ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Trent and Mersey Canal - Wikipedia

原文の運河の概念図は複雑で真似できません。 その代わりに 運河の地図トレント・マージー運河の地図をご覧ください。

トレント・マージー運河
(Trent and Mersey Canal)

トレント・マージー運河は全長が 93.5 マイル (150.5 km) の運河で、 イースト・ミッドランズ地方、ウエスト・ミッドランズ地方にまたがり、イングランドの西方にある。 この運河は大半の部分でナロウ運河であるが、東の端では バートン・アポン・トレント (Burton-upon-Trent) の東から ミドルウィック (Middlewick) の西まではブロード運河である。


ブランストン・ウォーター・パークの近くの
トレンド・マージー運河
  1. 歴史
  2. 地図とギャラリー
  3. 特色
  4. ルート
歴史

名前が示すように、トレント・マージー運河は (ダービーシャー州の) トレント川のダーウェント・マウス (Derwent Mouth, ダーウェント川の合流口) とマージー川を結ぶために建設された。 第二の接続は、ブリッジ・ウォーター運河を経由して行われ、 トレント・マージー運河はブリッジ・ウォーター運河とチェシャー州の プレストン・ブルック (Preston Brook) で接続している。

マイル標識がプレストン・ブルックからシャードロウ (Shardlow) まで 1 マイル毎にあるが、 ダーウェント・マウスはシャードロウよりも 1 マイルほど向こうにある。

マージー川とトレント川を結ぶ運河 (『大幹線』、"Grand Trunk") は 運河技術者のジェームス・ブランドリー (James Brandley) が考えたものである。 1766 年の議会法により認可され、最初のくわ入れは、同じ年の 7 月にミドルポート (Middleport) で ジョサイア・ウェッジウッド (Josiah Medgwood ) によってなされ、 1777 年に運河が完成した。これには 70 基以上の水門と 5 つのトンネルが含まれ、 会社の本部はストーン (Stone) に置かれた。

知られている限りでは、マージー川とトレント川を結ぶ運河のアイデアは 1775 年に提出されたが、 この時は何もなされなかった。 ブリッジウォーター公爵の義理の兄弟である ロード・ガワー (Lord Gower) が トレント・マージー運河を計画した。 もしも彼の計画が実行されていれば、これがイングランドで建設された運河で最初のものとなった。 技術者であるジェームス・ブリンドリー (James Brindley) はイングランドの多くの運河の背後に 登場しているが、彼の最初の運河の工事はトレント・マージー運河である。 但し、彼の工事責任の最初の仕事はブリッジウォーター運河におけるものであった。

1761 年に ジョサイア・ウェッジウッドはストーク・オン・トレント (Stoke-on-Trent) を通る運河の建設に興味を持った。 というのは、ここに彼の陶器 (pottery) 工場があったからであり、 彼の事業は安全で円滑な陶器 (pot) の輸送に依存していたからである。 陸路では陶器は傷つきやすく、こわれやすかったのである。 彼の工場に近い運河があれば、製品を敏速に安全に輸送できたのである。 ウェッジウッドの計画は 2 つの川を運河で結ぶことではなく、 彼の陶器工場とマージー川を結ぶことであった。 『萌芽期の産業人としてウェッジウッドはトレント川とマージー川の間に掘削する トレント・マージー運河の重要な支持者であり....』 (ジョサイア・ウェッジウッドの短い伝記からの 引用)。

運河のルートに関してはもっと多くの議論があった。 リバプールの石炭商はチェシャー州から持ち込まれる石炭に脅威を感じた。 ウェイバー川水路の所有者にとって、この計画は喜ばしいものではなかった。 というのはルートはほとんどウェイバー川に並行していたからである。 しかし別のルートが出版された。これはウェッジウッドにとって非常に ショックなことに、陶器工場のどれも通るものではなかった。

ウェッジウッドは、運河を彼の陶器工場 (のそば) を通すことに真剣となり、 彼の提案を議会に何とかして伝えた。これには彼の 2 人の友人 -- トーマス・ベントリー (Thomas Bentley) とエラスムス・ダーウィン博士 (Dr. Erasumus Darwin) -- の助けが必要であった。 ジョン・ギルバート (John Gilbert) による『大幹線』 (Grand Trunk) の計画は 東の端では反対に遭遇した。東の端ではバートン・オン・トレント (Burton-on-Trent) の 住民が、運河が上流トレント水路に並進することに反対したのである。 1764 年に ウェッジウッドは何とかしてギルバートのルートが陶器工場を通るようにさせた。 1776 年にギルバートの計画は議会法で認可された。 同じ年のその後の 『7 月 26 日に、盛大な祝賀会が陶器工場で開催され、 ここでジョサイア・ウェッジウッドが最初のくわ入れをした。 ジェームス・ブリンドリーは技術者として採用され、工事が実施された』 (ピーター・ハードキャッスル (Peter Hardcastle) の 「運河、そのルートと起源 -- トレント・マージー運河」からの引用)。

1771 年のトレント・マージー運河の完全開通の 6 年前にウェッジウッドは ストークス・オン・トレントの近郊の運河に近い場所のエトルリア (Etruria) に工場村を建設した。 この時までにプレストン・ブルックに至るまでの運河はほぼ完成していた。 運河会社が取り組まなければならない唯一つの障壁はキブスグローヴ (KidsGrove) における丘で、これにトンネルが掘削されていた。 1777 年に至るまで、陶器はエトルリアからキブスグローヴの峠越えの短い区間を運ぶ必要があり、 反対側にはプレストン・ブルックまでの運河が建設されていた。

1847 年の 1 月 15 日に、トレント・マージー運河は ノース・スタッフォートシャー鉄道会社 (NSR, North Staffordshire Railway Company) によって買収された。 これは鉄道会社の設立に対しての運河会社の反対を沈黙させるためにしたものである。 特に、NSR はストーク・オン・トレントからリバプールまでの鉄道を計画していた。 しかしながら、これは他の鉄道会社の反対により見捨てられた。

『大幹線』(Grand Trunk) はブリンドリーのもっと大きな計画の一部で、 この計画はイングランドの 4 つの大きな川 (トレント川、マージー川、 セヴァーン川、テムズ川) を接続するもので、『大十字』 (Grand Cross) として知られていたものである。 トレント・マージー運河が提供したのは (マージー川までの) 十字の北の腕と、 (トレント川までの) 東の腕である。 また、グレート・ヘイウッド (Greate Haywood) から フラッドリー・ジャンクション (Fradley Junction) までの区間が十字の中心のかなめを与えた。 セバーン川への西の腕は スタッフォードシャー・ウスターシャー運河として 建設され、一方 (テムズ川までの) 南の腕は コヴェントリー運河と オクスフォード運河で横断した。

地図とギャラリー

トレント・マージー運河の平面図 (赤線)
バーントン・トンネル東口 ホールグリーン支線が
プール水道橋を横切る
トレント・マージー運河
の典型的な二重水門
ハーディングス・ウッド・ジャンクション
とホール・グリーン支線
特色
アンダートン・ボートリフト

運河のチェシャー区間の ミドルウィックと運河の北の端のプレストン・ブルック・トンネルの中間に ビクトリア時代の アンダートン・ボートリフトがあり、 これにより、トレント・マージー運河とウィバー川の 50 フィートの落差を ボートが昇降する。 20 年の間使用されなかったが、2002 年に完全に動作するように復元された。 そして、その時は連合王国【訳注:英国のこと】では唯一つの動作可能なボートリフトであったが、 その後、スコットランドにファルカーク・ホイールが建設された。

ヘアキャッスル・トンネル

もう一つの大きな特色は、ヘアキャッスル・トンネルで、 これは北スタッフォードシャーのストーク・オン・トレント市のキブスグローヴの 近くにある。実際には 2 つトンネルがある。 最初のものは ブリンドリーによって建設されたもので、 全長が 2880 ヤード (2633 m) で、 ハシケが通り抜けるには、人が仰向けになって天井を足で押して進む。 これは体力を必要とし、しかも遅く、大きな遅れとなった。 そこで土木技師のトーマス・テルフォードに第二のトンネルを作ることを依頼した。 このトンネルはより広く、最初のものに並行し、曳舟道がついていた。 このトンネルの全長は 2926 ヤード (2676 m) あり、1827 年に完成した。 1900 年代にブリンドリーのトンネルは地盤沈下から閉鎖された。 しかし、テルフォードのトンネルは -- これも同様な問題をはらんでいるが -- 使用され続け、連合王国で航行可能な運河トンネルでは 4 番目の長さである。

飛び越えジャンクション

ヘアキャッスル・トンネルのすぐ北に、トレンド・マージー運河の特色ある「飛び越えジャンクション」がある。 ホール・グリーン支線はトレント・マージー運河 (ここでは東西に走っている) の南側に離脱し、 そして本線を越え、少し進んでホール・グリーン停止水門でマックルズフィールド運河と合流する。 (ガイドブックによっては、ホール・グリーン支線のことは言及せずに、単にマックルズフィールド運河の 一部としている。)

支線が本線を離れる実際のジャンクションは、通常の直角に交わるジャンクションで、 ハーディングス・ウッド・ジャンクションと呼ばれる。 支線は本線の南岸を離れ、直後に 90° 時計方向に回る。 そして、本線に沿って西の方向に進み、元の高度を維持する。 一方、本線は 2 つの水門で降下する。 レッド・ブル (Red Bull) の集落で、支線は 90° 右に曲がって北へ進み、 プール・ロック水道橋で本線を越える。 運河はレッド・ブルの集落で A50 道路を越え、北に進み、ホール・グリーンでマックルズフィールド運河に合流する。

ストーク・オン・トレント

運河はストーク・オン・トレント市の中心部を通り、 1986 年の国内ガーデン・フェスティバルとして開催された ストーク・オン・トレント ガーデン・フェスティバルの 不可欠な要素を構成していた。 運河の曳舟道は「国内サイクル・ネットワーク」の市内における重要な部分となっている。

ルート

ルートはヘアキャッスル・トンネルにより北と南の区間に都合よくわけることができる。

北部トレント・マージー

運河の北の端はプレストン・ブルック・トンネルの内部でブリッジウォーター運河と接続し、 ブリッジウォーター運河の一方を行けばランコーンに行くことができる (しかし、もはやマージー川や船舶運河に出ることはできない)。 もう一方を行けば、マンチェスターに行くことができる。(こちらは多くの運河と接続している。)

ブリッジウォーター運河との接続部から、 トレント・マージー運河はプレストン・ブルック・トンネル (一方通行で、半時間ごとに向きが変わる) を抜けて南進し、ソルターズフォード (Saltersford) で 2 つの小さなトンネル (2008 年以来、これも一方通行で半時間ごとに向きが変わる) があり、 バーントン (Burnton) を抜けて、ノースウィック (Northwich) でウェイバー川とのジャンクションである アンダートン・ボートリフトに到達する。

アンダートンを過ぎてから、次の大きな目的地はミドルウィック (Middlewich) で、 ここで、全長が 50 ヤードのウォードル (Wardle) 運河とのジャンクションがあり、 これによりシュロップシャー・ユニオン運河のミドルウィック支線に到達し、 これはチェスター、ランゴレンそして (南部では) バーミンガム/ウォルヴァーハンプトンに平行なルートを与えている。

ミドルウィックの南では、 トレント・マージー運河は ホイーロック (Wheelock) を抜けて、 ハートブレーク・ヒル連続水門 (あるいはもっと伝統的にはチェシャー連続水門とも呼ばれる) により チェシャー平原から頂上区間 (summit level) に上昇し、 ホール・グリーン支線とのジャンクションに到達し、 この支線はキブスグローヴのレッド・ブルでマックルズフィールド運河に接続している。 上記の水門の大半は二重水門になっている。 もっとも、全ての水門でどちらも使用可能というわけではない。 特に注目すべきなのが水門 53 である。 ブライン・パンピングによる地盤沈下により、 余分の水門をギロチンゲートが付いた鋼の装置で置き換えた。 理論的には、これによって更に地盤沈下が起きても調整可能である。 しかし、成功したとは言えず、最後には完全に除去された。 今日では「サールウッドの鋼の水門」(Thurlwood Steel Lock) の痕跡は何も残っていない。 ボート乗りはマープル (Marple) に向けて、マックルズフィールド運河を 使用し、ピークフォレスト運河とのジャンクションにより (従って、アッシュトン運河、ロッチデール運河、ブリッジウォーター運河を利用して) チェシャー環状ルートを一周することができる。

訳注
ブライン・パンピング (brine pumping) とは 19 世紀にノースウィックで行われた 塩の採取方法。 19 世紀に岩塩を掘削する方法が経済的でなくなり、 熱湯を岩塩層に注入し、その結果生じる塩水 (ブライン, brine) を ポンプでくみ上げて塩を採取する方法がブライン・パンピング。これをすると地盤沈下が生じやすい。

2012 年のダットン・ホロウ (Dutton Hollow) における決壊

2012 年の 9 月に、深刻な決壊がプレストン・ブルックの近くのダットン・ホロウで起きた、 これを修理するのに必要な経費はおよそ £210 万 であった。 決壊が起きた場所は No. 213 の橋の南で、 運河はこの箇所とミドルウィック・ビッグ水門 (No. 75) の間で使用できなくなった。 運河は 2013 年 5 月 2 日に公式に再開通した。

南部トレント・マージー

長時間 (40 分) のヘアキャッスルトンネル (一方通行、およそ 2 時間ごとに向きが変わる) の通過後に、 運河はストーク・オン・トレントの郊外に現れ、まもなく市の中心部になり、 エトルリアに到達し、カルドン運河とのジャンクションに到達する。

エトルリアを出ると、トレント・マージー運河は広く開けた平野の中に戻る。 今や、トレント川のきわめて上流の流域地帯である。 (トレント・マージー運河はトレント川が航行可能となり、運河が必要なくなるまでトレント川に沿って進む。)

次に大きな場所は市 (いち) の開かれる町 (market town) のストーン (Stone) である。

もっと田舎を通り過ぎてから、 運河はグレート・ヘイウッド・ジャンクションに到達する。 曳船道がジャンクションの上を横切り、スタッフォードシャー・ウスターシャー運河 (Staffordshire and Worcestershire Canal) がある。 (この運河は南に向かい、ウォルバーハンプトン (Wolverhampton) のそばを通り、ストアポート=オン=セバーン (Stourport-on-Severn) で セヴァーン川に接続し、従ってマージー川とセヴァーン川をつないでいる。)

次に起きることは、直角な曲がり角であり、ボートからは何の重要性もないように見える。 しかし地図からわかることはこの場所は運河の (そしてトレント川の) 基本的な向きが (ランコーンから離れる) 南西の方向から (ノッチンガムに向かう) 北東の方向に変化することである。

すぐ近くにフラッドリー・ジャンクションがあり、ここにコヴェントリー運河 (の分離した部分) が接続している。 コヴェントリー運河をたどれば、すぐにバーミンガム・ファゼリー運河に到達し、バーミンガムの方に分岐するか、 (コヴェントリー運河を更にたどって) コヴェントリーに向かえば、オクスフォード運河とのジャンクションがある。 これによりイングランドの運河のすべての南半分と接続することになる

今や運河は真っすぐに終点に向かい、バートン・アポン・トレント、 フィンダーン (Findern) のマーシア・マリーナ (Mercia Marina) を通り過ぎる。 マーシア・マリーナは連合王国の内陸のマリーナ (港) では最も大きなものである。 そしてシャードロウ (Shardlow) の広い水門 (最初のものは ステンソン (Stenson) にある) を 通り過ぎて、終にダーウェント・マウスに到着する。

トレント川を経由してトレントロックに向かう時に、ダーウェント・マウスからそれほど離れていない場所に、 4 方向ジャンクションがある。 1 つはエレウォッシュ運河 (これはグレート・ノーザン・ベイスンで行き止まりとなるが、 以前はクロムフォード運河 とのリンク)、もう一つはクランフリート (Cranfleet) の掘割 (ノッチンガムに航行を続けるためのスランプトンの堰 (Thrumpton Weir) のバイパス)、 そしてソアー川 (River Soar) の水路 (これはレスターを経由したグランド・ユニオン運河へのリンク) がある。

訳注
  1. グーグル・マップではクランフレット運河 (Cranflet Canal) と書かれており、クランフリート (Cranfleet) と綴りが違う。 しかし Bing の地図では Cranfleet と書かれているので、グーグルマップが間違いか、あるいは綴りが 2 通りある。 なお、グーグルマップで衛星写真に切り替えると大きな堰が見え、上で書かれていることが非常によくわかります。
  2. ソアー川水路はグランド・ユニオン運河の一部なので、上の記述は不正確です。