ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Mianus River Railroad Bridge - Wikipedia

ミアナス川鉄道橋: Google map (衛星写真) 3D

ミアナス川鉄道橋
(Mianus River Railroad Bridge)

ミアナス川鉄道橋はコス・コブ橋 (Cos Cob Bridge) とも呼ばれ、 1904 年建設のバスキュール橋で、 コネチカット州グリニッジ (Greenwich) でミアナス川にかかっている。 この橋は 1987 年に 「国の歴史登録財」 (NRHP, National Register of Historic Places) に登録された。 橋は 北東回廊を通し、 乗客数でも列車の本数でも米国で最も多忙な鉄道である。 橋は メトロ・ノース鉄道によって操業されている。 メトロ・ノース鉄道は コンレール ペン・セントラル鉄道、 そして ニューヨーク・ニューヘイブン & ハートフォード鉄道の後継組織であり、 この最後の鉄道が橋を建設し、コネチカット州輸送局が橋を所有している。 橋はローリング・リフト型式の可動橋で、 この場所における前の橋と交換するために、 アメリカン・ブリッジ社 (American Bridge Company) により、 プレハブ工法により製造された。 建築場所が安全ではなかったからである。

ミアナス川鉄道橋 ミアナス川鉄道橋の位置

近くのコス・コブ鉄道駅も NRHP (国の歴史登録財) に登録され、 更には、コス・コブ発電所も、橋の西岸にあるかっての ニューヘイブン鉄道の変電所 も同様に NRHP に登録されている。 もっとも変電所は千年紀の変わり目に取り壊されたが、いまだに NRHP に登録されている。

コス・コブ橋とミアナス川
西を向く、1849 年頃

この橋は 1986 年に 1 回の複合歴史資産調査 (multiple property study) で 調べられたコネチカット州を通り抜ける 北東回廊にある 8 基の可動橋の一つである。 この 8 基の橋は西から東にかけて以下で与えられる: ミアナス川鉄道橋、コス・コブ、1904 年建設; ノーウォーク川鉄道橋、サウス・ノーウォーク、1896 年建設; ソーガタック川鉄道橋、ウェストポート、1905 年建設; ピークォンノック川鉄道橋、ブリッジポート、1902 年建設; フーサトニック川鉄道橋、デボン、1905 年建設; コネチカット川鉄道橋、オールド・セイブルックとオールド・ライムの接続、1907 年建設; ニアンティック川橋、イースト・ライムとウォーターフォードの接続、1907 年建設; テムズ川橋、グロトン、1919 年建設。 ピークォンノック川鉄道橋は -- ノーウォーク、ウェストポート、デボンの橋と同様に メトロ・ノースのニュー・ヘイブン線にも属し -- 1986 年以来に交換されている。