ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。世界中で建設されたインクラインがほぼ網羅されているようです。

Canal inclined plane - Wikipedia (インクライン)

日本語の 「蹴上のインクライン」 の 「インクライン」 は和製英語です。 この場合のインクラインは canal inclined plane (運河の傾いた平面) の訳語に使用し、1 人歩きした和製英語と思われます。 鉄道の場合にはインクラインの用語は使用されましたが、 ケーブルカーのような場合には正確にはインクラインド・プレーンと呼びます。 この間の事情の背景は末尾の訳注で解説をしています。

インクライン (Canal inclined plane)

インクラインは 異なる水位の間でボートを昇降するシステムのことで、 いくつかの運河で使用されている。 ボートをケーソン (caisson, 箱、桶、水槽) に浮かべたまま運んでもよいし、 クレイドル(cradle, かご) に入れたり、吊り下げて運んでもよい。 これはケーブルカーの特別な形式であると考えることができる。

インクラインは連続水門よりは、速くて、水の消費量が少ないが、 設置して操作するのに、余計にコストがかかる。 このアイデアから発展したものに ウォーター・スロープがある。 連続する水門の別の代替物は ボートリフトである。

  1. 操作
  2. 歴史
  3. 他の実例
  4. 訳注:「インクライン」の用語に関して
操作

典型的には、見かけは斜面からなり、この上に 1 つ以上の線路があるものである。 ボートは水で満たされたタンク (あるいはケーソン) に進入する。(ケーソンの) 底には車輪があり、 両端には水密扉があって、斜面に垂直となっている。 これによりボートは異なる水位の間を移動する。 通常は固定エンジンがケーブルを牽引することにより、ケーソンが上昇・下降する。 大抵のデザインでは、2 つのケーソンが使用され、1 つが上昇する時に、もう一つが下降し、 より効率を上げるために釣り合いを取っている。 ケーソンが斜面の頂上 (あるいは最底部) に達すると、扉が開いてボートが外に出る。

タンクやケーソンのないインクラインもあり、 この場合には船を水から出して運ぶ。 船は帯につるしてクレイドル (cradle, かご) に入れることもあるし、そのまま寝かすこともある。 ある場合には、ボートに恒久的な車輪が付いていることもある。


マルヌ・ライン運河のインクライン
ケーソン (箱、桶) で運ぶ
 
エルブロンク運河のインクライン
クレイドル (かご) で運ぶ
訳注
マルヌ・ライン運河のインクラインは サン・ルイ・アルスヴィレ・インクライン (Saint-Louis-Arzviller inclined plane) と呼ばれるものです。(年表の 1969 年に登場)
Google map: サン・ルイ・アルスヴィレ・インクライン
歴史

インクラインは何世紀もの間に発展した。 最初のいくつかは、エジプト人がナイル川で滝を迂回するのに使用した。 これらは木の滑り板を粘土で覆ったもので、これにより摩擦を低減した。

年表 (timeline)
他の実例
ケーソンがあるもの
フォクストン・インクラインの軌道
もはや使用されていない
ロンキエール・インクライン
ケーソンがないもの

ダーメ洪水調節用運河 のインクライン
クレイドル (かご) が見える
 
エルブロンク運河のインクライン
船舶がクレイドル (かご) に進入
訳注:「インクライン」の用語に関して
  1. 英語の 「インクライン」 (incline) は 「坂道」 を意味する名詞、 あるいは 「傾く」 を意味する動詞です。 「蹴上のインクライン」 は英語では不正確で、この場合には 「インクライン」 ではなく、 「カナル・インクラインド・プレーン」 (運河のインクラインド・プレーン、Canal Inclined Plane) と呼ぶ方が正確になります。(運河の 「インクライン」 は和製英語です。 運河の場合には英語でインクラインド・プレーンと呼ぶことはあってもインクラインと呼ぶことはない。) 「インクラインド・プレーン」 のことを 「インクライン」 とか 「スロープ」 と呼んでも 支障がないように思えますが、「インクラインド・プレーン」 はキーワードでルネッサンスの時に定義された 「単純機械」 の一つの呼称です。 だからカナル・インクラインド・プレーンの呼称はインクラインド・プレーンの原理に基づいて作られていることを明示するためなのです。 インクラインド・プレーンは (高校) 物理では 「斜面」 と翻訳されてつながりが見えにくくなっています。 (斜面 (インクラインド・プレーン) を参照。) また 「インクラインド・プレーン」 は一部のケーブル・カーの名称にも使用されますが、 これも背景は同じです。

    カナル・インクラインド・プレーンを日本語に翻訳するのに、訳しにくいので「インクライン」としたと思われ、 これは和製英語と言ってよいと思われます。長ったらしい用語なので英語でも省略することもありますが、 カナル・インクラインド・プレーンを省略すると単にプレーンとなります。インクラインではありません。 これは一般的な英語の省略の仕方です。

  2. インクラインド・プレーンを物資の大量輸送に世界で最初に成功裏に建設したのは、 ウィリアム・レイノルズで、彼はこれを運河に建設しました。 これ以前にもインクラインド・プレーンと見なせるものもありますが、 鉄のレールと鉄の車輪を使わないと効率が上がるはずもなく、 ウィリアム・レイノルズはこれを実現できる立場にあった人なのです。 彼はヘイ・インクライン (Hay Inclined Plane) で回転ビームエンジンも使用していますが、 まだ蒸気機関車が走る前の話です。 ヘイ・インクラインでは動力はわずかしか使用しませんが、 動力を使ったケーブル・カーが始めて登場した時と言ってよいと思われます。
  3. 回転蒸気エンジンは蒸気機関車に結びつき、 馬車鉄道 (ワゴンウェイ) が機関車鉄道に代わります。 その移行期には鉄道 (馬車鉄道を含む) でも、インクライン (坂道) あるいはインクラインド・プレーン (傾いた平面) の用語が使用されました。 鉄道の場合には軌道面が平面になっていないものがインクラインと呼ばれることが多く、 軌道面が平面になっているものがインクラインド・プレーンと呼ばれることが多いようです。 (この用語で、インクラインと呼べるがインクラインド・プレーンとは呼ばないものに サンフランシスコのケーブル・カーがあります。)

    英国の代表例はストックトン・ダーリントン鉄道 (1825 年) で、 この鉄道の馬車鉄道区間にはインクラインがありました。 これはロープ牽引の区間で、固定蒸気エンジンで牽引していました。(蒸気機関車があっても非力で、峠を越えることができなかった。)

    米国の代表例はアレゲーニー・ポーテージ鉄道 (1834 年) です。 これは運河網の中の馬車鉄道区間で、この中の上りと下りに固定蒸気エンジンによるロープ牽引を使用した。 (但し、これは船を台車に載せて運ぶものです。)

  4. 以上のことから、インクラインド・プレーンの用語は運河で先に使用され、 後で鉄道にも使用され、混乱を防ぐためにカナル・インクラインド・プレーンの用語が使用されるようになったと思われます。
  5. 現代でも「ケーブル鉄道」 のことをインクライン (incline) とかインクラインド・プレーン (inclined plane) と呼ぶことがあります。 このような鉄道はあまり実例がなく、今日でも残っているもので目が付くものはすべて米国ペンシルバニア州の ピッツバーグとジョンズタウンにあり、アレゲーニー・ポーテージ鉄道で使用されていた用語を踏襲したものと 思われます。(ジョンズタウン・インクラインド・プレーンを参照。) ピッツバーグにあるモノンガヒラ・インクラインを読めば、 19 世紀後半にはインクライン (inclined plane) はドイツではザイルバーン (Seilbahn, ケーブル鉄道) と呼ばれているので、 英語のケーブル鉄道 (cable railway) はドイツ語から来ているのかもしれません。 観光用のケーブルカーにインクラインやインクラインド・プレーンの呼称を使っている場合があるようですが、 元々のインクラインド・プレーンの用語が使用された時には英語にはまだケーブル鉄道の用語がなかった時と思われます。 だから名称だけ古臭くして観光用にしている。
  6. 鉄道の場合のインクラインの大半は勾配が小さく、蒸気機関車が非力であったため (19 世紀初頭)、 ケーブル牽引にしたもので (勾配は数 % 程度、2% でも初期の蒸気機関車は登れなかった)、蒸気機関車の馬力があがると、 勾配が小さな坂道は登ることができるようになり、インクラインが姿を消します。 一方、勾配のきついインクラインド・プレーン (これは通常の鉄道にはない) の方はそのうちにケーブル鉄道と呼ばれるようになりました。 日本に蒸気機関車が登場する頃には蒸気機関車の馬力が大きくなっていたので、 19 世紀初頭のインクラインは必要性がありませんでした。(もっとも勾配がきつい碓氷峠では特別な方法で越えていました。)
  7. 元々の運河のインクライン (canal inclined plane) の場合 主な動力は固定式蒸気エンジンや水力です。 水力の実例は多くありません。水力が使える場合は水が豊富に使用できることを意味し、 この場合には幾つもの水門で高度差をクリアする方が普通です。 蹴上のインクラインのように、水力で発電して、電力を動力にしたものは他に例がないと思う。 琵琶湖疏水を建設した時は、すでに大型の蒸気機関車が利用可能となっている時なので、 運河が時代遅れとなり、多くの運河は水道の水源として使用されるようになったため、 琵琶湖疏水はこちらの方に重点が置き、更に発電のことを考えたのでしょう。 鉄道が建設されれば運河はすぐにも時代遅れなものになるためです。