ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Ohio Country - Wikipedia
オハイオ・カントリー (Ohio Country)

オハイオ・カントリー (時には オハイオ領土 (Ohio Territory) あるいは フランス人によりオハイオ峡谷 (Ohio Valley) と呼ばれた) は 18 世紀中頃から 18 世紀末にかけて北米の一地域に使用された名称で、 上流オハイオ川 (upper Ohio) と アレゲーニー川の北方で、 現在のオハイオ州全部に、 ウェスト・バージニア州北部、 西部ペンシルバニア州、 そしてインディアナ州南東部 を付けたものである。

オハイオ・カントリー、1775 年と 1794 年の間の戦闘と虐殺

ここは 17 世紀に イロコイ (Iroquois) と他のアメリカ原住民による 抗争があった ( ビーバー戦争 (Beaver Wars) を参照の事)。 ここは 18 世紀始めにニュー・フランスのルイジアナ行政地区 (New France administrative district of Louisiane) の一部分になった。 フランスと英国は 18 世紀中頃にこの領有をめぐって、 フレンチ・インディアン戦争 (1753 年 - 1763 年) を戦い、1763 年のパリ条約で英国に割譲された。 続く数十年間に幾つかの規模の小さなフロンティア戦争 (frontier war) -- これに含まれるものは ポンティアック戦争 (Pontiac's Rebellion) と ダンモアの戦争 (Lord Dumore's War) -- がこの地域で戦われた。 オハイオ・カントリーは 1783 年の パリ条約で組織化されていない米国領土の一部分となった。 これは米国の最初のフロンティア地区の 1 つであった。 幾つかの植民地国 (訳注:現在の 13 州の事) がこの 1 部分に関して領有権を主張し、 これに含まれるものはコネチカット (Connecticut)、バージニア (Virginia)、そして ペンシルバニア (Pennsylvania) があった。 1787 年に各州の主張は大体消えうせ、 より大きな 北西部領土 (Northeast Territory) の一部分になった。 元の地域の大半であるオハイオ川の北と西は 1803 年にオハイオ州になった。

  1. 植民地時代
  2. フレンチ・インディアン戦争
  3. アメリカ独立戦争 (American Revolution)
  4. 州の領有権の主張 (States' claims)
  5. 北西部領土 (Northwest Territory) への法人化
植民地時代

17 世紀に、オハイオ川北の地域は アルゴンキン (Algonquian) を話す ショーニー族 (Shawnee) と スー (Siouan) を話す幾つかの部族により 占有されていた。 1660 年頃に、 ビーバー戦争 (Beaver Wars) と呼ばれる紛争の最後に、 イロコイはオハイオ・カントリーを支配し、 オマハ族 (Omaha) や ポンカ族 (Ponca) のような ショーニー族 (Shawnee) とスー族 (Siouans) を追い出し、 彼らは更に北西と西に移住した。 オハイオ・カントリーは何十年もの間、大体は人が住んでいないままとなり、 主にイロコイの狩猟場として使用された。

1720 年代に、アメリカ原住民の幾つかのグループが 東部からオハイオ・カントリーに移住し始めた。 彼らはヨーロッパの開拓者の侵略の圧力から追い出されていた。 1724 年には、デラウェア・インディアンが現在のペンシルバニア州西部 のアレゲーニー川沿いにキタニング村を設置した。 彼らと共に歴史的に東部に定住していた ショーニー族 (Shawnee) も来た。 一方、散り散りになっていた ショーニー族の集団が続く数十年間に オハイオ・カントリーに戻り始めた。 幾つかのセネカ (Seneca) と他のイロコイ (Iroquois) もオハイオ・カントリー に移住を始め、彼らは オンタリオ湖南の英国とフランスの対抗から逃れてきた。 セネカ (Sebeca) はニューヨークに拠点を持つイロコイ・ネイションズの最西端にいた。

1740 年代末と 18 世紀後半に、英国とフランスは領地を支配しようとした。 1749 年に国王はバージニア政府を経由して、 オハイオ会社 (Ohio Company) にこの領地の大きな取引を与え、 13 植民地からの開拓者が定住する条件が付いていた。

フレンチ・インディアン戦争

ヨーロッパ人が到来して、英国とフランスは この地域の領有権を主張し、どちらもオハイオ・カントリーの インディアンとビジネスをするために、この地域に毛皮商人を送った。 イロコイ連合 (Iroquois League) は征服の権限によって、この地域の 領有権を主張した。 ヨーロッパ 2 国、イロコイ、そしてオハイオ原住民の間の 地域支配の競争は 1754 年から 1760 年までの フレンチ・インディアン戦争で重要な部分を演じた。 オハイオ・カントリーのインディアンは、最初は中立のまゝであったが、主にフランスの側についた。 彼らは、フランスからの供給と銃で武装し、 キタニング道 (Kittanning path) を経由して、 アレゲーニー山脈東の敵を襲撃した。 彼らが 1756 年の夏にグランビル砦 (Fort Granville) を破壊した後に、 ジョン・ペン (John Penn) はジョン・アームストロング (John Armstrong) に命令して、 アレゲーニー山脈西の ショーニー族 (Shawnee) の村々を破壊させ、 彼らの襲撃活動を終了させた。

英国は一連の戦役 (campaigns) によって戦争でフランスを破った。 一方、他の英国軍はフランス軍をデュケーヌ砦 (Fort Duquesne) から追い出し、 ピット砦 (Fort Pitt) を建設した。これがペンシルバニア州ピッツバーグ市の原点である。 パリ条約で、フランスはオハイオ地区全域を割譲し、これを原住民の同盟に相談しなかった。 ペンシルバニアやバージニアのような植民地は彼らの元々の設立認可状 (charter) により、 西方の土地少々の領有権を主張した。

この地域は 1763 年の王室布告 (Royal Proclamation) によって、 公的にヨーロッパ人の開拓に閉鎖された。 国王 (Crown) は植民地達がこの領地に主張する領有権をもはや認めなかった。

アメリカ独立戦争 (American Revolution)

1774 年 6 月 22 日に、英国議会 (Parliament) は 「ケベック法」 (Quebec Act) を通過して、 この地域を英国領ケベック (province of Quebec、[訳注 1763 年 - 1791 年にあった植民地]) に併合した。 13 植民地の入植者 (colonist) はこれを英国議会が通過した 耐えがたき諸法 (Intolerable Acts) の一つと見なし、米国独立戦争 (American Revolution) に 寄与した。

国王の行動にも関わらず、バージニア植民地とペンシルバニア植民地の辺境開拓者 (frontiersman) はアレゲーニー山脈を横断し始め、 ショーニー族 (Shawnee) と紛争になった。 ショーニー族 (Shawnee) は開拓者にロング・ナイフ (Long Knives) と呼ばれた。 開拓者が引き起こす脅威の理由から、 ショーニー族 (Shawnee) とオハイオ・カントリーの 他の部族 (nations) はアメリカ独立戦争の最中にはアメリカ開拓者に逆らって、 英国の側についた。

1778 年に、 ジョージ・ロジャース・クラーク将軍 (General George Rogers Clark) によるこの地域の勝利の後で、 バージニア議会はこの地域で最初の民生政府を組織した。 彼らは、これをイリノイ郡 (Illinois County) と呼び、 ここはバージニアがなんらかの所有権を持つオハイオ川西にあるすべての土地から構成された。 この地域を維持しようとするアメリカ原住民の 戦闘の絶頂期 (high-water mark) は 1782 年にあった: オハイオ・ネイションズ (Ohio Nations) と英国はリトル・マイアミ川 (Little Miami River) 沿いのショーニー族 (Shawnee) の Chalawgatha 村の協議会 (council) で会合し、 2 週間後のオハイオ川 (Ohio River) 南の ブルー・リックスの戦い (Battle of Blue Licks) におけるアメリカ人の完敗となったものを成功裏に計画した。

1783 年に、パリ条約に続き、英国はこの地域の領有権を、戦争後に独立したアメリカに譲渡した。 連邦政府はアメリカの開拓者にこの地域の開拓を直ちに開放し、ここを組織化されていない領地と見なした。 オハイオ・カントリーは、アパラチア山脈越えの開拓にとり、 すぐに最も望ましい場所の一つになった。

スタンウィックス砦の条約 (Treaty of Fort Stanwix) と マッキントッシュ砦の条約 (Treaty of Fort McIntosh) で、 米国はアメリカ領と原住民の土地の間に境界を固定した。 ショーニー族 (Shawnee) 等の部族は彼らの歴史的な土地の中へのアメリカ人の侵略に抵抗し続けた。 この抵抗により、 北西部領土 (Northwest Territory) が組織化されると、 北西部インディアン戦争 (Northwest Indian War) になった。

州の領有権の主張 (States' claims)

この地域はとても望ましいと考えられ、 幾つかの東部州の重複・矛盾する領地の野望の対象であった。

北西部領土 (Northwest Territory) への法人化

各州の領有権は 1780 年と 1786 年の間に米国に移譲された。 1787 年 7 月に、オハイオ・カントリーの大半は 北西部領土 (Northwest Territory) として 法人化された。 1803 年に、オハイオ川の北と西の元々のオハイオ・カントリー (Ohio country) であったものの大半はオハイオ州に法人化された。