ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Shrewsbury Canal - Wikipedia

本文の末尾に色々な点の座標を記述した表があり、ここから地図を作ってみました。 シュルーズベリー運河は現在は水がない所が多いですが、本文の記述から間違いなさそうな部分を 地図に折れ線で描いてあります。。 これ以外の部分でも衛星写真からほぼ明らかな部分がありますが、それは自分で考えてください。 (溝が見える部分がありますが、水がない川と紛らわしい。)

シュルーズベリー運河の地図
シュルーズベリー運河 (Shrewsbury Canal)

シュルーズベリー運河 (あるいは シュルーズベリー・ニューポート運河) は英国シュロップシャー州にある運河であった。 1793 年に認可され、トレンチからシュルーズベリーまでの本線は 1797 年に完全開通したが、1835 年に至るまでは、これ以外の運河網からは孤立したままで あった。この時、バーミンガム・リバプール・ジャンクション運河がノーベリー・ジャンクションから、 ニューポート支線を建設し、シュルーズベリー運河と ワッペンズホール (Wappenshall) で接続した。 色々な鉄道会社に次々に所有権が移り、運河は 1944 年に公的に見捨てられた。 多くの区間が消え失せたが、幾つかの橋などの構造物はいまだに見ることができる。 運河の遺物を保存し、ノーベリーからシュルーズベリーに至る運河を航行用に復元しようとする 活発なキャンペーンがある。


ロングドン=オン=ターンにある
テルフォードによる 1796 年の鋳鉄製の水道橋
  1. 歴史
  2. 凋落
  3. 復元
  4. ルート
歴史

1768 年から、幾つかの小さな運河が現在テルフォードと呼ばれる地域に建設され、 運河ではタブ・ボートが使用された。 これらの運河の最初のものはドニントン・ウッド運河で、 これは 1768 年に開通し、ワムブリッジ運河ケットリー運河がそれに続き、 どちらも 1788 年に開通し、更にシュロップシャー運河が続き、 これは 1791 年に開通した。 運河網は北部のリリーズホール (Lilleshall) とペイブ・レーン (Pave Lane) を南部のコールブルックデールとコールポートに接続した。 1792 年のウスターのジョージ・ヤングによるルートの測量に引き続き、 1793 年に議会法が獲得され、 これによりシュルーズベリーの街と シュロップシャー東部の運河網と接続することが認可された。 後者の運河網はオーケンゲーツ、ケットリー、ドニントン・ウッドの周辺 -- 今日では新しい街であるテルフォードの一部 -- の 炭鉱と鉄工場の用に供していた。 議会法により、株式で £50,000 の資金を集め、 必要であれば追加の £20,000 の資金を集めることが認可された。 この運河はシュルーズベリー運河となり、 1 マイルと 88 ヤード (1.69 km) のワムブリッジ運河を組み込んだ。 ワムブリッジ運河はドニントン・ウッド運河とシュロップシャー運河と接続をするために、 ウィリアム・レイノルズから £840 で購入したものであった。

ジョサイア・クロウズ (Josiah Clowes) が主任技術者に任命されたが、 工事半ばの 1795 年に亡くなった。 彼の後を継いだのがトーマス・テルフォードで、 丁度シュロップシャー州の測量家として自身を確立し始めていた時で、 すでに少し北部のエレスメア運河に従事していた。 エレスメア運河は元々はチェスターとシュルーズベリーを接続することを 意図したものであったが、シュルーズベリーに到達することはなく、 現代のランゴレン運河モンゴメリー運河になった。

ロングドン=オン=ターン

テルフォードの最初の仕事の一つは ロングドン=オン=ターンでターン川を超える石の水道橋を建築しなおすことであった。 この橋はクロウズにより建設されたが、1795 年 2 月の洪水により流出していた。 テルフォードの石工としての本能から、元々は、 元の構造を別の石造りの水道橋で置き換えること考えていた しかし、シュルーズベリー運河会社に鉄の名匠たち -- とりわけウィリアム・レイノルズ --- が深くかかわっていたため、考え直すことになった。 橋は石で作る代わりに、62 ヤード (57 m) の鋳鉄製の水槽で建設しなおされ、 1796 年に、水槽は部分に分けて、レイノルズのケットリー鉄工場で鋳造され、 ボルトでつなぎ合わせた。 主要な水槽は 7.5 フィート (2.3 m) の幅で、4.5 フィート (1.4 m) の深さがあり、 より狭い水槽が主要な水槽の一方の側に付き曳舟道を形成した。 これは世界で最初の大規模な鉄製の航行可能な水道橋であった。 もっとも、ベンジャミン・ウートラムにより建設されたダービー運河の より小さい 44 フィート (13 m) の構造物の方がこれより、わずかに先んじていた。 この水道橋は今なお健在であるが、畑の中で孤立している。 鉄製の水槽で、航行可能な水道橋の水を封じ込めることが可能であったため ターンの水道橋は、 ランゴレン運河のもっと長い ポントカサルテ水道橋の原型の役割を果たすことになった。 ポントカサルテ水道橋では、鉄製の水槽を高い石造りのアーチの上に搭載した。

シュルーズベリー運河は遂に 1797 年に完成し、17 マイル (27 km)の長さで、 11 基の水門を保有することになった。 トレンチではインクラインが建設され、223 ヤード (204 m) の長さがあり、 ボートを 75 フィート (23 m) 上昇させ、ワムブリッジ運河に接続した。 ここから、シュロップシャー運河を経由して南に向かい、 コールポートでセバーン川に達した。 インクラインは 2 つの鉄道軌道から構成され、どちらにもクレードル (かご、cradle) があった。 (水中に沈められた) クレードルの上にボートを移動した。 クレードルの後方の車輪が前方の車輪よりも大きく、ボートを水平に保持した。 第三の車輪が前方にあり、ドックの中では別のレールの上を走り、 頂上の隆起を超える時にクレードルが前方に傾くのを防止した。 インクラインは部分的に釣り合いをとり、荷を積載したボートが下るときに、 空のボートを引き上げたが、 蒸気エンジンも提供され、ボートを牽引して頂上の隆起を超えた。 インクラインは 1794 年に開通し、 エンジンは 1842 年に交換された。 インクラインは 1921 年まで使用され続け、英国で操業する最後のインクラインとなった。

運河にはベリック (Berwick) に 970 ヤード (890 m) のトンネルがあり、 これは 10 フィート (3.0 m) の幅があったが、木製の曳舟道があり、 曳舟道は壁に取り付けられた支持台で支えられていた。 曳舟道は 1819 年まで続いたが、このとき取り外された。 1904 年にはトンネルの真ん中に白い線が描かれ、 逆向きに航行するボートがトンネルの中で遭遇した時は白線を超えているボートの方に 通行の優先権があった。

運河は元々ナロウ運河として建設され、 馬が引くタブ・ボートの編成が使用された。 タブ・ボートは 20 フィート (6.1 m) の長さで、 6 フィート 4 インチ (1.93 m) よりは広くなかった。 しかしながら、 バーミンガム・リバプール・ジャンクション運河のニューポート支線を ワッペンズホールで接続する準備のために、 ワッペンズホールからシュルーズベリーまで 1831 年に測量し、 その結果、標準的な 7 フィート (2.1 m) のナロウボートを収容できるように広くした。 これが運河の最も利益があった期間の先触れとなったが、この期間は短命であった。 1835 年にニューポート支線が完成すると、 国内運河網から孤立することがなくなった。 支線は、ノーベリー・ジャンクションとワッペンズホール・ジャンクションをつなぎ、 ニューポートを通り抜け、23 基の水門があった

1844 年にハンバー小支線 (Humber Arm) が建設された。 この小支線は、ラブスツリー (Lubstree) 波止場に向かい、 この波止場はサザーランド公爵が所有していた。 トラムウェイが支線の端から、リリーズホール会社の所有する色々な工場に 走っており、リリーズホール会社は銑鉄、石炭、製鉄でフラックス【訳注:不純物を除去するための溶媒】として使用する石灰を運んだ。 この交易の大半は、それ以前にはドニントン・ウッド運河を使用していたもので、 新しい運河の小支線により運河網に直接的な接続が提供された。 そして、この交易の移動がドニントン・ウッド運河が閉鎖される要因の一つとなった。 ラブスツリー波止場は 1870 年に第三代サザーランド公爵により、シュロップシャー・ユニオン鉄道・運河会社 に貸与され、1922 年に第五代サザーランド公爵によって閉鎖された。

凋落

1846 年に、シュロップシャー・ユニオン鉄道・運河会社はシュロップシャーの東の運河網 の大半を買収し、シュルーズベリー運河もこれに含まれていた。 ロンドン・ノース・ウェスタン鉄道会社 (LNWR) がその後すぐにこれらを接収し、 運河が凋落するままにした。 1922 年に、ロンドン・ミッドランド・スコットランド鉄道 (London, Midland and Scottish Railway, LMS) が運河を引き継ぎ、シュルーズベリーのベイスンが 閉鎖された。 LMS は 1944 年に放棄議会法を手に入れて運河網を遂に見捨てた。

復元

シュロップシャー・ユニオン運河網を形成するすべての運河の中で、 シュルーズベリー運河だけが、どの部分も公開されておらず、また復元もされていない。 シュルーズベリー・ニューポート運河トラストが水路の保存と復元のために 2000 年に 創設された。

2007 年にワッペンズホール (Wappenshall) の運河沿いの建物群が売りに出された。 この建物群には荷の積み替え用の倉庫があり、1930 年代に使用されなくなってから、 ほとんど変更されておらず、多くの元々の造作を保存していた。 建物群と、これに沿った運河、そして ワッペンズホール・ベイスンはまもなく テルフォード・レキン議会により買収され、 議会はシュルーズベリー・ニューポート運河トラストと共同作業をして、 建物の補修に許可を与え、 運河の博物館、歴史遺産センター、喫茶店、運河トラストの事務所を作ろうとしている。

今日 (ノーベリー・ジャンクションから) 最初の水門に至る短い区間は (ボートの) 係留場所として使用され、水門自身はドライ・ドックとして使用されている。

ルート

運河はシュロップシャー・ユニオン運河からノーベリー・ジャンクションで分岐して、 石の橋の下を通る。この橋はシュロップシャー・ユニオン運河の曳舟道が分岐運河を 乗り越えるためにあり、橋はグレード II の指定建造物である。 最初の水門に至る区間にはまだ水がある。これは係留場所として使用されているからで、 一方で最初の水門はドライ・ドックとして使用されている。 この水門は 17 層連続水門の最初のもので、連続水門で運河が降下して、丘を下り、 オールトン (Oulton) を通り抜け、サットン (Sutton) とフォートン (Forton) の 南に至っている。 連続水門の基底部で、運河と小さな道路がミーズ川 (River Meese) を横切り、 その後で斜めに交差する橋の下を通り抜け、橋の上を道路が通っている。 (ミーズ川を横切る) 水道橋は古代モニュメント一覧 (scheduled ancient monument) の一つである。ミーズ川はアクアレート・ミーアに注ぐ。 アクアレート・ミーアは国内自然保護区 (Natioal Nature Reserve) の一つで、ウェスト・ミッドランド地方 (West Midlands region) で最大の湖であり、214 ヘクタール (530 エーカー) の広さがある。 この後でまもなくして、運河のルートは A41 道路のニューポート・バイパスの建設により切断されている。

バイパスの後に、メレタウン (Meretown) 水門から 1.5 マイル (2.4 km) の水がある区間が開始する。 この区間はニューポートを通り抜け、別に 5 基の水門がある。 ストリーン川 (Strine Brook) がこの区間の両端で運河の下を通り、 2 つの水道橋の間では運河に並行して走っている。 運河はバッテリー橋 (Buttery Bridge) の下を通過し、水道橋でキナーズリー・ドライブ (Kinnersley Drive) を超えて、 ハンバー支線 (Humber Branch) とのジャンクションに至る。 ハンバー支線は 1 マイル (1.6 km) 程南に走り、 リリーズホール (Lilleshall) の産業複合施設の用に供していた。 更に 2 つの水道橋がハンバー川 (Humber Brook) とクロー川 (Crow Brook) の上を超え、 ワッペンズホール・ジャンクションに至り、ここで新しい支線がトレンチからシュルーズベリーに 至る元々の運河に接続している。 ジャンクションでは、倉庫群とベイスンと運河の一部がテルフォード・レキン議会により 購入され、これにはグレード IIの指定建造物である倉庫が含まれ、 この倉庫はドックにまたがっており、物資が 2 階の床にある上げぶたを通して、 荷積みしたり、荷下ろししたりすることができた。

ニューポートの運河 ニューポートの運河

トレンチ支線はジャンクションから 9 基の水門で上昇し、 この水門の名は ワッペンズホール (Wappenshall) 水門, ブリットン (Britton) 水門, ウィート・リーソウズ (Wheat Leasowes) 水門, シャックス (Shucks) 水門, ピーティ (Peaty) 水門, ハードリー・パーク (Hadley Park) 水門, ターニップ (Turnip) 水門,ベイカーズ (Baker's) 水門、 トレンチ (Trench) 水門である。 ワッペンズホール水門は堰に道を譲るために取り壊され、堰は嵐の場合の排水溝 (storm drain) の一部であった。 ハードリー・パークとターニップの水門はグレード II の指定建造物で ハードリー・パーク水門のすぐ下流の橋と同様である。 どちらの水門も本来の場所に元々のギロチンゲートをいまだに保持している。 トレンチ水門は 1977 年の道路計画の一環として 1977 年に取り壊されたが、 トレンチ水門より先はトレンチ・プールが運河の主な水源であった。 この水門の後ろのトレンチ・インクラインが更に 75 フィート (23 m) ボートを上昇させた。 連続水門の建設ではなくインクラインの建設をしたのは、上層で適切な水がないことによっている。 トレンチ支線の水門と 2 基のアイトン (Eyton) 水門は下流側にギロチンゲートがある。 これらの水門は長さが 81 フィート (25 m) で、1797 年にテルフォードが書いている所によれば、 これらの水門には 3 種類のゲートがあり、 一隻 20 フィート (6.1 m) のタブボートを短い分割で使用し、 三隻のタブボートをより長い分割で使用し、 もっと外側のゲートを使用すれば四隻編成のタブボートで使用できた。 しかしながら、中間のゲートがかって設置されたか否かに関しては証拠がない。

ワッペンズホール・ジャンクションを過ぎてから、運河は二基のアイトン (Eyton) 水門で降下する。 -- この水門はニューポート支線が建設された時に幅が広くされた -- 水門を通過して、アイトン (Eyton) の北に出て、ウィールド・ムーアズ (Weald Moors) に到達し、 スリープフォード (Sleapford) を抜けて、ロングドン=オン=ターン (Longdon-on-Tern) の水道橋でターン川を横断する。 運河は次に南西に向かい、ローディントン (Rodington) の南の端をかすめ、 ここでロデン (Roden) 川を水道橋を横切ったが、この水道橋は 1971 年の 1 月に取り壊された。 運河はこのあとで、ウィジントン (Withington) の東と南の端を通り、ここに波止場があった。 運河はアップトン・マグナ (Upton Magna) の南で、シュルーズベリーからテルフォードに至る鉄道の下を通る。 ここで A5 道路の新しいバイパスが運河がベリック (Berwick) 波止場に到達するのを邪魔している。 ここで運河は北西に向きを変え、970 ヤード (890 m) のベリック (Berwick) トンネルに入る。 建設された時には、このトンネルは英国で最も長いトンネルで、 曳舟道を通した最初のトンネルであった。 トンネルの北の出口から、運河は鉄道と A5 道路の下を再び通り、 北に向かってアフィントン (Uffington) に至る。 これを過ぎてからセバーン川の大きな蹄鉄型の湾曲にしたがってシュルーズベリーに到達する。 シュルーズベリーでは、運河はバターマーケット (Buttermarket) ビルディングに隣接するキャッスル・フォアゲート・ベイスン (Castle Foregate Basin) で終了する。


アイトン・アポン・ザ・ウィールド・ムーアズ
にある古い水門の隔室
  
地点 座標 備考
ノーベリー・ジャンクション
(Norbury Junction)
52.802°N 2.308°W シュロップシャー・ユニオン運河
フォートン水道橋と斜め橋
(Forton Aqueduct and Skew Bridge)
52.786°N 2.362°W  
メレタウン水門
(Meretown Lock)
52.777°N 2.369°W 水がある区間の開始
エジモンド水門
(Edgmond Lock)
52.770°N 2.396°W 水がある区間の終了
ハンバー小支線ジャンクション
(Humber Arm Junction)
52.744°N 2.466°W  
ワッペンズホール・ジャンクション
Wappenshall Junction
52.728°N 2.501°W  
トレンチ・プール
(Trench Pool)
52.709°N 2.466°W 主な水源
ロングドン水道橋
(Longdon Aqueduct)
52.737°N 2.568°W  
ロデン川水道橋
(River Roden aqueduct)
52.724°N 2.610°W  
ウィジントン波止場
(Withington Wharf)
52.712°N 2.627°W  
A5 道路がルートをブロック
(A5 road blocks route)
52.701°N 2.657°W  
ベリック・トンネルの南端
(South end of Berwick tunne)
52.699°N 2.685°W
A49 道路の橋
(A49 bridge)
52.725°N 2.708°W  
シュルーズベリー・ベイスン
(Shrewsbury basinn)
52.712°N 2.748°W