ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Delair Bridge - Wikipedia

ディレア橋: Google map (衛星写真) 3D

ディレア橋 (Delair Bridge)

ディレア橋 は公式には ディレア記念鉄道可動橋 (Delair Memorial Railroad Drawbridge) と呼ばれ、垂直リフト・スパンの付いた鉄道橋で、 ニュージャージー・トランジットのアトランティックシティー線と かってのコンレイル線を通し、 今では ノーフォーク・サザン鉄道 CSX トランスポーテーション の共通財産である。 橋はデラウェア川を横断し、 ベッティー・ロス橋 (Betsy Ross Bridge) の すぐ南で ペンシルバニア州フィラデルフィアと ニュージャージー州ペンサクケン・タウンシップ (Pennsauken Township, township=郡区) を 接続している。

ディレア橋、ペンシルベニア側から見る
歴史

1895 年 - 1896 年に ペンシルバニア鉄道 (PRR, Pennsylvania Railroad) によって建設されたディレア橋はフィラデルフィアとニュージャージー州の間の どのようなものにせよ、最初の橋であった。 橋は 3 つの固定したペンシルバニア・トラス・スパンと 1 つの通り抜け 旋回スパンから構成され、 この長さの合計は 1,943 フィート (592 m) である。 架台進入路 (approach trestle) はペンシルバニア側で 2,129 フィート (649 m) で、 ニュージャージー側で 324 フィート (99 m) であり、 橋の全長は 4,369 フィート (1,340 m) である。

1958 年に、PRR は河川交通の余地を増大するために、橋を垂直リフト・スパンに変えることを開始した。 524 フィート (165 m) の可動スパンの設置を容易にし、遅延を最小にするために、 一体のままで定位置に浮かべられた。 工事は 1960 年に完了した。 ディレア橋は当時、世界で最も長くて最も重い複線の垂直リフト橋であった。

1999 年の橋の昇降区間

橋は 1930 年代末に電化され、電気機関車にけん引された貨物列車が 北東回廊から、 ニュージャージー州 カムデン (Camden) のパボニア操車場 (Pavonia Yard) に進入することを可能にした。 電化は 1967 年 1 月に除去されたが、1973 年 5 月に復活した。 しかしながら、コンレールは 1981 年に電気機関車による貨物列車の操業を終了し、 数年後に給電線を除去した。

橋における乗客列車は 1969 年に終了し、 この時ペンシルバニア・レディング海岸線 (Pennsylvania-Reading Seashore Line) が PATCO スピードラインの完成によりリンデンウォールド駅 (Lindenwold) で中断された。 しかし、1989 年に復帰し、この時アムトラックはアトランティックシティ急行を開始した。 アムトラックの運行は 1995 年に終了したが、 ニュージャージー・トランジット (NJT) のアトランティックシティ線は 1993 年以来、橋を連続して使用した。

2015 年の橋における
NJT アトランティックシティ線の列車

橋の南側の軌道はかっては貨物列車に予約され、 北側の軌道のみがアトランティックシティ線に使用された。 ペンサクケン・トランジット・センター計画の一部分として、 リバー・ライン (River LINE) が、 ディレア線の東の進入路の下を通る場所に駅複合施設と、 両方の鉄道にプラットフォームが設置された。 2 つの軌道は今や乗客列車にも貨物列車にも使用されている。

2011 年の 12 月に $1850万 の「経済復興生成のための輸送投資」 (TIGER, Transportation Investment Generating Economic Recovery) 助成金が、米国運輸省 (Department of Transportation) により、橋の修復で授与された。

訳注
TIGER は 2009年アメリカ復興・再投資法に基づくものです。