ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Middlewich Branch - Wikipedia
ミドルウィック支線 (Middlewich Branch)

シュロップシャー・ユニオン運河のミドルウィック支線は イングランド北西のチェシャー州にあって、 トレント・マージー運河との合流点であるミドルウィック (Middlewich) とシュロップシャー・ユニオン運河と合流するバーブリッジ・ジャンクション (Barbridge Junction) の間を走っている。 運河は長さ 10 マイル (16 km) で、 1772 年に認可されたチェスター運河の一部として計画されたが、 会社は資金がなくなり、建設は 1827 年まで開始しなかった。 トレント・マージー運河の要求では、ミドルウィックでの直接接続はなく、 その代わりに 2 つの運河を接続するための短いワードル運河 (Wardle Canal) を建設し、ここを通る交通に多額の賠償料金を請求した。

ミンスハルにおける水門と小屋

運河は 1846 年にシュロップシャー・ユニオン運河の一部となり、 これは一年以内にロンドン・ノース・ウェスタン鉄道に引き継がれた。 支線の交通は賠償料金により常に限られており、これは 1888 年までは廃止されることがなかった。 運河は 1888 年に蒸気機関車によるボート牽引の試行場所であり、 クルー (Crewe) 鉄道工場の狭軌エンジンを使用した。 しかし、それ以上のことはされなかった。 運河は 1923 年にロンドン・ミッドランド・スコットランド鉄道 (London Midland and Scottish Railway) の一部となった。 鉄道会社は 1944 年に運河の 175 マイル (282 km) を閉鎖したが、 シュロップシャー・ユニオン運河本線とミドルウィック支線は免除され、 1948 年の国営化によりブリティッシュ・ウォーターウェイズの管轄になった。

運河はチェシャー州を横断する農場を通り抜ける快適な田舎のルートを通り、 ミドルウィックのジャンクションの近くでは短い都会区間を通る。 多くの構造は元々のもので、その結果、大半のものはグレード II の 指定建造物である。 水路には商用交通は無いが、レジャー時代への移行により、2 ヵ所のマリーナが建設され、 プレジャー・ボートの係留場所が与えられている。

  1. 歴史
  2. ルート
  3. 興味ある地点
歴史

ミドルウィックまでの運河を作る考えはディー川会社 (River Dee Company) により、 始めて提唱され、1766 年の議会法で認可されたトレント・マージー運河がトレードを ディー川から、そしてチェスターから引き離すことを恐れた。 彼等はチェスターからミドルウィックへの運河を考え、これがトレント・マージー運河と接続し、 ナントウィッチに至る支線を思い描いた。 これはほとんど支持がなかった、 もっともブリッジウォーター公爵が述べることでは、 運河がトレント・マージー運河に物理的に接続されない限りは、運河には反対しないとのことであった。 運河は 1772 年 4 月 1 日に認可され、会社はナントウィッチまでの路線を水門サイズ 80×14.75 フィート (24.38×4.50 m) で建設を始めた。 予期されたよりも多くの経費がかかり、運河は 1779 年中頃にナットウィッチまで開通した。 これは、別の議会法により、もっと資金を集めた後の事であった。 ミドルウィック運河には資金が残っておらず、経費節約のために、ナロウズ水門で建設する計画は株主の了解が得られず、 工事はされなかった。

ナントウィッチをスタフォードシャー・ウスターシャー運河 (Staffordshire and Worcestershire Canal) とオーサーリー (Autherley) で接続する計画と共に、 バーミンガム・リバプール・ジャンクション運河 (Birmingham and Liverpool Junction Canal) を作るために、 トレント・マージー運河と再び話し合いがされ、 バーブリッジ (Barbridge) からミドルウィックに至る運河のことが議論された。 トレント・マージー運河はバーミンガム・リバプール・ジャンクション運河が認可されるまで、 このアイデアを考えることを拒否し、 認可された後は、運河は彼らが建設する短い支線に接続することを要求した。 これはワードル運河となり、ここを輸送される物資は高い賠償料金を支払わなければならなかった。 運河はバーミンガム・リバプール・ジャンクション運河の 1 年後の 1827 年に認可され、 1833 年 9 月 1 日に開通した。 全建設費はバーブリッジ・ジャンクションの波止場と倉庫も含め、 £129,000 であったが、 トレードはオーサーリーへの新しい接続が 3 年後に完成するまでは、わずかなものであった。

エルズミア運河はチェスターをエルズミア・ポートでマージー川 (River Mersey) に接続し、 1797 年のエルズミア運河の開通以来、チェスターの重要性は次第に退潮し、 一方エルズミア・ポートはそれに応じて、もっと重要となった。 ミドルウィック支線の料金はルートの低価格交通を避けるために、 運河の他の場所よりも当初は高い水準で維持された。 1838 年に、運河はエルズミア・ポートに 60,406 トンの鉄を運び、 10,370 トンがミドルウィック支線を通り、この大半がノース・ウェールズからマンチェスターに至るものであった。 バーミンガム・リバプール・ジャンクション運河が一旦開通すると、 バーミンガムからマンチェスターに至るルートで、これとミドルウィック支線は トレント・マージー運河を使用するルートよりも 3.25 マイル (8.4 km) 短く、 水門が 30 基少なかった。

シュロップシャー・ユニオン時代

エルズミア運河会社とチェスター運河会社は 1813 年に合併して、 エルズミア・チェスター運河会社になり、1845 年 5 月 8 日に、 議会法によりバーミンガム・リバプール・ジャンクション運河との合併が認可された。 合併会社ではエルズミア・チェスター運河の名称が維持されたが、 シュロップシャー・ユニオン運河にする計画がすでに作られていた。 7 月までに計画は明白になった。 モンゴメリーシャー運河シュルーズベリー運河、 及びシュロップシャー運河網は新しい会社の一部になった。 幾つかの新しい鉄道が提案され、運河網の一部は鉄道に転換されたが、 エルズミア・ポートからバーブリッジを経由してミドルウィックに至る運河のルートは水路として維持された。 会社はシュロップシャー・ユニオン鉄道・運河会社となり、 新しい 3 本の鉄道を建設する議会法が 1846 年に通過した。 新しい会社の独立は 1 年も続かず、 ロンドン・ノースウェスタン鉄道 (LNWR, London and North Western Railway) は 1846 年に彼らに永久リースを申し入れ、1847 年 6 月に議会法により正式になった。 もっとも 1857 年 3 月まで完全実施されなかった。

シュロップシャー・ユニオンはワードル運河の高い料金の問題を処理しようとして、 1852 年に 327 ヤード (299 m) のバイパスを提案し、ミドルウィック支線はこれ無しにはほとんど無益であると議論した。 しかしながら、LNWR は議会法案を撤回することを要請し、実際にそうした。 類似の提案が 1868 年にバイパスを長くして提案されたが、これは上院で否決された。 実験が 1888 年にワールストン (Worleston) の近くの支線で実施された。 18 インチ (460 mm) の鉄道軌道がおよそ 1 マイル運河沿いに設置され、 クルー (Crewe) 鉄道工場の小さな蒸気機関車がハシケを牽引するのに使用された。 試行は LNWR の機械技術者フランシス・ウェッブ (Francis Webb) により提案され、 報告が 1889 年に運河の技術者 C. R. ジェブ (C. R. Jebb) により作成された。 蒸気機関車は時速 7 マイル (11 km/h) までの速度で、 成功裏に 2 隻、4 隻、そして 8 隻のボートを牽引したが、それ以上の行動は取られなかった。

支線の交通が少々失われたのは、アンダートン・ボートリフトが 1875 年に開通した時で、 トレント・マージー運河から、ウィーバー川 (River Weaver) とマンチェスター船舶運河に接続が提供された時であった。 シュロップシャー・ユニオンは 1888 年までワードル運河の賠償料金に抗議し続け、 1888 年に鉄道運河・交通法 (Railway and Canal Traffic Act) が通過して、廃止された。 シュロップシャー・ユニオン会社は 1922 年末に LNWR に吸収され、 そして LNWR は合併の数日以内にロンドン・ミッドランド・スコットランド鉄道 (LMSR、London Midland and Scottish Railway) の 1 部となった。 1944 年に、LMSR は議会法を獲得して、責任を持つ運河の 175 マイル (282 km) を閉鎖することになり、 これにはシュロップシャー・ユニオン・システムの多くが含まれていたが、 エルズミア・ポートからオーサーリーに至る路線とミドルウィック支線は保持された。

ルート

運河は長さ 10 マイル (16 km) で、ミドルウィックからバーブリッジまで 4 基の水門で上昇する。 ミドルウィックでの最初の 1 マイル -- ここでは家屋に囲まれている -- を除き、ルートは完全に田舎で、農場地帯と林を通り抜け、 ウィーバー川上流流域のすばらしい光景がある。 運河の構造の多くは元々の運河の建設時のもので、グレード II の建造物に指定されている。 構築物は支線への入口の橋で始まり、 トレンド・マージー運河の曳舟道と入口を横断するブース・レーン (Booth Lane, 道路名) を通している。 この橋は茶色のレンガ積みから構成され、「ワードル運河, 1829 年」 の銘文がある。 運河の水準を 9.75 フィート (2.97 m) 持ち上げるワードル水門と 隣接する水門小屋はどちらも 「指定建造物」 である。 橋 31, 30, 及び 29 はすべて青茶色 (blue-brown) と青色 (blue) のレンガで作られ、 「斜めバスケット・アーチ」 (skewed basket arch) になっている。 次に単一アーチ (single-arched) の水道橋が運河を横断して A 530 ナントウィッチ道路を通している。 このすぐ後で別の水道橋によってホイーロック川 (River Wheelock) を横断している。

スタンソーン水門 (Stanthorne Lock) はレベルを 11.1 フィート (3.4 m) 持ち上げる。 ここに進入するには 「牛の橋」 (cattle bridge) を通り抜ける。 この橋は赤色レンガ (red brick) でイギリス積み (English garden wall bond) に組み込まれ、 大きな支え壁と笠石があり (stone coping and large retaining walls)、 ピラミッド形の石の柱頭を持つ柱 (piers with pyramidal stone caps) で終わっている。 運河の相対的静けさは橋 22A で妨げられ、この橋は運河を越えてウェスト・コースト本線鉄道 (West Coast Main Line railway) を通している。 しかし、橋の向こうにはウィーバー峡谷 (Weaver Valley() とウィンスフォードのトップフラッシュ (Winsford Top Flash、湖の名前) が開ける。 もう幾つかの指定建造物の橋の後で、 運河はチャーチ・ミンスハル (Church Minshull) の谷を通過し、 次に 3 基のアーチを持つ水道橋を通って、ウィーバー川 (River Weaver) を横断する。 ここには中央に大きな円形のアーチがあって、両側に洪水軽減用の小さなアーチと湾曲した翼壁 (wing wall) がある。

ナニー橋 (Nanneys Bridge) はミンスハル水門 (Minshull Lock) のすぐ手前で運河を越えて B5074 を 通している。 これはレンガ製の単一バスケット・アーチであるが欄干 (parapet) は再建されているので元々のものではない。 水門は運河を 11 フィート (3.4 m) 持ち上げ、グレード II の指定建造物である。 というのは、これは建設以来、ほとんど変化した兆候がないからである。 橋 5A はクルー (Crewe) からチェスターに至る鉄道を運河を越えて通しており、 すぐあとに大きなマリーナがあり、その次にチョーモンデストン水門 (Cholmondeston lock) があり、この水門はレベルを 11.25 フィート (3.43 m) 持ち上げる。 ベイノンズ橋 (Beynon's Bridge), サンドホールズ橋 (Sandholes Bridge), ラッターズ橋 (Rutters Bridge) は運河がバーブリッジ・ジャンクションに到達する前の最後の 3 つの供給橋 (accommodation bridge) である。 ジャンクションには 赤色と青色のレンガで作った楕円アーチの優雅な移動橋 (roving bridge) が本線の曳舟道を支線越しに通している。

興味ある地点
地名座標
トレント・マージー運河とのジャンクション 53.1879°N 2.4408°W
スターンソーン水門
(Stanthorne Lock)
53.1880°N 2.4619°W
ウェスト・コースト本線橋
(West Coast Main Line bridge)
53.1764°N 2.4828°W
ウィーバー川水道橋
(River Weaver aqueduct)
53.1270°N 2.5025°W
ミンスハル水門
(Minshull Lock)
53.1227°N 2.5185°W
チョーモンデストン水門
(Cholmondeston Lock)
53.1144°N 2.5487°W
バーブリッジ・ジャンクション
(Barbridge Junction)
53.1091°N 2.5792°W