ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Vertical-lift bridge - Wikipedia (垂直リフト橋)

日本語の昇開橋に相当する英語は厳密には vertical lift bridge (垂直リフト橋) です。 昇開橋のことを単に lift bridge (リフト橋) と呼ぶこともありますが、 バスキュール橋 (跳開橋) のことも lift bridge (リフト橋) と呼ぶことがあるため、 混乱を招くことがあります。以下昇開橋に関する内容ですが、 訳語としては垂直リフト橋を選ぶことにします。これは原語とかけ離れた訳語を選ぶと とても訳しにくいことがあるためです。

原文では多くの垂直リフト橋では詳細な別ページにリンクを張っています。 ここでもその真似をして、各垂直リフト橋の翻訳も与えています。 中には英語版以外の各国語版の Wikipedia のページにリンクが張ってある場合があり、 可能な限り Google の翻訳ページと、Google 翻訳を使用して英語に翻訳し、それを日本語に翻訳しています。 その方法については レーテ・リフト橋の訳注にまとめています。 大体うまくいきますが、今の所ロシア語とウクライナ語でうまくいきません。 キリル文字であるため、見当が付きにくいためです。

なお原文の各リフト橋で詳細な説明ページがない場合には、訳注で橋の Google map へのリンクと、 ストリートビューなどへのリンクを張ってあり、外見がどのようなものかは大体わかるようにしてあります。

垂直リフト橋
(昇開橋, Vertical-lift bridge)

垂直リフト橋あるいはリフト橋とは可動橋の 1 形式で、 昇降部 (or 昇降スパン) が橋の面に平行のまま垂直に昇降するものである。


垂直リフト橋が車両と船舶の交通を
処理する方法を表示する動画

垂直リフト橋にはバスキュール橋旋回橋のような他の可動橋より幾つかの良い点がある。 一般的にいえば、長い可動橋を建設するには (リフト橋の方が) 経費が少なくて済む。 垂直リフト橋のカウンターウェイト (釣り合いをとる重り) は 昇降部 (or 昇降スパン) の重さと等しいことが要求されるだけであるが、 バスキュール橋のカウンターウェイトは昇降部よりも何倍もの重さが必要である。 その結果、(リフト橋では) 重い材料を昇降部に使用でき、 従って、この形式の橋はとりわけ重い鉄道用に適している。

大半の垂直リフト橋は塔を使用するが、 塔にはカウンターウェイトが装備され、ある場合には 橋の下の油圧ジャックを使用する。 1 つの実例にミルウォーキーのセント・ポール・アベニューの 52m の橋がある。 (テーブル橋も参照のこと) 別のデザインでは橋を持ち上げるために、天秤梁を使用し、 軸の周りで回るバスキュールが塔の頂上部にあった。 この形式の橋は米国イリノイ州のラ・サール (La Salle) で建設された。

(他のデザインとの比較において) 垂直リフト橋の最も不利な点は 通過する船舶の高さに制限があることである。 これは、昇降部が通路の上にあるためである。


ニューヨーク州ロックポートのエリー運河のリフト橋。
写真の手前の橋は持ち上げられて運河の交通を通し、道路を閉鎖。
階段により、歩行者は横断できる。元々、このような橋は通常は
運河の交通には開いたままで、20 世紀初頭の閑散とした道路交通に
対しては、必要がある場合に橋を閉じた。
ロックポートのエリー運河
のリフト橋
橋が上昇中 橋が上端近くに到達
歩行者は階段で横断できる
訳注: 上の橋は この橋と思われます。 ストリートビュー: 橋の入り口 3D
  1. 実例
実例
オーストラリア
ベルギー
カナダ
フランス
ドイツ
イタリア
インドネシア
日本
オランダ
ロシア
訳注: 原文にはロシア語版の Wikipedia の項目にリンクがはってあり、 Google の翻訳ページで英訳を眺めたが、残念なことに 1, 2 ヵ所理解できない箇所があり、 日本語訳するのを諦めました。原文の説明不足ではないかと思う。多分より長い文章の抜粋を取っている。
ロストフ・ナ・ドヌー鉄道橋: Google map、 ストリートビュー: 隣接する道路から 衛星写真
ルーマニア / ブルガリア
スウェーデン
ウクライナ
英国
米国