ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Thomas Telford - Wikipedia
トーマス・テルフォード (Thomas Telford)

王立学会フェロー (FRS) 且つエジンバラ王立学会フェロー (FRSE) である トーマス・テルフォードはスコットランドの土木技術者で、建築家で、 石工であり、著名な道路・橋・運河の建設者であった。 彼は彼自身をシュロップシャーで道路且つ運河計画の技術者として確立した後で、 母国のスコットランドで数多くのインフラ計画をデザインしたことはもとよりのこと、港やトンネルもデザインした。 幹線道路や橋の多産な技術者としてあまりにも有名であったため「道路の巨人」 (The Colossuss of Roads) と呼ばれた。 19 世紀初頭のあらゆる形式の土木技術を自由に駆使していたことを反映し、 彼は英国土木学会 (Institution of Civil Engineers) の初代の会長に選ばれ、 彼の死に至るまでの 14 年間、このポストを維持した。


トーマス・テルフォード
  1. 初期の経歴
  2. エレスメア運河
  3. 道路の巨人
  4. 「テルフォード教会」
  5. 後の経歴
  6. テルフォードの死
  7. 名誉
  8. 詩人テルフォード
  9. テルフォードによりデザインされた橋
  10. テルフォードにちなんでつけられた名前
  11. 自叙伝
初期の経歴

テルフォードは ダンフリースシャー (Dumfriesshire) のエスクデイル (Eskdale) の田舎の教区であるウェスターカーク (Westerkirk) にあるエスクデールミューア教会 (Eskdalemuir Kirk) の 3 マイル西にあるグレンディニング (Glendinning) 丘陵農場で、 1757 年の 8 月 9 日に生まれた。 父親のジョン・テルフォード (John Telford) は羊飼いで、トーマスが生まれた後すぐに死亡した。 トーマスは母親のジャネット・ジャクソン (Janet Jackson, 1794 年死亡) により、 貧困の中で育てられた。

訳注
デイル (dale) = valley = 谷、カーク (Kirk) = 教会

14 才の時に、彼は石工の見習いになり、彼の初期の作品は、 スコットランドの境界にあるランガム (Langham) のエスク川 (River Esk) にかかる橋の上に見ることができる。 彼はしばらくエジンバラで働き、 1782 年にロンドンに移住し、そこで建築家のロバート・アダム (Robert Adam) とサー・ウィリアム・チェーンバー (Sir William Chamber) と会った後に、 サマセット・ハウスの増築に関連することになった。 2 年後にポーツマスのドック地域で仕事を見つけ、 -- まだ多くは独学によるものであったが -- 建設計画の仕様書、デザイン、管理に彼の才能を広げていった。

1787 年に、彼の裕福なパトロンであるウィリアム・プルトニー (William Pulteney) を通じて、 彼は「シュロップシャーの公共工事測量技師」(Surveyor of Public Works in Shropshire) となった。 土木技術はまだ揺籃期の分野であり、テルフォードは建築家として確立しようとした。 彼の計画には次のものがあった: シュルーズベリー城の修理、 町の刑務所 (この計画の最中にすぐれた刑務所改革者のジョン・ハワード (John Howard) に会った)、 ブリッジノース (Bridgnorth) のセント・メリー・マグダリーン (St. Mary Madgalene) 教会、 マデリー (Madeley) のセント・マイケル教会。 1788 年にシュルーズベリーのセント・チャッド (St. Chad) の 教会の屋根の雨漏りの相談に立ち寄り、 彼は教会がすぐにも倒壊すると警告した。 教会が 3 日後に倒壊して、彼は地元で有名となったが、 立て直しの建築家にはならなかった。

シュロップシャー州測量技師として、テルフォードは橋にも責任があった。 1790 年にモントフォード (Montford) でロンドン・ホーリーヘッド道路 (London-Holyhead road) がセバーン川を超える箇所の橋をデザインし、 これはテルフォードがシュロップシャーで建設した 40 基程度の橋の最初のもので、 このような橋にはビルドワス (Builwas) やブリッジノース (Bridgnorth) の重要な横断がある。 ビルドワスの橋はテルフォードの最初の鉄の橋であった。 彼はアイアンブリッジにおけるエイブラハム・ダービーの橋に影響を受けたが、 この橋はその機能には過大設計され、多くの部品が貧弱に鋳造されていると考えた。 これに比べると、彼の橋のスパンは 30 フィートも広く、橋の重さは半分であった。 もっともこの橋は最早存在していない。 彼は建設の前に材質を完全にテストした最初の技術者の一人であった。 技術の腕前が育つにつれ、彼はこの材質の問題に何度も振り返ることになった。

1795 年にウスターシャーのビュードリー (Bewdley) の橋が、 冬の洪水で流され、テルフォードは代わりの橋をデザインする責任を負った。 同じ冬の洪水によりテンベリー (Tenbury) の橋も流された。 テム川 (River Teme) を横断するこの橋はウスターシャーとシュロップシャーの共同責任で、 この橋は 2 つの州の境界で曲がっていた。テルフォードは橋の北側 (シュロップシャー) の修理の責任を負った。

エレスメア運河

テルフォードのシュロップシャーにおける名声により、 1793 年にエレスメア運河の詳細なデザインと建設を管理することに採用された。 この運河はレクサム (Wrexham) の鉄工場と炭坑を、 シュロップシャーの北西の町であるエレスメアを経由して、 チェスターに接続するものであり、既存のチェスター運河を利用するものであった。

色々な構造物の中に、 ランゴレン峡谷でディー川を超える目を見張るポントカサルテ水道橋が含まれていた。 ここで、テルフォードは新しい建設方法を使用し、鋳鉄で作った水槽を使用し、これを石造建築に固定した。 ポントカサルテ水道橋は長さが 1000 フィート (300 m) 以上で、 谷底からの高さが 126 フィート (38 m) あり、19 基のアーチから構成され、各々 45 フィートのスパンがあった。 大規模な構造への鋳鉄使用の先駆者であったため、 テルフォードは新しい技術を発明しなければならなかった、 例えば鉄の接続の密閉材として沸騰した砂糖や鉛の使用があった。 著名な運河の技術者であるウィリアム・ジェソップは計画を監督したが、 計画の詳細な実施に関してはテルフォードの手にゆだねた。 水道橋はユネスコの世界遺産に指定されている。

運河のボートが
ポントカサルテ水道橋を通過
ロングドン=オン=ターン水道橋

同時期に、テルフォードはシュルーズベリー運河のデザインと建設に関係していた。 元々の技術者のジョサイア・クロウズ (Josiah Clowes) が 1975 年に亡くなった時に、 テルフォードは彼の後を継いだ。 この計画におけるテルフォードの業績はロングドン=オン=ターンにおける鋳鉄の水道橋のデザインであり、 この水道橋はポントカサルテのものよりは以前のもので、 ほんの数か月前にダービー運河ベンジャミン・ウートラムが建設した英国で最初の鋳鉄の水道橋よりは 随分と大きなものであった。 この水道橋は最早使用されていないが、運河技術の特色ある一品として保存されている。

エレスメア運河は 1805 年に完成し、彼の運河の責任と共に、 テルフォードは土木技術者として有名となり、 他の色々な計画で常に相談を受けることになった。 このような計画には、リバプールの給水工事や、 ロンドンのドック地域の改良や、ロンドン塔の再建 (1800 年頃) があった。

テルフォードはスコットランドの低地地方 (Lowlands) の基幹道路の工事も手掛け、 これには 184 マイル (296 km) の新しい道路と多くの橋があり、 橋にはカークーブリ (Kirkcubright) のトングランド (Tongueland) でディー川を横断する 112 フィート (34 m) のスパンの橋 (1805 年 - 1806 年) から、 ラナーク (Lanark) の近くの 129 フィート (39 m) の高さのカートランド・クラッグス橋 (Cartland Crags bridge) (1822 年) がある。

テルフォードは 1806 年にスウェーデン王から、イェーテボリとストックホルムの間の運河の建設で相談を受けた。 彼の計画が採用され、イェータ運河の建設が 1810 年に開始した。 テルフォードは、その時、より重要な初期の掘削を監督するためにスウェーデンに赴いた。

多くのテルフォードの計画は、彼が大蔵省証券貸付委員会 (Exchequer Bill Loan Commission) のメンバーとしての役割により引き受けられた。 大蔵省証券貸付委員会は、1817 年の貧民雇用法 (Poor Employment Act) の下で立ち上げられた組織で、 雇用を創設する公共工事計画の資金援助をするものであった。

道路の巨人

後年には、テルフォードはロンドン・ホーリーヘッド道路の区間を再建することに責任を負った。 この仕事は彼の 10 年来の助手であるジョン・マクニール (John MacNeill) が完成した。 今日ではルートの大半は A5 基幹道路であるが、 ホーリーヘッド道路はコベントリー、バーミンガム、ウォルヴァーハンプトンを通る時には A5 から離れて、A45、A41、A464 を通っている。 ロンドンとシュルーズベリーの中間では、工事の大半は改良であった。 シュルーズベリーより以遠では、とりわけランゴレンよりも以遠では、 工事はほとんど何もないところから幹線道路を建設しなければならなかった。 ルートのこの区間における顕著な造作には、 ベトウス=ア=コーエド (Betws-y-Coed) でコンウィ川 (River Conwy) を横断するワーテルロー橋、 ここからカペル・キリグ (Capel Curig) に至る登り、 そしてナント・フランコン (Nant Ffrancon) の峠からバンガー (Bamgpr に至る下りがある。 オグウェン峡谷 (Ogwen Valley) では、カペル・キリグとベセスダ (Bethesda) の間で、 テルフォードは元々の道路 -- ローマ帝国がこの一帯を占領していた時に作った道路 -- から逸脱している。

アングリシー島 (the island of Anglesey) では、 スタンリー・サンズ (Stanley Sands) を横断してホーリーヘッドに至る新しい盛土が建設されたが、 メナイ海峡 (Menai Strait) の横断は最も手ごわい挑戦で、 メナイ吊り橋で乗り越えた (1819 年 - 1826 年)。 この橋は 580 フィート (180 m) のスパンがあり、当時最も長い吊り橋であった。 現代の吊り橋と違い、テルフォードはケーブルの代わりに、 9.5 フィート (2.9 m) の長さの鉄製の穴の開いた棒を個々につないで使用した。


メナイ吊り橋
訳注
上の文章は少し説明不足な点があります。 地図を注意して見ればわかりますが、ホーリーヘッドはアングルシー島にはなく、 隣のホーリー島にあります。テルフォードはこの 2 つの島を盛土でつなぎ、 スタンリー盛土と呼ばれています。

テルフォードはチェスター (Chester) とバンガー (Bangor) の間の北ウェールズの海岸道路でも工事をした。 ここには別の重要な吊り橋がコンウィにあり 【訳注:コンウィ吊り橋】、 メナイ吊り橋が開通した時と同じ年の、その後に開通した。

更に遠くで、テルフォードはアラン島 (the isle of Arran) の中心を横断する道路をデザインした。 「ストリング・ロード」 (String Road) と命名され、 このルートは寒々とした困難な地形を横切り、アラン島の東西の通行を可能とし、 海岸沿いの回り道のルートを避けることを可能にした。 グラスゴー・カーライル道路 (Glasgow-Carlisle road) -- 後に A74 になる -- を改良するための彼の工事は 「将来の技術者のモデル」 と言われた。

テルフォードはマカダム道路の建設方法を改良した: 石を厚さに応じて選択する改良や、交通、配置、傾きを考慮に入れることであった。

訳注
この文章はおかしいです。テルフォードによる道路建設法を改良するのがマカダムです。 道路輸送の歴史を参照のこと。

ユーモアあふれる 「道路の巨人」 のニックネームは彼の友人で まもなく 桂冠詩人となるロバート・サウジーが与えたものである。 テルフォードの文人 (man of letters) としての名声は彼の技術者としての名声に先んじるものであったかもしれない: 彼は 1779 年から 1784 年の間に詩と、サウジーと共にしたスコットランド旅行の顛末 (account) を出版している。 彼の遺言により、形見が残されたのは: サウジー (彼は後にテルフォードの伝記を書く)、 詩人のトーマス・キャンベル (Thomas Campbell, 1777 年 - 1849 年) とエジンバラ百科全書 (彼はこの寄稿者であった)。

1821 年に彼はスウェーデン王立科学アカデミーの外国人メンバーに選ばれた。

「テルフォード教会」

1823 年の議会法により £50,000 の助成金が与えられ、 教会の建物がない共同体に 40 ヶ所までの教会と牧師館の建設に提供された。 (このため「議会教会」ないしは「議会カーク」 【訳注:カーク = kirk = スコットランドの教会】 と呼ばれている。) 全経費はどの場所でも £1500 を越えないこととされ、テルフォードはデザインを引き受けるように依頼された。 彼は T 字型の施設で 2 つの牧師館がある単純な教会を開発した -- 一階建てでもよく二階建てでもよく、場所と土壌に適合し、レンガでも石造りでもよく、 各々 £750 での建設を可能とした。 元々計画された 43 の教会の中で、32 の教会がまもなくスコットランド高地地方と島々のまわりで建設された。 (残りの 11 の教会は既存の教会の模様替えで達成された。) これらの教会の最後のものは 1830 年に建設された。


インナー・ヘブリディーズのウルヴァ島の「テルフォード教会」
訳注
カレドニア運河の建設はハイランド・クリアランス (スコットランドの囲い込み) と関連しているのですが、 この教会の建設も同様であるのかもしれません。 Highland Clearancesの「宗教」の項目にスコットランドで非合法化されていた カトリック教の信者がいたことが書かれています。
後の経歴

テルフォードの他の仕事には次が含まれる: タワーブリッジ近くのセント・キャサリン・ドックス (1824 年 - 1828 年) -- ここでは建築家のフィリップ・ハードウィック (Philip Hardwick) と共同作業 --、 グロスター・バークレー船舶運河 (the Gloucester and Berkeley Ship Canal) (現在ではグロスター・シャープネス運河 (the Gloucester and Sharpness Canal) と呼ばれる)、 グロスターの近くのオーバー橋トレント・マージー運河の第二ヘアキャッスル・トンネル (Harecastle Tunnel) (1827 年)、 バーミンガム・リバプール・ジャンクション運河 (現在のシュロップシャー・ユニオン運河の一部) -- 1826 年 5 月に工事が開始したが、完成したのは、テルフォードの死後の 1835 年の 1 月である。 1829 年の建設時にはゴルトン橋 は世界で最も長いシングル・スパンの橋であった。 彼は 1832 年にケントにウィスタブル港 (Whitstable harbour) も建設した。 これはカンタベリー・ウィスタブル鉄道と関連しており、 潮汐貯水池を利用して、泥を流し出す変わったシステムが付随している。 彼はまたジェームス・ブリンドリーが過労により死亡した後に「大幹線」(Grand Trunk) も完成した。


ゴルトン橋

1820 年にテルフォードは近年に組織された英国土木学会の会長となり、 死に至るまで継続した。

テルフォードの死

テルフォードの若い起草者で書記 (1830 年 - 1834 年) でもあったジョージ・ターンブル (George Turnbull) は日記の中で次のように述べている:

[1834 年 8 月] 23 日に、テルフォード氏は胆汁性の錯乱 (bilious derangement) で重病となり、 これは彼に起こりやすい病であった。... 彼はどんどん悪くなっていった。--- [外科医が] 1 日 2 回看病したが、これは何の役にも立たなかった。9 月 2 日の午後 5 時頃に非常に安らかに亡くなった。 彼の古くからの召使のジェームス・ハンズクーム (James Handscombe) と私だけが、彼が亡くなった時に 家屋 [ロンドン、アビンドン・ストリート、24] の中にいただけであった。 彼は結婚しなかった。 ミルン氏 (Mr. Milne) とリックマン氏 (Mr Rickman) が疑いもなくテルフォード氏のもっとも親しい友人であった。... 私はミルン氏の下に赴き、彼の指示の下に,.... 家屋と書簡に関しての手配をすべてした.... テルフォードには我々が知る限りでは血縁はいない..... 葬式は 9 月 10 日に [ウェストミンスター寺院] で行われた。.... テルフォード氏はとても温和な性質な人で、楽しい仲間であった。 彼の笑い声は私が今まで聞いた中で最も心からのもので、 彼の仲間であったことは喜びであった。
名誉

2011 年に、彼は「スコットランド技術栄誉殿堂」 (Scottish Engineering Hall of Fame) に最初に殿堂入りした 7 人のうちの 1 人である。

詩人テルフォード

ジョージ・ターンブルはテルフォードが詩を書き、それを自分に与えた、と述べている。

スコットランドの詩人ロバート・バーンズの死の記事を読んで:

CLAD in the sable weeds of woe, The Scottish genius mourns, As o'er your tomb her sorrows flow, The "narrow house" of Burns. Each laurel round his humble urn, She strews with pious care, And by soft airs to distance borne, These accents strike the ear. Farewell my lov'd, my favourite child, A mother's pride farewell! The muses on thy cradled smiled, Ah! now they ring thy knell. ---- ten verses and then ---- And round the tomb the plough shall pass, And yellow autumn smile ; And village maids shall seek the place, To crown thy hallowed pile. While yearly comes the opening spring, While autumn wan returns ; Each rural voice shall grateful sing, And SCOTLAND boasts of BURNS.
22nd August, 1796. T.T.

(ターンブルの本には、詩の中でバーンズの人生に対して 9 ヶ所の言及を説明している注釈が含まれている。)

訳注
この文章からわかるように、テルフォードの詩はバーンズの伝記に通じていないと理解できないことがわかります。 そのため詩を翻訳することをあきらめました。

ターンブルは次のようにも書いている。

『彼の能力と忍耐心は死後の色々な文章から理解でき、 例えばエジンバラ百科全書に寄稿した記事からもわかり、 このような項目に「建築」、「橋梁建築」、「運河建設」がある。 奇妙なことではあるが、彼が人生で勝ち得た最初の名声は詩人としてであった。 30 才の時に、「エクスデイル」(Eskdale) と呼ばれる詩をシュルーズベリーで再版している。 ....... 彼の詩の幾つかは私が所有している。
テルフォードによりデザインされた橋

トーマス・テルフォードはその経歴の中で多くの橋と水道橋を建築している。 これには次が含まれる:

名前/位置
ロンドン橋の提案 (London Bridge proposal)
ポタッチ橋 (Potarch Bridge)
1792クラカン橋 (Clachan Bridge)
1792モントフォード橋 (Montford Bridge)
1796ビルドワス橋 (Buildwas bridge)
1796ロングドン=オン=ターン水道橋 (Longdon-on-Tern Aqueduct)
【訳注:シュルーズベリー運河を参照】
1797カウンドアーバー橋 (Coundarbour Bridge)
1798ビュードリー橋 (Bewdley Bridge)
1801チャーク水道橋 (Chirk Aqueduct)
1805ポントカサルテ水道橋 (Pontcysyllte Aqueduct)
1806グレン・ロイ水道橋、カレドニア運河 (Glen Loy Aqueduct, Caledonian Canal)
1808トングランド橋 (Tongland Bridge)
1809ダンケルド橋 (Dunkeld Bridge)
1810ブリッジノース橋 (Bridgnorth bridge)
1812ボナー橋 (Bonar Bridge)
1813テルフォード橋、インバーモリストン (Telford Bridge, Invermoriston)
1815クライゲラヒー橋 (Craigellachie Bridge)
1815デュナンズ橋 (Dunans Bridge)
1815ワーテルロー橋、ベトウス=ア=コーエド (Waterloo Bridge, Betws-y-Coed)
1816ブルーミーロー橋、グラスゴー (Broomielaw Bridge, Glasgow)
1819バンノックバーン橋 (Bannockburn Bridge)
1820キャントロップ橋 (Cantlop Bridge)
1823スタンリー盛土 (Stanley Embankment)
1824イートン・ホール橋 (Eaton Hall Bridge)
1826コンウィ吊り橋 (Conwy Suspension Bridge)
1826メナイ吊り橋 (Menai Suspension Bridge)
1826マイス橋 (Mythe Bridge)
1827ホルト・フリート橋 (Holt Fleet Bridge)
1827オーバー橋 (Over Bridge)
1827キーの橋 (Bridge of Keig)
1829ゴルトン橋 (Galton Bridge)
1831ディーン橋、エジンバラ (Dean Bridge, Edinburgh)
1831ロージアン橋、パスヘッド (Lothian Bridge, Pathhead)

テルフォードのロージアン橋 (1831 年)
現在の A68 道路
訳注
上に何のリンクも張っていないものに関して、簡単な説明を加えます。
  1. ボタッチ橋、 Google map: 位置、ユーザーが Google map にアップした写真: その 1 その 2 その 3
  2. ビルドワス橋、本文の記載から現存せず。
  3. カウンドアーバー橋、セバーン川の上流のカウンドムーア川 (Coundmoor Brook) にかかる橋で、アイアン・ブリッジの上流にある。 車両用に使用されている世界最古の鉄の橋。A458 道路にある。
    Google map: 位置 写真 (英文説明)
  4. ダンケルド橋、スコットランド、パース・アンド・キンロス (Perth and Kinross) のダンケルドにあり、 テイ川にかかる橋。
    Google map: ダンケルド橋、 Google map にユーザーがアップした写真: その 1 その 2
  5. ブリッジノース橋、イングランド、シュロップシャー州の町であるブリッジノースにある。 1812 年にそれ以前からあった橋がテルフォードのデザインに基づいて再建され、 1823 年 - 1824 年に拡幅された。
    Google map: ブリッジノース橋、 Google map にユーザーがアップした写真: その 1 その 2 その 3
  6. ボナー橋 (ボナー・ビレッジ)、スコットランドのハイランド地方のボナー・ビレッジ村にある橋。 テルフォードの橋は 1812 年に建設され、 船の激突などにも生き延びることができたが、1897 年に洪水で流出した。 現在は同じ名称の別の橋がある。
    Google map: ボナー橋
  7. ブルーミーロー橋、 ブルーミーローはグラスゴーの波止場です。 Glasgow Historyから少し引用すると:
    ヨーロッパで最初の蒸気ボートによる定期航路にヘンリー・ベルの蒸気ボートコメットが就航し、 1812 年にブルーミーロー波止場を出港した。 ブルーミーロー波止場をデザインしなおしたのはスコットランドの土木技術者であるトーマス・テルフォードである。 これにより、あわただしい蒸気ボートの交通を処理できるようになり、 19 世紀中ごろに何千人もの移民がアイルランドから到来し、 産業革命により生成された産業で働くことになったのである。
    あまりはっきりしないのですが、この波止場の再建の時に橋ができているようで、これがブルーミーロー橋のようです。 現在は残っていない。 この橋の上流にグラスゴー橋があり 1772 年に建設され、1833 年にトーマス・テルフォードにより再建されていますが、 1895 年 - 1899 年に幅が広くされ、アーチも拡張され、より大きな船が通れるようになり、現在に至っている。 (Glasgow Bridge) テルフォードは港の建設も数多く手がけているようです。
  8. バンノックバーン橋、スコットランドのスターリング市のすぐ南にある町であるバンノックバーンにある橋。 Google map: バンノックバーン橋

    バンノックバーン橋
  9. キーの橋、 キーはノース・イースト・スコットランドの村。 Google map: キーの橋
    キーの橋は写真がほとんどありません。 キーの橋の写真を掲載したページ、4 つ写真があり、クリックすると少し大きな写真が表示されます。
テルフォードにちなんでつけられた名前
テルフォード・ニュー・タウン

1968 年にシュロップシャーのレキン (Wrekin) 地域にニュー・タウンが建設された時に、 テルフォードの栄誉を讃えて、テルフォードと命名された。 1990 年にテルフォードに設置する英国で最初のシティー・テクノロジー・カレッジの一つを命名するときに トーマス・テルフォードの名称は明らかな選択肢であった。 トーマス・テルフォード学校は英国で、最上位の成績を上げている総合学校 (comprehensive school) に常に位置している。


シュロップシャー州テルフォード
の裁判者の外のトーマス・テルフォードの像
訳注
英国の教育制度は日本と随分違い、しかも一様ではないようです。 しかも例えば、イングランドとスコットランドは一応独立と思われ、 更に法律で定められても、それが実質となるのに時間がかかるようです。
State-funded schools (England) によると、 「国が資金提供する学校 (イングランド)」 とは 3 才から 18 才までの生徒を授業料なしで、 教育を提供しているイングランドの学校のことで、イングランドの生徒のおよそ 93% がこのような学校に通学しているようです。 しかし、学校の種類が色々あるので、とてもややこしくできています。
義務教育に関しては、1921 年以来法律上は 5 才から 18 才までが (法律上は) 義務教育となったようですが、 実質この通りとなるまでにはかなり時間がかかると思われます。(現在でも 17 才で終了できるようです。) 現在は 5 才から 10 才までが主に小学校 (primary school) で 11 才から 18 才までが総合学校 (comprehensive school) です。だから総合学校は小学校高学年から高校まで続く学校です。 (従って、イングランドの secondary school の開始と終了が随分変化している。)
シティー・テクノロジー・カレッジ (City Technology College) は 11 才から 18 才までの学校 (総合学校の一つの形態 ?) と思われ、 (教えにくい) 都市圏の生徒を教えるために考えられた学校のようですが、政権の交代により、途中で増やすことがなくなり、 イングランドには 10 校程度があるだけのようです。カリキュラム的には、技術、科学、数学に重点を置いており、 IT 機器が重点配備されているようです。
ペンシルバニア州テルフォード

ペンシルバニア州モンゴメリー郡の郡の境界にある町が 1857 年に名称をテルフォードに変更した。 これはノース・ペンシルバニア鉄道会社が新駅を命名するときにトーマス・テルフォードの栄誉を讃えて命名したからであった。

エジンバラのテルフォード大学

エジンバラのテルフォード大学 (Teford College) (2012 年の 10 月以来エジンバラ大学 (Edinburgh College) に 組み込まれた) は著名な技術者の栄誉を讃えて命名された。

テルフォード橋 (歩道橋)

2008 年にノバスコシア州ダートマスのシューベナカディー運河 ( Shubenacadie Canal) に歩道橋がかけられ、 テルフォードにちなんで名づけられた。彼は 19 世紀のカナダの運河に重要な貢献をしたからである。

自叙伝

自叙伝は 「土木技術者トーマス・テルフォードの人生、自身の筆による」 の表題の下に1838 年に出版された。