ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Burr Truss - Wikipedia
バー・トラス (Burr Truss)

バー・トラス・アーチ -- あるいは単にバー・トラスとかバー・アーチと呼ぶ -- はアーチと多重キング・ポスト (multiple king post) の組み合わせである。 これは 1804 年にセオドア・バー (Theodore Barr) により発明され、 1817 年 4 月 3 日に特許が取られ、 橋に使用され、通常は覆い橋に使用された。


バー・アーチと共にキング・ポスト
を利用した覆い橋の内部構造
訳注
多重キング・トラスとは次のようなトラス。(灰色の部分はある場合もある。)
こうなるとハウ・トラスと似ているが、バー・トラスではアーチと併用されるので事情はかなり違う。
  1. デザイン
  2. ギャラリー
  3. デザイン仕様
デザイン

バー・アーチ・トラスの背景にあるデザイン原理ではアーチは橋の全負荷をになうことができ、 一方トラスは橋を堅く保持する。 キング・ポストだけでも負荷をになうことができるが、これがなされたのは、 橋の一方の端から他方の端に横断する動的な負荷を均等にバランスを取ることが不可能であったからである。 計算機に基づく逆の観点からも、 トラスは負荷の大半をにない、アーチは安定性を提供している。 いずれにせよ、アーチとトラスの組み合わせにより、もっと安定した橋となり、 アーチやトラス単独の橋よりも、もっと重い重さを支えることができた。


バー・トラスの実例 -- 米国ペンシルバニア州
ランカスター郡 (Lancaster County) の
バウムガードナーの覆い橋
ギャラリー

インディアナ州にはバー・トラス橋の大きなコレクションがある。 現存する 92 基の橋の中で 53 基がバー・トラスで、この多くがパーク郡にある。

シム・スミス覆い橋、インディアナ州
パーク郡。アーチがトラスの下端から
飛び出していることに注意。
マンスフィールド覆い橋
インディアナ州パーク郡
強い嵐のせいで屋根がなくなり
内部のデザインが見やすくなった。
マンスフィールド覆い橋
スパンを付け加えて、類似の橋
よりも更に橋を延長できる。
メドラ覆い橋、インディアナ州ジャクソン郡
これはインディアナ州で最も長い覆い橋
デザイン仕様

ディア・ミルズ覆い橋
インディアナ州モンゴメリー郡