ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Mansfield Covered Bridge - Wikipedia

マンスフィールド覆い橋: Google map、 フォトスフィア: その 1 その 2

マンスフィールド覆い橋
(Mansfield Covered Bridge)

マンスフィールド覆い橋は 2 スパンの二重バー・トラス覆い橋で、 (昔の) マンスフィールド道路 (Mansfield Road) にあって、 ビッグ・ラクーン川 (Big Raccoon Creek) を横断し、 インディアナ州パーク郡 (Parke County) ロックビル (Rockville) の南東のマンスフィールドにある。 橋は 1867 年にジョセフ J. ダニエルズ (Joseph J. Daniels) により、 $12,200 の経費で建設された。 橋は長さ 279 フィート (85 m) で、パーク郡の覆い橋としては最長である。

マンスフィールド覆い橋 インディアナ州における
マンスフィールド覆い橋の位置
歴史

マンスフィールド橋は、荷車、馬、そして歩行者のみが橋を利用する時代に建設され、 10 米トン (9.1 トン) の重量制限がある。 橋は州道 59 として使用されたことがあり、 ある記録された話によると、 3 台のタンクローリーが共に橋に近づいた。 先頭のタンクローリーが橋から出る直前にエンストを起こし、 3 台とも橋の上で停止した。 この頑丈な橋には目につく被害がなかった。 トラスと組み合わせたアーチは必要とされるよりも大きな重量を支えることができ、 重量制限は路面とそれを構成する材質で決まる。

マンスフィールド橋は橋台、屋根、そして路面の修理のために 1980 年に閉鎖された。 屋根と路面は 1990 年にパーク郡道路局により、再び交換された。

橋は 1978 年に国の歴史登録財に追加された。

ギャラリー
2006 年の嵐により、屋根が
飛ばされて、火の光が入り
バー・アーチと 2 スパン
が目で見える。
2006 年の嵐の後で、屋根が
ない。二重バー・アーチの
接近写真
2006 年春の嵐で屋根の 50%
以上が吹き飛ばされた後で
屋根の修復が始まった。