ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Covered bridge - Wikipedia

カバード・ブリッジ (covered bridge) の用語のみではこの橋がどのような橋であるか判断できません。 この記事を元々書いた人は、これを木造トラス橋でトラス構造を保護するために、 屋根と側板により覆いを付けた橋と考えたはずです。 (木造トラスは雨によっても劣化しますが、太陽の光によっても劣化するため、 木造トラスを完全に覆う必要があり、側板は不可欠です。) しかし、カバード・ブリッジは単に屋根付きの橋という意味にも受け取れるため、色々な人が色々と追加したのではないかと思います。 (その結果トラス構造の付いていない橋も実例の中に紛れ込んでいます。) カバード・ブリッジの訳語として 「覆い橋」(おおいばし) を採用することにしました。

覆い橋はトラスを保護するための覆いが付いているため、どれも外から見ると、川の上に架かっている小屋のようにしか見えません。 美しいトラス構造は内部に入らないと見えませんが、元々の覆い橋は中がかなり薄暗く、はっきり撮影されている写真を探すのは かなり大変です。 覆い橋はトラス構造が雨や日光による劣化から保護されるため、 1 世紀以上も保存されているものが多々あります。屋根、側板、路面は時々交換する必要がありますが、 トラス自身は長期間の使用に耐えるようです。但し洪水で流されると一巻の終わりです。

米国の覆い橋は色々な州ごとに一覧のページが別にあり、こちらの方は翻訳できていません。(現存している覆い橋があまりに多い。) そのため、英文のページを引用する結果となっています。 但し、ペンシルバニア州に関しては現在翻訳を実行中です。 (国の歴史登録財に登録されたペンシルバニア州の覆い橋の一覧を参照。)

格子トラス橋にも覆い橋の実例が登場しますが、格子トラス橋は鉄や鋼でも作られたので過渡期の橋の一つだということがわかります。 覆い橋の中にはトラスの伸張要素に鉄 (錬鉄もしくは鋼) を使用するものもある (例えばハウ・トラス) ので、 完全に木造でないものも含まれます。 但し、古くなった覆い橋を修復する時に鋼で補強されることがあります。

覆い橋 (カバード・ブリッジ、Covered bridge)

覆い橋は木造のトラス橋で屋根と壁板がついたもので、 大半の覆い橋ではほとんど完全に囲まれている。 覆いをする目的は木製の構造部材を気象から守るためにある。 覆われていない木造の橋は雨と日光の影響により、 10 年から 15 年程度の寿命しかない。


コーガン・ハウス覆い橋、米国

木造トラスを守るため以外の理由から覆いがある橋、 例えば歩行者を守ったり、馬が川に落ちることを防ぐための橋も、時には覆い橋と呼ばれる。

  1. 歴史と発展
  2. 覆い橋の実例
  3. 他の覆い橋
  4. 小説の中の覆い橋
  5. ギャラリー
  6. 訳注:鉄の橋ができるまで
歴史と発展

初期の木造の覆い橋は川床に打ち込まれた杭の上に敷かれた水平な梁から構成されていた。 しかしながら、この建設方法では橋のスパンの長さは各梁の最大長によって制限を受ける。 木造トラスの発展により、この制限を回避して、 梁のみによる構造やアーチ構造 -- 石造りであれ、レンガ製であれ、木造であれ -- よりも長距離をはりわたすことが可能となった。


バウムガードナーの覆い橋
覆いで保護されたトラスが見える。

初期のヨーロッパのトラス橋は キング・ポストクイーン・ポストを使用した。 幾つかのドイツの橋では平行な上部と下部の水平要素のトラスに対角線状のパネルが含まれていた。 木材が気象によって劣化する問題を解決するために、 色々な形式の覆いが採用された。

少なくとも、 2 つの覆い橋が米国で最初に建設されたものとして主張されている。 ニュージャージー州のスワンジー町 (Swanzey) の記録から、 カールトン橋 (Carleton Bridge) が 1789 年に建設されているが、これは検証されていない。 しかしながら、フィラデルフィアの主張する所では 1800 年代初頭に 30 番ストリート (30th Street) にスクーカル川 (Schuylkill River) を横断して建設された橋が最初であり、 投資家が橋が長くもつように覆いを望んだと指摘している。 1820 年頃に新しいデザインが開発され始め、 これには バー・トラス (Burr truss)、 格子トラスブラウン・トラスなどがある。

19 世紀中頃には廉価な錬鉄や鋳鉄の開発により、木造のトラスよりは金属製のトラスの方が建造されることになった。 但し、大きな木材が豊富に手に入る場所では別であった。

覆い橋の実例
アジア
ヨーロッパ
ファトゥーツ (Vaduz) で
ライン川にかかる覆い橋、外側
内側、木造の梁の建築が見える ブッフファート (Buchfart) の
アルテ・ホルツブリュック
(Alte Holzbrücke 1613 年)
訳注
北米

カナダ

ニューブランズウィック州の 1282 フィート (391 m) の ハートランド橋は 世界で最長の覆い橋である。 1900 年に、ケベック州、ニューブランズウィック州、オンタリオ州でそれぞれ、 1000 基、400 基、5 基の覆い橋があったと見積もられている。 1990 年代にはケベック州で 98 基、ニューブランズウィック州で 62 基、 オンタリオ州で 1 基 -- ウェスト・モントローズ覆い橋 (West Montrose Covered Bridge) -- があった。

訳注
ウェスト・モントローズ覆い橋: Google map ストリートビュー、内部

米国

ブレンダ・クレクラー (Brenda Krekler) の著した 「全国の覆い橋」 によると、 米国にはかって 12000 基もの覆い橋があり、この数は 1950 年代に 1500 以下に減少した。 「覆い橋保存国内協会」 (National Society for the Preservation of Covered Bridge) が 1950 年に作られた。

連邦道路局 (Federal Highway Administration) は 「覆い橋の手引き」 (Covered Bridge Manual) によって、 覆い橋の保護を奨励している。

今日、覆い橋は幾つかの州で存在している:

他の覆い橋

覆い橋の用語は、覆われている橋のような構造を述べる時にも使用される。例えば:

小説の中の覆い橋

ロバート・ジェームズ・ウォラー による 1992 年の小説 マディソン郡の橋 とその映画化 -- メリル・ストリープとクリント・イーストウッド が演じるハリウッド映画 -- の成功の結果、北米の覆い橋は多くの注目を集めた。 アイオワ州の 1883 年のローズマン覆い橋 は小説でも映画でも呼び物にされて有名となった。 エドガー・アラン・ポーによる小説 「悪魔に首を賭けるな」 の中でも覆い橋は顕著に呼び物にされた。 覆い橋は 1988 年の喜劇映画、 ビートルジュース (Beetlejuice) とファニー・ファーム (Funny Farm) の中で 筋の転回点としての役を果たしている。

ギャラリー
Chùa Cầu (日本橋)
ホイアン (Hội An)、ベトナム
(16世紀 - 17世紀)
ボウイー競馬場の覆い橋 ウェスト・ダマーストン覆い橋
ホルツブリュッケ・バート・ゼッキンゲン ルツェルン (Luzern)、
カペル橋 (Kapellbrücke)
米国で最古の鉄道覆い橋
(コントクック鉄道橋)
ニュー・ハンプシャー州ホプキントン
メイン州バンゴーの
コール・ランド輸送博物館の覆い橋
ハートランド橋 ニュー・ハンプシャー州
ニューポートのシュガー川
北支流にかかるコービン覆い橋
程陽風雨橋 (Chengyang Bridge) 浙江省の西津橋
インドネシア西スマトラの
覆い橋 (1877 年 - 1879 年)
日本琴平町の鞘橋 バーモント州ギルフォード
グリーン川橋
厚板格子トラスの内部構造
ミシガン州フランケンマス
覆い橋の入口
(ツェンダーのホルツブリュク)
スイスのRussein 橋が建設中、
1857 年。橋の下の足場は
橋の完成後に取り除かれた。
アイオワ州マディソン郡の
ローズマン覆い橋
訳注
  1. ボウイー競馬場 (Bowie Race Track) はメリーランド州ボウイーにある。
    覆い橋: Google map ストリートビュー
  2. コール・ランド輸送博物館の覆い橋: 衛星写真 ストリートビュー
  3. 程陽風雨橋は 三江トン族自治県にある。(衛星写真と地図のずれがひどく場所を特定できない)
  4. 西津橋は 永康市 (金華市)にある。
  5. 琴平町鞘橋はネットで検索するといっぱい出てきます。
  6. フランケンマスの覆い橋: 衛星写真 フォト・スフィア ストリートビュー
    この橋はツェンダーのホルツブリュク (独、木造橋) (Zehnder's Holz Brucke) と呼ばれ、 1979 年建造の比較的新しい橋であるが、19 世紀の伝統的な方法で建造されている。 (Frankenmuth, Michigan)
訳注:鉄の橋ができるまで

米国の木造の覆い橋は石の橋から鉄の橋に移行する時に建設されたものです。 どういうような変化が起きたかを整理してみましょう。

英国で最初の鉄の橋は鋳鉄製の英国のアイアンブリッジ (1781 年) です。 これは産業革命により英国で鉄の価格が随分と下がったから、 鋳鉄製の橋の建造を試みたのですが、 建造したエイブラハム・ダービー 3 世は前例のなさから、鋳鉄を使いすぎて、高価なものとなり、 借金を背負い込むことになります。 しかし英国のその後の鋳鉄製の橋は効率よく建設されることになり、 トーマス・テルフォードは随分と多くの鋳鉄製の橋を建設します。 彼の最初の鉄の橋はポンテカサルト水道橋で、 これも鋳鉄の値段が下がったことによっています。 テルフォードは石の橋も建設しており、 橋の建設では場所によって、石の橋を建設するか、鋳鉄製の橋を建設するかの選択をしています。 材料の手に入れやすさからの理由でこの選択をしていますが、 無論価格の理由からであると言ってよいと思います。

19 世紀の米国では当初は英国のような鉄の橋の選択肢がなく、 覆いの付いた木造のトラス橋 -- 覆い橋 (カバード・ブリッジ) -- が作られることになります。 米国とカナダで非常に多くの覆い橋 (カバード・ブリッジ) が建設されたのは 2 つ理由が ありそうです。 1 つは 19 世紀の北米には原生林が至る所にあったこと。 もう 1 つは蒸気動力の製材所があったことがあげられます。 (この原生林と蒸気動力の製材所の組み合わせはどこにでもあるものではなかったと思われる。) 米国における高圧蒸気エンジンの発明 (オリバー・エバンス) は英国における高圧蒸気エンジンの発明 (リチャード・トレビシック) のわずか 1 年後の 1801 年のことなので、蒸気動力の製材所はごく普通のものとなったと思われます。 しかも燃料として木材を使用したと思われるので蒸気動力の製材所の立地条件は森林があればよいだけです。 (但し、蒸気エンジンを製材所まで輸送する問題は残っています。) 従って、森林の木を伐採しつくさない限りいくらでも覆い橋が建設できます。 更に、覆い橋の建設には高度な木工技術が必要ではなく、蒸気ノコギリで切断された材木を組み合わせるのに一番簡単な方法は、蒸気ドリルで穴を開け、 木のピンで接合するだけでよいので、比較的簡単に覆い橋を建設できたようです。 (橋台の建設を除き、人件費が随分抑えられる。) この建設方法も木造トラス橋の建設には好都合であったようです。

注意
多くの覆い橋の建設に蒸気動力の製材所が使用されたことはあまりはっきり書かれているわけではありません。 コーガン・ハウス覆い橋 に蒸気動力の製材所を使用したことが具体的に書かれているのみです。 しかし、ヨーロッパでは水力による製材所が古くから使用されており、 少なくとも覆い橋の材木が製材所で製造されたことは明白です。 しかも覆い橋の建設時期 (19 世紀) とこの建設場所が北米の広範囲な領域にわたっていたことを 考えると覆い橋の建設に使用された製材所が設置場所を限定される水力による製材所ではなく、 蒸気動力の製材所であったことはほぼ明らかではないかと思います。 蒸気エンジンの重要な用途に製材所があったことはよく知られており、これも根拠の 1 つになります。

米国の木造の橋から鉄の橋への移行期に ハウ・トラス (1840 年) とプラット・トラス (1844 年) が登場し、 どちらも伸張要素に鉄が使用されたようです。なおハウ・トラスを使用した覆い橋は現在も残っています。

注意
木造の橋と覆い橋は同じではなく、防腐剤を使用すれば覆いがなくても、比較的長期間の使用に耐えます。 覆い橋は元々辺鄙な場所に建設されているので、防腐剤の使用はしていないと思われます。 但し、後世の修復時に防腐剤を使用することがあるようです。 防腐剤を使用しなくても木造家屋は 100 年はもちますから (日本の家屋はどういうわけだか耐久性がないのでこれは例外)、 防腐剤を使用しなくても覆い橋が 100 年もったとしても不思議ではない。

米国における最初の鉄の橋はウィップル による弓ヅル・トラス橋 (路面は木造) と思われ、 これが初めて建設されるのが 1841 年のニューヨーク州ユーティカです。 鉄製の鉄道橋は 1852 年のボールマン・トラス (全金属製) に始まります。これらはいずれも米国の東海岸で産業革命が一早く達成された場所で、 木造の橋よりも鉄製の橋が安くなった場所でした。 これ以降徐々に鉄の橋が建設されるようになります。 覆い橋 (カバード・ブリッジ) は米国において石の橋から鉄の橋が建設されるまでの移行期にあった橋で、 場所によっては 20 世紀初頭まで覆い橋が建設されます。 いずれにしても米国で産業革命が進展すれば、鉄の橋が木造の橋よりも安く建設できるようになり、 鉄の橋が建設されることになります。 (森林が減れば、木材が手に入れにくくなるため、木造の橋の建設費も高くなる。)

英国でもブルネルグレート・ウェスタン鉄道との関連で木造の鉄道橋を建設しています。 (ブルネル/橋を参照。) これはコーンウォールにおける橋で、周りが森林地帯ですから、木材が最も手に入れやすかったと思われます。 ブルネルは防腐処理をした木材を使用しており、 防腐処理をした木材の入手が困難となり、その結果、恐らくメンテナンスが困難となり、鉄の橋に交換されるようです。

覆い橋の建設は 19 世紀前半に始まり、まだこの時期は米国は国全体としては産業革命に到達していません。 この時期は輸送インフラ (道路、鉄道) の整備が進み、産業革命が米国北東部から全国的に広がり始める 1850 年頃から鉄の値段が下がり、鉄製の橋が登場することになると思われます。 鉄の需要の増加には蒸気エンジンの生産などが増大したことも理由の一つと思われ、 蒸気動力の製材所の建設もこれに含まれると思われます (製材所は蒸気エンジンの重要な応用の一つでした)。 従って、覆い橋の建設も鉄の需要を間接的に増やすことに貢献したであろうと思われます。