ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Tub boat - Wikipedia (タブ・ボート、コンパートメント・ボート)

ここで「タブ」と呼んでいるのは。 バスタブ (bath tub, 湯船, 浴槽) の「タブ」です。

タブ・ボートは連結して使用し、連結されたものはトレーン (train) と呼ばれます。 現在、トレーン (train) は「列車」という意味で使用されるのが普通ですが、 鉄道列車よりも先にタブ・ボートのトレーンがあったのです。

タブ・ボート (Tub boat)

タブ・ボートとは昔の英国やドイツの運河で使用された 動力のない貨物船である。 英国の船は典型的には長さが 6 m で幅が 2 m で、一般に 3 ロングトン (3.0 トン) から 5 ロングトン (5.1 トン) の荷物を運んだ。 しかし、少し深い船は 8 ロングトン (8.1 トン) まで運ぶことができた。 タブ・ボートはコンパートメント・ボート (compartment boat) とか コンテナー・ボート (container boat) とも呼ばれた。

訳注
1 ロングトン ≒ 1.016 トン

タブ・ボートの主な利点はその柔軟性にある。 馬を使用すれば -- 後世であれば蒸気タグボートを使用すれば -- 1 列に編成して 3 隻から 5 隻、あるいはそれ以上のボートを曳くことができ、 ボートの数は貨物の形式に依存していた。 タブ・ボートは大きな船より簡単に持ち上げることができ、 タブボート用のボートリフトインクラインが水門の代わりに開発されていた。 これはとりわけ炭坑や類似の工場の近くではこのようになっていた。 ボートリフトでは、編成を分割すれば、ボートは 1 隻ずつ持ち上げることができ、 その後で再編成することができた。 時にはボートできっちりと納まる耐水性ではない内装容器が使用されていれば、 これはもっと簡単に持ち上げることができた。 タブ・ボートは小さいので、タブ・ボート用に建造された運河も同様に小さく、 建設コストをかなり節約できた。

イングランドで最初にタブ・ボートを使用したのは ブリッジウォーター運河である。 これ以外でタブ・ボート使用した著名な実例は シュロップシャー・ユニオン運河 (Shropshire Union Canal) と バッド運河 (Bude Canal) であった。

2 隻のタブ・ボートがブリスツ・ヒル・ビクトリアン・タウン博物館 (Blists Hill Victorian Town museum, ビクトリア時代の町ブリスツ・ヒル博物館) に保存されている。

訳注
ブリスツ・ヒル・ビクトリアン・タウン博物館は アイアンブリッジ峡谷博物館 (Ironbridge Gorge Museum Trust) により運営されている野外博物館 (open air museum) でシュロップシャーのテルフォード (Telford) のマデリー (Madeley) にある。 Google map: テルフォード マデリー

後になって使用されたタブ・ボートの大型版にはエアー・カルダー水路トム・プディング (Tom Pudding) と同じ水路で使用されたハーグリーヴ・バージ (Hargreave barge) がある。

タブ・ボート運河の一覧