ページの最終校正年月日 :

以下は

Abbeydale Industrial Hamlet - Wikipedia

の訳です。

アビーデール産業村
(Abbeydale Industrial Hamlet)
訳注
アビーデールは「修道院峡谷」の意味です。

アビーデール産業村はイングランド、シェフィールド市南部の産業博物館である。 博物館はシーフ川 (River Sheaf) のほとりの、かっての鋼工場の一部であり、 工場の歴史は少なくとも 13 世紀にまでさかのぼることができる。 博物館は幾つかの住居と仕事場から構成され、かっての「アビーデール工場」 -- 1930 年代まで操業を続けた大鎌の製造プラント -- である。 これは 19 世紀の工場の著しく完全な実例である。 工場は製造設備の大半が (現代の工場と同じように) 同じ場所にあるという点により、 非典型的なものである。 水を動力とする工場の典型例は「シェパード水車」に見受けられる。

この場所は「古代モニュメント一欄」(Scheduled ancient monument) に属し、 工場はグレード I の「指定建造物」で、労働者の住居 (cottage)、 事務所 (counting house)、支配人の家はグレード II の「指定建造物」である。

訳注
「古代モニュメント一覧」と「指定建造物」に関しては ウィルソンタウンの鉄工場の訳注を参照のこと。


るつぼ炉の建物

  1. 歴史
  2. 博物館
歴史

この場所は 500 年間、鉄を成型 (フォージ) することに使用された。 もっとも AD 1200 年より前にも他の金属工場の形跡がある。 初期の歴史では近くのボチーフ修道院 (Beauchief Abbey) と密接に関連し、 修道院は近隣の鉄鍛冶屋の工場とシーフ川のそばのいくつかの工場 (水車、mill) を 操業した。

1725 年の地図からわかることは開けた土地 (その後ダムを作るために水没する) は 「燃え殻丘」と呼ばれていた。燃え殻とは 16 世紀と 17 世紀初期の鉛の精錬から生じた 廃物をさしている。 しかしながら、「アビーデール工場」は、現在アビーデール産業村を構成する建造物としては 1714 年に始めての公式記録がある。 (もっとも、1685 年のほころびた本に詳述されているように ヒュー・ステファンソン (Hugh Stephanson) が操業した「新水車」(New Wheel) に直接由来しているかもしれない。)

訳注
ダムは水車のために必要なもので、水車は「ふいご」やチルト・ハンマーの動力源です。 チルト・ハンマーに関しては トリップ・ハンマーを参照のこと。


ジェッソップ型 (Jessop) チルト・ハンマー、アビーデール産業村

これに続くこの場所の発展は

訳注
「外屋」は hull (覆い) の訳語です。露天にあったものに屋根をつけたようです。

17 世紀以後、この場所は主に大鎌製造工場として操業し、 1933 年に (1849 年以来の店子である) 「タイザック・サンとターナー」(Tyzak Sons and Tuner) が操業を終了した。 1935 年に「エイデルマン J.G 墓地委託事業体」(Grave Trust) がここを購入し、市に寄付をした。 第二次大戦中の間、英国の戦争を助けるために工場は短期間再開した。

「シェフィールド古代保存協議会」(The Council for the Conservation of Sheffield Antiquities) は 1964 年にアビーデール工場を調査し、復元を開始した。 彼らは現存する建物に加え、6 棟の建物の遺構を発見した。 これは 1924 年の地図から次のものであることが特定された。

完全に復元後、工場は 1970 年についに博物館として開館した。 シェフィールド市協議会は 1997 年に予算節約のために博物館を閉館した。 次に「シェフィールド博物館委託事業体」(Sheffield Industrial Museums Trust) に貸し出され、1998 年に博物館として再開した。

博物館

「アビーデール産業村」は 1717 年から 1876 年の間の工場と建築物から構成され、 動作可能な博物館として運営されている。 博物館は製造工程を実演し、 まず鉄とコークスから気泡鋼を作り、 ここからベンジャミン・ハンツマンが発明した「るつぼ工程」により更に鋼に精錬している。 川は水車を経由して水力を提供している。 この場所にはチルト・ハンマーを駆動するための水車があり、 大鎌の刃を最初に成型 (フォージ、forge) するために使用され、グラインダーにも 使用される。これには「かんばつ」の時に唱え、蒸気エンジンがバックアップとして 設置されている。また一連の「ふいご」もある。 (大鎌の) 刀身は仕上げに手作業による成型 (forge) もしている。 博物館は四月から十月までの間、日曜日から木曜日まで無料で公開している。


水力によるベルト駆動の機械、アビーデール産業村


訳注

  1. 産業革命のときにも、水力を使用しており、少し不思議になりましたが、 次のように考えれば明らかです。 古くからある工場には水車のためのダムが付属していますが、 ダムを作るには途方もない金が必要となると思います。 ですから、新規に工場を作る場合には蒸気エンジンにする方が自然です。 しかし、老舗の工場では水車を使うはずです。この方が燃料費がかからないので 競争力があります。
  2. 以下の頁が「Shefield Industrial Museum Trust」のホームページです。
    Shefield Industrial Museum Trust
  3. アビーデール産業村をグーグルマップ (航空写真) で見ると次のようになります。 下の方に池のように見える場所があります。水車に動力を供給するためのダムと思われます。 「大きな地図」で見てみればわかりますが、施設の中で一番大きいのがこのダムです。 南北方向にダム湖 (池と言うべきか ?) があり、北の部分に幾つかの建物が集まっています。


    大きな地図で見る

  4. このページの冒頭に「シェパード水車」が登場しますが、グーグルマップ (航空写真) で見ると次のようになります。 水車らしきものと、ダムが見えます。こちらの方はグラインダー専門の工場で水車の直径は 5.5 m です。


    大きな地図で見る

    次が「シェパード水車」の普通の写真です。


    Shepherd Wheel - Wikipedia

  5. ヨーロッパにおける鉄の使用は基本的には農機具にあったようです。 これは中世の高炉の時から変化していない。 武器への使用はごく一部と思われ、明治維新から第二次大戦の終了まで日本における主な鉄の使用が 武器弾薬であったことを考えると、日本は明治維新で現代化への道を歩んだわけではないことが 明白だと思います。日本の現代化はその後に来たのです。 だから現代日本を作ったのは明治天皇ではなく、マッカーサーがその端緒を与えた。 鋼と言えば、日本刀ないしは武器弾薬しか出てこない日本の歴史は異常としか言いようがない。