ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Aerial Lift Bridge - Wikipedia

空中リフト橋: Google map 3D、 ストリートビュー: その 1、 アップされた写真: その 1 その 2

空中リフト橋 (Aerial Lift Bridge)

空中リフト橋は (初期には空中橋 (Aerial Bridge) とか空中渡船橋 (Aerial Ferry Bridge) とも呼ばれ) ミネソタ州の港町 ダルース (Daluth) のランドマークである。 橋は 1905 年に米国で最初の運搬橋として誕生した。 (これ以外の運搬橋は唯一基のみが米国で建設されただけである。) 1929 年 - 1930 年に橋は垂直リフト橋に変更された。 (これもあまり一般的ではない。もっともオンタリオ州のウェランド運河にはそのような 6 基の橋がある。) 橋は 1973 年 5 月 22 日に国の歴史登録財 (National Register of Historic Places) に追加された。 米国工兵隊が近くの海洋博物館を維持している。

空中リフト橋
橋の歴史

橋はダルース船舶運河に架かり、 この運河は 1870 年 - 1871 年にミネソタ・ポイントと呼ばれる (地元の人はパーク・ポイントと呼ぶ) 何マイルにも及ぶ 砂嘴 (さし、sand pit) を通り抜けた。 セント・ルイス川の自然な河口は更におよそ 7 マイル (11 km) 南東にあり、 ミネソタ州とウィスコンシン州を分断している。 この小さな半島にすき間を作れば、新しく島になった場所の住民には横断するための方法が必要となった。 幾つかの輸送方法が試みられたが気象により複雑なことになった。 渡し舟は夏には動作するが寒い季節には氷が問題を引き起こした。 旋回歩道橋も使用されたが、ぐらついて安全とは思われなかった。

1892 年に解決を見つけるために、コンテストが開催された。 勝利したデザインはジョン・ロウ・ウォッデル (John Low Waddell) のもので、 彼は高層の垂直リフト橋の計画を描きあげた。 ダルース市は長さ 130 フィート (40 m) の橋を建設することを熱望した。 しかしながら戦争省がデザインに異議を唱え、プロジェクトは建設される前に取り消された。 ウォッデルのデザインはイリノイ州シカゴで少し大きなサウス・ハルステッド・ストリート橋 (South Halsted Street Bridge, 1932 年に除去) として建設された。

訳注
戦争省が異議を唱えたとしていますが、これは工兵隊による異議です。 理由は恐らく水上余地のせいです。橋を高くすれば終いのはずですが、 建設費がかさむため、これができなかった。運搬橋の方が垂直リフト橋よりも建設費が安い。 (重いカウンターウェイトを支えなくてよい。) 後年に、垂直リフト橋に変更できたのは市が豊かになったためと思われます。 (人口が増えた。)

後に新しい計画により、 人々を 1 方の側から他方へ渡す構造が描き出された。 この型式の橋は、空中移動橋 (aerial transfer bridge)、渡船橋 (ferry bridge)、 あるいは運搬橋 (transporter bridge) と色々呼ばれ、 最初に 1893 年のビルバオのビスカヤ橋で、そして 1898 年のフランスの橋で実証されていた。 ダルースの橋はフランスのものに触発されたが、実際の建設方法は全く違っていた。 建築家は市の技術者であるトーマス・マギルブリー (Thomas McGilvray) であった。

空中ゴンドラ、1908 年頃

橋が 1905 年に完成した時に空中橋のゴンドラは 60 米トン (54 トン) の容量があり、 350 人に付け加え、荷馬車、路面電車、あるいは自動車を運ぶことができた。 運河の横断にはおよそ 1 分かかり、1 日の繁忙期には 5 分ごとに横断した。 ミネソタ・ポイントの増加する人口、乗用車の増大する需要、そして観光客の増加により、 まもなく橋の容量が限界になった。

再モデル化が計画され、ゴンドラを取り除き、構造に昇降区間を組み入れることになった。 最終的に新しい橋のデザインを依頼した建設事務所はウォッデル (Waddell) 社の後継であった。 新しいデザインは 1892 年の構想と極めて類似し、C.A.P. ターナー (Turner) によるものであった。 再建が 1929 年に始まった。 背の高い船が変更後も橋の下を通ることを確実にするために、 上部スパンを持ち上げて、新しい路面を持ち上げた時に収容できるようにした。 両側を支える塔も変更され、新しいカウンターウェイトを支えて、 持ち上げスパンの重さと均衡するようにした。 新しい橋は 1930 年 3 月 29 日に始めて、船舶のために持ち上げた。

空中リフト橋が運河公園の
スカイラインにそびえる、2005 年

橋は最高の 135 フィートまで持ち上げるのに、およそ 1 分かかり、年間でおよそ 5000 回持ち上げた。 橋はおよそ 390 フィート (120 m) である。 船が通過する時に、慣習的な警笛の連呼があり、 同じ連呼が呼応した。 橋の警笛は ウェティングハウス・エアブレーキ社の 2 台の機関車警笛で構成されていた。 長音-単音-長音-単音は橋を持ち上げることを意味し、 長音-単音-単音は親しいあいさつであった。

ギャラリー
1905 年の空中リフト橋 2007 年の橋 夜間の空中リフト橋
2007 年
橋が持ち上げられ、一隻の
ボートが水路を通過
空中リフト橋の下を通過する
エドウィン H. ゴット
(Edwin H. Gott、船の名)