ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Aldford Iron Bridge - Wikipedia (アルドフォード・アイアンブリッジ)

この橋はイートン・ホール橋とも呼ばれるようです。

Google map: アルドフォード・アイアンブリッジ
ユーザーが Google map にアップした写真: その 1 その 2
アルドフォード・アイアンブリッジ
(Aldford Iron Bridge)

アルドフォード・アイアンブリッジはイングランド、チェシャー州アルドフォード村 (the village of Aldford) の ディー川 (River Dee) を横断する橋で、 この村とイートン・ホール (イートン邸宅、Eaton Hall) を接続し、 ホールに至るバートン・アプローチ (Buerton Approach, 道の名) の一部になっている。 これはイングランドの国内歴史遺産リストでグレード I の指定建造物に指定されたいる。

橋は第 1 代ウェストミンスター侯爵のために、 トーマス・テルフォードにょりデザインし、 ウィリアム・ヘイズルディーンが建造し、1824 年に完成した。 橋は鋳鉄で建設され、黄色の砂岩の迫持台があり、 単一のアーチが構成され、50 m の長さがある。 橋には鋳鉄製の手すりと橋の頂上部に二重ゲートがある。【訳注:何のことか不明】

橋は長距離歩行路のマーチズ・ウェイ (Marches Way) に渡河手段を提供している。