ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Clifton Suspension Bridge - Wikipedia
クリフトン吊り橋 (Clifton Suspension Bridge)

クリフトン吊り橋は 1864 年に開通した吊り橋で、 エイヴォン峡谷 (Avon Gorge) とエイヴォン川にかかり、ブリストルのクリフトンとノース・サマセットのレイ・ウッズ (Laigh Woods) を接続している。 開通以来、この橋は有料道路であった。 通行料からの収入が橋の保守費用を賄い続けた。 橋はイザムバード・キングダム・ブルネルの、より以前のデザインを基礎にして、 ウィリアム・ヘンリー・バーロー (William Henry Barlow) とジョン・ホークショー (John Hawkshaw) によるデザインに基づいて建設された。 これはグレード I の指定建造物で、B 3129 道路の 1 部分である。

クリフトン吊り橋 ブリストルと英国内における位置

エイヴォン峡谷に橋を建設するアイデアは 1753 年に始まる。 元々の計画では石造りの橋であったが、 後の計画では錬鉄製になった。 1831 年にブルネルのデザインを建設する試みは、 ブリストルの暴動により中止となり、 彼のデザインの修正版は彼の死後に建設され、1864 年に完成した。 (2 つの) 橋の塔は大きさが類似しているが、デザインは同一ではなく、 クリフトンの塔には横の切り抜きがあり、 レイの塔はもっと尖ったアーチで、110 フィート (34 m) の赤い砂岩を着せた迫持台の上にある。 各々の塔のローラーに乗った 「サドル」 により、負荷が橋を通過する時に 3 本の独立した錬鉄の鎖が動くことができる。 橋の路面は 81 組に分かれた 162 個の錬鉄製の棒で吊り下げられている。

クリフトン吊り橋の
1878 年の絵
クリフトン・ダウンの
展望台からの光景

クリフトン橋梁会社は元々慈善トラストの認可の下に橋を経営していた。 このトラストはまもなく会社の株式を購入し、1949 年にこれを完了して、 橋の経営を引き継ぎ、保守費用を賄うために通行料からの収入を充てた。 橋は特色あるランドマークで、 ブリストルのシンボルとして使用され、宣伝用の素材として使用され、 情報用のウェッブ・サイトに使用されている。 また、幾つかの映画やテレビのコマーシャルや番組の背景としても使用されている。 また重要な文化的イベントの開催地ともなり、 例えば 1979 年の最初の現代的なバンジー・ジャンプの開催地であり、 2003 年の最後のコンコルドはこの上空を通過し、 2012 年の聖火リレーの手渡しの場所でもあった。

  1. 歴史
  2. 工学技術
  3. 大きさ
  4. 事故
歴史
計画

ブリストルのエイヴォン川を横断した最初の橋がいつ建設されたのかは知られていないが、 最初の石造りの橋 -- ブリストル橋 -- が建設されたのは 13 世紀である。 この橋は家屋と店がその上に建設され、保守費用がこれで賄われた。 17 世紀の挿絵では、これらの橋の建物は 5 階建てで、これに屋根裏が含まれており、 チューダー様式の家屋が通りにせり出しているのとほぼ同様に川にせり出していた。 1760 年代に、この橋を置き換える法律が、ブリストルの下院議員であるサー・ジャリット・スミス (Sir Jarrit Smyth) により議会を通過した。 18 世紀の初頭までに交通の増大と道路上の店が道路に侵食することにより、 多くの歩行者にとり、橋が致命的に危険なものとなった。 新しい橋がジェームス・ブリッジズ (James Bridges) によりデザインされ, トーマス・パティ (Thomas Paty) により完成され、1763 年と 1768 年に建設された。 新しい橋を横断するために激しく取り立てた通行料への憤りが 1793 年のブリストル橋の暴動の誘因となった。 別の横断も考えられたが、海軍本部の規則により制限を受け、 これにはどのような橋も水面上 100 フィート (30 m) になければならず、 マストの高い戦艦がブリストル港まで到達できないといけなかった。 これを実現するには、ブリストル橋とエイボン峡谷の間に建設するどのような橋も、 ホットウェルズ (Hotwells) からアッシュトン・ゲート (Ashton Gate) まで渡すためには、 巨大な盛土と高架橋が必要であった。 この代替はエイヴォン峡谷の最も狭い場所で、船舶により必要とされる高さより十分高い場所で横断することであった。

1753 年にブリストルの商人のウィリアム・ビック (William Vick) は遺産を残し、 遺言により £1,000 (2015 年の £140,000 に相当) を投資して、 利子が £10,000 (£1,360,000) に蓄積した時にクリフトン・ダウン (ここは 1830 年代まではブリストル市の外のグロスターシャー州にあった) とレイ・ウッズの間に石の橋を作る目的に使用することを指示した。 この地域は 18 世紀後半になるまでは開発されることがなかったが、 ブリストルがもっと豊かになるにつれ、 クリフトンは当世風となり、豊かな商人がもっと多くこの地域に移住した。 1793 年にウィリアム・ブリッジズ (William Bridges) は石のアーチ橋の計画を出版し、 これでは迫持台に工場があり、これが橋の維持費を賄うものであった。 デザインが出版された後すぐにフランス革命戦争が勃発し、交易と商業が影響を受け、 計画はたなざらしとなった。


ウィリアム・ブリッジのデザイン

1829 年までにビックの遺産は £8,000 に達したが、 石の橋はこの 10 倍はかかると見積もられた。 橋のデザインを見つけるためにコンテストが開かれ、賞金が 100 ギニーであった。 22 人のデザイナーの参加があり、 この中にサミュエル・ブラウン (Samuel Brown)、 ジェームス・メドウズ・レンデル (James Meadows Rendel)、 ウイリアム・ティアニー・クラーク (William Tierney Clark)、 ウィリアム・ヘイズルディーン (William Hazledine) がいた。 幾つかは石の橋で、£30,000 から £93,000 の間の経費が見積もられていた。 ブルネルは 4 案を提出した。 審査委員会は外見と経費の理由から提出された 22 の計画のうち、17 を拒絶した。 次に彼らはスコットランドの土木技術者であるトーマス・テルフォードを呼び、 残った 5 案の中からの最終選考をまかせた。 テルフォードは残りのすべてのデザインを拒絶し、577 フィート (176 m) が最大可能なスパンであると議論した。 次にテルフォードは彼自身によるデザインを作るように依頼され、 彼はこれをして、110 フィート (34 m) 幅の吊り橋を提案し、 これは高いゴシック様式の塔で支えるもので、£52,000 の経費がかかるものであった。

議会法が通過して、石の橋の代わりに錬鉄製の吊り橋を建設することが可能となり、 経費を取り戻すために通行料を課すことになった。 会社が作られ、1830 年の最初の数か月に資金が集められた。 しかし、集められた資金では建設に不十分であった。 これにも関わらず、議会法は 1830 年の 5 月に王室の同意を得た。 ブルネルはテルフォードのデザインより £10,000 安い新しい提案を作成し、 地方紙の支持を得た。 ジェームス・メドウズ・レンデル (James Meadows Rendel), ウィリアム・アームストロング (William Armstrong)、 ウィリアム・ヒル (William Hill) も新しくて安い提案を提出し、 委員会は予算を決めていないと不平を漏らした。 1831 年に 2 回目のコンテストが開催され、新しい審査委員には デイヴィス・ギルバート (Davies Gilbert) と ジョン・シーワード (John Seaward) が含まれ、 提案の技術的品質が審査された。 13 のデザインが提出され、 テルフォードのデザインのみが審査委員が要求した 1 平方インチあたりの鎖の重さを達成したが、 あまりに高価であるとして拒絶された。 勝利者はバーミンガムのイーグル鋳造所のスミス (Smith) とホークス (Hawkes) であると宣言された。 ブルネルはギルバートと個人的に面会し、決定を変更するように説得した。 これにより委員会はブルネルが勝利者であると宣言し、彼は建設計画の技術者として契約を受理した。 勝利したデザインは吊り橋で、当世風なエジプト様式に影響を受けた塔がついていた。 2010 年に新たに発見された書簡と文書により、デザインを提出する際に、 父親のサー・マーク・イザムバード・ブルネルの忠告を受けていたことがわかった。 父親のブルネルの忠告には橋の中央に支えを含み、 これはそのような長さの単一スパンの橋が建設できるとは信じていなかったからである。 彼の子息は彼の忠告を無視することを選択した。

建設

起工式は 1831 年 7 月 21 に開かれた。 しかしながら、数日後にブリストル暴動により工事が停止した。 暴動が起きたのは上院が第二の (選挙区) 改革法案を否決したことにより起き、 この法案は腐敗選挙区 (rotten borough) の幾つかを消去して、ブリストルのように急速に産業化する英国の都市に議席を与えるものであった。 500 名から 600 名程度の若者が暴動に加わり、ブルネルが特別警察官 (special constable) に任命された。 暴動はブリストルの商業的信頼を著しく損ない、橋梁会社への資本予約が停止し、 それと同時に、橋の更なる工事も停止した。

訳注
腐敗選挙区とは産業化により人口の移動が起き、選挙区に選挙民が 100 名にも満たないようなってしまったような選挙区のこと。 これにより一部の貴族が下院をコントロールできた。選挙は記名投票だったので、なおさらのことになる。 1832 年に改革法案が成立する。 特別警察官は非常時に任命される一般人。

グレート・ウェスタン鉄道の議会法が通過して、資金的な信頼が確立されてから、 工事は 1836 年に再開したが、それに続く投資は嘆かわしいほど不十分であった。 主な請負業者が 1837 年に倒産したのにもかかわらず、塔は仕上げをしていない石で建設された。 資材を運ぶために、1000 フィート (300 m) の鉄棒で、直径が 1.25 インチ (32 mm) であるものが、 キャプスタン (水平巻き上げ機) により、峡谷を超えて引き寄せた。 契約がドウライス鉄工場 (Dowlais Iron Works) と締結されて 600 トンの棒鉄が供給され、 これがコッパーハウス鋳造所 (Copperhouse foundry) に送られて、棒鎖に成形された。 1843 年までに資金が枯渇し、もう £30,000 が必要となった。 工事が議会法に記述されていた制限時間を超えたため、すべての工事が停止した。 ブルネルはポートベリー (Portbury) に深水橋脚の建設を提案し、これがあれば基本的な道路接続ができるとした。 しかし、この計画のための資金はすぐには来なかった。 1851 年に鉄製品が売却され、ブルネルがデザインしたロイヤル・アルバート橋 -- プリマスとソルタッシュの間にある鉄道駅にある -- の建設に使用された。 塔は残り、1850 年代には恐れ知らずの人は鉄の棒から吊り下げられているカゴに乗って峡谷を横断できた。

ブルネルは橋の完成を見ることがなく、1859 年に亡くなった。 土木協会の彼の同僚は橋を完成させることは彼の適切な記念碑となると考え、 新しい資金を集め始めた。 1860 年にロンドンのテムズ川にかかるブルネルのハンガーフォード (Hungerford) 吊り橋が取り壊されて、 チャリング・クロス (Charing Cross) 鉄道駅に至る新しい鉄道橋に道を譲った。 ここの鎖が購入されて、クリフトンで使用された。

橋の銘板 鎖の 1 つ。元々はテムズ川の
ハンガーフォード橋のもの
訳注
上の左の写真にはハンガーフォード吊り橋の鎖がそのままクリフトン吊り橋に使用されたとあります。

修正されたデザインがウィリアム・ヘンリー・バーロー (William Henry Barlow) と サー・ジョン・ホークショー (Sir John Hawkshaw) により実施され、 ブルネルが意図したよりは、より広く、より高く、より頑丈な路面を持つことになり、2 本の代わりに 3 本の鎖が使用されることになった。

これらの修正版の大きさと技術が非常に著しいため、デザインをしたのはバーローとホークショーであるという議論がある。 塔はエジプト風に仕上げずに、仕上げをしていない石のまま残ることになった。 橋の工事は 1862 年に再開した。 最初は一時的な橋が峡谷を超えてロープを引くことで作られ、鉄の 「たが」 によりまとめられた木の厚板を持つワイヤー・ロープの歩道が作られた。 この歩道は労働者が車輪に乗せた軽い枠から構成される 「トラベラー」 (traveller) を移動するのに利用され、 トラベラーを使ってリンクが運ばれ、リンクはまもなく橋を支える鎖にまとめられた。 鎖は橋の両側で、25 m (82 フィート) の先細のトンネルに固定され、 スタッフォードシャーの青レンガを詰めた栓が狭いトンネル口から鎖が抜け出るのを防止した。 鎖の完成後に垂直な吊り棒が鎖のリンクから垂れ下げられ、 大きなガーダーがここから吊るされた。次に両側のガーダーは路面を支え、路面はクリフトン側がレイ・ウッズ側より 3 フィート (0.91 m) 高く、 水平であるかのような印象を与えている。 構造の強度をテストするために 500 トンの石を橋に広げた。これにより 7 インチ (180 mm) 橋が垂れ下がったが、 これは予期された耐性の範囲内であった。 工事の最中に、橋の下のレイ・ウッズ側の岩を貫通するトンネルが掘られ、ブリストル港鉄道がエイヴォンマスまで到達した。 建設工事は 1864 年に完成した。-- この場所における橋が最初に計画されてから 111 年後のことであった。


エイヴォン峡谷とクリフトン吊り橋
そばにジャイアンツ・ケーブ (巨人洞窟、Giants Cave)
操業

1864 年 12 月 8 日に、開通式のパレード用にマグネシウムの発炎筒で照明されたが、風で吹き消えた。 橋を照明する伝統はもっと最近のイベントにも継続され、 後の何千個もの電球による照明が発炎筒の代わりに橋に取り付けられた。


橋が照明されている。これらの灯火は
これ以来 LED で置き換えられた。

1860 年にクリフトン橋梁会社が工事の最終段階を監督し、橋の管理をするために設置された。 会社はトラストに毎年 £50 を支払い、トラストは徐々に会社の株式を購入した。 多くの交通がなかったため、通行料からの収入は最初はわずかであった。 しかし、これは 1920 年以後、車を持つ人が増えたため増大した。 1949 年にトラストはすべての公開株と社債を購入した。 橋は慈善トラストにより運営され、 元々はビック (Vick) の遺産を運営していた 「商人ベンチャー協会」 により作られた。 トラストは 1952 年、1980 年、1986 年の議会法により、橋を管理し、通行料を集めることが認可されていた。 2007 年からは £0.50 の通行料が課せられたが、議会法が許可する自転車、歩行者の £0.05 の通行料は徴収されなかった。 1975 年には人による料金徴収は自動機械で置き換わった。 通行料は橋の保守の支払いに使用され、 これには鎖の固定点の強化が含まれ、1925 年と 1939 年に実施されている。 また通常のペンキ塗りと保守も含まれ、これは路面の下に吊り下げられたエンジン付きのカゴで実施されている。 2008 年までに、毎年 400 万台の車両が横断している。 2012 年の 2 月に、橋のトラストは運輸省に通行料を £1 に増やすことを申請し、 まもなく 2014 年の 4 月 24 日に実施された。

1979 年 4 月 1 日に、現代的なバンジー・ジャンプがオクスフォード大学の「危険スポーツクラブ」(Dangerous Sports Club) により橋から実施された。 2003 年と 2004 年に 「アシュトン・コート野外音楽祭」 (Ashton Court Festival) と 「ブリストル国際気球祭り」 (Bristol International Balloon Fiesta) の出入りに行き来する人々の重さが橋に多大なひずみ (strain) を与えるため、 イベント期間中には橋はすべての車と歩行者に対して閉鎖されることが決定された。 これ以来、主な年間イベントには橋が毎年閉鎖され続けている。

2003 年 11 月 26 日に、最後のコンコルド (コンコルド 216) が橋の上空を飛び、 ブリストル・フィルトン空港 (Filton Aerodrome) に着陸した。 2006 年の 4 月には、橋は 「ブルネル 200」 (の祝賀祭) の週末の中心となり、 イザムバード・キングダム・ブルネルの誕生 200 年祭を祝った。 祝賀のクライマックスに花火が橋から打ち上げられた。 祝賀では橋の照明に LED が使用された。

2009 年の 4 月 4 日に橋は 1 晩閉鎖され、1 本の支持吊り材のひび割れが修理された。 2012 年の 5 月 23 日には、2012 年のロンドン・オリンピックの聖火リレーが橋を通過し、 聖火リレーの走者がブルネルの偶像的ランドマークの中央で聖火を手渡した。 橋は B3129 道路の一部として年間 400 万台の車を通している。 橋はグレード I の指定建造物である。

2011 年の 11 月に発表されたことによると、新しいビジター・センターが、 £200 万の経費で橋のレイ・ウッズ側に建設され、 現在使用されている一時的な建物に取って代わることになる。 新しい施設は橋の開通の 150 周年記念の前に完成することになっており、 150 周年記念は 2014 年の 12 月 8 日に祝賀された。 2012 年の 12 月に発表されたことによると、橋は £595,000 の資金を 「宝くじ遺産基金」 (Heritage Lottery Fund) から資金提供され、 ビジター・センターが改良されることになった。

工学技術

大きさは類似しているが、(2 つの) 橋の塔はデザインが同一ではない。 クリフトンの塔は横の切り抜きがあり、レイの塔はアーチがもっと尖っている。 ブルネルが元々提案した計画では、塔の上に当時流行していたスフィンクスを載せることになっていたが、 飾りは建設されることがなかった。

85 フィート (26 m) の高さのレイ・ウッズの塔は 110 フィート (34 m) の高さの赤い砂岩を着せた迫持台の上に立っている。 2002 年に発見されたことによると、これは中身が詰まった構造ではなく、 高さが 35 フィート (11 m) にも達するアーチ型天井の部屋を 12 室含み、立て坑やトンネルで接続されている。

各塔の頂上にあるローラーに搭載した 「サドル」 により、 負荷が橋を通過する時に、鎖が動くことができる。 全体の動きは非常に少ないが、これらは鎖のゆがみにより生じる力を吸収し、塔にも鎖にも被害を及ぼさないようになっている。

橋には片側に 3 本の独立な錬鉄製の鎖があり、ここから橋の路面が 81 組の垂直な錬鉄製の棒で支えら、 棒の長さは両端の 65 フィート (20 m) から、中央の 3 フィート (0.91 m) まである。 鎖は、ボルトで接続された穴の開いた平行な棒から構成されて、 峡谷の両側で岩の中のトンネルで固定されており、これは地表から 60 フィート (18 m) の所にある。 路面は元々、木製の板張りであったが、アスファルトで覆われ、2009 年に新しくなった。 橋の重さは、鎖、棒、ガーダーと路面を含め、およそ 1500 トンである。


「SUSPENSA VIX VIA FIT」 (道路はかろうじて吊り下げられている)
レイ・ウッズの橋脚の頂上のラテン語の銘刻は
ビクトリア時代の旅行者が初めて橋を見た時の驚きを表している。
大きさ
事故

2 名が橋の建設時に事故で死亡した。 1885 年にサラ・アン・ヘンリー (Sarah Ann Henley) と呼ばれる 22 才の女性が橋から転落したが、 彼女のふくらんだスカートがパラシュートとなって生き延びた。 彼女はその後 80 才になるまで生き延びた。

クリフトン吊り橋は自殺橋として広く知られており、 銘板が設置されサマリタンズの電話番号が記されている。 1974 年から 1993 年の間に 127 名の人が橋から身を投げて死亡した。 1998 年に防護柵が橋に設置され、人々が身を投げることを防止した。 設置後の 4 年間に自殺する割合が年間 8 名から 4 名に減少した。 ニコレット・パウエル (Nicolette Powell) -- リズム且つブルース歌手でかっての ロンドンデリー侯爵 ジョージ・フェイムの妻 -- が 1993 年 8 月 13 日に橋から自殺した。

1957 年にフィルトンに基地を置く RAF バンパイア・ジェット -- 第 511 飛行中隊 (Squadron) に属し、ジョン・グリーンウッド (John Greenwood) が操縦 -- がエルロン・ロールをを実施中に、橋の路面をくぐり、レイ・ウッズに激突して、 パイロットが死亡した。 この事故により、地滑りが起き、近くのブリストル・ポーティスヘッド (Porthishead) 鉄道が一時的に閉鎖された。 1997 年の捜査の最中に警察のヘリコプターが橋の下を飛んだ。

2014 年 2 月 12 日に橋が交通閉鎖された。 これは風によるもので、記録されたものでは最初のものであった。