ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Danube Bridge - Wikipedia

ドナウ川橋: Google map、 ストリートビュー: 船の上から

ドナウ川橋 (Danube Bridge)

ドナウ川橋 (以前は友好橋と呼ばれた、 ブルガリア語:Мост на дружбата, Most na druzhbata あるいは一般的にДунав Mост, Dunav most; ルーマニア語:Podul Prieteniei,Podul de la Giurgiu) は鋼のトラス橋でドナウ川に架かり、ブルガリアの岸を南岸に、 ルーマニアの岸を北岸に接続し、 ルセ (Ruse) をジョルジュ (Giurgiu) に接続している。 これはルーマニアとブルガリアを接続する 2 つしかない橋の 1 つで、 もう一つは 「新ヨーロッパ橋」 で、ビディン (Vidin) とカラファト (Calafat) の都市を接続している。 ドナウ橋は公共輸送機関で行くことができる -- バス路線 4, 11, 13, そして 28 である。

ドナウ川橋
  1. 歴史
  2. 通行料
歴史

橋は 1954 年 6 月 20 日に開通し、 ソビエトの技術者である V. アンドレーエフ (V. Andreev) と N. Rudomazin によりデザインされ、長さが 2,223.52 m あり、 当時はブルガリアとルーマニアにより共有された唯一のドナウ川の橋であった。 これ以外はフェリー (渡し舟) か陸路によっていた。 装飾はブルガリアの建築家の Georgi Ovcharov によりデザインされた。 橋は 2 階建てで、2 車線の道路、1 本の鉄道がある。 歩行者用の側道もある。 橋の中央部分 (8 m) は可動で、大きすぎるボートは持ち上げて通過させる。 可動部のメンテナンスはルーマニアの責任で、 定期的にチェックされている。 橋はソビエト連邦の助けを借りて 2 年半で建設された。

1948 年の切手に載った計画された橋

ソビエトは橋を 「友好橋」と命名したが、2 国での共産党政権の崩壊以来、 橋はもっと機能的な名前である 「ドナウ川橋」 になった。

国境警備が橋にあり、2 国間の境界横断を警備している。 2007 年以来、税関がなくなり、EU の内部境界であるため、 パスポート/身分証 のチェックはブルガリア、もしくはルーマニアの警察のいずれかが 「1 つの机」 の上で処理している。 ブルガリアとルーマニアが シェンゲン協定に加われば、国境警備は取りやめになる。

2011 年 9 月 3 日に、橋のブルガリアの部分が 2 ヶ月の修復の後に開通した。

両側の柱で支えられた 2 つの長方形の塔がある。

ルセから見たドナウ川橋のパノラマ
通行料

ルーマニア側からドナウ川橋を横断すると次の通行料が課せられる。

車両ユーロ
8 + 1 席の座席まで;3.5 トンまで2 ユーロ
7.5 トンまでのトラック、9 から 23 席までの座席12 ユーロ
12 トンまでのトラック18 ユーロ
12 トン以上で 3 軸までのトラック;23 席以上の座席25 ユーロ
12 トン以上で 4 軸以上37 ユーロ
ギャラリー
冬の橋の写真
橋のルーマニア側 橋の中間部、ボスポラス急行
(ブカレスト-イスタンブール)
から見る。