ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

James Brindley - Wikipedia
ジェームス・ブリンドリー (James Brindley)

ジェームス・ブリンドリー (1716 年 - 1772 年 9 月 27 日) は イングランドの技術者である。 彼はタンステッド (Tunstead) で生まれ、 生涯の大半をスタッフォードシャーのリーク (Leek) で過ごし、 18 世紀で最も著名な技術者の一人となった。


ジェームス・ブリンドリー
(フランシス・パーソンズ (Francis Parsons) による肖像画)
訳注
Google map: タンステッド (赤の点線で囲まれている)、 リーク
  1. 初期の人生
  2. 初期の運河エンジニア
  3. 主任運河エンジニア
  4. 晩年と碑文
初期の人生

ピーク地方 (Peak District) の裕福な自作農且つ職人の家に生まれた。 この場所は当時は極端に孤立しており、彼はほとんど正式な教育を受けていないが、 家庭で母親により教育を受けた。 17 才で、母親の勧めにより、マックルズフィールドのサットン (Sutton) のミルライト (millwright) の見習いとなり、 間もなく類のない技術と能力を示した。 見習いを終えてから、彼は自分の事業を立ち上げ、スタッフォードシャーのリークの水車大工 (wheelwright) となった。 1750 年に事業を拡大して、オークハム (Oakham) のミルライトの工場を借りた。 この場所には現在では新しいキャットモース大学 (Catmose College) が立っている。 彼はすぐにも、多くの異なる機械の修理で、精巧さと技術に関しての評判を確立した。 1752 年には、ランカシャー州クリフトンのウェット・アース炭坑の排水エンジンをデザイン・建設した。 三年後に、彼はコングルトン (Congleton) の絹工場の機械を建設した。

訳注
  1. 英国でも徒弟 (apprentice) があり、昔の日本と全く同じであるかのように見えますが、 どうもかなり事情が違うように思えるので、「見習い」と訳しています。 日本の徒弟制では徒弟の方にはほとんど自由がないように思われる。
  2. 英和辞書には ミルライト (millwright) に「水車大工」の訳語をあてていますがこれは不適切で、「機械設置組立工」の訳の方がよい。 これに関しては ミルライト (水車大工, 機械設置組立工, Millwright) を参照のこと。 上の文章で更に困ることがあります。ミルライトの見習いをしてから「wheelwright」となったとあり、 英和辞書には「車大工」の意味しか書いてありません。これでは前後の意味が通じなくなります。 しかし「wheel」 (車輪) を「water wheel」 (水車) の意味に受け取れば、wheelwright の意味として「水車大工」を採用できるとわかり、全体の文章が 意味を持つことになるので、上のように訳しました。ミルライトは工場の機械の動力装置 (水車) と動力の伝達系統の設置 (あるいは製造) が本来の仕事と思えますが、 十分な準備がない場合には、水車の製造や補修のみを手掛けていたと考えれば矛盾しません。 また本来の仕事ができるためには作業場所が広くないといけなかったと考えれば上の記述でつじつまがあうことになります。 (また恐らくミルライトは下働き (見習い) に実労働をさせている。)
  3. ミルライトが設置したと思われる木製の機械 (現存している) の写真が、 アビーデール産業村に掲載されています。 このような機械がそのうち鋳鉄製の機械に変化していくようです。 木と鋳鉄から作られたチルト・ハンマーの写真もアビーデール産業村に掲載されています。
  4. Google map: サットン (赤い点線で囲まれている)、 オークハム キャットモース大学 コングルトン
初期の運河エンジニア

ブリンドリーの評判は第三代ブリッジウォーター公爵の注意を引くことになった。 ブリッジウォーター公爵はこの時、ウォースリーにある彼の鉱山からマンチェスターへの石炭輸送の 改善方法を考えていた。

1759 年に侯爵は以上の目的のための運河建設の依頼をした。 この結果建設されたブリッジウォーター運河は 1761 年に開通し、 近代における最初の英国の運河と見なされ、 (もっとも、このタイトルはサンキー運河の方が本来の保持者) 重要な技術的勝利であった。 ブリンドリーはコンサルティング・エンジニアーとして依頼され、 運河建設の背後にいる天才として認められているが、 現在では主任エンジニアはフランシス・エガートン -- 彼は技術的な訓練を受けていた -- と彼の地所管理人且つ技術者であったジョン・ギルバートと思われている。 ブリンドリーはギルバートの強い主張により、 バートン水道橋のような特別な問題の助けとして関わった。 バートン水道橋は運河の最も印象的な特質 (13 m の高さ) で、アーウェル川をバートンで横切っていた。

訳注
以上の解説は少し不正確です。
  1. ブリッジウォーター運河は英国 (Britain) の最初の運河でない。 これ以前に北アイルランドのニューリー運河があり、 イングランドのサンキー運河よりも古い。
  2. ブリッジウォーター運河によれば、 運河の計画は最初は侯爵とギルバートが実施し、この計画の下に議会法の申請が認可され、 その後で、ブリンドリーが招かれ、46 日間の滞在の後で元々の計画のコースが変更され、 変更された計画にバートン水道橋が含まれるのです。 そして変更された計画に基づいて再度議会法の申請があり、 この時にブリンドリーは議会の委員会で証言をしています。 (つまり誰よりも計画に詳しかった。) だから、ブリンドリーが実質主導権を取っている。ブリッジウォーター侯爵とギルバートがしたことは、 これ以前のウォースリー鉱山内部の運河の建設と思われます。

地形に沿って【訳注:等高線に沿って】建設をするブリンドリーの原則により土砂の移動量が最小となった。 彼は盛土やトンネルや掘割を避け、回り道をする方を好んだ。 これは当時可能であった土砂移動の方法が原始的であることによるが、 彼の運河はもっと冒険的な方法によるものよりもずっと距離が長いことを意味している。 しかしながら、彼の最も偉大な貢献はパドル粘土の技術であり、 これにより粘土を基礎に置く水密な材料が得られ、運河の裏打ちに使用された。 パドル粘土の使用は、彼の死後まもなくして、英国の運河で広範囲に使用された。 1840 年以来、パドル粘土は盛土ダムで水を保持する要素としてもっと広く利用され、 とりわけペナイン山脈で利用された。

訳注
「パドル粘土」とは粘土を入念にかき混ぜたもののようで、 これを運河の裏打ちとすることにより水密となるようです。
アーウェル川にかかる
バートン水道橋、1807 年
バートン水道橋、1891 年
取り壊される少し前
主任運河エンジニア

ブリンドリーの名声はすぐに広まり、まもなくもっと多くの運河の建設が依頼された。 彼はブリッジウォーター運河をランコーンまで延長し、 そこで彼の次の仕事であるトレント・マージー運河と接続した。 この時まで彼は水門を建設していなかったが、 彼の自宅に始めて実験的な水門を建設した。 彼の家は (トレント・マージー運河の) 頂上区間の近くで購入したものである。 これにより、ナロウ水門のデザインが決定された。 このデザインはミッドランズの大半の運河を特徴づけるもので、 一枚の上流側ゲートと二枚のマイターゲート【訳注:両開きのゲートで上流側に尖っている】から構成されるものである。 このような水門はウォースリーの地下運河用にデザインされたボート -- いわゆるスターベイショナー -- の拡張版のボートのためにあり、このようなボートはその後、ナローボートと呼ばれ、 この決定は英国の運河システムに長い影を落とすことになった。

訳注
ブリッジウォーター運河には水門がないとされていますが、 ブリッジウォーター運河のランコーン支線がマージー川と接続する部分には 10 層の 連続水門がありました。この接続が完成するのが 1773 年です。 一方トレント・マージー運河の建設が開始するのは 1766 年です。 かなりややこしいです。

ブリンドリーはイングランドの 4 つの大きな川 -- マージー川、トレント川、セバーン川、テムズ川 -- を接続すること (「大十字」計画) が可能であると信じた。 1762 年に、日記によれは「チェスターとシュロップシャーの測量に出かけた」。 彼は、ディー川からウィッチチャーチ (Whitchchurch) を越えて南方に至るスケッチ地図を 携行していた。

訳注
上の段落の二番目の文章は前後関係がないように見えるが、トレント・マージー運河の 最初の頃の計画路線を意味しているのかもしれない。 このとき、ジョサイア・ウェッジウッドはトレント・マージー運河が ストックトン・オン・トレントを通るように尽力した話が トレント・マージー運河に書かれている。

ストーク・オン・トレントの周辺の製陶所は壊れやすい製品を運ぶために 荷馬よりもましなものをひどく必要としており、 スタッフォードシャーとトレント川、マージー川の接続に心から賛同した。 最初のクワ入れは 1766 年にジョサイア・ウェッジウッドが行い、 この土をブリンドリーが一輪車で運んだ。 運河はランコーンから 35 基の一連の水門で上昇し、 3000 ヤードの長さのトンネル (ヘアキャッスル・トンネル) を通過し、 更に 40 基の水門を下って、ワイルデン・フェリー (Wilden Ferry) でトレント川に 合流することになっていた。 彼の計画とイベントに嘲笑がつのっていった。 運河は 1770 年にシャードロウ (Shardlow) からスタッフォード (Stafford) の近くまで開通したが、 トンネルが開通するのに 11 年がかかった。

トレント・マージー運河はこの野心的なネットワークの最初の部分で、 後の 1772 年に (建設が) 始まるチェスター運河もその一つの結果である。

しかしながら、彼と彼の助手が可能性のある全システムを測量し、 当初からトレント・マージー運河を「大十字運河」 -- 全国を横切る水路の大十字 -- と断言していたが、 彼はそれが生きて完成するのを見ることはなかった。 ヘアキャッスル・トンネルは 1777 年に終に開通し、 石炭はミッドランズからオクスフォードのテムズ川に 1790 年の一月に終に輸送されたが、 これはブリンドリーの死後 18 年後のことである。 ネットワークの進展は、従ってトーマス・テルフォードのような他の技術者にゆだねられたのである。

存命中に、ブリンドリーは全部で 365 マイル (587 km) の運河と多くの水車工場を建設し、 これには スタッフォードシャー・ウスターシャー運河コベントリー運河オクスフォード運河 とそれ以外の幾多の運河が含まれる。彼は又、 リーク (Leek) における水車工場も建設し、これは現在ブリンドリー・ウォーター博物館 (Brindley Water Museum) と なっている。

晩年と碑文

ブリンドリーは 1765 年の 12 月 8 日にアン・ヘンシャル (Anne Henshall) と結婚した。この時彼は 49 才で、彼女は 19 才であった。 アンの兄弟のヒュー・ヘンシャル (Hugh Henshall) 自身も運河の建設工事に 従事し、マンチェスター・ボルトン & ベリー運河で仕事をしていた。 カップルには 2 人の娘 アン (Anne) と スザンナ (Susannah) がいた。

1771 年にチェスターフィールド運河で工事が始まった。 しかし、フロッグホール (Frofhall) とリーク (Leek) の間の トレント・マージー運河の新しい支線を測量している最中に、 彼は激しい暴風雨にみまわれた。 これは今までも何度かあったことである。 しかし、滞在している宿で適当に乾かすことができなく、 寒気をおぼえた。重症となり、スタッフォードシャーのターンハーストの 自宅に戻った。 そこで エラズムス・ダーウィンが診察し、 彼が糖尿病を患っていることに気が付いた。

ジェームス・ブリンドリーは 1772 年の 9 月 27 日に未完成の ヘアキャッスル・トンネルが見えるターンハーストで他界した。 彼のバーミンガム運河が完成した丁度 9 日後の 9 月 30 日に、 イングランド、スタッフォードシャーのニューチャペル (Newchapel) のセント・ジェームス (St. James) で埋葬された。 彼の墓の碑文には「ジェームス・ブリンドリー、ターンハーストの技術者、 1772 年 9 月 30 日に埋葬される。齢 56 才」と書かれている。

ブリンドリーの未亡人は 1775 年に再婚し、1799 年まで生きた。

1772 年 12 月 1 日のチェスター・クーラント (Chester Courant) 紙で、 彼の死が碑文の形で掲載された。

ジェームス・ブリンドリーはこの岩々の中で横たわり、
運河、橋そして水門を作った、
水を運ぶためにトンネルを掘った、
ハシケやボートのためであった:
彼は堤防を築きあげた、
工場や機械を作り、車輪とクランクを持たせた;
彼はエンジンの発明で有名となり、
動作する鉱山を計算した;
彼は水を知り、その高さと強さを知っている、
小川に向き、偉大な長さの地下排水路を作った;
彼が鉱山師の発破を使用する時は、
流れを止めて、速くならないようにした;
彼が注意を払ったのは
水路以外にない。
彼が立て抗や井戸で作業している間に、
彼の魂は低く下がって行った;
そして、遅すぎた時に医者が気付いた、
水は彼を大地に流した。

バーミンガムで彼の名がついたものは (かっての運河広場にある) ブリンドリー・ドライブ (Brindley Drive)、 複合用途開発のブリンドリープレース (Bindleyplace)、パブのザ・ジェームス・ブリンドリー (The James Brindley) (どちらも運河沿いの施設)、そしてバーミンガム病院の子供たちのためのジェームス・ブリンドリー学校 (the James Brindley School) があり、リークには ジェームス・ブリンドリー水車工場; そして彼が働いた場所の多くの通りの名前になっている。 ウォースリーのパー・フォールド・アベニュー (Par Fold Avenue) の ジェームス・ブリンドリー小学校のグランドにはかって地元の炭坑から 石炭を運ぶのに使用された木製のハシケがある。 ジェームス・ウォルター・バトラー (James Walter Butler) が製作した (ブロンズ、1990 年 7 月 20 日) (机にかがみこんだ) 彼の彫像がある、これはコベントリーのレスター・ロウ (Leicester Row) の近くにあるカナル・ベイスンにある。 コリン・メルボルン (Colin Melbourne) によるもう一つの彫像 (ブロンズ、1990 年 7 月 20 日) がストーク・オン・トレントのエトルリアのロウアー・ベッドフォード・ストリートにある。 これはトレント・マージー運河とカルドン運河のジャンクションにあり、 エトルリア産業博物館の反対側にある。

  
バーミンガムのブリンドリープレース エトルリアのブリンドリーの彫像
訳注
Google map: エトルリア産業博物館 (運河の南の建物、運河を挟んで北西方向にブリンドリーの彫像がある)
ジェームス・ブリンドリーの彫像まではグーグルの衛星写真ではっきりわかりませんが、 上の写真と比較するとどれが彫像であるか判断できます。

ランコーンには彼を記念したブリンドリー・アート・センター (Brindley Arts Centre) があり、 2004 年の秋に開館した。

ストーク・オン・トレントのチェル (Chell) にはジェームズ・ブリンドリー・サイエンス大学 (James Brindley Science College) (以前のジェームス・ブリンドリー高等学校) もあり、 ストーク・オン・トレントのシルバースト―ン・クレセント (Silverstone Crescent) には ブリンドリーの水門パブもある。

ウォームヒル (Wormhill) 村の井戸はブリンドリーにささげられている。 ウォームヒルは彼が生まれたタンステッドと同じ教区にある。