ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Housatonic River Railroad Bridge - Wikipedia

フーサトニック川鉄道橋: Google map (衛星写真) 3D

フーサトニック川鉄道橋
(Housatonic River Railroad Bridge)

フーサトニック鉄道橋は歴史的な橋で、 メトロ・ノース鉄道のニュー・ヘイブン線 (New Haven Line) の軌道を通し、 米国コネチカット州のフーサトニック川を横断している。 橋は 1987 年に 「国の歴史登録財」 (NRHP, National Register of Historic Places) として、 登録されており、登録に際し、デボン橋 (Devon Bridge) と呼ばれていることも言及している。 橋は国の環境保護省 (state Department of Environmental Protection) によりデボン鉄道橋とも呼ばれている。

橋はシェルツァー・ローリング・リフト・バスキュール型式である。 橋は鋼の上部構造があり、 石造の橋脚がある。 可動スパンは 「通り抜け ウォーレン・トラス」 である。 コネチカット川鉄道橋はコネチカット州にあるこの形式の別の橋であり、これも NRHP に登録されている。

デボン橋、1984 年頃 コネチカット州における位置

この橋はコネチカット州を通り抜けるアムトラック・ルートの 8 基の可動橋の 1 基で 1986 年に 1 回の複合歴史資産調査 (multiple property study) が実施された。 この 8 基の橋は西から東にかけて以下で与えられる: ミアナス川鉄道橋、コス・コブ、1904 年建設; ノーウォーク川鉄道橋、サウス・ノーウォーク、1896 年建設; ソーガタック川鉄道橋、ウェストポート、1905 年建設; ピークォンノック川鉄道橋、ブリッジポート、1902 年建設; フーサトニック川鉄道橋、デボン、1906 年建設; コネチカット川鉄道橋、オールド・セイブルックとオールド・ライムの間、1907 年建設; ニアンティック川橋、イースト・ライムとウォーターフォードの間、1907 年建設; テムズ川橋、グロトン、1919 年建設。

フーサトニック川鉄道橋、
モーゼズ・ウィーラー橋 (Moses Wheeler Brideg)
の下に見える。ワシントン橋から見た写真。

橋はアムトラックの北東回廊を走る列車よっても使用されている。

歴史

現在の橋は同じ場所の 4 番目の鉄道橋で、 元々はノーガタック・ジャンクション (Naugatuck Junction) と呼ばれた。 元々の橋はフーサトニック川を横断する最初の鉄道橋で、 ニューヨーク・ニューヘイブン鉄道 (New York and New Haven Railroad) によって建設され、 単線の木造の ハウ・トラス覆い橋で、 長さ 1,293 フィート、134 フィートの可動区間があり、 1848 年に建設された。 橋はコネチカット州でかって建設された最長の覆い橋として特異であった。 第二の橋は複線で、鋳鉄製のウィップル・トラスで、 長さ 1,091 フィート、可動区間が 206 フィートで、 1872 年にニューヨーク・ニューヘイブン鉄道により建設された。 第三の橋は複線で、鋳鉄製のプラット・トラスで、 長さ 1091 フィート、可動区間が 206 フィートで、 1884 年に ニューヨーク、ニューヘイブン & ハートフォード鉄道により建設された。 現在の橋は 4 軌道あり、鋼製の 「通り抜けウォーレン・トラス」 を持つシェルツァー・バスキュール橋で、 長さ 1,072 フィート、可動区間が 110 フィートで、 1905 年に アメリカン・ブリッジ社 (American Bridge Company) がニューヨーク、ニューヘイブン & ハードフォード鉄道のために建設した。

6 ヶ月間の修理が計画され、2015 年 4 月 25 日に開始した。