ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Conwy Railway Bridge - Wikipedia

Google map: コンウィ鉄道橋

コンウィ鉄道橋 (Conwy Railway Bridge)

コンウィ鉄道橋は北ウェールズ沿岸鉄道線を通し、 スランディドノ・ジャンクションとコンウィの町の間でコンウィ川にかかっている。 この錬鉄製の管状橋は今やグレード I の指定建造物であるが、 19 世紀にロバート・スチーブンソンにより建設された。 スティーブンソンによりデザインされたこの形式の最後の現存する実例であり、 これはメナイ海峡を横断するブリタニア橋が 1970 年代の火災により焼失した結果である。


コンウィ川にかかるコンウィ鉄道橋
  1. 歴史
  2. 残されたもの
歴史

この橋はチェスター・ホーリーヘッド鉄道がコンウィ川を越えるために建設された。 ロバート・スチーブンソンはウィリアム・フェアベーンとイートン・ホジキンソンの協力の下に、 技術計画を提供した。 元々は吊り橋として考えられ、トーマス・テルフォードによって建設された 1826 年のコンウィ吊り橋を 補足することになっていた。 しかしながら、スチーブンソンが主任技術者に採用されてからはデザインが変更された。 というのは彼は (メナイ海峡にかかるブリタニア橋のような) 錬鉄製の箱桁建設の開拓者となったからである。

この計画の建築技師はフランシス・トンプソン (Francis Thompson) で、 彼は橋をデザインして、橋に石造りのバトルメントを備えた小塔、矢狭間、バーチザン (張り出し櫓、bartizan) を取り付け、そばのコンウィ城と調和を取るようにした。 コンウィ城は 13 世紀後半以来、岬 (promontory) に立っていたからである。 橋の (建設の) 請負人はウィリアム・エバンズ (William Evans) であった。 建設は 1846 年に始まった。 鉄製部分はイートン & エイモス (Easton & Amos) により建設された。 蒸気動力の水圧エンジンが使用され、 錬鉄製のガーダーと梁が川に係留されたハシケから所定の位置に持ち上げられた。


第二の錬鉄製の箱型ガーダー・チューブが浮かべられて
位置につこうとしている。1848 年の 9 月頃
訳注
バトルメント (battlement) とは塔の上の凹凸をした壁で矢を防ぐための構造のことで、 バーチザンとは壁から突き出た小塔のこと。どちらも写真を拡大してみればわかる。

橋は 1849 年に公式に開通したが、 1848 年には完成していた。 これは最初に建設された管状橋であったので、スチーブンソンは試験により、 構造が機関車と車両の重さに耐えることができることを確認したかったのである。 試験はフェアバーンにより実施された。 成功裏の結果から、ブリタニア橋の建設が是認された。 1899 年、中空区間は追加の鋳鉄製の柱により強化され、川にかかる橋の部分の負荷を軽減した。

残されたもの

コンウィ鉄道橋はスチーブンソンによりデザインされた管状橋の現存する唯一の実例である。 元々のブリタニア橋は 1972 年の火災により焼失した。 この橋は、その後建設しなおされたが、鋼とコンクリートからなる 2 階建てのトラス・アーチ橋として再建された。

橋は今でも英国の鉄道システムの一部なので、ネットワーク・レールにより保守されている。 この歴史遺産はカードゥ (Cadw) により管理されている。

訳注
カードゥ (Cadw) はウェールズ語で「保護」を意味する言葉で、ウェールズ政府の歴史環境事業。