ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Washington Bridge (Connecticut) - Wikipedia

ニアンティック川橋: Google map 3D

ワシントン橋 (コネチカット州)
(Washington Bridge (Connecticut))

ワシントン橋はデボン橋とも呼ばれ、 US ルート 1 (US 1) を通し、コネチカット州のフーサトニック川 (Housatonic River) を 横断し、ミルフォード市 (the city of Milford) とストラトフォード町 (the town of Stratford) を接続している。 橋は 「国の歴史登録財」 により 長さ 100 フィート (30 m) の 5 基のアーチにより、 建築的に注目に値すると考えられている。

ワシントン橋
フーサトニック川のストラットフォード側から見る。
位置
ストラットフォードの岸から見る
ワシントン橋

ワシントン橋はボストン郵便道路 (Boston Post Road) で最長の可動橋である。 橋は鋼製のトラニオンで支えるバスキュール可動橋である。 長さ 859 フィート (262 m) で、 幅が 43 フィート (13 m) あり、 どちらの方向にも自動車交通用の 2 車線と歩行者用の歩道がある。 船舶用の水平余地は 125 フィート (38 m) 幅である。 橋は 1921 年に $150万 の経費がかかり、橋が建設されるまでは州の道路局のプロジェクトで最大で、 最も高価なものであった。

訳注
ボストン郵便道路 (Boston Post Road) とは、 ニューヨーク市とマサチューセッツ州ボストンの間のかっての郵便配達ルート で、米国で最初の重要な道路に進化したもの。 ( Boston Post Road)
  1. 歴史
  2. 自動車以外の利用
  3. 修復
歴史

現在の橋の前には、2 つの橋があり、1803 年 - 1894 年と 1894 年 - 1921 年に任に就いていた。 (絵葉書を参照。)

絵葉書が現在と前の 2 つの橋を表示

この場所における最初の注意すべき川の横断輸送は 1758 年 5 月に業務を開始した渡し舟である。 「アメリカ革命の息子達」 (Sons of the American Revolution) が注意していることは、 ジョージ・ワシントンが 1775 年に植民地軍の指揮をとるために、 フィラデルフィアからマサチューセッツ州ケンブリッジへの旅程で、この横断を使用したらしいということである。

この場所における最初の橋は 1803 年に 「ミルフォード・スタンフォード橋梁会社」 により提案された。 会社は同じ年に 「ワシントン橋梁会社」 に名称を変更した。 最初の恒久的な木造橋は 1813 年に開通し、通行料が取られた。 この橋は少なくとも 2 度建設しなおされ、 一度は 1807 年に氷が橋を押し流した時に建設しなおされ、 1868 年に蒸気ボートのモニターが橋に衝突した時に再び建設しなおされた。

1844 年に、ロジャー・シャーマン・ボールドウィン知事 (Roger Sherman Baldwin) は ワシントン橋梁会社に会社の費用で橋に変更を加えることを要求する法案に拒否権を発動した。 この変更を要求する条件は元々橋が建設された時にはなかったものであった。 拒否権はコネチカット州議会の総会の法律により覆された。

1845 年に 「ワシントン橋梁会社 対 スチュアート」 の裁判で、 法律が憲法に抵触すると裁定された。

第二の橋が 1894 年に開通し、鉄で作られ、$88,500 の経費がかかった。 この橋は 215 フィート (66 m) の固定スパン 2 基と 200 フィート (61 m) の旋回スパン 1 基が 中央にあり、北側に歩道があった。 路面電車に関しては、 ニューヨーク、ニューヘイブン & ハートフォード鉄道が反対していたが、 究極的には南側の車線に付け加えられた。

1921 年に建設され、現在の橋の元々の組立業者はベツレヘム・スティール・ブリッジ (Bethlehem Steal Bridge) であった。 橋はジョン・アレグザンダー・ロー・ウォデル (John Alexander Low Waddell) によりデザインされた。 彼は著名な構造技術者で、彼による構造物が 1000 以上もある。 元々、橋には路面電車の軌道 2 本と乗用車のための 2 車線があった。 建設時にはコネチカット州輸送局が引き受けたプロジェクトの中で最も高価なもので $150万 必要であった。

自動車以外の利用

ワシントン橋は ロング・アイランド湾 (Long Island Sound) の近くで、 フーサトニック川を横断する歩行者・自転車用の唯一の橋である。 次に利用可能な橋は新しく再建されたイゴール I. シコルスキー記念橋 (Igor I. Sikorsky Memorial Bridge) でおよそ 3.5 マイル (5.6 km) 上流にある。

橋で釣りをすることは違法である。

修復

橋は何度か修復され、これには以下の年に完了したものが含まれる:

安全検査の結果

国内橋梁台帳 (National Bridge Inventory) の検査の評価は 2010 年 9 月現在では次で与えられる: