ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Niantic River Bridge - Wikipedia

ニアンティック川橋: Google map (衛星写真) ストリートビュー

ニアンティック川橋 (Niantic River Bridge)

ニアンティック川橋はアムトラック・バスキュール橋 No.116.74 とも呼ばれ、 アムトラック 北東回廊線を通す鉄道橋で、 ニアンティック川を横断し、イースト・ライム (East Lyme) とウォーターフォード (Waterford) を接続している。 橋はバスキュール型式の可動橋である。 新しい橋が 2012 年に建設され、1907 年建設の以前の橋に取って代わった。 橋は 2012 年 9 月 8 日に開通した。 関連した建設工事は 2013 年 6 月に完了した。

2012 年の交換の橋が
1907 年の橋の上にそびえる
ニアンティック川橋の位置
  1. 歴史
歴史
1907 年の橋

主要橋梁構造は 68 フィート (21 m) の通り抜けガーダー・シェルツァー・バスキュール橋で、 ニューヨーク、ニューヘイブン & ハートフォード鉄道のために、キング橋梁会社によって 1907 年に建設された。 これは 1986 年の 1 回の複合歴史資産調査 (multiple property study) で調べられたコネチカット州を通り抜けるアムトラックのルートにある 8 基の歴史的可動橋の 1 基である。 この 8 基の橋は西から東にかけて以下で与えられる: ミアナス川鉄道橋、コス・コブ、1904 年建設; ノーウォーク川鉄道橋、ノーウォーク、1896 年建設; ソーガタック川鉄道橋、ウェストポート、1905 年建設; ピークォンノック川鉄道橋、ブリッジポート、1902 年建設; フーサトニック川鉄道橋、デボン、1905 年建設; コネチカット川鉄道橋、オールド・セイブルックとオールド・ライムの接続、1907 年建設; ニアンティック川橋 (この橋)、イースト・ライムとウォーターフォードの接続、1907 年建設; テムズ川橋、グロトン、1919 年建設。

訳注
8 基の橋の地図

橋は 1987 年に 「国の歴史登録財」 (National Register of Historic Places) に適格であると思われたが、 所有者の反対により登録されなかった。 決定に関しての参照番号は 87002124 である。

1907 年の橋、2006 年

1907 の橋は閉鎖した時の垂直余地が 11.5 フィート (3.5 m) しかなく、 ニアンティック港の大半の商用ボートを橋の予定で拘束した。 橋を開放した時の水平余地は 45 フィート (14 m) で、通常は一度に一方向にしか通れなかった。 これれの制約により、橋はボートの所有者に不人気となり、 これによりアムトラックと沿岸警備隊の間の 2003 年の合意が生まれ、 1 日に橋を通過する列車の本数が制約された。 この合意は後にアムトラックと州に問題となった。 というのは、これによりニュー・ロンドン (New London) へのショア・ライン・イースト (東海岸線、Shore Line East) の完全拡張が阻害されたからである。 これらの余地の問題に加え、増大する信頼性の問題から、 アムトラックはできてから 100 年を経た橋の交換を計画し始めた。

現在の橋

2010 年に、新しい固定トラニオンのバスキュール橋を 1907 年の橋と交換するための工事が始まった。 古い橋の 58 フィート (18 m) 南の 1907 より前の旋回橋のおよその場所に建設され、 新しい構造は 100 フィート (30 m) の水平余地を与え、 橋を閉鎖した時の平均的な満潮で、16 フィート (4.9 m) の垂直余地を与えた。 プロジェクトの一環として、 アムトラックはビーチフロントも再補給し、 ニアンティック湾のボードウォーク (板張りの遊歩道、Boardwalk) も交換した。これは数年前の嵐で被害を受けていた。

2012 年 8 月に建設中の新しい橋

新しいニアンティック川橋は 2012 年 9 月 8 日に鉄道交通に開通した。 古い橋は 9 月 7 日に列車による最後の横断があり、 これを取り除く工事は 9 月のボート・シーズンの終わりに始まった。 一方、影響を受けた浜辺、歩行者の道及びボードウォークの復元は 2013 年 5 月まで続いた。 アムトラックは 2013 年 6 月 にプロジェクトの完了を発表した。