインした 322 フィート (98 m) の グレート・ブリテン に組み込み、 船は 1843 年に進水した。 グレート・ブリテン は最初の現代的な船とみなされ、 木ではなく金属で建造され、風やオールではなくエンジンにより駆動し、 外輪ではなくスクリューで駆動した。 この船は大西洋を横断した最初の鉄の船体を持つスクリュー駆動の船であった。 処女航海は 1845 年の 8 月と 9 月に、リバプールからニューヨークまで実施され、 1846 年にはダウン州のダンドラムで座礁した。 船はサルベージされ、オーストラリア輸送に使用された。 そして現在では船は完全に保存され、英国ブリストルで公開されている。

1852 年にブルネルは 3 隻目の船に目を向けた。 先駆となる船よりは大きく、意図されたのはインドやオーストラリアへの航海であった。 グレート・イースタン (元々レバイアサン (Leviathan) と呼ばれた) は当時としては最前線の技術であり、 ほとんど 700 フィート (210 m) の長さがあり、最も贅沢な設備が装備され、 4000 人の乗客を運ぶことが可能であった。 グレート・イースタン はノンストップでロンドンからシドニーまで往復できるようにデザインされ (当時の技術者はオーストラリアには石炭が産出されないと誤解していた)、 20 世紀の初頭まで (世界) 最大の船のままであり続けた。 ブルネルの多くの野心的な計画と同様にまもなく予算を使いすぎ、 多くの技術上の問題から計画に遅れをとることになった。 船は持て余しもの (white elephant) とも描写されるが、 デービット P. ビリントン (David P. Billington) が議論するように、 この場合にはブルネルの失敗は本質的に経済性 -- 彼の船は時代から単に早すぎただけ -- である。 ブルネルの未来像と技術的な新機軸により、大規模で、スクリュー駆動で、 すべて金属でできた蒸気船が現実的な事実となったが、 支配的な経済的、産業的な条件が意味することは大洋を超えた (transoseanic) 蒸気船の旅行が実行可能な産業として登場していなかったのである。

グレート・イースタン
進水の少し前、1853 年
グレート・イースタン
1866 年
グレート・イースタン の進水時の
ブルネル、ジョン・スコット・ラッセル
とダービー卿が同伴

グレート・イースタン はロンドンのジョン・スコット・ラッセル (John Scott Russell) のネピア造船所 (Napier Yard) で建造され、1859 年の 2 回の試験の後に、 1860 年の 6 月 17 日にサウサンプトンからニューヨークへの処女航海に向かった。 元々の乗客輸送の目的には失敗したが、 この船はまもなく大洋横断の電信ケーブル設置船としての役割を見つけた。 サー・ジェームス・アンダーソン (Sir James Anderson) 船長の下で、 グレート・イースタン は最初の恒久的な大西洋横断の電信ケーブルを設置し、 これによりヨーロッパと北米の間の遠距離通信が可能となった。

レンキオイ病院

1854 年に英国はクリミア戦争に参戦し、古いトルコの兵舎が Scutari の英国陸軍病院になった。 負傷者はここの貧弱な条件により多くの病気 -- コレラ、赤痢、腸チフス、マラリア -- に感染した。 フローレンス・ナイチンゲール (Florence Nightingale) は英国政府の解決を求めてタイムズ紙に嘆願書を送った。

ブルネルは多くの計画に関与し、グレート・ウェスタン でも働いていたが、 1855 年 2 月にこの仕事を引き受け、陸軍省 (War Office) の要求する一時的なプレハブ形式の病院 -- クリミアに船で運んで設営できるもの -- をデザイン・建設することになった。 5 ヶ月間に彼が結集したチームがプレハブ形式の木とキャンバスでできた建物をデザイン・建設し、船で送り出した。 これには輸送上の注意と設営上の注意が含まれていた。

ブルネルはグロスター造船所を本拠地にしていた William Eassrie とグレート・イースタン の進水段階の仕事をしていた。 Eassrie は木製のプレハブの仮兵舎をデザイン・建造し、 これはオーストラリアのゴールド・ラッシュにも、 クリミアの英国陸軍、フランス陸軍にも使用された。 木材の輸入業者のプライス社 (Price & Co.) によって供給された木材を使用して、 Eassrie はブルネルによってデザインされた 50 名収容の病室を 2 部屋備えた病棟を 18 棟組み立て、 16 隻の船で直接グロスター造船所から、 ダーダネルス海峡に送った。 レンキオイ病院はその後、ナイチンゲールが拠点にしていた Scutari 病院のそばに設営され、 これはマラリアに汚染されていないレンキオイにあった。

彼のデザインは衛生上の必要性、衛生設備への接続、換気、排水、そして原始的な温度調節も組み込んでいた。 これらは大成功として祝福され、 ある情報によると、およそ 1300 人の患者がこの病院で治療を受け、50 人しか死亡しなかった。 これが取って代わった Scutani 病院では死者はこの 10 倍であった。 ナイチンゲールはこの病棟を 「この壮大な仮兵舎」 と呼んだ。 プレハブのモジュールから病院を建設することは現在でもされており、 ブリストル王立病院のような病院はこの方法で建造されている。

個人の生活

1830 年にブルネルは王立学会のフェローに選ばれた。

1836 年 7 月 5 日に、ブルネルはメリー・エリザベス・ホースリー (1813 年誕生) と結婚した。 彼女は名前を樹立した音楽と芸術の家庭に生まれ、 作曲家でオルガン弾きのウィリアム・ホースリーの長女であった。 夫妻はロンドンのウェストミンスターのジューク・ストリートに家庭を作った。

1843 年に、ブルネルは子供たちを面白がらせるために、 手品のトリックを実演している時に半ポンド硬貨を飲み込み、気管支に詰まってしまった。 特別製の鉗子 (forcep) で取り除こうとしたが失敗し、 ブルネル自身が考案した機械でも同様であった。 父親の提案により、ブルネルは板に結び付けられて、 逆さにされると、硬貨が吐き出された。 彼はテインマス (Teignmouth) で回復し、その場所でとても楽しんだので、デボン州トーキー (Torquay) のワットクーム (Watcombe) に地所を購入した。 ここで彼はブルネル荘園と庭をデザインし、田舎の家にすることにした。 彼は家や庭が完成するのを目にしなかった。完成する前に亡くなったからである。

ブルネルはヘビー・スモーカーで 1859 年に発作で苦しんだ。 これは グレート・イースタン がニューヨークへの最初の航海をする直前のことであった。 彼はその 10 日後に 53 才で亡くなり、 彼の父のようにロンドンのケンサル・グリーン墓地 (Kensal Green Cemetry) に埋葬された。 墓は墓地の標準からは些細なもので、簡単に見過ごされる。 墓は主中央小道の南にあって、入り口と中央礼拝堂の真ん中ほどにあり、小道から 20 m 程の所で木で隠されている。


ブルネル家の墓
ケンサル・グリーン墓地、ロンドン

彼は死後に妻と 3 人の子供を残した: イザムバード・ブルネル・ジュニア (1837 年 - 1902 年)、 ヘンリー・マーク・ブルネル (1842 年 - 1903 年)、 フローランス・メアリー・ブルネル (1847 年 - 1876 年)。 ヘンリー・マークは彼の父と祖父を追って、土木技師となって成功した。

残されたもの (レガシー、legacy)

ブルネルは彼の時代には誉め称えられた技術者で、 今日でも崇敬されており、これは彼に捧げられた多くの記念碑からもわかる。 彼の彫像がロンドンではテンプル (写真)、ブルネル大学、パディントン駅にあり、 ブリストル、プリマス、スウィンドン、ミルフォード・ヘブン (Milford Haven)、 そしてソルタッシュにもある。ネイランドの彫像は 2010 年 8 月に盗まれた。 グレート・イースタン のトップ・マストは リバプール・フットボール・クラブの本拠地のアンフィールド・スタジアムの入り口で 「旗ざお」として使用されている。 現代の多くの場所にはブルネルの名前が付けられ、 例えばロンドンのブルネル大学、 ミルトン・ケインズのブレッチリー (Bletchley) のショッピング・センター、 エクセターの幾つかの通りの名前: イザムバード・テラス (Isambard Terrace)、 キングダム・ミューズ (Kingdom Mews)、 ブルネル・クローズ (Brunel Close) がある。 彼が生まれたポーツマスの道路、駐車場、学校の各々一つずつに彼を記念して名前が付けられており、 これに更に市で最も大きなパブも付け加わっている。 プリマス大学の工学実験棟も彼を記念して名前が付けられている。


ブルネルの青銅の銅像
ロンドン、テンプル

BBC が実施した 100 人の最も偉大な英国人を選ぶための 2002 年の公開テレビ投票では、 ブルネルが ウィンストン・チャーチルに次いで 2 位に選ばれた。 ブルネルの人生と仕事は多くの本、映画、テレビ番組で描かれている。 2003 年の本で、BBC のテレビシリーズとなった 「産業世界の 7 つの驚異」 には グレート・イースタン の建造のドラマが含まれていた。

ブルネルの橋の多くは今でも使用されている。 ブルネルの最初の技術プロジェクトであるテムズ・トンネルは現在では ロンドン・オーバーロード鉄道網の一部である。 ロザーハイズにある 「ブルネル・エンジン棟」 はかってトンネルのポンプに動力を与えた蒸気エンジンを格納していたが、 今ではブルネル博物館を収容し、 マーク・ブルネルとイザムバード・キングダム・ブルネルの業績と人生に捧げられている。 ブルネルの元々の論文とデザインの多くは現在はブリストルの SS グレート・ブリテン のそばのブルネル協会に保存され研究者や訪問客が自由に利用できる。

ブルネルはスウィンドンの町を 19 世紀にヨーロッパで最も速く成長する町の 1 つにしたとされる人である。 ブルネルがグレート・ウェスタン鉄道の機関車車庫をこの場所に選択したことにより、 労働者の住居が必要となり、これにより病院、教会、住宅団地を建設する萌芽となり、 今日では 「鉄道村」 と呼ばれるものになった。 ある情報によれば、ブルネルが彼の労働者のための リクリエーション、病院、診療所のために 「機械工協会」 を付け加えたことが、 アナイリン・ベバン (Aneurin Beven) に 国民保健サービスを創設する基礎を与えた。

GWR のキャッスル・クラスの蒸気機関車 no. 5069 は彼にちなんで イザムバード・キングダム・ブルネル と名付けられた。 英国鉄道西部地区のクラス 47 のディーゼル機関車 no. D1662 (後に 47484 となる) もイザムバード・キングダム・ブルネル と名付けられた。 GWR の後継であるファースト・グレート・ウェスタン (FGW) は高速鉄道の動力車 no.43003 をイザムバード・キングダム・ブルネル と名付けた。


FGW の高速鉄道の動力車 no. 43003

2006 年に、王立造幣局は 『イザムバード・キングダム・ブルネルの 200 周年祭と彼の業績』 を祝うために £2 硬貨を鋳造した。表の面にはブルネルとロイヤル・アルバート橋の一区間を描き、 裏の面にはパディントン駅の屋根を表示した。 郵便局は記念切手を発行した。

ロイヤル・アルバート橋の 100 周年記念には 「技術者 I.K. ブルネル」 の言葉が橋の両端に彫られ、 彼の永続する遺産を記念した。 この言葉はペンキのせいで見えなくなったが、ネットワーク・レールにより復元されて 2006 年再び登場した。

ブルネルは 1975 年にボブ・ゴッドフリー (Bob Godfrey) が監督したアニメ 「グレート」 の主題となり、1976 年 3 月の第 48 回アカデミー賞において、短編アニメでアカデミー賞を獲得した。

プログレッシブ・ロック・バンドの 「ビッグ・ビッグ・トレーン」 (Big Big Tain) の 2009 年のアルバム 「アンダーフォール造船所」 の中に収録された同名の歌は何人かの英国の技術者に対して敬意を表しており、 その中にブルネルがいる。 彼は 1830 年代に 「アンダーフォール造船所」 で働いていた。

2012 年のサマー・オリンピックの開会式で、 ケネス・ブラナー (Kenneth Branagh) は英国産業革命を表示する部分でブルネルを演じた。

スチームパンク・ミュージカル・グループ 「The Men That Will Not Be Blamed for Nothing」 (「責められることは何もしていない人達」) は 2012 年にリリースしたアルバム 「This May Be The Reason Why The Men That Will Not Be Blamed For Nothing Cannot Be Killed By Conventional Weapons」 (「これが、責められるようなことは何もしていない人達が通常兵器により殺されない理由かも知れない」) の中で ブルネル と呼ばれる歌を演奏している。 この歌は技術者としてのブルネルの業績のことを言及している。

スティングの 2013 年のアルバム 「最後の船」 (「The Last Ship」) は 歌「グレート・イースタンのバラード」 を含んでいる。