ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Northwest Territory - Wikipedia
北西部領土 (Northwest Territory)

北西部領土はオールド・ノースウェスト (Old Northwest) とも呼ばれ、 正式には 「オハイオ川の北西部領土」 (Territory Northwest of the River Ohio) と呼ばれ、 アメリカ独立戦争後に、 米国の組織化されていない西部領土 (unorganized western territory) から 形成された。 これは 連合議会 (Congress of the Confederation) により、 北西部布告 (Northwest Ordinance) を通して、 1787 年に設立され、 植民地独立後の国で最初の 組織化された編入領地であった。



印章

オハイオ川の北西部領土

創設時に、領土が含んでいたのは: ペンシルバニアの西、 オハイオ川の北西、 そしてミシシッピ川の東、五大湖南の全ての土地であった。 この領域は 1783 年のパリ条約により米国に譲渡された。 独立戦争を通じ、この領域は英国領ケベック (British Province of Quebec) の一部分であった。 これは、最終的に米国 6 州となるもの (オハイオ州、インディアナ州、イリノイ州、ミシガン州、ウィスコンシン州、そしてミネソタ州の北東部分) のすべて、あるいは大部分にわたっていた。 1800 年 7 月 4 日に、現在のオハイオ州、ミシガン州東部、およびインディアナ州南東の細長い部分に削減されて インディアナ準州 (Indiana Territory) が作られ、1803 年 3 月 1 日に存在が終了した。 この時、 領土の南東部分がオハイオ州として連合国家 (Union) に受け入れられ、 残りが インディアナ準州 (Indiana Territory) に配属された。

始めは領土は知事 (governor) と 3 人の裁判官の下に、 軍事法規 (martial law) により統治された。 しかしながら人口が増えると、領土議会 (legislature) が作られ、一連の郡 (county) が作られ、 まもなく 13 郡になった。 創設時には北西部領土 (Northwest Territory) は広大な荒れ野で、長いこと居ついていたのはアメリカ原住民の文化で、 これには デラウェア族 (Delaware)、 マイアミ族 (Miami)、 ポタワトミ族 (Potawatomi)、 ショーニー族 (Shawnee) 等が含まれた; フランス人の開拓地は一握りしかなく、これに オハイオ川の滝 (Falls of the Ohio) の クラークスビル (Clarksville) が加わっていた。 領土が解体するまでに何ダースもの町と開拓地があり、 少々には何千人もの開拓者がおり、主にオハイオ川とマイアミ川 (Miami River) の川沿いと、 オハイオのエリー湖南岸にあった。 領土における開拓者とアメリカ原住民の間の紛争は 北西部インディアン戦争 (Northwest Indian War) になり、 1794 年の フォールン・ティンバーズの戦い (Battle of Fallen Timbers) における「きちがい」将軍 (General "Mad") の アンソニー・ウェイン (Anthony Wayne) の勝利で頂点に達した。 その後の 1795 年のグリーンビルの条約 (Treaty pf Greenville) がオハイオ南部と西部の開拓方法を切り開いた。

  1. 領土 (The territory)
  2. 歴史
  3. 北西部布告 (Northwest Ordinance)
  4. 北西部領土の開拓地と砦
  5. 北西部領土の郡
領土 (The territory)

北西部領土は米国が当時所有していた土地で、 ペンシルバニアの西、 ミシシッピ川の東、 そしてオハイオ川の北西の土地を全て含んでいた。 これはもともとのオハイオ・カントリーの大半を組み込んでいたが、 ペンシルバニア西部の一部分と、イリノイ・カントリー東部は除外していた。 これは現代のオハイオ州、インディアナ州、ミシガン州、そしてウィスコンシン州のすべてと、 さらにはミネソタ州の北東部分にわたっていた。 ミシシッピ川西の土地は ニュー・フランス (New France) の ルイジアナ領 (Louisiana Province) であった (ここはルイジアナ買収により米国が獲得した); 五大湖の北の土地は英国領 アッパー・カナダ (British Province of Upper Canada) で、 オハイオ川の南の土地を構成したのはバージニアのケンタッキー郡 (Kentucky County, Virginia) で、 1792 年にケンタッキー州として連合国家 (union) に受け入れられた。 面積は 260,000 平方マイル (670,000 km2) 以上を含み、 創設時に米国の陸地部分のおよそ 1/3 を占めた。 ここに住んでいたのはおよそ 45,000 人のアメリカ原住民、 そして 4000 人のトレーダーで、大半がカナダ人と英国人であった。 この地域に住んでいた部族の中に ショーニー族 (Shawnee), デラウェア族 (Delaware), マイアミ族 (Miami), ワイアンドット族 (Wyandot), オタワ族 (Ottawa) そして ポタワトミ族 (Potawatomi) がいた。 とりわけ、英国のトレード基地 (trading post) とともにマイアミ族 (Miami) の中心地がキーキオンガ (Kekionga) にあり、 現在のインディアナ州ウェイン砦 (Fort Wayne) の場所にあった。 キーキオンガ (Kekionga) の制圧が 北西部インディアン戦争 (Northwest Indian War) の焦点となり、この領土の初期の進化の駆動イベントであった。

歴史

北西部領土 (Northwest Territory) の政治的単位 (political unit) と開拓への 統合 (integration) は 3 つの因子に依存した: 英国による放棄、 アパラチア山脈西における各州の領有権の消滅、 アメリカ原住民からの土地の横領あるいは買収であった。 これらの目的を達成したのは、それぞれ、 アメリカ独立戦争、 連合規約 (Articles of Confederations) の条項、 そして 北西部インディアン戦争 (Northwest Indian War) に先立つ色々な条約であり、 これに含まれるのは スタンウィックス砦の条約 (1784 年) (Treaty of Fort Stanwix (1784)) そして マッキントッシュ砦の条約 (Treaty of Fort McIntosh) (1785 年) であった。 条約の経過は戦争と政治的実体 (political entity) としての領土の存在をはるかに超えて拡張した。

ニュー・フランス (New France)

この地域のヨーロッパ人の探検は 17 世紀のボワヤジェ (voyageurs) に始まり、 フランス人の宣教師 (missionary) とフランス人の毛皮トレーダー (fur traders) がこれに続いた。 フランス系カナダ人の探検家のジャン・ニコレ (Jean Nicolet) がこの地域の最初の記録された進入者で、 現在の ウィスコンシン州グリーン湾 (Green Bay) の場所に 1634 年に上陸した。 (もっとも情報源によれば、 エチエンヌ・ブリュレ (Étienne Brûlé) は 1622 年にスペリオール湖と おそらくは内陸のウィスコンシンを探検したと言われている。) フランス人はこの地域の広く離れた (複数の) 基地 (posts) から支配し、 この地域を彼らは ニュー・フランスと主張した; この中に 1701 年に設立されたデトロイト砦における基地 (post) があった。 フランスはフレンチ・インディアン戦争で敗北した後のパリ条約で、 インディアン居留地 (Indian Reserve) の 1 部分として英国王国 (Kingdom of Great Britain) にこの領土を譲渡した。

訳注
ボワヤジェ (voyageurs) とは仏語の「旅行家」の意味であるが、ここでは カヌーを使用したカナダの毛皮トレードで毛皮輸送に携わったフランス系カナダ人のこと
英国の支配 (British control)

1750 年代から、 米英戦争 (War of 1812) の和平条約 (peace treaty) に至るまで、 英国にはインディアンの障壁の国を作る長年の目的があり、 これはオールド・ノースウェスト (Old Northwest) の大半に及ぶ大きなアメリカ原住民の国であった。 この国は米国と独立で、英国政府と同盟し、英国はこの国を使用して、 アメリカ人の西部への拡張を阻止し、モントリオールに本部を置く毛皮トレードの統制を 築き上げようとした。

チャーロティーナ (Charlotina) と呼ばれる新しい植民地を南部五大湖地区に設立することが提案された。 しかしながら、 ポンティアック戦争 (Pontiac's War) のイベントの後で、 英国国王 (British Crown) は 1763 年の布告 (Proclamation of 1763) を交付し、 アパラチア山脈西の白人による開拓 (white colonial settlement) を禁止した。 この行動は (西部に) 拡張することに興味を持っていたアメリカの開拓者、 さらには、この地域をすでに開拓していたものも怒らせた。 1774 年に、ケベック法 (Quebec Act) により、英国はこの地域をケベック領 (Province of Quebec) に併合して、 民政政府を提供し、 モントリオールを本拠地にする毛皮トレードの英国管理を集中しようとした。 アパラチア山脈西の開拓の禁止が残り、アメリカ独立戦争に寄与した。

1779 年 2 月に、 バージニア民兵のジョージ・ロジャース・クラーク (George Rogers Clark) は英国司令官のヘンリー・ハミルトン (Henry Hamilton) から カスカスキア (Kaskaskia) とヴィンセンヌ (Vincennes) を 奪った。 バージニアはクラーク (Clark) の成功を利用して、オールド・ノースウェスト (Old Northwest) の全体に領有権を主張し、 ここをバージニアの イリノイ郡 (Illinois Countuy) と 1784 年に至るまで呼び、 この時、バージニアは連邦政府にこの土地の領有権を移譲した。

英国はアメリカ独立戦争の終わりにオハイオ川の北、且つアパラチア山脈の西の領域を パリ条約 (1783 年) により米国に譲渡した。 しかし、英国は 米英戦争 (War of 1812) が終了する 1815 年になってもまだこの地域に居続けた。

州による譲渡 (Cessions by the states)

いくつかの州 (バージニア、マサチューセッツ、ニューヨーク、コネチカット) は この領土に対しての競合する領有権を主張していた: バージニアは以前のイリノイ・カントリーオハイオ・カントリーすべての領有権を主張し; マサチューセッツは現在のミシガン南部とウィスコンシンを主張し; コネチカットは五大湖のすぐ南で、この領土を横断する狭く細長い土地 (strip) の領有権を主張し、 ニューヨークはエリー湖とオハイオ川の間の弾力的な部分である イロコイの土地を主張した。 ペンシルバニアの西側の境界も明確に定義されていなかった。 バージニアの支配権 (jurisdiction) はこの領地の最も西端の少々のフランス開拓地に制限されていた。 マサチューセッツとコネチカットの領有権の主張は事実上、紙の上の線であった。 ニューヨークが領有権を主張した土地には開拓地も領土政府もなかった。

オハイオ川の北部と南西部の領土の創設をついに可能にした州の領有権の移譲

ペンシルバニアの西の境界は以前は北東よりの北向きのジグザグ (north by northeast zigzag) で 走ることとされていたが、1780 年に 大陸議会 (Continental Congress) により解決された。 メイソン・ディクソン線はデラウェア川から経度で 5 度の地点 (およそ 260 マイル) まで 西に延長され、西の境界はメイソン・ディクソン線の最西端から 43度の緯線まで真北に走った。 これによりオハイオ・カントリーの東の部分がペンシルバニア西部に組み込まれ、連邦の土地の東の境界を定めた。

「領有権を主張していない」州 -- 例えばメリーランド -- は 領有権を主張している州が西側の領土を保持することが可能となる限り、 連合規約 (Article of Confederation) を批准することを拒否した。 これらの州が、提案されている連邦政府 (federal government) のシステムの下で勢力バランスを 自分達に都合の良い方に傾けることを恐れたからである。 批准を得るための譲歩として、これらの州は領土の領有権を連邦政府に移譲した: ニューヨークは 1780 年、 バージニアは 1784 年、 マサチューセッツとコネチカットは 1785 年であった。 従って、領土の大半は米国政府が所有する公有地になった。 バージニアとコネチカットは、復員軍人の代償に使用する 2 つの地域を留保した: バージニア軍事地区 (Virginia Military District) と コネチカット西部保留地 (Connecticut Western Reserve) であった。

1785 年の土地布告 (Land Ordinance) は土地を売却可能な区画 (lot) に測量する標準的な方法を設立した。 もっともオハイオは異なる方法で部分的に数回測量し、 オハイオでは土地測量のつぎはぎになることになった。 古いフランスの少々の共同体における、より初期の長くて狭い区画に基づいた資産領有権も維持された。 残りの北西部領土 (Northwest Territory) はほゞ一様な正方形の タウンシップと区切り (section) に分割され、 これにより、土地の売却と開発が容易になった。 布告 (ordinance) には、この領域からそのうち新しく州ができ、 少なくとも 3 州以上となり、5 州より多くならないことも明記されていた。

領土の創設 (Founding of the territory)

北西部領地を創設した 1787 年の北西部布告 (Northwest Ordinance) の下で、 セントクレア将軍 (General St. Clair) は知事 (governor) に任命された。 領土が 1800 年に分割されたときに、彼は短期間、北西部領土残部の知事を務め、 ここにオハイオ、ミシガンの東半分、そしてインディアナ南東部の細長い部分 (sliver) が含まれ、ここは 「ゴア」 ("The Gore"、三角形の布) と呼ばれた。

セントクレアは 1788 年 7 月 15 日に、マリエッタ (Marietta) で政府を公式に設立した。 1790 年に、彼はロサンティビル (Losantiville) の開拓地を シンシナティ協会 (the Society of the Cincinnati) にちなんで シンシナティ (Cincinnati) に改名し、行政と軍事の中心をワシントン砦 (Fort Washington) に移動した。

アーサー・セントクレアが署名した小切手、
彼が北西部領土の知事であったの時のもの (1796 年)

彼は 「マックスウェルの法典」 (Maxwell's Code、印刷したウィリアム・マックスウェル (William Maxwell) にちなんだ名称) を定式化し、 これはこの領土における最初の記述された刑法と民法であった。 「マックスウェルの法典」 (Maxwell's Code) は 37 の異なる法律から構成され、 法律にはそれ以前に元々の 13 州の 1 つで通過していなければならないという条項がついていた。 この法律は当時、北西部領土で有効であった裁判システムを構築し直した。 これらは、過剰な税金に対して住民を守り、宣言していたことは、 イングランドの コモン・ロー (common law) が法的決定と北西部領土の法律の基礎であることであった。

北西部インディアン戦争 (Northwest Indian War)

若いアメリカ政府は、アメリカ独立戦争と、 連合規約 (Article of Confederation) の下で税を徴収する権限がないため、多額の負債があり、 北西部領土の整然とした売却により収入を得ようと計画をした。 この計画は必然的にアメリカ原住民の村と不法占拠者のどちらも、 アパラチア山脈の西の土地 -- 大まかにはオハイオ・カントリーと呼ばれる土地とその以遠 -- から追い出すことを呼び求めた。 アメリカ原住民との困難さと支援する英国軍の存在はアメリカの拡張に継続的な障害を提示した。

1790 年代始めの北西部領土における
アメリカ原住民の一般的分布を示す地図

オハイオ・カントリーを 構成する地域は 1 世紀以上も争われ、 17 世紀の ビーバー戦争 (Beaver Wars) に始まる。 西部連合 (Western Confederacy) あるいは西部インディアン連合 (Western Indian Confederacy) は、 アメリカ独立戦争に引き続いて創設されたアメリカ原住民の緩やかな連合 (confederacy) であった。 議会 (Congress) は 「1783 年の布告」 (Proclamation of 1783) を通し、 アメリカ原住民の土地の権利を認めた。 デトロイト砦 (Fort Detroit) で 1785 年に開催された協議会 (council) が宣言したことは、 連合は米国と一致して対処し、個々の部族が直接米国と取り決めをすることを禁止したことで、 オハイオ川を彼らの土地とアメリカ開拓者の間の境界として宣言をした。

北西部領土の最初の知事である アーサー・セントクレア (Arthur St. Clair) はアメリカ原住民の領有権を終了させ、 白人の開拓に道を切り開こうとした。 1789 年に、彼はある程度のアメリカ原住民とハーマー砦の条約 (Treaty of Fort Harmar) に署名することに成功したが、 多くのアメリカ原住民は交渉参加に招待されなかったか、あるいはこれを拒否した。 アメリカ原住民の領有権を解決するのではなく、 条約は 北西部インディアン戦争 (Northwest Indian War) (あるいは 「リトル・タートルの戦争」(Little Turtle's War)) のエスカレーションを誘発した。 互いの敵意がジョサイア・ハーマー (Josiah Harmar) による戦役 (campaign) となり、彼の 1500 名の民兵は 1790 年 10 月にアメリカ原住民により 敗北した。

不法占拠者の 1 グループは現在のオハイオ州 モーガン郡 (Morgan County) にある現在のストックポート (Stockport) の近くの地区に移住し、 マスキンガム川 (Muskingum River) の氾濫原あるいは底地 ("bottom" land) に定住した。 ここはオハイオ州マリエッタ (Marietta) の 「アソシエイツのオハイオ会社」 (Ohio Company of Associate) の開拓地の 30 マイルほど北にあった。 「ビッグ・ボトム」 (Big Bottom) の虐殺が 1921 年 1 月 2 日に起きた。 レナペ族 (Lenape) と ワイアンドット族 (Wyandot) の戦士が未完成の小要塞 (blockhouse) を襲撃し、11 人の男、1 人の女、2 人の子供を殺害した (負傷者の数に関しては食い違っていた)。 ルーファス・パットナム (Rufus Putnam) が ワシントン大統領に宛てた手紙によると 「我々は非常に困り、失望したため開拓地 [のマリエッタ (Marietta) を、 ビッグ・ボトム (Big Bottom) の惨事後に] あきらめた。

1791 年 3 月に セントクレア (St. Clair) は米国陸軍司令官としてハーマー (Harmar) を引き継ぎ、 少将として依頼された。 彼は正規軍の 2 連隊 (Regular Army regiments) と民兵を少々含む懲罰的な遠征隊を統率した。 1791 年 10 月に、彼の戦役の前進基地として、ジェファーソン砦 (オハイオ州) が彼の指揮下で建設された。 この砦は、オハイオ州の随分と西にある現在の ダーク郡 (Darke County) にあって、 木材で建設され、主に補給基地として意図された; このため、これは元々「デポジット砦」 (Fort Deposit、補給砦) と命名された。 600 人以上の兵士と多数の女と子供が戦闘で殺され、「セントクレアの敗北」等の多くの名称で呼ばれた。 これは歴史上アメリカ原住民による米国陸軍の最大の敗北であり、 およそ 623 名の米国兵士が殺害され、およそ 50 名のアメリカ原住民が殺害された。 セントクレアは調査で解放されたが、 ワシントン大統領の要望により、1792 年 3 月に軍務を辞職した。 しかし北西部領土の知事 (governor) としては勤め続けた。

セントクレアの不名誉な敗北の後で、1792 年 6 月に、 ワシントン大統領は 独立戦争の英雄である "きちがい" 将軍 アンソニー・ウェイン (Anthony Wayne) を指名して、セントクレアの報復をさせて、 西部フロンティアでの支配権 (sovereinty) を守らせるようにした。 ウェイン (Wayne) は 5120 名の職業兵士の新しい軍隊を作ることを依頼され、 これは 「米国軍団」 (Legion of the United States) とあだ名された。 ウェインはペンシルバニアで軍隊を採用・訓練し、1793 年秋にオハイオ南西部に彼らを移動した。 そこで彼らはチャールズ・スコット少将 (Major General Charles Scott) の指揮下のケンタッキー民兵と合流した。 次の 10 ヶ月以上の間、軍隊は北へ進軍して、 グレート・マイアミ川峡谷 (Great Miami River Valley) とモーミー川峡谷 (Maumee River Valley、 /mɔːˈmiː/) を遡上して、 マイアミ族 (Miami) の中心地 (capital) であるキーキオンガ (Kekionga) に向かった。 途上で ウェイン (Wayne) の軍団は一連の前哨基地の砦を建設し、これに含まれたのは: グリーン・ビル砦 (Fort Greene Ville)、 リカバリー砦 (Fort Recovery)、 そしてデファイアンス砦 (Fort Defiance) であった。 激しい戦闘がこれらのまわりで起きたが、ウェインの砦のどれもアメリカ原住民に奪われることがなかった。

1794 年中頃に、英国は今日のオハイオ川トリード (Toledo、/təˈliːdoʊ/) の近くにマイアミ砦 (Fort Miami) を建設し、 デトロイトの英国の拠点で、 ウェイン (Wayne) の想定される前進を未然に防ごうとした。 ウェインの戦役 (campaign) の最終の戦闘はこの砦の範囲内 (scope) で起きた。 西部連合 (Western Confederacy) に対する ウェイン将軍の軍事戦役は、 1794 年の フォールン・ティンバーズの戦い (Battle of Fallen Timbers) の勝利で頂点を迎えた。 西部連合 (Western Confederacy) は ローワー・カナダ (Lower Canada) からの中隊 (a company of troops) で支援されていた。 戦いに引き続き、1794 年の秋に、ウェインの軍隊はキーキオンガ (Kekionga) に敵対されずに進軍し、ここで彼らはウェイン砦 (Fort Wayne) を 建設した。これはアメリカ原住民の地域の中心部での米国統治権の大胆なシンボルであった。

1794 年の 「ジェイの条約」 (Jay's Treaty) は暫定的にこの地域の英国のトレーダーたちとの関係を 容易にする助けになった。 この地域の英国市民は 1790 年代を通して、米国市民の数よりも多かった。 翌年の 「グリーンビルの条約」 (Treaty of Greenville) は西のフロンティアの平和を確保し、オハイオ州南部と東部の大半をアメリカ人の開拓に開放した。

開拓
歴史的人口
人口 ±%
1792 7,920
1800 45,365 +472.8%
1792 年、1800 年 (オハイオ州、及びミシガン州のウェイン郡 (Wayne County) のみ含む

散発的な西部への移民の開拓は (独立) 戦争末期にすでに再開しており、 これは イロコイ連合 (Iroquois Confederation) の勢力が途切れ、 1779 年のサリバン遠征 (Sullivan Expedition) により部族が散り散りになってからのことであった。 アメリカ独立戦争が終了してすぐに、土地に飢えた移民が西に移住し始めた。 入口 (gateway) のトレード基地 (trading post) がペンシルバニアのブラウンズビル (Brownsville) の町として発展し、 これは山脈の西のキーになる装備を用意する中心地 (outfitting center) であった。 他の荷馬車道路 (wagon roads) -- 例えば、ペンシルバニア中央で、アレゲーニーのギャップ (gaps of Allegheny) を 乗り越えるキタニング道 (Kittanning Path)、 あるいはニューヨークのモホーク川 (Mohawk River) 沿いのトレイル -- は開拓者の間断のない流れを可能にして、 近くの西部 (near west) とミシシッピ川を取り囲む土地に到達することを可能にした。 この活動は私的投資家による、 最終的なナショナル・ロードの東端の開発を刺激した。 カンバーランド - ブラウンズビル (Cumberland - Brownsvill) の有料道路はポトマック川の水路を、 オハイオ川/ミシシッピ川の河川システムにおける モノンガヒラ川に接続した。 これは水路による移動が歩行・騎乗 (walking and riding) の唯一の良好な代替であった時代であった。 この領土とその後継の大半を開拓したのは、 カンバーランド・ナロウズ (Cumberland Narrows) を通り抜けるか、 ニューヨーク州のモホーク峡谷 (Mohawk Valley) に沿って通過する移民によっていた。

オハイオ川北の土地における 大陸議会 (Continental Congress) の権利を誘導することになったのは: パリ条約 (1783 年)、 マッキントッシュ砦の条約 (Fort McIntosh)、 4 州の譲渡であった。 開拓はいくつかの方法によっていた: 不法占拠 (squatters)、 米国政府による開拓者への直接の土地売却、 土地区画の土地会社への売却、 バージニア軍事地区 (Virginia Military District) とコネチカット西部保留地 (Connecticut Western Reserve) に おける州による復員軍人への土地売却があった。 測量された最初の地域は 1786 年 - 1789 年におけるオハイオの東の境界に沿った セブン・レンジズ (Seven Ranges, 7 区画、 [訳注: 公有地測量システムで最初に測量した区画]) であった。 連邦の個人入植者への土地の直接売却はここで始まった。 場合によっては政府は特別な目的のために、土地を譲渡・贈与した。

開拓は砦の後を追い、守備隊が駐屯していても、そうでなくても変わらなかった。 守備隊がいなくても、アメリカ原住民の攻撃の恐れは無視できた。 これは、1800 年より前のオハイオのどこでも事実であったが、 グリーンビル条約線 (Greenville Treaty line) よりも北西の区画 (sector) は別であった。 これは 1811 年の ティピカヌーの戦い (Battle of Tippecanoe、/ˌtɪpikəˈnuː/) の後のインディアナでも事実になった; ティカムセ (Tecumseh、/tɪˈkʌmsə, tɪˈkʌmsi/) が敗北し、 殺害された 1813 年のテムズの戦い (Battle of Thames) までに、 フロンティアは基本的にミシシッピ川の西に移動した。 この領土の最初の米国の軍事守備隊がいたのは: インディアナ州ヴィンセンヌ (Vincennes) のパトリック・ヘンリー砦 (Fort Patrick Henry、1779 年)、 インディアナ州 オハイオ川の滝のクラーク砦 (Fort Clark、1783 年)、 オハイオ州のハーマー砦 (Fort Harmar, 1785 年) であった。 最初の開拓地はこれらの場所にあった。

最初の土地の授与があったのは、1781 年のオハイオ川の滝のインディアナ側で、 ジョージ・ロジャース・クラーク (George Rogers Clark) に対するものであった。 彼は続けてクラークスビル (Clarksville) の開拓地を創設した。 最初の 2 回の土地買収は 1788 年にジョン・シムス (John Symmes) に売却した大きな土地区画 (シムス・パーチェス (Symmes Purchase)) と 1787 年と 1792 年にオハイオ会社に売却した 2 区画である (マスキンガムの買収 (Purchase on the Muskingum))。 これらの開拓の先鋒に立ったのはそれぞれロサンティビル (Losantiville) とマリエッタ (Marietta) である。 1792 年に議会 (Congress) は 100,000 エーカーの土地をオハイオ会社に寄付し、開拓地の周りのアメリカ原住民の 侵入に対するバッファ・ゾーンにした。 昔のフランスのヴィンセンヌ・トラクト (Vincennes Tract、tract = 広い場所) の住民による悩ましい土地の所有権は 「ヴィンセンヌ土地贈呈」 ('Vincennes donation lands') とあだ名されたものでついに解決し、 これは 1791 年の連邦の土地法律 (land act) で具体化した。 インディアナにおける土地の売却 (当時は 1800 年に開始した インディアナ準州の一部) は 1801 年まで開始することがなく、これはシンシナティ (Cincinnati) における土地事務所を通していた。

独立戦争が終了してから、 ルーファス・パットナム (Rufus Putnam、オハイオの父 ("the Father of Ohio")) とマナセ・カトラー (Manasseh Cutler) は 北西部布告 (Northwest Ordinance) の考案を助け、この布告は北西部領土を開拓に切り開いた。 この土地は復員軍人に対する補償として報いるために使用された。 土地を測量して 6 マイル平方のタウンシップに並べることもパットナム (Putnam) が勧告した。 パットナム (Putnam) は最初の復員軍人のグループを組織して、領土に引き連れた。 彼らはオハイオ州マリエッタ (Marietta) で定住し、ここで彼らは カンプス・マルティウス (Campus Martius) と呼ばれる大きな砦を建設した。

パットナム (Putnam) とカトラー (Cutler) が主張したことは、 北西部領土 (Northwest Territory) を -- 奴隷制がない -- 自由領土とすることであった。 彼らは共に 「清教徒ニューイングランド」 (Puritan New England) の出身で、 清教徒が強く信じたことは奴隷制は道徳的に悪いことであった。 北西部領土によって米国の大きさは 2 倍になり、ここを奴隷がいない場所として設立することは、 これに続く何十年かにとても重要であることが判明した。 これはオハイオ州、インディアナ州、イリノイ州、ミシガン州、ウィスコンシン州、 そしてミネソタ州の一部分となるものを含んでいた。 これらの州が奴隷州であれば、 エイブラハム・リンカーン (Abraham Lincoln) は 大統領に選ばれなかったことであろうし、 南北戦争はなかったことであろう。 そして、もしも南北戦争があったにせよ、北軍がおそらく敗北したことであろう。

パットナム (Putnam) は、清教徒の伝統で、 北西部領土における教育を確立することで影響があった。 大量の土地が学校のために留保された。 パットナム (Putnam) はマサチューセッツ州のレスター・アカデミー (Leicester Academy) の設立で、 主な後援者の 1 人であり、1798 年に彼はオハイオで、 マスキンガム・アカデミー (Muskingum Academy) (現在のマリエッタ大学 (Marietta College)) の建設計画を作った。 1780 年にオハイオ会社 (Ohio Company) のディレクター達はオハイオ川北の 開拓に関連する全ての業務の監督者に彼を任命した。 1796 年に彼は ジョージ・ワシントン大統領によって、合衆国領土の測量監督 (surveyor-general) に 委任された。 1788 年に、彼は北西部領土の最初の裁判所の裁判官を務めた。 1802 年に彼はオハイオ州の憲法を作るための代表者会議 (convention) で任務に就いた。

ルーファス・パットナム (Rufus Putnam)、この肖像画はジェームス・シャープルズ Jr. (James Sharples,Jr.) によるもので、インデペンデンス国立歴史公園 (Independence National Historical Park) のコレクションにあり、フィラデルフィアの「米国の 2 番目の銀行」 (the Second Bank of the United States) の建物に吊るされている。

1800 年の米国国勢調査 -- 第 6 回米国議会 (6 th US Congress) における、 1800 年の インディアナ準州を創設する 組織法 (organic act) の通過に引き続くもの -- により、北西部領土の 7 郡の人口は次であった:

順位人口
1 ハミルトン (Hamilton) 14,692
2 ジェファーソン (Jefferson) 8,766
3 ロス (Ross) 8,540
4 ワシントン (Washington) 5,427
5 アダムズ (Adams) 3,432
6 ウェイン (Wayne) 3,206
7 トランブル (Trumbull) 1,302
  北西部領土 45,365

1800 年の米国国勢調査によれば、北西部領土 (すなわち、保留中のオハイオ州) は アメリカ原住民を除き、45,000 名以上の人口があり、 インディアナ準州は人口がおよそ 5,600 名の人口があった。 オハイオが州になるまでに、北西部領土と インディアナ準州には 50 もの名称がある町があり、 少々の町にはヴィンセンヌ (Vincennes) のように何千人もの定住者がいた。 オハイオの条約線 (Treaty Line) の南には何十もの無名の開拓地があった。

カンプス・マルティウス (Campus Martius、ラテン語で火星広場 (Field of Mars)) は 同名のローマの地域にちなんで名づけられた。 この場所はルーファス・パットナム邸 (Rufus Putnam House) を含め、 今ではオハイオ州マリエッタ (Marietta) のカンプス・マルティウス 博物館 (Campus Martius Museum) の一部分である。

フロンティアの開拓の後を追って、開拓移民の大波が西に流れ、いずれ 6 州となるこの領土に複数の大都市を築き、 ここは 19 世紀始めにおける現在の 米国中西部 (midwestern) であった: デトロイト (< 1800 年) (Detroit), クリーブランド (1796 年) (Cleveland), コロンブス (1812 年) (Columbus), インディアナポリス (1822 年) (Indianapolis), シカゴ (1833 年) (Chicago), ミルウォーキー (1846 年) (Milwaukee), ミネアポリス (1847 年) (Minneapolis)。

オハイオが州になる

連邦主義者 (Federalist) の セントクレア (St. Clair) は昔の オハイオ・カントリーから 2 州ができて、 議会における連邦主義者の勢力を増やすことになることを望んだ。 しかしながら、オハイオの民主党・共和党 (Democratic-Republican) は彼に憤慨した、 彼の職務における党派心 (partisanship)、 高圧的な態度 (high-handedness)、そして傲慢さ (arrogance) からであった。 1802 年にオハイオが州となる計画に彼が反対したため、 トーマス・ジェファーソン大統領 (Thomas Jefferson) は領土の知事 (territorial governor) としての職務から彼を罷免することになった。 従って、彼は 1803 年におけるオハイオ州の組織化に何の役割も果たしていない。 最初のオハイオ州の憲法は、知事を弱くし、州議会 (legislature) を強くした。 これはセントクレアの統治方法に対する反応であった。

オハイオを州にする準備で、議会は 1800 年に北西部領土 (Northwest Territory) を 2 つの区画 (section) に分割した。 新しい領土である インディアナ準州 (Indiana Territory) は、現在のインディアナ州 - オハイオ州の境界とスペリオール湖に至る北向きの延長の 西の全ての土地にわたり、 現在のインディアナ州南東の 「ゴア」("the gore"、三角形の布) と呼ばれる楔型の地域を除外した。 この領地は、東側の全てと共に、北西部領土のままであった。 この法案は ジョン・アダムズ大統領 (John Adams) により 1800 年 5 月 7 日に署名されて法律となり、 7 月 4 日に有効となった。 その後 1802 年 4 月 30 日に、議会はオハイオの有効化法を通過させ、 これにより北西部領土の東側部分の住民が州の憲法と政府を作ることが認可され、連合国家 (Union) に受け入れられた。 オハイオが 1803 年 3 月 1 日に 17 番目の州に受け入れられた時に、新しい州に含まれなかった土地は、 ゴア (gore, 三角形の布) を含めて、 インディアナ準州 (Indiana Territory) となり、北西部領土は存在しなくなった。

この地域に関しての英国の継続中の議論が 米英戦争 (War of 1812) に寄与した因子である。 英国は 1814 年の ヘントの条約 (Treaty of Ghent) で、以前の北西部領土の領有権を決定的に譲渡した。

北西部布告 (Northwest Ordinance)

1787 年の 北西部布告 (Northwest Ordinance) は北西部領土を設立し、 その境界、政府の形式、行政構造を定義した。 とりわけ、これは政府の組織、土地所有の法的基礎を設立し、 複数の州の領有権の廃止と移行を提供し、 新しい州の受け入れ規則を作り、 公的教育を設立し、 '自然権' ('natural rights') を認めて成文化し、 奴隷制を禁止して、 土地の権利とアメリカ原住民への法律の適用可能性を定義した。

法律と政府

最初、この領地には修正された形式の軍事法規 (martial law) があった。 知事は領地内の上級陸軍将校 (senior army officer) でもあり、 彼は立法権と行政権を併せ持っていた。 しかしながら、最高裁が設置され、彼 (知事) は裁判所と立法権を共有した。 人口が十分に多くなれば、郡政府が組織され、 これらは地方の行政と司法の機能を担った。 ワシントン郡 (Washington County) はこの最初のもので、マリエッタ (Marietta) が中心であった。 これは重要な出来事であった。 というのはこの裁判所は開拓者カントリー (pioneer country) における 最初の民法と刑法の裁判所であったからである。

米国の州と領土の地図で、北西部領土が初めて組織化された 1789 年 8 月 7 日から、将来の南西部領土 (Southwest Territory) をノース・カロライナが移譲した 1790 年 4 月 2 日に至るまで。

男の自由人の開拓者の人数が 5000 名を超えると直ちに、 領土議会 (territorial legislature) が作られることになり、 これは 1798 年に起きた。 完全な政府機構が、 北西部布告に概説されたように導入された。 二院制議会 (bicameral legislatgure) は下院 (House of Representative) と評議会 (Council) から構成された。 最初の下院は 22 名の代表から構成され、各郡の住民により任命された。 下院は次に 10 名の市民を評議員に推薦した。推薦は米国議会に送られ、ここで 5 名が評議員として任命された。 この議会 (assmbly) が領土の議会になった。もっとも知事 (governor) は拒否権を持っていた。

北西部布告内の 「コンパクト条項」 (Article of Compact) の 「6 条」 (Article VI) は、 北西部領土 (Northwest Territory) 内部における奴隷所有を禁止した。 しかしながら、領土政府 (territorial governments) はこの法律を年季奉公法律 (indenture laws) の使用により回避した。 「コンパクト条項」 (Article of Compact) は領土内で宗教を基礎にした法的差別 (legal discrimination) を禁止した。

トーマス・ジェファーソン (Thomas Jefferson) により創設された タウンシップの方式 (township formula) は、 1785 年の土地布告 (Land Ordinance) を通じて、 北西部領土 (Northwest Territory) で初めて実施された。 北西部領土の正方形測量 (square survey) は 中西部 (Midwest) の品質保証 (hallmark) となり、 セクション (section)、タウンシップ、郡 (そして州) が科学的に展開され、 そして土地が素早く、効率的に売却された (もっとも少々の投機的脱線がなかったわけではなかった)。

役職者 (Officials)

アーサー・セントクレアー (Arthur St. Clair) は 1802 年 11 月に至るまで領土の知事 (governor) であり、 この時、 トーマス・ジェファーソン大統領 (Thomas Jerrerson) は彼を職務から罷免し、 チャールズ・ウィリング・バード (Charles Willing Byrd) を任命した。 バード (Byrd) はオハイオが州となった後の最初の知事 (governor) である エドワード・ティフィン (Edward Tiffin) が 1803 年 3 月 3 日に選出されるまで その地位を務めた。 最高裁判所 (Supreme Court) を構成したのは: (1) ジョン・クリーブス・シムズ (John Cleves Symmes); (2) ジェームス・ミッチェル・バーナム (James Mitchell Varnum)、彼は 1789 年に亡くなり、ジョージ・ターナー (George Turner) が代わって 1789 年に辞職し、 リターン・ジョナサン・メグズ, Jr. (Return Jonathan Meigs, Jr.) が代わった; (3) サミュエル・ホルダー・パーソンズ (Samuel Holden Parsons)、 彼は 1789 年に亡くなり、 ルーファス・パットナム (Rufus Putnam) が代わり、 彼は 1796 年に辞職してジョセフ・ギルマン (Joseph Gilman) が代わった。 秘書は 3 人いた: ウィンスロップ・サージェント (Winthrop Sargent, 1788 年 7 月 9 日 - 1798 年 5 月 31 日); ウィリアム・ヘンリー・ハリソン (William Henry Harrison, 1798 年 6 月 29 日 - 1799 年 12 月 31 日); そしてチャールズ・ウィリング・バード (Charles Willing Byrd, 1800 年 1 月 1 日 - 1803 年 3 月 1 日) であった。

領土の最初の民事訴訟 (common pleas court) は 1788 年 9 月 2 日にマリエッタ (Marietta) で開廷した。 最初の裁判官は ルーファス・パットナム将軍 (General Rufus Putnam), ベンジャミン・タッパー将軍 (General Benjamin Tupper), そして アーチボールド・クレアリー大佐 (Colonel Archibald Crary) であった。 エブニーザー・スプロート (Ebenezer Sproat) は最初の法執行官 (sheriff)、 ポール・フィアリング (Paul Fearing) は領土で実践する最初の弁護士 (attorney) となり、 ウィリアム・ステイシー大佐 (Colonel William Stacy) は最初の大陪審 (grand jury) の陪審長 (foreman) であった。 グリフィン・グリーン (Griffin Greene) は治安判事 (justice of the peace) に任命された。

議員総会 (General Assembly)

北西部領土の議員総会 (General Assembly) を構成したのは: 立法評議会 (Legislative Council、議会 (Congress) により選出された 5 名)、 及び 9 つの郡の男の自由人 (male freeholders) により選出された 22 名から構成される下院 (House of Representative) であった。 最初の議員総会 (first session of Assembly) は 1797 年 9 月に開催された。 最初の重要な仕事は米国議会 (US Congress) に投票権のない代表 (delegate) を 選出することであった。 知事 (Governor) のセントクレア (St. Clair) との権力闘争に閉じ込められて、 議会 (legislature) は最初の代表として、 知事の子息であるアーサー・セントクレアー Jr. (Arthur St. Clair Jr.) ではなく、 ウィリアム・ヘンリー・ハリソン (William Henry Harrison) をかろうじて選出した。 これに続く議会ヘの代表 (congressiona delegate) は: ウィリアム・マクミラン (William McMillan, 1800 年 - 1801 年) と ポール・フィアリング (Paul Fearing, 1801 年 - 1803 年) であった。

土地の所有 (Land ownership)

1787 年の 北西部布告 (Northwest Ordinance) は不動産完全所有権 (free simple ownership) の概念を確立し、 これにより、所有権には売却・譲渡する無制限の権力が永続した (in perpetuity)。

奴隷制の禁止

この布告は米国の州あるいは領土で、奴隷制を禁止したこの種のものでは最初のものであるが、 逃亡奴隷の条項により、ほかの州の奴隷所有者は、逃亡奴隷を取り戻すことが可能であった。

アメリカ原住民の土地

この地域に住んでいたアメリカ原住民の デラウェア族 (Delaware Native Americans) に関しては、 議会 (Congress) が 1787 年 7 月 27 日に決定したことは、 現在のオハイオ州のマスキンガム川 (Muskingum River) に沿った 10,000 エーカーの 土地を 「分離して、その資産を モラヴィア兄弟団 (Moravian Brethren) か、.... あるいは アメリカ原住民を文明化し、キリスト教を奨励する上記の兄弟団 (Brethren) の協会に授与する」 ことであった。

教育

北西部布告 (Northwest Ordinance) は公的な大学 (public university) を呼び求め、 これは教育、開拓地のためであり、 そしてフロンティアであるオハイオとそれ以遠がいずれ州になった時のためであった。 第 3 条の述べることは、"宗教、道徳、そして知識が 良好な政府と人類の幸福に必要で、学校と教育の手段は永久に奨励されること" であった。 1785 年の土地布告 (Land Ordinance) は公的教育に新機軸 (innovation) を創設し、 地方の公的な学校 (public schools) のために資源 (resources) を留保した (reserved)。 布告は領地を 36 マイル平方のタウンシップに分割し、 各タウンシップは売却のために更に 36 個の 1 マイル平方の区画に分割する。 次に布告が述べることは、"タウンシップ毎に、上記タウンシップの公的学校の維持のために、No 16 の区画を留保すること" であった。

1801 年にジェファーソン・アカデミー (Jefferson Academy) がヴィンセンヌ (Vincennes) で設立された。 これはヴィンセンヌ大学 (Vincennes University) として、北西部領土の高等教育の最古の公的機関であり続けている。

翌年に、アメリカン・ウェスターン大学 (American Western University) が ホッキング川 (Hocking River) 上流の、 オハイオのアセンズ (Athens) で設立された。 この場所が チリコシー (Chillicothe、オハイオの元々の中心地) とマリエッタ (Marietta) の間の中間にあったからである。 これは 1804 年 2 月 18 日に オハイオ大学として正式に設立された。

北西部領土の開拓地と砦

砦、守備隊、そして開拓地は 1778 年 - 1803 年の間にオハイオ州の北西の領土で設立された。 (1800 年より後に インディアナ準州に設立されたものを除く。) これらを現在の位置と設立年あるいは米国の獲得年によって一覧にする。 大半の砦は軍事守備隊のみである。 アンソニー・ウェイン将軍 (Anthony Wayne) は、彼のオハイオ・カントリー戦役の最中に、 このような 10 ヵ所の砦を建設あるいは再建した: (日付順に) ラファイエット (Lafayette)、 グリーンビル (Greene Ville)、 リカバリー (Recovery)、 アダムズ (Adams)、 デファイアンス (Definance)、 デポジット (Deposit)、 ウェイン (Wayne)、 ロラミー (Loramie)、 ピクア (Piqua)、 そして セント・メアリーズ (St. Mary's) であった。 初期の開拓地は砦の外、あるいは近くであった: クラークスビル (Clarksville), ヴィンセンヌ (Vincennes), カスカスキア (フランス) (Kaskaskia (French)), ロサンティビル (Losantiville), そして マリエッタ と ウォーターフォード / ビバリー におけるオハイオ会社の開拓地 (the Ohio Company settlements at Marietta and Waterford/Beverly) である。 後に、グリーンビルの条約 (Treaty of Greenville) の後では、 開拓地はもはや、砦で先陣を切る必要がなく、条約線 (Treaty Line) の南で急速に出現した。

エイブラハム・ブラッドリー (Abraham Bradley) の 「米国の 1796 年の地図」 は 北西部領土内の多くの砦と開拓地を含んでいる。
北西部領土の郡

北西部領土が存在中に、知事 (governor) の アーサー・セントクレア (Arthur St. Clair) により 13 の郡が作られた。

カンプス・マルティウス博物館 (Campus Martius Museum) の外にあるタイム・カプセルの 表面にある北西部領土の印影、ラテン語の「彼は倒したものよりも良いものを植えた」 は、荒れ野を文明で置き換えたことを意味する。

ノックス郡、ランドルフ郡、そしてセントクレア郡は北西部領土から分離され、これは 1800 年 7 月 4 日に有効となり、 ウェイン郡の西側の部分と、現在のミネソタ州とウィスコンシン州にあった未組織の土地と共に インディアナ準州になった。

1802 年のオハイオの郡 (複数)

北西部領地は 1803 年 3 月 1 日にオハイオが州になって、存在を終了した; 以前はウェイン郡 (Wayne County) の一部で、 トランブル郡 (Trumbull County) に含まれていなかったオハイオの土地は、 新しい郡が形成されるまで、未組織の状態に戻された。 ウェイン郡 (Wayne County) の残りはほゞミシガン州の ロウアー半島 (Lower Peninsula) の東半分と アッパー半島 (Upper Peninsula) の東の先端 (tip) は インディアナ準州に配属された。 ハミルトン郡 (Hamilton County) の細長い部分は南西の境界 (グリーンビル条約線 (Greenville Treaty line)) と共に、 ホワイトウォーター川 (Whitewater River) の集水域 (drainage basin) の一部分を形成し、 ゴア ("The Gore", 三角形の布) と呼ばれ、これも インディアナ準州に移譲された。