ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Pennsylvania Canal - Wikipedia
ペンシルバニア運河 (Pennsylvania Canal)

ペンシルバニア運河はペンシルバニア州の複合的なシステムのことで、 これを構成するのは運河、ダム、水門、曳舟道、水道橋、そしてこれ以外のインフラで、 場合によっては鉄道を含んでいる。 1824 年のペンシルバニア州議会は州の南部を横断して建設される運河と鉄道からなる 「公共事業本線」にこの用語を適用し、 この用語は州のシステムに追加される運河にも適用した。 技術的にはペンシルバニア運河の一部ではないが 民間が建設した運河も、公的なシステムに接続された。 運河の大半は最早機能していないが、幾つかの場所は歴史遺跡 (historic site)、レクリエーションの場所として 価値を保持している。


歴史的ペンシルバニア運河と鉄道の地図
  1. 歴史
  2. 州による建設
  3. 民間による建設
  4. 公園、モニュメント、歴史登録財
歴史

運河時代はペンシルバニア州では 1767 年にコンワーゴ運河 (Conewago Canal) で始まった。 この運河はヨーク・ヘブン (York Haven) の近くのサスクェハナ川のコンワーゴ滝をボートが迂回するためのものであった。 1817 年から 1825 年にかけてのエリー運河の建設と、 大陸内部との人々と物資の移動でエリー運河がニューヨーク州に与えた競争上の利点に刺激されて、 ペンシルバニア人は 19 世紀の最初の何十年かの間に何百マイルもの運河を建設した。 これにはペンシルバニアの株式会社により建設された 2 つの運河 -- フィラデルフィアからポート・カーボンに至るスクーカル運河 (Schuylkill Canal) と レディング (Reading) からミドルタウン (Middletown) に至るユニオン運河 -- があった。 1834 年には「公共事業本線」(Main Line of Public Works) -- 運河と鉄道とインクラインを結びつけたシステム -- が建設され、 フィラデルフィアから 391 マイル (629 km) も離れたピッツバーグとの間で人々と貨物を運んだ。 すべてが同時に操業したわけではないが、 ペンシルバニア州で建設された運河の全長はまもなく 1,243 マイル (2,000 km) に達した。

訳注
  1. Google map: ヨーク・ヘブン (York Haven)、 コンワーゴ滝 (Conewago Falls)、 ポート・カーボン (Port Carbon)、 レディング (Reading)、 ミドルタウン (Middletown)
  2. 少なくとも、1831 年にはピッツバーグとニューオーリンズの間は蒸気ボートで比較的容易に往復ができるようになっています。 (ミシシッピ川の蒸気ボートの「ショーボート」を参照。)

1840 年には公共事業本線のみならず、他の線 -- 公的には運河区 (division) と呼ばれる -- の工事が完成した。 本線は次から構成されていた: 東部運河区 (Eastern Division)、ジュニアータ運河区 (Juniata Division)、 西部運河区 (Wester Division)、フィラデルフィア・コロンビア鉄道、 アレゲーニー・ポーテッジ鉄道。 南北方向の運河区が操業したのは:東のデラウェア川沿い、 州の中央のサスクェハナ川 (Susquehanna River) 沿い、 西のビーバー川 (Beaver River) 沿いであった。 少々の追加が 1840 年以後に完成した。

訳注
  1. Google map: ジュニアータ郡 (Juniata County)
  2. フィラデルフィア・コロンビア鉄道は馬車鉄道 (つまりトラムウェイ) です。 これが蒸気動力の鉄道で置き換わる。

    フィラデルフィア・コロンビア鉄道

1850 年頃から、鉄道が好ましい長距離輸送の方法として運河に取って代わり始めた。 1852 年にはペンシルバニア鉄道 (Pensylvania Railroad, PRR) が フィラデルフィアとピッツバーグの間で鉄道サービスを提供し、 州から本線運河を買収した。 1859 年には州が所有するすべての運河が売却された。 PRR は 1867 年にペンシルバニア運河会社を形成し、 物資の輸送に運河を使用し続けた。 しかしながら、19 世紀の最後の 1/4 世紀には運河の事業はどんどん衰退し、 1900 年以後は運河は最早機能しなくなった。

州による建設

ペンシルバニア州では以下の運河の建設資金を州が提供した。 州をまたがる運河に関しては、記載されている距離はペンシルバニア州内部の距離である。

本線
訳注
Google map: コロンビア (Columbia)、 クラークス・フェリー (Clarks Ferryy)、 ホリデーズバーグ (Holidaysburg)、 ジョンズタウン (Jonstown)、 ピッツバーグ (Pittsburg)、 キッタニング (Kittanning)
サスクェハナ川
訳注
Google map: ノーサンバーランド (Nothumberland)、 ミラーズバーグ (Millersburg)、 ルイスバーグ (Lewisburg)、 ロック・ヘブン (Lock Haven)、
ビーバー川とエリー湖
訳注
Google map: ビーバー (Beaver)、 コノート・レイク (Commeaut Lake)、 ミードビル (Meadville)、 フランクリン (Franklin)、
デラウェア川
訳注
Google map: イーストン (Easton)、 ブリストル (Bristol)
民間による建設

民間が資金を出したのはペンシルバニア州の次の運河である。 州をまたがる運河に関しては、掲載されている距離はペンシルバニア州内の距離のみ。

公園、モニュメント、歴史登録財

ペンシルバニア州の幾つかの運河の区間やその他の運河のインフラは 国の歴史登録財 (National Register of Historic Places) に登録されている。 一つの完全な運河 -- デラウェア運河 -- は ブリストルとイーストンの間のデラウェア運河州立公園 (以前のセオドア・ルーズベルト州立公園) の主な出し物である。

この運河は 60 マイル (97 km) の全長にわたり、無傷である。

その他の国の登録財となっている運河のインフラには次がある。