ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Fisher Covered Railroad Bridge - Wikipedia

ライトの橋: Google map (衛星写真)、 アップされた写真: その 1 その 2

フィッシャー鉄道覆い橋
(Fisher Covered Railroad Bridge)

フィッシャー鉄道覆い橋はバーモント州ウルコット (Wolcott) の覆い橋である。 橋は 1908 年に建設され、 セント・ジョンズベリー & ラモイル郡鉄道 (St. Johnsbury and Lamoille County Railroad) を通し、 ラモイル川を横断していた。 今や閉鎖されたが、 バーモント州で 2 重タウン格子トラスの稀な現存する実例である。 橋は 1974 年に国の歴史登録財に登録された。

フィッシャー鉄道覆い橋 位置
訳注
この橋の内部構造が Vermont Covered Bridge - Fisher Raiload Bridge で見ることができる。但し写真からではタウン格子トラスであることはわかるが、 二重タウン格子トラスであることはわからない。
説明と歴史

フィッシャー鉄道覆い橋はウルコット村の中心から南東の田園地帯に建っており、 バーモント州道 15 の南にある。 橋はラモイル川を 北西 - 南東 の向きで横断し、 橋のすぐ北にある小さな駐車場からアクセスできる。 橋は 2 スパンの二重タウン格子トラスで、 全長が 103.5 フィート (31.5 m) で、 幅が 20.5 フィート (6.2 m) で、 内部の軌道幅が 15 フィート (4.6 m) である。 橋はコンクリートをかぶせた石の橋台の上に設置されている。 橋は 切妻屋根で、特色のある排気構造がほぼ全長にわたって作られている。 橋の外側は垂直な壁板で覆われ、これが屋根に向かって延び、外側の頂上部に開口部を残している。 壁板は (両側の) 入口の中に少しだけ回り込んでおり、 スカートのような壁板の帯が主要な壁板から突き出している。 現在では、路面には I-形鋼の下部構造があり、 トラスは単に上部構造を支えるだけになっている。

橋は 1908 年に建設され、 1974 年に国の歴史登録財に登録された時には、 バーモント州で鉄道交通を通す最後の橋になっていた。 橋はボストン・メイン鉄道が、この会社が管理するセント・ジョンズベリー & ラモイル郡鉄道のために建設した。 1968 年に、橋は取り壊されて、鋼のトラス橋となる恐れがあった。 橋脚が橋の下に建設され、4 つの鋼のガーダーが橋の負荷を支えるために設置された。