ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Thames River Bridge (Amtrak) - Wikipedia

テムズ川橋 (アムトラック): Google map (衛星写真) 3D

テムズ川橋 (アムトラック)
(Thames River Bridge (Amtrak))

アムトラックのテムズ川橋は米国コネチカット州ニューロンドン (New London) とグロトン (Groton) を接続し、コネチカット州のテムズ川を横断している。


橋に沿って東を見る。2012 年 5 月 26 日
  1. デザインと歴史
  2. 操業
デザインと歴史

橋は元々シュトラウス・ヒール・トラニオン型式の 通り抜けウォーレン・トラスバスキュール橋で 1919 年に建設された。 橋はアメリカ橋梁会社 (America Bridge Company) により、 ニューヨーク、ニューヘイブン & ハートフォード鉄道のために建設され、 1889 年に建設された橋の代わりになった。 2008 年に橋は修復され、これには可動部をバスキュールから 垂直リフト機構に置き換える変換が含まれた。

1919 年に建設されたように、橋の橋台と橋脚は複線軌道の第 2 の組を通せるようにデザインされている。 これは ニューヘイブン鉄道が、この場所で 4 本の軌道に拡張する場合に備えたものであった (これは実現しなかった)。

操業

橋は水上交通のために 1 日あたり 4 回開放し、1 日あたり 36 編成の乗客列車と 2 編成の貨物列車を通している。 橋は平均満潮水位の上 29 フィート (8.8 m) にあり、 開放すれば平均満潮水位の上 135 フィート (41 m) の垂直余地と 105 フィート (32 m) の水平余地を提供する。


バージニア・クラスの攻撃型潜水艦 USS ミズーリ (SSN 780)
がテムズ川橋に向かっている。潜水艦はニューロンドンの
海軍潜水艦基地から予定配置に向かう途中。

この橋は 1986 年における 1 回の複合歴史資産調査 (multiple property study) で調査したコネチカット州を通り抜けるアムトラック・ルートの上の 8 基の可動橋の 1 基である。 8 基の橋と他のアムトラックに所属する 2 基の新しい橋は西から東の順に以下のようになる:

訳注
ショー湾鉄道橋: Google map (衛星写真) 3D (旋回橋)