ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Burr Truss - Wikipedia
バー・トラス (Burr Truss)

バー・トラス・アーチ -- あるいは単にバー・トラスとかバー・アーチと呼ぶ -- はアーチと多重キング・ポスト (multiple king post) の組み合わせである。 これは 1804 年にセオドア・バー (Theodore Barr) により発明され、 1817 年 4 月 3 日に特許が取られ、 橋に使用され、通常は覆い橋に使用された。


バー・アーチと共にキング・ポスト
を利用した覆い橋の内部構造
訳注
  1. 多重キングポスト (multiple kingpost) とは次のようなトラスです。
    だから形はハウ・トラスと同じですがすべて木製です。 ハウ・トラスは垂直要素 (伸張要素) が金属になったものです。 ( The Theodore Burr Covered Bridge Society of Pa.,を参照) 第二次世界大戦前の日本の木造トラスで 「木造ハウ・トラス」 と称しているものは呼び方が 間違いで正確には 「多重キングポスト・トラス」 と呼ぶ方が正しい。
  2. 通常は 2 つのアーチが多重キング・ポスト・トラスをはさむ形をとるので、 二重バー・アーチ・トラス (double Burr arch truss) のような呼び方をする。 上の写真のバー・アーチ・トラスがこれに該当する。
  1. デザイン
  2. ギャラリー
  3. デザイン仕様
  4. 日本の木造トラス橋との比較
デザイン

バー・アーチ・トラスの背景にあるデザイン原理ではアーチは橋の全負荷をになうことができ、 一方トラスは橋を堅く保持する。 これがなされたのは、キングポスト・トラス [訳注:多重キングポスト・トラスのこと] だけでも負荷をになうことができるが、 橋の一方の端から他方の端に横断する動的な負荷を均等にバランスを取ることが不可能であったからである。 計算機に基づく逆の観点からも、 トラスは負荷の大半をにない、アーチは安定性を提供している。 いずれにせよ、アーチとトラスの組み合わせにより、もっと安定した橋となり、 アーチやトラス単独の橋よりも、もっと重い重さを支えることができた。


バー・トラスの実例 -- 米国ペンシルバニア州
ランカスター郡 (Lancaster County) の
バウムガードナーの覆い橋
ギャラリー

インディアナ州にはバー・トラス橋の大きなコレクションがある。 現存する 92 基の橋の中で 53 基がバー・トラスで、この多くがパーク郡にある。

シム・スミス覆い橋、インディアナ州
パーク郡。アーチがトラスの下端から
飛び出していることに注意。
マンスフィールド覆い橋
インディアナ州パーク郡
強い嵐のせいで屋根がなくなり
内部のデザインが見やすくなった。
マンスフィールド覆い橋
スパンを付け加えて、類似の橋
よりも更に橋を延長できる。
メドラ覆い橋、インディアナ州ジャクソン郡
これはインディアナ州で最も長い覆い橋
デザイン仕様

ディア・ミルズ覆い橋
インディアナ州モンゴメリー郡
日本の木造トラス橋との比較

冒頭にも述べたように、「木造ハウ・トラス」 の呼称は間違いで、 「多重キングポスト・トラス」 と呼ぶ方が正解です。 多重キングポストとアーチの併用がバー・トラスの特許と思われるので、 多重キングポストはバー・トラス以前に知られていると思われます。

覆い橋 (カバード・ブリッジ) で 「多重キングポスト・トラス」 を単独で使用することもありますが、 これはキングポストの自然な延長とみなせるもので、 短い橋にしか有効でなく、長い覆い橋 (カバード・ブリッジ) にはアーチを併用した 「バー・トラス」 が使用されるのが普通と思われます。 このことから第二次世界大戦前の日本の木造トラスは米国の覆い橋 (カバード・ブリッジ) の強度に匹敵しないことは明白です。

もう少し、この点に関して別の角度から考えてみます。 鋼で作れる橋は鋳鉄でできるでしょうか ? 材質が違うのでこれは可能性がない。 これはわかりきったことですが、 しかしどういうわけだか、戦前の日本人は鋼のトラスを単に木造にしようとしたらしい。 しかし、この方向で考えると話がとても難しくなり、単に真似しかなくなり、 鋼のトラスも外国の単なる模倣以上の何物でもなかった可能性がある。 しかし、木造トラスから出発して、鉄が少し安くなった時点で、 木造トラスの伸張要素を鉄で置き換えるアイデア (ハウ・トラス、プラット・トラス) はある意味で必然的なもので、自然な考え方になる。 そのためこの方法を取れば、実りあるものとなることは言うまでもない。 逆から考えると、思考が袋小路に陥り、発展性がなくなるような気がする。