ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Royal Albert Bridge - Wikipedia

以下にはレンズ型トラスが登場しますが、レンズ型トラスを橋の建設に最初に使用したのは ストックトン・ダーリントン鉄道ゴーンレス橋です。 これはジョージ・スチーブンソンによってデザインされた橋ですが、ロイヤル・アルバート橋ほど規模が大きくありません。

スパンは橋脚から橋脚に至る部分のことで、以下では川の上の部分が主スパンと呼ばれ、 陸の上にある部分はアプローチ・スパンと呼ばれています。

各スパンの建設法はあらかじめ橋桁の部分を製造しておき、これを張り渡す部分の真下に置き、 ジャッキで持ち上げます。一回に持ち上げることができる高さは 1 m 程度の限界があり、 持ち上げた後に、橋桁の下に材木を敷いて橋桁を支え、橋脚を上方につぎ足します。 あとはこれを繰り返し、最終的に橋脚が橋桁を支えることができるようになる。

ロイヤル・アルバート橋
(Royal Albert Bridge)

ロイヤル・アルバート橋はイングランドのテイマー川 (River Tamar) にかかる鉄道橋で、 デボン州のプリマスとコーンウォール州のソルタッシュ (Saltash) を接続している。 この独特なデザインを構成するのは; 水面上の二基の 455 フィート (138.7 m) の鉄製のレンズ型トラス (lenticular truss) と通常の桁橋 (plate girder) のアプローチ・スパンである。 これにより、全長が 2,187.5 フィート (666.8 m) となる。 この橋にはコーンウォールから出入りするコーンウォール本線が通っている。 この橋はテイマー橋に隣接し、テイマー橋は 1962 年に開通し、A38 道路が通っている。


ロイヤル・アルバート橋

ロイヤル・アルバート橋はイザムバード・キングダム・ブルーネルによりデザインされた。 測量は 1848 年に開始し、工事は 1854 年に開始した。 最初の主スパンは 1857 年に定位置につき、完成した橋の開通式は プリンス・アルバートが 1859 年 5 月 2 日に挙行した。 ブルーネルはこの年の後半に亡くなり、 彼の名が橋の出入り口の上に記念として掲げられた。 20 世紀になってから、工事が行われ、アプローチ・スパンを取り換えて、 主スパンが強化された。 橋は工事中の時から観光客を呼び寄せ、 多くの絵画、写真、ガイドブック、切手、更には £2 硬貨にも登場した。 記念祭が 1959 年と 2009 年に実施された。

  1. コーンウォール鉄道
  2. デザイン
  3. 歴史
  4. 橋が見える場所
  5. 文化的影響
コーンウォール鉄道

コーンウォール州のフォルマス (Falmouth) に至る競合する 2 つの鉄道計画が 1830 年代に提案された。 「中央」計画はエクセターから ダートムーアの北を周るルートで、 簡単に建設できるが中間の交通がほとんどない。 一方、「海岸」計画は多くの技術的困難さがあるが、 重要な海軍の町であるデボンポート (Devonport) とセント・オーステル (St. Austell) の周りの産業地帯に貢献できる。 中央計画はロンドン・サウスウェスタン鉄道が支持し、 海岸計画はコーンウォール鉄道が売り込み、 グレート・ウェスタン鉄道が支持し、 コーンウォール鉄道がデボンポートでサウス・デボン鉄道と接続することを望んだ。 コーンウォール鉄道は 1845 年に議会法を申請したが拒否された。 拒否された理由は部分的にはハモエーズ河口 (the water of Hamoaze, テイマー川の河口の名称) を列車が横断するためのウィリアム・ムアサム (William Moorsom) の計画にあり、 「デボンポート・トアポイント渡し舟」(Devonport-to-Torpoint Ferry) を利用するものであった。 これに引き続き、イザムバード・キングダム・ブルーネルが技術者として引継ぎ、 より上流で、橋を使って、より高く横断することを提案した。 この場所はソルタッシュであった。この計画を有効にする議会法が 1846 年 8 月 3 日に通過した。

デザイン

橋は 19 世紀中頃に建設された一連の 3 基の錬鉄製の橋の 3 番目のもので、 先行する 2 つの橋の影響を受けた。 先行する橋はどちらもロバート・スチーブンソンによりデザインされていた。 ブルーネルの橋の 2 つの中央区間はロバート・スチーブンソンの橋を 新規に適合させたもので、 1840 年にニューキャッスル・アポン・タインでタイン川にかけられたハイ・レベル橋で駆使された デザインに基づくものであった。 同じ年にスチーブンソンがメナイ海峡にかけるブリタニア橋の箱桁を持ち上げた時に、 ブルーネルも同席した。 1849 年から 1853 年にかけて、ブルーネルは自分自身の橋を持ち上げた: チェプストウ橋はワイ川 (River Wye) を超えてサウス・ウェールズ鉄道を通し、 造作には 300 フィート (91 m) の主トラスがあり、 これは湾曲した中空な構造である。これに加え三基の通常の桁橋のアプローチ・スパンがあり、 これはソルタッシュでテイマー川の横断に採用されたものと類似なものであった。

川はソルタッシュでおよそ 1,100 フィート (340 m) の幅がある。 ブルーネルが最初に考えたことは二重軌道 (鉄道の複線) の高い木製の橋で、 中央スパンは長さが 255 フィート (78 m) で、 長さが 105 フィート (32 m) のアプローチ・スパン 6 基から構成され、 水上余地が 80 フィート (24 m) のものであった。 これは海軍本部に拒否された。 海軍本部は河川の航行可能性に関して法令により責任を負っていた。 そこでブルーネルは修正版を作り、100 フィート (30 m) の水上余地を与え、 300 フィート (91 m) の 2 スパンと 200 フィート (61 m) の 2 スパンで構成した。 海軍本部はこの案を再度拒絶し、川の航行部では橋の橋脚が 1 基以下であることを要求した。

ブルーネルは二重軌道 (鉄道の複線) の木製構造の計画をあきらめ、 単一軌道 (鉄道の単線) の錬鉄製のデザインを提案した。これは 850 フィート (259.1 m) の 単一スパンから構成されるものであった。 この構造の建設費は 1846 年の値段では £500,000 となることが判明したため、 彼はデザインを修正して、二基の 455 フィート (138.7 m) の主スパンから構成されるものとし、 平均した春の高潮時の水上余地を 100 フィート (30.5 m) にした。 これは海軍本部とコーンウォール鉄道のディレクター達により承認された。

1 スパンと橋脚の絵 潮記録装置、ブルーネルによって
デザインされた。測量の一環。

2 つのスパンはレンズ型トラスで、各トラスの上部円弧は重い中空のアーチで、 圧縮状態にあり、一方下部円弧は 2 本のチェーンから構成されている。 各トラスは (自分自身で) 単純に支えられているので、 橋脚には水平方向の突出機構が必要ではない。 これは両側に湾曲部があることからすると必要なものとなりそうなのだが,... この 2 つの円弧の間には全体を支える十字支柱と、吊り支柱がある。 吊り支柱は下部円弧から垂れ下がって、鉄道の路面を支え、 路面は連続的な厚板の梁 (beam) となっている。 岸には、もっと短く、もっと普通の桁橋のアプローチ・スパンが 17 基ある。 コーンウォール側では 10 基あり、 その長さは (ソルタッシュ駅から川の方向に順番に)、 67.5 フィート (20.6 m), 69.5 フィート (21.2 m), 69.5 フィート (21.2 m), 69.5 フィート (21.2 m), 69.5 フィート (21.2 m), 69.5 フィート (21.2 m), 72.5 フィート (22.1 m), 78.0 フィート (23.8 m), 83.5 フィート (25.5 m), 93.0 フィート (28.3 m) であり、 デボン側では 7 基あり、その長さは (川からセント・バドー (St. Budeaux) の方向に順に)、 93.0 フィート (28.3 m), 83.5 フィート (25.5 m), 78.0 フィート (23.8 m), 72.5 フィート (22.1 m), 69.5 フィート (21.2 m), 69.5 フィート (21.2 m), 69.5 フィート (21.2 m) である。 これにより、19 スパンの全長は 2,187.5 フィート (666.8 m) になる。

歴史
建設

最初の仕事は川底を適切に測量することであった。 1848 年の 4 月 26 日に直径 8 フィート (1.8 m)、高さ 85 フィート (25.9 m) の 鉄製のシリンダーがテイマー川で進水した。 これにより、シリンダーの底で川底を調査し、 川底の性質と強固な基礎の場所を見極めることができるようになった。 この時はコーンウォール鉄道は資金集めが困難で、 大半の作業はこの夏は中断されたが、少ない資金がブルーネルに割り当てられ、 測量を継続することができた。シリンダーは 35 ヶ所に設置され、 全部で 175 回のボーリングが実施された。

1853 年に橋の入札がコーンウォール鉄道会社で考察され、 工事をチャールズ・メアー (Charles Mare) に任せることが決定された。 メアーはブラックウォール (Blackwall) の造船家でブリタニア橋の鉄製品を建造していた。 彼がソルタッシュ橋の建造で要求した手数料は £162,000 であった。 しかし 1855 年の 9 月 21 日に 2 つのトラスの最初のものを建造中に彼は破産を申請した。 ブルーネルは鉄道会社が直接労働で最初のトラスを完成することを提案し、 鉄道会社も同意した。橋の残りの契約はハドソン・メイル (Messrs Hudson and Male) に授与された。

メアーの最初の仕事はデボン側の岸に橋を建設するための作業場と付随する桟橋と仕事場を設置することであった。 メアーは次に直径 37 フィート (11.3 m) で高さ 90 フィート (27.4 m) のシリンダーを建造することに乗り出した。 このシリンダーは中央の橋脚 (の基礎構造) の建設をするための作業基地を与えるものであった。 このシリンダーは 1854 年の 5 月に進水し、4 台の台船の間に係留された。 シリンダーの底部は 1848 年の測量に沿って、形が作られていた; 一旦川底に設置されると、水が汲み出され、中にあるドロが浚渫され、 がっしりとした石の橋脚が水がない状態で建設された。 これは 1856 年の 11 月に完成した。

訳注
橋脚の基礎構造は水の上にわずかに突き出ており、 写真から見てとることができます。この上に橋脚が作られています。

コーンウォール側の陸上の (複数の) 橋脚は 1854 年に完成し、 これらのスパンの桁は持ち上げられて正しい位置に設置された。 次に建設するものは、コーンウォール側の主トラスであった。 トラスの下部の結合は長さ 20 フィート (6.1 m) の節 (ふし、link) から構成された鎖でできていた。 多く (の節) はブルーネルのクリフトン吊り橋の中止された工事から得られ、 他のものはソルタッシュ用に新規に作られた。 コーンウォールのスパンは 1857 年 9 月 1 日に浮かべられて位置につき、 ジャッキで各段階で最高の高さ 3 フィート (910 mm) まで持ち上げられ、 橋脚がその下に建設された。 中央の橋脚は鋳鉄製の八角形の柱が使用され、陸上の橋脚は通常の石が使用された。

最初のスパンと建設中
の中央橋脚。1854 年。
ソルタッシュ側から。
第二のスパンが水に浮かび、橋脚
に乗せられ、最初の 12 フィート
をジャッキで持ち上げられた。

今や作業場から最初のトラスが片づけられ、 デボン側の主スパンの工事に取り掛かることができた。 主スパンは 1858 年 6 月 10 日に同様に浮かべられて、位置につき、 同様にして持ち上げられた。1858 年 12 月 28 日に最後の位置についた。 (工事用の支持構造が) 取り除かれた後で、 作業場の一部を片付けて、最後の陸上の橋脚の建設ができるようにし、 デボン側のアプローチ・スパンを最後の位置に持ち上げることができるようになった。 工事が十分に進展したため、 1859 年 4 月 11 日にディレクター達は列車で視察することができた。

コーンウォール側のスパンは実使用する前にテストされた。 両端は沢山の材木からなる柱で支えられて、残りの足場が取り除かれた。 1 フィートあたり 1.25 トンの静的負荷が路面にかけられ、次に 2.5 トンがかけられて、 ゆがみが測定され、路面から負荷を取り除いた後で、恒久的なゆがみが測定された。 今や橋が完成し、 1859 年 4 月 20 日に交易委員会 (Board of Trade) のために、ヨランド大佐 (Colonel Yolland) が法定の検査とテストを実施した。 彼は重い列車を橋の上で走らせ、主トラスのゆがみを測定し、 デボン側のトラスでは 1.14 インチ (29 mm)、コーンウォール側のトラスでは 1.20 インチ (30 mm) を得た。彼が述べた所では全体として 「とても満足できる」 ものであった。

開通式の日

プリンス・アルバートは橋を彼にちなんで名づけることを早くも 1853 年に同意していた。 更に彼は開通式を挙行するために招待され、 1859 年の 5 月 2 日に、ウィンザーから王室列車で到来した。 その日に数千人の見物客が列席したが、 コーンウォールからの招待客はリスカードで列車が故障したため儀式に遅れ、 ブルーネルは病気で出席できかなった。 ブルーネルは主補佐のロバート・ブレアトン (Robert Brereton) に代行させた。 公的な輸送は 1859 年 5 月 4 日に開始した。

1859 年以来の変更

1859 年 9 月 15 日のブルーネルの早すぎる死の後で、 コーンウォール鉄道のディレクター達は橋を彼の記念とすることを決定し、 橋の両側に大きな金属の文字で I.K.BRUNEL, ENGINEER (I.K. ブルーネル、技術者) の言葉を付け加えた。 1921 年に新しい連絡用の歩行路が付け加えられ、文字が見えにくくなったが、 2006 年に歩行路の場所を変えて、名前がはっきりと見えるようになった。 歩行路は 1950 年に一時的に取り外され、百年祭の年には橋は投光照明されていた。

1905 年に新しい 401 個の十字支柱が取り付けられ、より重い機関車が通過できるようになった。 1908 年にソルタッシュ駅に最も近い二基のスパンは広いスパンで取り換えられ、 軌道の配置が新しくなった。 1930 年代に新しい十字支えと斜め支えが垂直支柱の間に付け加えられ、 橋を更に強化し、垂れ下がっている鎖を正しい形に保つようにした。

橋は 1952 年にグレード I の指定建造物になった。

吊り鎖の間の追加の節 (ふし) 及び路面が 1969 年に付け加えられ、 橋を更に強化した。 2011 年にネットワーク・レールは 3 年間で £1000 万の改装を開始し、 これには 50,000 本のボルトの交換と 100 トンの鋼製品の設置が含まれていた。 橋は 1952 年に塗料が落とされて、元々のグース・グレー (Goose Grey) に塗り直された。

橋が見える場所

橋はコーンウォール本線の列車で横断でき、 これによりテイマー川をはるかに遠くまで見ることができる。 遊覧船がプリマスのフェニックス波止場とソルタッシュ、カルストック (Calstock) の間で操業している。 橋が見える主な場所は:


ロイヤル・アルバート橋とテイマー橋のパノラマ写真
文化的影響

このように大きく特色のある橋の建設はすぐに多くの人の注目を集めることになった。 1857 年のコーンウォール・スパンの進水はおよそ 20,000 人の群衆を引き寄せ、 同じくらいの人達がデボンポート・スパンの進水と開通式を目撃した。 建設中には何度も写真に撮られ、 開通後には多くの絵画の題材になった。 これにはデボンポートで生まれた画家のアルフレッド・ウォリス (Alfred Wallis) の絵が含まれる。 橋は多くの写真や絵葉書の題材にもなった。


ロンドン、ロザーハイズのブルーネル博物館
のベンチ、橋の模型を組み込んでいる。

橋は開通式の時にはすでにガイドブックの呼び物になっていた: 「これはヘラクレスの技であるが、ブルーネルはこの偉業を達成した。」 更に橋のデザインと建設を詳細に述べ 「建設の目新しさと巧妙さに関しては世界で並び立つものがない」 とした。 100 年以上たった後も、多くの旅行ガイドや旅行の呼び物に登場し続けている。 ジョン・ベチェマン (John Betjeman) は旅行者における影響を次のようにまとめている:

グレート・ウェスタン鉄道から見えるプリマスの一般的に灰色の屋根と裏庭は、 ソルタッシュ橋をより一層驚かせるものにする。 テイマー川の上流、下流には灰色の戦艦が係留している。 何百フィートも下流では、デボンからソルタッシュに至る蒸気フェリーが哀れさを誘い、 ブルーネルの力強い橋と競合しようとしているかのようだ。

橋はデボンからコーンウォールへの変化の象徴になった。 グレート・ウェスタン鉄道の 「コーンウォールのリビエラ」 旅行ガイドで、 ピーター・マイス (Peter Mais) はこの橋を次のように見なしている: (橋は) 「デボン・カウンティからコーンウォール公領へ旅行客を運ぶほとんど魔法の手段で、 デボン・カウンティは他のカウンティよりも豊かかも知れないが、まぎれもなくイングランドのカウンティで、 コーンウォール公領はどのような点からも非イングランド的である。 目を閉じてソルタッシュ橋を渡り、再び目を開ければ、そこは異国の地である。」 しかし、コーンウォールの人はもっと別の見方をしている。 イングランドのフォーク・ミュージックのデュオ (二人組、duo) である「ショー・オブ・ハンズ」 (Show of Hands) は 「いとこのジャック」 の歌の中で 「テイマー川の橋を夢見る。これは東への道」 と歌っている。

訳注
カウンティは昔の伯爵領で現在は州と翻訳されている。 コーンウォール公領は コーンウォール公が所有し、通常は国王の長男がこのタイトルを担う。 現在はコーンウォール公領はコーンウォール州内のみに限るわけではないし、 全部でもない。しかしかなり大きい。

橋は昔のウェスト・カントリー地域で放送されている ITV1 の「今日のウェスト・カントリー」 【訳注:ニュース番組】 の背景でもある。

特別なイベント

特別な時には特別なイベントが開催された。


新しい記念の銘板が 2009 年 5 月 4 日
ソルタッシュ駅で除幕し、橋の
150 周年を祝賀した。