ページの最終校正年月日 :

以下の文書はオランダ語版の Wikipedia の英訳の日本語訳です。

ブリーレン橋: Google map、 ストリートビュー: 北東から

ブリーレン橋(Brielenbrug)

ブリーレン橋はウィッレブルーク自治体のティッセルト村で、 ブリュッセル・スヘルデ川海洋運河に架かる橋である。 海洋運河はティッセルトを南北に縦断し、ブリーレン橋は運河の両側を接続している。 橋は 1968 年に建設され、 長さ 38.4 m、幅 11.6 m の金属製の可動区間がある。 橋は同年にグリムベルゲンに建設されたヒュムベーク橋フェルブランデ・ブルグに同一である。

ブリーレン橋 位置

ブリーレン・ブルクは 2009 年 1 月以来、 ウィッレブルーク自治体にある 「水路と海運河」 の中央制御ステーションで遠隔操作されている。

事件

2014 年 9 月 19 日に、橋がニュースに登場した。 アスファルト工事の最中に、 橋はバラスを失い、意図せずに片方が持ち上がった。 橋を持ち上げるケーブルの幾つかが、ストレスを受けて破断され、この後カウンターウェイトの 1 つがクラッシュした。 橋の路面、カウンターウェイト、コンクリート・ボックスのいずれもが損傷した。

橋はこの地域の重要な交通ルートであったため、 事故を防ぐための措置が必要であった。 第 1 週目にはカペッレ・オプ・デン・ボス (Kapelle op den Bos) の橋を経由して 両岸を接続するバス輸送があった。 9 月 29 日からはバスに代わり渡し舟が運行し、 これは自転車も運んだ。

橋は 2014 年 9 月 30 日にセーレンズ社 (Sarans) の手を離れた。 11 月 16 日に橋は交通に再開通したが、翌日に再び閉鎖しなければならなかった。

画像
海洋船のために開放したブリーレン橋、2015 年