ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Pequonnock River Railroad Bridge - Wikipedia

ピークォンノック川鉄道橋: Google map (衛星写真) 3D

ピークォンノック川鉄道橋
(Pequonnock River Railroad Bridge)

ピークォンノック川鉄道橋は鉄道可動橋で、コネチカット州ブリッジポートのピークォンノック川にかかっている。 コネチカット州により所有され、 アムトラック メトロ・ノース鉄道により、保守・操業され、 橋は次のようにも呼ばれている: ピークォンノック川橋、PECK 橋、アンダーグレード橋 55.90 (この数値は グランド・セントラル駅からの距離 (マイル) である)。 現在、橋は 北東回廊の一部で、 アムトラック メトロ・ノース鉄道の列車を通し、 更にはプロビデンス & ウースター鉄道の貨物列車も通している。


1977 年のピークォンノック川鉄道橋
  1. 歴史
歴史

以前の橋は ニューヨーク, ニューヘイブン & ハートフォード鉄道により、 1898 年 - 1902 年に建設され (それ以前の橋を置き換えた)、 ニューヘイブン線にある二基の 「通り抜けガーダー・ シェルツァー・ローリング・バスキュール橋」 の一基となった。 橋は対になる平行ローリング・リフト・スパンから構成された。


1908 年に郵送された絵葉書の 1902 年建設の橋
訳注
この絵葉書は写真ではなく、絵のようです。最初の写真から橋が開く方向がわかりますが、 この絵ではその逆方向に開いている。

これは 1986 年の 1 回の複合歴史資産調査 (multiple property study) で調べられたコネチカット州を通り抜けるアムトラックのルートにある 8 基の歴史的可動橋の 1 基である。 この 8 基の橋は西から東にかけて以下で与えられる: ミアナス川鉄道橋、コス・コブ、1904 年建設 (ピークォンノック橋の現存する双子); ノーウォーク川鉄道橋、ノーウォーク、1896 年建設; ソーガタック川鉄道橋、ウェストポート、1905 年建設; ピークォンノック橋; フーサトニック川鉄道橋、デボン、1905 年建設; コネチカット川鉄道橋、オールド・セイブルックとオールド・ライムの接続、1907 年建設; ニアンティック川橋、イースト・ライムとウォーターフォードの接続、1907 年建設; テムズ川橋、グロトン、1919 年建設。

訳注
  1. 米国の 「国の歴史登録財」 に登録する際に相互に関連した歴史遺産として、 一括登録することがあり、これが可能か否かを調べるために複合歴史資産調査 (multiple property study) が実施される。
  2. 8 基の橋の地図

元々の橋は水平余地が 80 フィートで、(閉鎖した時の) 垂直余地は 15 フィートであった。 1902 年の元々の建設では、橋には 2 つの軌道しかなかったが、平行した第 2 スパンがあり、4 つの軌道まで拡張することが容易で、 これは 1960 年代末に実施された。

古い橋は 1987 年に 「国の歴史登録財」 (National Register of Historic Places) に追加されたが、 この名誉は長く続くことはなかった。 というのは橋を修理するよりも完全に作り直す必要があることは調査する前から明らかだったからである。

劣化と交換

1970 年代末と 1980 年代初めに、1902 年の橋は腐食、金属疲労と強い川の流れによって急速に劣化し始めた。

1986 年の定期検査により明らかとなった点は、 可動スパンの下にある格納橋脚 (pit span) が非常に緩んでしまって、 可動スパンが左右に自由に動くようになっていた。 時速 10 マイルの速度制限が課せられ、広範な修理が実施されて、 代わりの橋が建設されるまで、古い橋が任務を遂行することを確実にした。

終に 1992 年、米国政府は $8000万 の助成金を支給して、できてから 90 年になる橋の交換を助成した。

交換の橋の建設は 1993 年に始まり、3 段階で実施され、 この地域を通り抜ける鉄道交通と水上交通の影響が最小になるようにした。

第一段階には橋への進入路の変更と新しい橋の南側スパンの建設が含まれ、 南側スパンには軌道が 2 つあった。 新しい南側スパンは 1995 年始めに鉄道輸送に開通した。

第二段階には古い南側スパンを取り除き、(この場所に) 新しい北側スパンを建設することが含まれた。 新しい北側スパンにも 2 つの軌道があった。 新しい北側スパンは 1996 年末に鉄道交通に開通した。

第三段階は古い構造の残りを取り除き、 新しい橋の 2 つのスパンに追加の構造工事を実施して、 橋を取り巻く場所に些細な美的改善を実施した。 この段階は 1998 年始めに完了し、すぐにアムトラックとメトロ・ノースが合同で 橋の交換プロジェクトが完了したことを発表した。

新しい橋は水平余地が 105 フィートあり、これにより水上交通が同時に双方向に通過することができ、 更には (閉鎖した時の) 垂直余地が 20 フィートになった。

更には新しい橋の路面は開放した鋼ではなく、砂利を敷いたアスファルトの路面となり、 騒音が減少するのみならず、橋と軌道の保守作業もずっと容易になった。

古い橋と同様に、新しい橋も対となる平行スパンがあるが、 同時に操作することに付け加え、独立に操作することも可能となった。