ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Claiborne Avenue Bridge - Wikipedia

クレイボーン・アベニュー橋: Google map 3D

クレイボーン・アベニュー橋
(Claiborne Avenue Bridge)

クレイボーン・アベニュー橋は、公的にはウィリアム・ゼーバー判事橋 (Judge William Seeber Bridge) と呼ばれ、ルイジアナ州ニューオーリンズの垂直リフト橋で、産業運河に架かっている。 橋はルイジアナ州道路局 (Louisiana Department of Highway) (後に改名されて輸送・開発局 (Department of Transportation and Development) となった) により建設され、1957 年に道路交通用に開通した。 橋は多くの被害に苦しんだ: ハシケが 1993 年に衝突し、 ハリケーン・カトリーナは 2005 年に橋に被害を与え、 2008 年には乗用車が故障から運河に突っ込んだ。

クレイボーン・アベニュー橋が上昇状態
  1. 説明
  2. 事故
説明

この橋はノース・クレイボーン・アベニューの 4 車線を通し、 片側 2 車線であり、この通りはここではルイジアナ州道 39 である。 橋は閉鎖状態で大半の水上交通を通している。 橋はニューオーリンズの第 9 区に属し、橋の西側が上第 9 区で、東側あるいは (ミシシッピ川の) 下流側が 下第 9 区である。 セント・クロード・アベニュー (St. Claude Avenue) と共に、 橋はニューオーリンズとセント・バーナード教区の共同体との主な接続の 1 つで、 このような共同体にはアラビ (Arabi)、シャルメット (Chalmette) などがある。 橋を定期的に使用する多くの地元の人は橋の公式名称を知らない。 橋の建設費はおよそ $7.7億 であった。

クレイボーン・アベニュー橋が降下状態 (車両交通状態)
事故
タグボードの衝突

1993 年 5 月 28 日に、タグボートのクリス (Chris) は空のハシケを押して、 運河を通り抜け、ミシシッピ川の水門に向かっていた。 当時普通だったように、タグボートの船長は水門に進入するのに待つ必要があり、 水路を開けるために、運河の岸に横付けにしようとした。 しかしながら。PM 3:30 に、ハシケは橋の支持橋脚に衝突し、橋の 145 フィート (44 m) 区間を崩壊させ、 運河の西岸とハシケの上に落下させた。 2 台の自動車が橋から落下し、1 人が死亡し、2 名が重傷を負った。 水路は 2 日間閉鎖され、橋は 2 ヶ月間閉鎖されて、崩壊区間が再建された。 崩壊区間のコンクリートの瓦礫が、将来の衝突に備え、新しい支持橋脚の保護に使用された。

ハリケーン・カトリーナ

2005 年に、ハリケーン・カトリーナは橋の両側の地区にひどく影響し、 下第 9 区にもっと極端な災害をもたらした。 橋は何ヶ月も任務から外れ、運河の交通を通すために上部位置に放置され、 2006 年初頭に任務に復帰した。

遮断機の故障

2008 年 5 月 20 日に、勤続 17 年のニューオーリンズ市警察官のトミー・フィーリックス (Tommie Felix) は、車が橋から飛び出し運河に突っ込んで死亡した。 目撃者の証言によると、橋が閉鎖状態であることを示すために、 遮断機が下りることになっているが、その時は遮断機が機能していなかった。 他の何台かの車も橋から飛び出しそうになったが、手前で踏みとどまった。 現在、原因が調査中である。

産業運河とクレイボーン・アベニュー橋
の空からの光景