ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Medora Covered Bridge - Wikipedia

メドラ覆い橋: Google map (衛星写真)、 アップされた写真: その 1 その 2

メドラ覆い橋 (Medora Covered Bridge)

メドラ覆い橋は米国の歴史的覆い橋の中で最長のスパン (橋を支える上向きの部分の間の距離) を持っている。 もしも橋台の面よりも前にある部分をスパンの 1 部と見なせば、 メドラ橋の側壁は路床の位置で (米国) 最長である。 屋根の長さも米国のどの歴史的覆い橋よりも長い。 但し、これはどの測定値を使用するかに依存する。 (Medora Covered Bridge (英文) を参照。)

最長の歴史的覆い橋の議論で、メドラ橋は色々な理由から無視されている。 これには、この橋がもはや現役でないことも理由である。 しかしながら、橋が車両交通に閉鎖されている事実から覆い橋を構成する多くの面を探求するには理想的である。 軽装 2 輪馬車、あるいは馬なしの車両を心で想像し、 郷愁に駆られる道程に思いをはせることができる。 橋は 1875 年のままで、現代的な車両交通のために上級化されていない。 西側には DNR (自然資源局、Department of Natural Resources) のボートの進水路があり、 駐車場は十分広く、キャンピングカーが方向転換できる。 すてきな草地もあり、ピクニック・テーブルもある。

メドラ覆い橋 インディアナ州
における位置
  1. 位置
  2. 建設
  3. 歴史
位置

メドラ覆い橋はインディアナ州ジャクソン郡 (Jackson County) のカー・タウンシップ (Carr Township, township = 郡区) に位置し、ホワイト川 (White River) のイースト・フォーク (東支流、East Fork) を横断し、 州道 235 と並行して走っている。 橋はおよそメドラの東 1 マイルにあり、ブラウンズタウン (Brownstown) の南西 9 マイルにある。

建設

橋のバー・トラス・デザインではトラスを橋台の面以上に延長する必要はない。 トラスを延長することは横断しなければならない「内のりスパン」(clear span) を延長するわけでなく、 内のりスパンは橋台の面が置かれている場所によって決定される。 橋台を置く場所の問題の 1 つに水位の変化がある。 これはこの橋の興味ある要素で、この橋は上方に建設され、 現在の道路面よりもはるかに上に建設され、これはどちら側から近づく時にもそうなっている。 この歴史的橋が生き延び得たのはこの特質によっているのかもしれない。

メドラ橋は橋台の間に 2 つの橋脚がある。 (橋脚と橋台は近くのディクソン石切り場 (Dixon Quarry) から切り出した魚卵状の花崗岩 (Oolitic Limestone) である。) この配置は 3 つのスパンを作り、これにより類似の距離を渡る 2 スパンよりは、はるかに物理的なストレスが少ない。 各スパンには 4 基のアーチがあり、 これは橋台の迫台上面 (skewback) に設置され、橋脚は腐食防止のために、 鋼で分離されている。各アーチは 6 つの区間に分離され、 各区間は 1 本の木から作られている。 中央の 4 区間は 20 フィートの長さで、終端の区間は 31 フィートの長さである。 建設業者は板をノコギリで切り出すことはできたが、曲線にすることはできなかった。 彼らは板の上に曲線の上端と下端に印をつけて、ブロックを切り出し、 アッズ (adz, 手斧) と呼ばれる削る道具を使用した。 アーチは橋の重さに耐えるようにデザインされ、 キングポストで横方向に締め付けて補完され、適切に調整すれば安定性が得られた。 詳細な情報に関しては Medora Covered Bridge (英文) を参照のこと。

歴史

メドラ覆い橋は 1875 年に J.J. ダニエルズ (J. J. Daniels) により $18,142.00 の経費で建設され、建設するのに 9 ヶ月かかった。 橋は気象からトラスを守るために覆われていた。 橋が建設するまでは人々は渡し舟を利用していた。

報告されているが確認されていない点に、 ある時期に橋の中央で、木製のレールが双方向の交通を分離していた。 車両が大きくなると、レールが取り除かれて一方通行になった。

1935 年に至るまで橋は US ルート 50 を通していたが、 この時 US ルート 50 は北に 4 マイル移動した。

1968 年に橋は取り壊される予定で、 この時新しく現代的な並行する橋が開通することになっていた。 しかし橋は 1971 年のウイットカム知事 (Whitcom) の命令によって救われた。

現代的な並行する橋は 1973 年に開通した。 この時、覆い橋は車両通行に閉鎖された。

2007 年に橋は国の歴史登録財に追加された。

2011 年 6 月に橋の修復が完了した。 元々のトラスはほとんど修復されずに定位置のままである。 スギの こけら葺き、側壁 (元々の板の 7 枚は、四角いクギ穴で区別がつき、 最も西の北側にあった)、 覆いと 垂木の一部は交換された。 こけら葺きを除き、これらの大半は元々のままであったが、ひどく劣化していた。 路床の大半は交換されたが、これは元々のものではなかった。

皮膚はひどく損傷し、とりわけ日の光にさらされる南側がそうであったが、 骨を守る仕事をした。 皮膚がなければ骨は腐っていたことであろう。