ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Cogan House Covered Bridge - Wikipedia

コーガン・ハウス覆い橋: Google map

地図に関しては末尾の 訳注:地図 を参照してください。

コーガン・ハウス覆い橋
(Cogan House Covered Bridge)

コーガン・ハウス覆い橋バー・アーチ・トラス覆い橋で 米国ペンシルバニア州ライカミング郡 (Lycoming County)、コーガン・ハウス・タウンシップ (郡区、township) でラリーズ川 (Larrys Creek) にかかっている。 これは 1877 年に建造され、長さが 94 フィート 2 インチ (28.7 m) である。 橋は 1980 年に国の歴史登録財 (National Register of Historic Places) に登録され、1998 年に重要な修復を実施した。 コーガン・ハウス橋はコーガン・ハウス・タウンシップとコーガン・ハウス村から命名され、 これ以外にも少なくとも 4 つの名前が知られている: バックホーン橋 (Buckhorn Bridge)、ラリーズ川橋、デイの橋 (Day's Bridge)、 プランケーンホーン橋 (Plankenhorn Bridge)。

コーガン・ハウス覆い橋 ペンシルバニア州における
コーガン・ハウス覆い橋の位置

コーガン・ハウス覆い橋はミルライトによって建造され、 彼は製材所に隣接する野原で木組みを組み立ててから、 橋の建設場所で組み立て直した。 この橋はラリーズ川で 1889 年 6 月の洪水で生き延びた唯一の橋で、 郡で無傷のままで残った一握りの橋の一つであった。 橋はなめし皮工場と製材所の安定した物資の輸送に使用されたが、 周辺の森林が完全に伐採されて、20 世紀初頭にこれらの産業が終焉した。

これ以来、この周辺の領域は二次森林に復帰し、一車線の橋は今では へんびな谷の行き止まりの道の橋となり、交通がほとんどない。 これは、この郡の中で残っている 3 基の覆い橋の中で最も古く、最も長いものである。 1998 年の修復とそれ以外の修理にもかかわらず、2009 年現在の国内橋梁台帳 (National Bridge Inventory) におけるこの橋の充足率 (sufficiency rating) は 17.2% で、 この橋の状態は 「基本的に許容できないもので、高い優先度で是正処置が必要とされる」 と判断された。

  1. 名前
  2. 歴史
  3. 橋のデータ
  4. 訳注:地図
名前

この覆い橋はペンシルバニア州道 184 から、「キャンベル道路」 (タウンシップ道路 784) で 1.4 マイル (2.3 km) 南に進み、 「覆い橋道路」 との交差点を 0.1 マイル (0.2 km) 過ぎた所にある。 「国の歴史登録財」 (NRHP, National Register of Historic Places) における公的な名称は 「コーガン・ハウス覆い橋」である。 これはコーガン・ハウス・タウンシップでかって建設された唯一の覆い橋で、 その名称はタウンシップの名称に由来するが、コーガン・ハウス村の名称にも由来し、この村は橋の北東にある。 コーガン・ハウス・タウンシップとコーガン・ハウス村の名称はデービッド・コーガン (David Cogan) にちなんで名付けられ、 彼は 1825 年にラリーズ川のほとりに定住した。 コーガンはこのあたりに何年もの間、定住していた少数の人達の 1 人であり、 荒れ地でほとんど 1 人で生活することに疲れ果てた。 1842 年に、彼は家を見捨て、彼の隣人のカーターも同様にした。 彼らの家屋は猟師や旅行者に使用され、コーガン・ハウス (= コーガンの家) はこの地域の名前になった。 コーガン・ハウス・タウンシップは 1843 年 12 月 6 日に、ジャクソン・タウンシップとミフリン・タウンシップ (Mifflin Township) の一部から作られた。

1998 年の修復以来、ライカミング郡政委員 (Lycoming County Commissioner) は橋を 「バックホーン覆い橋」 と公的に呼んできた。 この名前は橋がバックホーン山のふもとにあることと、 かってのバックホーン村に至る道路の名前からきており、 この道路がこの橋で川を横断していた。 これが郡政委員が橋の修復と NRHP に登録されたことを記念して設置した公的な銘板で使用した名前である。 もっとも NRHP の登録では別の名前が使用されている。 郡政委員が 「バックホーン覆い橋」 の名前を選択したのは、 ベンジャミン・エバンスとジューン・エバンスの 1993 年の本 「ペンシルバニア州の覆い橋:完全ガイド」 で使用された名前に基づいている。 歴史的には郡政委員は 「コーガン・ハウス覆い橋」 を公的な名前として使用した。

歴史家のミルトン W. ランディス (Milton W. Landis) は橋がラリーズ川を横断しているため、 「ラリーズ川覆い橋」の名称を使用し、 これが他の地元の歴史家により使用されている名前であることに注意している。 ラリーズ川 (= Larrys Creek = Larry's Creek = ラリーの川) はラリー・バート (Larry Burt) に由来した名前で、彼はこの川の合流部の最初の定住者で、 この時、測量技師が 1769 年に通り過ぎた。 ランディスは 「コーガン・ハウス」 の名前を知っており、 橋に 「隣接する小さな農場に住んでいた幾人かの借地人」 の名前も橋の名前になっていたと言っている。

ランディスはこれらの別の名称を与えていないが、橋の他の 2 つの名前はこれらの借地人の名前に由来しているかもしれない。 これらの最初のものは 「デイの橋」 (Day's Bridge) で、これが 「コーガン・ハウス覆い橋」 の別名であることは明らかである。 次のものは 「プランケンホーン橋」 で、これはライカミング郡の現存する橋と消滅した橋の一覧に登場する。 この名前と 「コーガン・ハウス覆い橋」 を直接結びつけられていないが、 これはラリーズ川に健在し、ミフリン・タウンシップにある橋の北にあると述べられている。 「コーガン・ハウス覆い橋」 はこれらの条件を満たす唯一の既知の覆い橋である。

歴史
背景

米国の最初の覆い橋はペンシルバニア州で 1800 年にスクーカル川 (Schuylkill River) にかけられたものである。 最初のバー・アーチ・トラス覆い橋の幾つかもペンシルバニア州に建設された。 ペンシルバニア州にはかって少なくとも 1500 基の覆い橋があったと見積もられ、 1830 年から 1850 年の間に米国で最も多くあったと信じられている。 2001 年にはペンシルバニア州には現存する歴史的な覆い橋が他のどの州よりも多くあり、 ペンシルバニア州の 67 郡のうち 40 郡に 221 基以上残っている。

覆い橋は石造の橋から鋳鉄の橋と鋼の橋への過渡期である。 19 世紀のペンシルバニア州では木材は橋建設のための豊富な資源であったが、 気候や風雨にさらされると長くはもたなかった。 覆い橋の屋根と取り囲む側壁が構造要素を守り、 これらの橋の幾つかが 1 世紀以上も生き延びることを可能にした。 バー・アーチ・トラスでは負荷をになうためのアーチが多重キング・ポストをはさみ込み、 どちらか一方の要素を使用したものよりは、もっと強固で堅くなっていた。

ラリーズ川の集水域における
覆い橋の位置

1850 年に厚板道路がライカミング郡に建設され、ラリーズ川の合流点から ペンシルバニア州のサラダズバーグ自治区 (borough of Salladasburg) に至った。 これは後にラリーズ川の第二支流 (Second Fork) に沿って北に延長され、 コーガン・ハウス・タウンシップの法人化されていないブルックサイド村 (Brookside) とホワイト・パイン村 (White Pine) に至り、まもなくリトル・パイン川 (Little Pine Creek) の川沿いのパイン・タウンシップのイングリッシュ・センター村の大きななめし皮工場まで至った。 厚板道路の別の支線がラリーズ川自身に沿って、サラダズバーグから北に向かった。 正確な長さは不明であるが、道路はランディスの報告する所では覆い橋の近くまで到達したかもしれない。

訳注
ブルックサイド村は Google の地図に載っていないのですが、 ブルックサイド自動車修理 (Brookside Auto Repair) が地図に載っており、 このあたりがブルックサイドであると思われます。これは第二支流が分岐する箇所で、道が二つに分かれ、 一方がホワイト・パイン村に行き、もう一方がイングリッシュ・センター村に行きます。 だから上の記述は少し不正確です。以下の記述からも、ホワイト・パイン村は厚板道路沿いにはなく、 迂回路に沿っていることがわかるからです。

橋ができる前は、ここに浅瀬があり、後で橋が作られた。 完成した皮と生皮を積んだ馬車がホワイト・パイン村を経由してイングリッシュ・センターに行ったり、来たりした。 これは第二支流沿いの厚板道路の交通を避けるためであった。 他の交通がホワイト・パインの大きな製材所と西と北の工場 (ミル) に出入りした。 北からの交通はラリーズ川を横断して、東か南に向かった。 東に行く場合にはバックホーン山を越えて ライカミング川のコーガン・ステーション村 (the village of Cogan Station) の ウィリアムズポート・エルマイラ鉄道 (Williamsport and Elmira Railroad) に向かった。 南にいく場合にはラリーズ川に沿った道路を進んだ。 この道路は浅瀬の 1 マイル (1.6 km) 南のラリーズ川のなめし皮工場につながり、 川の本線に沿った厚板道路につながっていた。 厚板道路は有料道路で川の合流点で、別の鉄道 -- ペンシルバニア運河の西支線運河区 (West Branch Division) -- と、 「サスクェハナ川西支流」 (West Branch Susquehanna River) とつながっていた。

訳注
上の説明が不正確です。ペンシルバニア運河はこの近辺ではサスクェハナ川と一致しており、 鉄道ではない。

浅瀬は冬や、悪天候の時や、水かさが増えた時には通ることができないため、 コーガン・ハウス・タウンシップの市民から橋の建設の嘆願が 1876 年の 9 月に申請された。 タウンシップは建設するための資源が十分でなく、 橋の建設を郡に依頼した。 嘆願は 1876 年 9 月 30 日に読み上げられた。 3 人の調査員 (Viewer) が 11 月 3 日に任命され、この場所を調査して報告した。 調査員 (Viewer) は 11 月 25 日に橋の建設支持の報告をした。 1877 年 1 月 23 日に、郡の大陪審 (grand jury) は報告を承認し、橋の建設を承認した。

訳注
大陪審 (grand jury) はかっては地方政府としても機能した。
建設と説明

ランディスは橋が 1877 年か 1878 年のいずれに建設されたかに関しては確実でない、 しかし橋の建設年を言及している他の情報源では 1877 年に一致している。 バレンタイン・メイヤーズ (Valentine ("Tine") Meyers (or Meyer)) -- ミルライトでライカミング・タウンシップのクイグルビル (Quiggleville) 村落の住民 -- が橋を建設した。 橋の木材はロバート・ウッド (Robert Wood) が所有する蒸気動力の製材所 -- 橋の場所から近距離の場所にあった -- で 「上下して」 (up and down) 切断した。 のこぎり屋の長はジョン・メッカム (John Mecum) であった。 使用した木材は松 (pine) であり、近くの森で伐採し、 工場まで牛の牽引する荷車で運んだ。 橋の建設に使用した最も大きな材木は、最大で 16 フィート (4.9 m) の長さであった。

訳注
蒸気動力のノコギリでは、ノコギリは一定の位置にあるため、木を動かす必要がある。

メイヤーは橋の建設に多くの経験がなかったと思われ、 独特な方法で建設に着手した。 木材の木組みは、製材所に隣接する野原で、 新しい部材が切断されるたびにボルト付けされた。 もしも部材が適合しなければ、 もっと注意して測定し、新しい部材を切断してテストした。 バー・アーチの湾曲した梁の複数の区間の外形が最初にチョークで木に目印が付けられ、 次にチーム (crew) がこれを持ち上げて、手でノコギリ歯にこれを誘導して、曲線状に切断した。 木枠が野原で完成した後に分解されて、丸太を工場に運び込む時に使用したのと同じ牛の牽引する荷車に載せて 橋の建設場所に運んだ。 そこで木枠は橋台の上で再び組み直された。ボルトは大きな部材を接続するために使用され、 横材と小さな支えはその場で釘づけされた。

バー・アーチと木枠の内部の光景
西の入口の向こうにある赤い金属
の枠は掲示されている限界より
大きな車両が進入するのを防止。
橋の下。西を向く。

コーガン・ハウス覆い橋は 1980 年に NRHP (国の歴史登録財) に登録され、 2009 年の国内橋梁台帳 (NBI, National Bridge Inventory) に登録された。 NBI によれば、 覆い橋は長さ 94 フィート 2 インチ (28.7 m) で、 道路は 14 フィート 5 インチ (4.4 m) の幅で、 最大荷重は 7.2 米トン (6.5 トン) である。 NRHP によると、道路面の幅は 19 フィート 7 インチ (6.0 m) で、 負荷は 4.0 米トン (3.6 トン) で、 頭上余地は 10 フィート 6 インチ (3.2 m) である。 幅は一車線の交通にのみ十分である。 2011 年現在、橋自身に表示される上方余地は 8 フィート 6 インチ (2.6 m) に減少され、最大負荷は 3.0 米トン (2.7 トン) に減少されている。 ランディスによれば、バー・アーチの頂上は橋の路面から 11 フィート (3.4 m) 近く上方にある。

覆い橋は元々の石の橋台に置かれ、 橋台はそれ以来コンクリートで強化されている。 橋の路面は横方向の板張りで、 この上に西半分には 2 枚の車輪が載る板 (runner) があり、 東半分では縦方向の板張り (lengthwise planking) がある。 入口の上部と羽目板の側壁 (clapboard siding) は松の板で作られ、 屋根の下 3 フィート (0.9 m) で停止している。 橋は 1998 年の修復では赤く塗られたが、1964 年には塗られておらず、 1980 年にも塗られていなかったようである。 というのは NRHP の指名様式には 「荒れた水平の側壁は .... 小さな橋がまわりの森に溶け込む助けになっている」 としているからである。 屋根は元々、木造のこけら板で覆われていた。 橋には欄干がなく、「鋼の補強がなかった」。

使用と復元

コーガン・ハウス覆い橋は 1889 年 6 月 1 日の大規模な洪水を生き延びたラリーズ川で唯一つの橋で、 洪水はライカミング郡中の他の大半の橋を流し去った。 大きなカエデの倒木が橋のすぐ上流でラリーズ川をせき止めてダムを作った。 このダムはゴミをせき止め、洪水の矛先をそらした。 同じ洪水はラリーズ川厚板道路と川の合流点の運河を破壊した。 同じ嵐が 「ジョーンズタウンの洪水」 を引き起こし、これにより 2200 名以上の人がなくなった。

ラリーズ川にかかる橋の光景
バー・アーチ (赤) とキング・ポスト (黒)
側壁越えに見える。

洪水の後で厚板道路は北のサラダズバーグまで再建されたのみであった。 そこで、しばらくの間、イングリッシュ・センターのなめし皮工場からの交通は橋を越えて コーガン・ステーションの鉄道に行くことになった。 しかしながら、 地元の (複数の) なめし皮工場と製材所に供給してきた木々が洪水後数年以内にすべて伐採されつくされた。 材木がなくなり、橋につながる道路を使用した産業が閉鎖し、地元の村は衰退し、 バックホーン村の場合には消滅した。

1900 年までにラリーズ川には 4 基の覆い橋が残っていた。 下流から順に: ピアット・タウンシップ (Piatt Township) のラリービル (Larryville) の村落の橋、 ミフリン・タウンシップのマッド・ラン (Mud Run) あるいはその近くの橋、 サラダズバーグの橋、 そしてコーガン・ハウス・タウンシップの橋。 2011 年に、コーガン・ハウス覆い橋はライカミング郡に残っている 3 基の 19 世紀の覆い橋の中で最古で最長のものである。 (これ以外のものは、ジャクソン・タウンシップ (Jackson Township) の ブロックハウス川 (Blockhouse Creek) にかかるバトンウッド覆い橋 (Buttonwood Covered Bridge)、 モアランド・タウンシップ (Moreland Township) のリトル・マンシー川 (Little Muncy Creek) にかかるレアーズビル覆い橋 (Lairdsville Covered Bridge) がある)。

この橋は 1964 年に 「修理が必要である」 とされ、 1966 年までに元々の石の橋台はコンクリートで強化された。 これは、 ブラッドフォード郡 (Bradford)、サリバン郡 (Sullivan)、 ライカミング郡 (Lycoming) の 7 基の覆い橋の 「複数登録提案」 (Multiple Property Submission) により 1980 年 7 月 24 日に NRHP に登録され、 1981 年に 「ペンキで塗って クレオソートで処理をした」。 1981 年の NRHP の様式とザッカー (Zacher) の 1994 年の本のどちらでも橋の状態は良好としている。 ライカミング郡政委員は 1998 年に $105,493 の費用で、橋を修復した。 復元の元請業者はライカミング・サプライ社 (Lycoming Supply Inc,) で、この会社は幾つかの構造梁を薬剤処理したサザン・パイン (南松、southern pine) で置き換え、 「オランダ重ね」 あるいは羽目板を薬剤処理したホワイト・パイン (白松、white pine) で置き換えた。 母屋材 (purlin) と垂木 (rafter) は薬剤処理したイエロー・パイン (黄松、yellow pine) で再建し、 新しいスギのこけら板 (shake shingle) の屋根を支えた。 橋の路面と床は頑丈で、修理をほとんど必要としなかった。 橋は赤く塗られ、銘板を付けた石の標柱が建設され、 復元と橋が NRHP に登録されたことを記念した。

橋が NRHP に登録されていたため、 ペンシルバニア州歴史・博物館委員会 (Pennsylvania Historical and Museum Commission) に修復の承認を求める必要があった。 ペンシルバニア州輸送局 (PennDOT, Pennsylvania Department of Transportation) と連邦道路管理局 (FHWA, Federal Highway Administration ) の資金が工事費の支払いの助けになった。 落成式は 1998 年 10 月 30 日に挙行され、 ライカミング郡政委員と PennDOT の自治体事業のディレクターであるトーマス・ライオンズ (Thomas Lyons) がテープカットの儀式として木製の台 (sawhorse) に載せた厚板を古いノコギリ (crosscut saw) で切断して挙行した。 その他の郡の委員と地元選出の上院議員も列席して、スピーチを提供し、 更にはペンシルバニア州の 「セオドア・バー覆い橋協会」 の代表も同様であった。

2000 年 8 月の点検で明らかになったことは、 コーガン・ハウス覆い橋の木造のアーチが重量制限を超えた車両の横断により、 損傷を受けたことであった。 プロパンガスの配達トラックが個人の狩猟小屋に橋を通って配達したことが 被害の原因であると思われている。 ライカミング・サプライ社が 12 月の修理工事の入札で $6,300 の経費で落札した。 修理されるまで、橋は開通したままで安全に使用できた。 エバンズの 2001 年の本は橋の状態は極めて良いとしている。

復元と修理にもかかわらず、2009 年の FHWA の 国内橋梁台帳 (NBI, National Bridge Inventory) は橋梁構造の充足度を 17.2% とした。 橋の路面と下部構造は満足な状態であるが、上部構造が貧弱であるとした。 更に指摘したことは、 橋の基礎は 「査定された、あるいは計算された土砂の吸出 (scour) 状態に安定するようにしなければならない」とのことであった。 しかしながら 「柵は現在容認された標準に合致しない」 とした。 全体の状態は 「基本的に許容できないもので、高い優先度で是正措置が必要とされる」 と判断され、 2006 年の NBI は橋を改善するための経費を $143,000 と見積もった。

訳注
scour の意味は英和辞典では「ごしごし洗う」という意味があるが、上の場合には意味不明となり、 原文では Bridge scour にリンクが張ってある。 これは水流により橋脚の下流側の土砂がえぐれる現象のことのようです。 この橋は平時には恐らく問題とならない。写真を見てみればわかるように橋脚は水面の上にある。 NBI の指摘は洪水の時に橋が押し流される危険を指摘していると思われます。 なお上の本文で次に 「柵」 (railings) という言葉が出てきますが、これに関しては意味不明。
南東からの橋とラリーズ川の光景、
個人の狩猟小屋 (白) と背後に
バックホーン山が見える。
橋の西口、高さと幅の限界が掲示

橋は現在でも使用されている。 もっとも公共の地道は橋の東側の袋小路で終了している。 門がついた私道が個人の狩猟小屋に続き、ペンシルバニア州狩猟場 No. 114 へのアクセスを提供している。 橋は時速 10 マイル (16 km/h) の制限速度を掲げ、毎日の平均交通量は 2009 年には車両 10 台であった。 「ペンシルバニア州の覆い橋:完全ガイド」 には、橋は 「かなりへんぴな場所にあるが、 この美しく復元された歴史的な遺産を見に行く価値がある」 と指摘している。

橋のデータ

次の表は 5 つの異なる情報源で、異なる方法により、長さ、幅、負荷の公表値の比較で、 更には引用されている名称の比較である。 NBI は橋の長さを橋台の背面あるいは舗装の溝の間の距離とし、 道路面の幅を縁石あるいはレールの間の最も制限がある最小距離としている。 NRHP の様式はペンシルバニア州歴史・博物館委員会 (PHMC, Pennsylvania Historical and Museum Commission) によって準備されたもので、 これはペンシルバニア州のすべての覆い橋に関して、 (複数の) 郡の技術者、歴史協会、覆い橋協会などに調査したものである。 エバンズは 2001 年にペンシルバニア州のすべての橋を訪れ、各橋の長さ (入口から入口まで) と (入口の) 幅を本のために測定した。 ザッカー (Zacher) の本のデータはペンシルバニア州のすべての覆い橋の 1991 年の調査に基づくもので、 この調査は PHMC とペンシルバニア州輸送局が地方政府と民間機関の協力を得て実施したものである。 これは基本的には NBI と NRHP のデータを使用している。 というのはこれは全国プログラムだからである。

コーガン・ハウス覆い橋のデータの変動
長さ負荷名称情報源 (年)
29.0m5.3m2.7tラリーズ川橋、
コーガン・ハウス橋
ランディス (1966 年、1981 年)
28.7m4.4m6.6tコーガン・ハウス橋NBI (2009 年)
28.3m6.0m3.6tコーガン・ハウス橋NRHP (1980 年)
28.0m5.3m記載なしコーガン・ハウス橋、
バックホーン橋
エバンス (2001 年)
24.7m6.0m記載なしコーガン・ハウス橋ザッカー (1994 年)
訳注:地図

理解しにくいので地図を作りました。

コーガン・ハウス覆い橋の近辺の地図

桃色の折れ線はラリーズ川とラリーズ川第二支流です。どちらもある程度の場所でプロットするのをやめています。 本文中に出てくる厚板道路は州道 287 に沿っているようです。あるいは厚板道路があった所が州道になったのかもしれません。 イングリッシュ・センター村は州道 287 とリトル・パイン川が交わる所の集落なので、 おそらくここまでが厚板道路があったはずです。イングリッシュ・センター村からホワイト・パイン村を経由して コーガン・ハウス覆い橋に抜ける道も現在もあるので道路の状況はあまり違っていない可能性があります。

地図の中で直接 Google map に出てこないものに関して説明を付け加えると、 バックホーン山は Google map には地名として表示されませんが、Google map で英文で検索すると場所が指定されます。 ホワイト・パイン村は Google map では表示されていませんが、インターネットで適当に検索すると座標がわかります。 ホワイト・パイン村は現在もある地名だということがわかります。 イングリッシュ・センター村の方は地名が変わってしまっていますが、イングリッシュ・センター吊り橋の位置がわかるので、 それを記しています (国の歴史登録財になっています)。