ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Amtrak Old Saybrook – Old Lyme Bridge - Wikipedia

アムトラック オールド・セイブルック - オールド・ライム橋: Google map (衛星写真) アップされた写真

アムトラック オールド・セイブルック-オールド・ライム橋 (Amtrak Old Saybrook-Old Lyme Bridge))

アムトラック オールド・セイブル - オールド・ライム橋はコネチカット川がロング・アイランド湾に到達する前の最後の橋である。 これはトラス橋で、 バスキュール・スパンがボートを通過させることができる。 軌道はアムトラックが所有し、 北東回廊とショア・ライン・イースト (Shore Line East、東海岸線) の高速鉄道線のアムトラックの列車が使用している。 橋はレイモンド E. ボールドウィン橋 (Laymond E. Baldwin Bridge, 州間道路 95 と U.S. ルート 1) から 見ることができるし、ルート 154 の色々の場所から見ることができる。

アムトラック オールド・セイブルック-
オールド・ライム橋
コネチカット州における位置
  1. 建設と操業の歴史
  2. 歴史登録財の指定
  3. 交換
建設と操業の歴史

橋はコネチカット川鉄道橋ともコネチカット川橋とも呼ばれ、 1907 年にシェルツァー・ローリング・リフト橋梁会社によって、 ニューヨーク、ニューヘイブン & ハートフォード鉄道のために建設され、 1870 年に建設された以前の橋の代わりになった。 これは更に南のフーサトニック川鉄道橋と類似しているが全体の長さでは、より短い。 これはフーサトニック川鉄道橋のように平行した軌道がない。 もっとも橋台も橋脚もそのような余分の軌道 (全部で 4 軌道) を通せるようにデザインされていたが、 この場所には設置されなかった。

1977 年の航空写真
建設されなかった第二の軌道を収容するための広い橋脚が見える。

橋は 1975 年に構造的に修復され、1981 年と 1997 年に機械的な修復と電気的な修復を受けた。 2000 年には橋に電気的な故障があり、可動スパンが開放状態のままとなった (鉄道交通が妨害された)。 橋は 2001 年に 2 度閉鎖状態で詰まった。 2006 年の検査で、構造的に不十分で、 定期的な修復工事は 1 世紀以上を経る橋を機能させるには十分でないと決定された。

1908 年の橋の絵葉書
歴史登録財の指定

橋は 1987 年に 「国の歴史登録財」 に登録することが適格であると決定されたが、 所有者の反対により、最終的に登録されなかった。 この決定は国の登録参照番号 #87002125 に記されている。

この橋はコネチカット州を通り抜けるアムトラックの 8 基の可動橋の 1 基で、 1986 年に 1 回の複合歴史資産調査 (multiple poperty study) が実施された。 この 8 基の橋は西から東にかけて以下で与えられる: ミアナス川鉄道橋、コス・コブ、1904 年建設; ノーウォーク川鉄道橋、ノーウォーク、1896 年建設; ソーガタック川鉄道橋、ウェストポート、1905 年建設; ピークォンノック川鉄道橋、ブリッジポート、1902 年建設; フーサトニック川鉄道橋、デボン、1905 年建設; コネチカット川鉄道橋、オールド・セイブルックとオールド・ライムの接続、1907 年建設; ニアンティック川橋、イースト・ライムとウォーターフォードの接続、1907 年建設; テムズ川橋 (アムトラック)、グロトン、1919 年建設。

交換

構造的に不十分なこの橋は 2020 年頃に交換することが計画されている。 2014 年 5 月に公表された環境評価では 2 つの代案が特定された: 1 つは既存スパンと大きさが類似するバスキュール橋で、 もう 1 つが余地を増大した垂直リフト橋である。 どちらの選択肢でも、既存の橋の南 48 フィート (15 m) 並行して建設することになる。 可動区間のない完全な高層デザイン (high-level design) は排除された。 その理由は大規模な進入路が必要となるためで、近くの湿地帯に重要な影響があり、 建設費と用地買収費が増大するためであった。