ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Arthur Kill Vertical Lift Bridge - Wikipedia
Google map: アーサー・キル垂直リフト橋 衛星写真
アーサー・キル垂直リフト橋
(Arthur Kill Vertical Lift Bridge)

アーサー・キル垂直リフト橋は 米国のニュージャージー州エリザベスポートとニューヨーク州の スタテン・アイルランドのハウランド・フック・マリン・ターミナルを結ぶ 鉄道専用の垂直リフト橋である。 この橋はバルチモア・オハイオ鉄道により 1959 年に建設され、 1890 年に開通した旋回橋にとってかわった。 これは 州間道路 278 の区間にあるゲータルズ (Goethals) 橋に平行な単線の橋である。 この橋は世界中の垂直リフト橋の中で最も長いリフト・スパンを持っており、 2 つの 215 フィート (66 m) の塔と 558 フィート (170 m) の トラス橋で、幅が 500 フィート (150 m) の水路が形成されている。 水面上の平均の高さは、閉鎖した場合には 31 フィート (9.4 m) で、 持ち上げた場合には 135 フィート (41 m) である。

アーサー・キル垂直リフト橋 橋はスタテン・アイランドの
西のふくらみ (左上) と
ニュージャージーをつないでいる
訳注
アーサー・キルとは海峡の名前。
  1. 最初の使用期間
  2. 第二の使用期間
  3. 画像ギャラリー
最初の使用期間

1959 年に橋が開通した後で、 スタテン・アイランドにおける製造施設の閉鎖により鉄道輸送が衰退した。 1960 年にはベツレヘム・スチール (Bethlehem Steel) が閉鎖し、 1972 年には U.S. ジプスム (Gypsum, 石膏)、 1986 年には U.S.ラインズ = ハウランド・フック・マリン・ターミナル、 1991 年には プロクター・アンド・ギャンブルが閉鎖した。 トラック輸送への移行も鉄道輸送を減少させ、 鉄道輸送の北支線 (North Branch) の所有者は色々変遷した。 北支線を所有した三つの会社は B & O 鉄道 ( バルチモア・オハイオ鉄道)、 CSX そしてデラウェア・オトシーゴー・コーポレーション (Delaware Otsego Corporation) であった。 彼らは、橋を余剰の資産とみなした。 アーサー・キル・リフト橋を渡った最後の貨物列車は 1990 年のことで、 2007 年までに北支線の輸送も終了した。

第二の使用期間

1994 年ニューヨーク市経済振興公社 (NYCEDC, New York City Economic Development Corporation) はアーサー・キル鉄道リフト橋と北支線を CSX から購入した。 2004 年の 12 月に NYCEDC とニューヨークとニュージャージーの港湾局 (Port Authority) は合同の $72 百万の計画を公表し、 橋を修復して、スタテン・アイランドの貨物輸送を再活性化することになった。 修復には橋の塗り直しと、橋の持ち上げ機構の修復が含まれていた。 橋は B & O に対しての敬意からロイヤル・ブルーに塗られた。 修復計画は 2006 年の 6 月に完了した。

訳注
ロイヤル・ブルー (Royal Blue) に関しては ウェブカラーを参照のこと。ただし、元々のロイヤル・ブルーはウェッブに使用されるものよりも少し暗い。

2008 年の 10 月 4 日に 16 年間で始めて列車が橋を渡った。 これは一両の機関車で、ニューヨーク・コンテナー・ターミナル -- 古い ハウランド・フック (Howland Hook) の名称でも知られている -- で 車両の入れ替え作業に従事するためのものであった。

2007 年の 4 月 2 日に、通常業務が始まり、 これにはスタテン・アイランドの乗換駅 (Transfer Station) からの ゴミの輸送が含まれており、 これにより年間 90,000 台のトラック輸送の積荷が近接するゲータルズ橋から迂回することとなっていた。 2007 年 10 月 4 日に、ハウランド・フックを営業しているニューヨーク・コンテナー・ターミナルは 橋を経由するドック上の鉄道業務 (on-dock rail service) と コンレール、CSX、 ノーフォーク・サザン鉄道の通常業務と共に開始することを公表した。

橋は通常は持ち上げた状態に保たれ、列車が通過するときに橋が降ろされる。 2008 年には 1 日 3 回降ろされた。

画像ギャラリー
軌道の光景 中央、西を向く
訳注
アーサー・キル垂直リフト橋は、右の写真の中央にあり、 左の方は現代的なゲータルズ橋 (道路) があります。現代の橋は必要であれば、 いくらでも高い位置に建設できることがよくわかります。 アーサー・キル垂直リフト橋のリフト・スパンを持ち上げた時の 高さがゲータルズ橋の高さと同じくらいになっているようです。