ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

French and Indian War - Wikipedia
フレンチ・インディアン戦争
(French and Indian War)

フレンチ・インディアン戦争 (1754 年 - 1763 年) により、 英国領アメリカの植民地が ニュー・フランス (New France) と戦い、 どちらも本国からの軍事部隊とアメリカ原住民の同盟に支えられた。 戦争の開始時点では、フランスの植民地にはおよそ 60,000 人の開拓者がおり、 比較すると英国の植民地には 200万人がいた。 人数で下回るフランスはとりわけ原住民に依存した。

ヨーロッパの国々は 1756 年に海外でより広い戦争を宣言した。 この時、フレンチ・インディアン戦争になってから 2 年が経過していた。 人によっては、フレンチ・インディアン戦争は 1756 年 - 1763 年の世界的な 七年戦争の単なるアメリカでの 戦域であると見なしている。 しかしながら、フレンチ・インディアン戦争はヨーロッパの戦争と何の関連もない単独な紛争であると、 米国では見なされている。 フランス系のカナダ人はこれを Guerre de la Conquête ('War of the Conquest'、征服戦争) と呼んでいる。

フレンチ・インディアン戦争

英国の開拓者 (colonist) は色々な時に イロコイ (Iroquois), ガトーバ族 (Catawba), そして チェロキー (Cherokee) の部族により 支えられ、 フランスの開拓者を支援したのは: ワバナキ連邦 (Wabanaki Confederacy) のメンバーの部族である アベナキ族 (Abenaki) と ミクマク族 (Mi'kmaq、[訳注:Mi'kmaw とも呼ぶ])、 そして アルゴンキン族 (Algonquin), レナペ族 (Lenape), オジブワ族 (Ojibwa), オタワ族 (Ottawa), ショーニー族 (Shawnee), 及び ワイアンドット族 (Wyandot) であった。 戦闘は ニュー・フランス (New France) と英国植民地間のフロンティアに沿って起き、 南の バージニア植民地 (Province of Virginia) から北の ニューファンドランド (Newfoundland) に至った。 これは アレゲーニー川 (Allegheny River) と モノンガヒラ川 (Monongahela River) の合流点 -- オハイオ川の分岐点 (Forks of the Ohio) と呼ばれる -- とペンシルバニア州ピッツバーグのフランスの デュケーヌ砦 (Fort Duquesne) の場所のコントロールに関しての口論から始まった。 口論は 1754 年 5 月の ジュモンヴィルグレンの戦い (Battle of Jumonville Glen) で、暴力に発展した。 この時 22 才の ジョージ・ワシントン (George Washington) の命令下の バージニアの民兵はフランスのパトロールを待ち伏せした。

1755 年に、6 人の植民地総督は エドワード・ブラドック将軍 (Edward Braddock) と会見した。 彼は新たに到着した英国陸軍の司令官で、フランスに 4 方向攻撃を計画した。 どれも成功せず、 ブラドック (Braddock) による主な努力は破局的であることが判明した; 彼は 1755 年 7 月 9 日にモノンガヒラの戦い (Battle of Monongahela) で敗れ、数日後に亡くなった。 英国の作戦は 1755 年 - 1777 年の間、 ペンシルベニア植民地 (Province of Pennsylvania) と ニューヨーク植民地 (Province of New York) のフロンティア地区で失敗した。 この理由は 貧弱な管理、 内部分裂 (internal division)、 効果的なカナダの偵察 (scout)、 フランスの正規軍、そして 原住民の同盟戦士 (warrior allies) によっていた。 1755 年に、英国はノバスコシア (Nova Scotia) を アカディア (Acadia) から分離する 境界上のボゼジュール砦 (Fort Beauséjour) を奪い、その後すぐにアカディア人 (Acadians) の 追放 (1755 年 - 1764 年) を命令した。 国外退去 (deportation) の命令は最高司令官の ウィリアム・シャーリー (William Shirley) により与えられ、英国からの指示がなかった。 アカディア人 (Acadians) は武器を持って捕らえられたも者も、 国王に忠誠を誓った者も共に追放された。 原住民も同様に土地から追い払われ、ニューイングランドからの入植者に道を開いた。

英国植民地政府は 1757 年の幾つかの破局的戦役のあとで、ノバスコシア (Nova Scotia) 地域で陥落した。 このような戦役に含まれたものは: 失敗した ルイブール戦役 (Louisbourg) と ウィリアム・ヘンリー砦の包囲戦 (Siege of Fort William Henry) があった; 後者には原住民による犠牲となった入植者の拷問と虐殺が続いた。 ウィリアム・ピット (William Pitt) が権力を手に入れ、植民地における英国の軍事資源を随分と増やし、 この時、フランスは ニュー・フランスに保持していた限られた軍隊を援助するための大規模な護衛に消極的で、 ロシアとその同盟国に対抗する軍隊に専念することを選んだ、今やヨーロッパでは 七年戦争に交戦中だったのである。 オハイオにおける紛争は 1758 年に終了し、 オハイオ・カントリー (Ohio Country) における英国-アメリカの勝利となった。 1758 年と 1760 年の間に英国軍はフランス領カナダを獲得するための戦役に乗り出した。 彼らは、周辺の植民地、そして究極的にはケベック市を獲得することに成功した (1759 年)。 翌年に英国はモントリオール戦役 (Montreal Campaign) で勝利し、これによりフランスは パリ条約に従って、カナダを引き渡した。

フランスはミシシッピ川の東の領土も英国に引き渡し、 ミシシッピ川西のフランス領ルイジアナ (French Louisiana) を同盟国 スペインに引き渡した、 これはスペインがスペイン領フロリダ (Spanish Florida) を英国に失ったことによる埋め合わせであった。 カリブ海北のフランス植民地の存在は サンピエール島・ミクロン島 に縮小され、北米における英国の支配的な植民地大国 (colonial power) の地位を確実にした。

  1. 命名
  2. 背景
  3. 戦争の経過
  4. 和平
  5. 結果
命名

英国領アメリカでは、しばしば戦争はその時代の英国君主にちなんで命名された。 例えば ウィリアム王戦争 (King William's War) あるいは アン女王戦争 (Queen Ann's War) がある。 ジョージ2世 (King George II) の治世の最中の 1740 年代に ジョージ王戦争 (King George's War) がすでにあった。 そこで英国の開拓者はこの紛争を敵によって命名し、フレンチ・インディアン戦争 (French and Indian War) と呼ばれるようになった。 これは米国の戦争の標準的名称として継続している、 もっともインディアンは両方の側で戦った。 これは海の向こうの 七年戦争 (Seven Year's War) にもつながり、 こちらはフランスと英国 (Great Britain) の間のもっと大きな紛争で、 アメリカの植民地を含んでいなかった; 歴史家によっては、フレンチ・インディアン戦争 (French and Indian War) と海の向こうの 七年戦争 (Seven Year's War overseas) の間の関連を付けるが、 米国住民の大半はこれらを 2 つの別々の紛争 -- このうちの 1 つがアメリカ植民地に関連 -- とみなし、アメリカの歴史家は一般に伝統的な名称を使用する。 それほど頻繁には使用されない戦争の名称に含まれるのは: 「第四次植民地間戦争」 (Fourth Intercolonial War) と「帝国の大戦争」 (Great War for the Empire) がある。

カナダの民兵
17 世紀中頃 - 18 世紀
七年戦争の時の交戦国,カナダ人とヨーロッパ人は
フレンチ・インディアン戦争を七年戦争の一つの
戦域とみなすが、アメリカ人は別の紛争とみなす。

ヨーロッパでは、フレンチ・インディアン戦争は 七年戦争に融合され、 別の名称が与えられていない。 "七年" とはヨーロッパでは 1756 年の公式な宣戦布告 -- フレンチ・インディアン戦争が開始した 2 年後 -- から、1763 年の平和条約の署名に至るまでのイベントを言及する。 アメリカでのフレンチ・インディアン戦争は、これと対比すると、 1754 年の ジュモンヴィルグレンの戦い (Battle of Jumonville Glen) から 1760 年の モントリオールの獲得 (capture of Montreal) までの 6 年間と判断された。

カナダ人はヨーロッパとアメリカの両方の紛争を 七年戦争 (Seven Years' War、Guerre de Sept Ans) に 融合している。 フランス系カナダ人は「征服戦争」("War of Conquest"、Guerre de la Conquête) の用語も使用する。 というのは、これはカナダが征服されて、大英帝国 (British Empire) の 1 部分となった戦争だからである。 ケベックではこの用語は人気の高い歴史家である ジャック・ラクルシエール (Jacques Lacoursière) と ドニ・ボジョワ (Denis Vaugeois) により売り込まれ、 彼らは、この戦争をフランス系カナダ人の独自性 (identity) と国家 (nationhood) の劇的な転換点 (tipping point) を考える上で モーリス・セガン (Maurice Séguin) のアイデアから借用している。

背景

この時期にミシシッピ川東の北米はおおまかには英国とフランスによって領有権を宣言されていた。 大きな地域には開拓地 (colonial settlement) がなかった。 フランス人の人口はおよそ 75,000 名で、セント・ローレンス川峡谷沿いにひどく集中し、 少々は アカディア (Acadia) (現在の ニューブランズウィック (New Brunswick) と ノバスコシア (Nova Scotia) の一部分) にも集中し、 イル・ロワイヤル (Île Royale) ( ケープ・ブレトン島 (Cape Breton Island)) が含まれていた。 より少数が住んでいたのは: ニューオーリンズ (New Orleans); ミシシッピ州ビロクシ (Biloxi, Mississippi); アラバマ州モービル (Mobile, Alabama); そして イリノイ・カントリー (Illinois Country) の小さな開拓地 (settlement) で、 ミシシッピ川の東側とその支流に沿っていた。 フランス人の毛皮商人と罠猟師 (trapper) はセント・ローレンス川とミシシッピ川の集水域を 通して移動し、地元のインディアンの部族と商売をし、しばしばインディアン女性と結婚した。 トレーダーは族長 (chief) の娘と結婚し、高い地位の結合を作った。

英国の開拓者 (settler) はフランスの開拓者を、数で 20:1 の比率で勝り、 およそ 150 万名の人口が 大陸の大西洋岸沿いに、 北のノバスコシア (Nova Scotia) とニューファンドランド植民地 (Colony of Newfoundland) から、 南の ジョージア植民地 (Province of Georgia) に至っていた。 より古い植民地の土地所有権の主張 (land claim) は西方に 任意に遠くまで延長されていた、 というのは植民地認可状 (provincial charter) が与えられた時期には大陸の大きさが知られていなかったからである。 人口の中心は海岸沿いであったが、開拓地は内部に進展していた。 英国は 1713 年にフランスからノバスコシア (Nova Scotia) を奪ったが、ここにはなお、フランス語を話す随分多くの 人口がいた。 英国は ルパート・ランド (Rupert's Land) も領有権を主張し、 ここでは ハドソン湾会社 (Hudson's Bay Company) が地元のインディアンの部族と毛皮の取引 (trade) をしていた。

クレール・デ・ブワ (coureurs des bois、森の走者) は
フランス系カナダ人の毛皮商人のことで、彼らはミシシッピ川
とセント・ローレンス川の集水域中で原住民と仕事をした。
イロコイの拡張の地図、1711 年。18 世紀中頃
までにイロコイ連合はニューヨーク北部から
オハイオ・カントリーまで拡張した。

フランスと英国の開拓者 (colonist) の間で、広い地域はインディアンの部族が支配していた。 北では、 ミクマク族 (Mi'kmaq) と アベナキ族 (Abenakis) は 「ル・ルートル神父の戦争」 (Father Le Loutre's War) に参戦し、 今なお支配していたのは: アカディア (Acadia) のノバスコシア (Nova Scotia) の一部分、 カナダ植民地 (Province of Canada) の東の部分、 更には Maine の多くの部分があった。 イロコイ連合 (Iroquois Confederation) はニューヨーク北部 (upstate New York) と オハイオ・カントリー (Ohio Country) の多くを支配していた、 もっとも、オハイオには アルゴンキン語 (Algonquian) を話す デラウェア族 (Delaware) と ショーニー族 (Shawnee) もおり、 更にはイロコイ (Iroquois) を話すミンゴ族 (Mingo) もいた。 これらの部族は正式にはイロコイ支配 (Iroquois rule) の下にあり、 これにより条約を結ぶ権限では制限があった。

訳注
カナダ植民地 ( province of Canada) は ニュー・フランスの一部分で、五大湖の南からセント・ローレンス川 に至っていたが時代と共に変動。

南東内部を支配していたのは: スー語 (Siouan) を話すカトーバ族 (Catawbas)、 マスコギ語 (Muskogee) を話す クリーク族 (Creeks) と チョクトー族 (Choktaw)、 イロコイ (Iroquoian) を話す チェロキー族 (Cherokee) であった。 戦争が勃発した時に、 フランスの開拓者はトレードのコネを使用して、 五大湖地域西部の部族から戦闘士を募集した。 このような部族はフランスと英国の間の紛争に直接かかわりが無かったからである; このような部族に含まれたのは: ヒューロン族 (Hurons), ミシサガ族 (Mississaugas), オジブワ族 (Ojibwas), Winnebagos, そして ポタワトミ族 (Potawatomi) であった。

英国の開拓者を支援したのは: イロコイ・シックス・ネーションズ (Iroquois Six Nations)、そして チェロキー族 (Cherokee) であったが、 後者は相違点が 1758 年の「英国-チェロキー戦争」 (Anglo-Cherokee War) を引き起こすまでの事であった。 1758 年に、 ペンシルベニア植民地 (Province of Pennsylvania) は 成功裏に イーストン条約 (Treaty of Easton) を交渉し、 これにより、 オハイオ・カントリー (Ohio Country) の幾つかの部族は土地の特権と他の配慮の引き換えに中立を約束した。 他の北方の部族の大半は、主なトレードの仲間且つ武器の供給者である フランスの側に味方した。 クリーク族 (Creeks) と チェロキー族 (Cherokee) は紛争で支援あるいは中立を得るために、 フランスと英国双方の外交努力にさらされた。

1762 年頃のチェロキー族。チェロキー族は
紛争の場合に支援、あるいは中立を得るために
英国とフランスの外交努力にさらされた。

この時点では、スペインはスペインはアメリカ東部のフロリダ植民地 (province of Florida) のみに 領有権を主張していた。 スペインは西インド諸島 (West Indies) のキューバと他の領地をコントロールし、 ここは 七年戦争の軍事標的になった。 ヨーロッパ人のフロリダの人口は数百人で、 セントオーガスティン (St. Augustine) に集中していた。

戦争が始まった時には、フランスの正規軍はアメリカに駐屯していなかった。 ニュー・フランス (New France) はおよそ 3,000 名の海兵隊の部隊と 植民地正規軍中隊 (companies of colonial regulars) (このうちの少々は森林戦闘経験が随分あった)。 植民地政府は必要があれば、民兵の支援を採用した。 英国は部隊の数が少なかった。 英国植民地の大半は地元の民兵の中隊を招集して、インディアンの脅威を処理し、 一般には良く訓練されておらず、短期間しか利用できなかった。 しかし、彼らは常備兵力を持っていなかった。 対照的にバージニアはフロンティアが広く、幾つかの英国の正規軍中隊がいた。

敵意が始まった時に、英国の複数の植民地政府は互いに、そしてロンドン政府と独立に処理することを 好んだ。 この状況はインディアンとの交渉を複雑にした、というのは彼らの領地はしばしば、 複数の植民地が領有権を主張している土地にまたがっていたからである。 戦争が進展するにつれ、英国軍機関の指導者は (複数の) 植民地政府に制約と要求を課そうとした。

セロロン (Céloron) の遠征
ニュー・フランス総督のロラン=ミシェル・バラン・ド・ラ・ガリソニエールは
1749 年にオハイオ・カントリーに遠征を派遣した。フランスの主権を断言する目的であった。

ニュー・フランスの総督且つ将軍の ロラン=ミシェル・バラン・ド・ラ・ガリソニエール (Roland-Michel Barrin de La Galissonière) は、 オハイオ・カントリー (Ohio Country) における英国のトレーダー -- 例えばジョージ・クロガン ( George Croghan) -- の侵入と拡張する影響に懸念した。 彼は 1747 年 6 月に、 ピエール-ジョセフ・セロロン (Pierre-Joseph Céloron) に、この地域を通り抜ける軍事遠征を率いることを命令した。 その目的は:

セロロン (Céloron) の遠征軍はおよそ 200 名の海兵隊 (Troupes de la marine)、 そして 30 名のインディアンから構成され、 彼らは 1749 年 6 月から 11 月までおよそ 3,000 マイル (4,800 km) を進んだ。 彼らはセント・ローレンス川をさかのぼり、オンタリオ湖の北岸に沿って継続し、 ナイアガラのポーテッジを横断して、エリー湖の南岸をたどった。 ニューヨーク (New York) のバルセロナ (Barcellona) の近くのショートーカ・ポーテッジ (Chautauqua Portage) で、 遠征は内陸の アレゲーニー川 (Allegheny River) に移動し、この川をピッツバーグ (Pittsburgh) まで辿った。 ここでセロロン (Céloron) はフランスが オハイオ・カントリー (Ohio Country) の領有権を主張することを刻んだ鉛板を埋めた。 彼は英国植民地の商人あるいは毛皮商人 (fur-traders) と遭遇するたびに、 フランスが領有権を主張することを彼らに知らせ、立ち去るように告げた。

セロロン (Céloron) の遠征隊はログズタウン (Logstown) に到着した。この地域のインディアンが彼に知らせたことは、 彼らが オハイオ・カントリー (Ohio Country) を所有し、フランス人に関わりなく、彼らは英国植民者とレードをすることであった。 彼は南に進み続け、遠征隊はオハイオ川とマイアミ川 (Miami River) の合流点に到達した。 ここはピカウィラニー (Pickawillany) の村のすぐ南にあり、この村に マイアミ族 (Miami) 族長 (chief) のオールド・ブリトン ("Old Briton"、古い英国人) と呼ばれる人の家があった。 セレロン (Céloron) はオールド・ブリトン (Old Briton) を脅し、もしも英国の植民者とトレードを継続すれば過酷な 結果になるとした。 しかしオールド・ブリトン (Old Briton) は警告を無視した。 セロロン (Céloron) は失望して、1749 年 11 月にモントリオール (Montreal) に戻った。

セレロン (Céloron) は随分詳細な報告を書いた。 「言えることは、これらの場所の原住民はフランス人に対して悪い傾向があり」 と書き、 「イングランド人に専念している。どのようにして彼らを取り戻せばよいかわからない。」 彼がモントリオール (Montreal) に戻る前にさえ、 オハイオ・カントリー (Ohio Country) の事情に関しての報告はロンドンとパリに伝えられ、 どちらの側も行動を取ることを提案した。 マサチューセッツ総督 (Massachusetts governor) のウィリアム・シャーリー (William Shirley) はとりわけ強硬で、 英国の植民者は、フランス人がいる限り安全ではないと述べた。

交渉

オーストリア継承戦争 (War of the Austrian Succession) は 1748 年に終了し、 エクス・ラ・シャペル条約 (Treaty of Aix-la-Chapelle) が署名され、 これは主にヨーロッパの問題を解決することに焦点が置かれた。 英国とフランスの間の相克する領有権の問題は、 委員会にゆだねられたが、何の結論にも達しなかった。 フロンティア地区の領有権は双方によって主張され、 北のノバスコシア (Nova Scotia) と アカディア (Acadia) から、南の オハイオ・カントリー (Ohio Country) にまで至った。 論争は大西洋にも拡大し、 どちらの国も、 ニューファンドランド島 (Newfoundland) 沖の グランドバンクス (Grand Banks) の豊かな漁場へのアクセスを望んだ。

青色:フランス領、桃色:英国領、
紫色:1713 年の ユトレヒト条約でフランスから英国に引き渡された土地
茶色:スペイン領
北米におけるヨーロッパの植民地の地図、1750 年頃。
1748 年の ジョージ王戦争 (King George's War) の
の終了後、領有権に関する議論が持続した。

1749 年に、英国政府は オハイオ・カントリー (Ohio Country) における、 トレードと開拓を進展させる目的で、「バージニアのオハイオ会社」(Ohio Company of Virginia) に土地を譲渡した。 この譲渡に必要とされたことは、領地に 100 家族を定住させ、この保護のために砦を建設することであった。 しかし、この領地はペンシルバニア (Pennsylvania) によっても主張され、 どちらの植民地もそれぞれの主張を改善するための行動を押し始めた。 1750 年に、クリストファー・ジスト (Christopher Gist) は オハイオ・カントリーを調査し、 バージニア (Virginia) と会社 (company) の双方のために行動し、 ログズタウン (Logstown) のインディアン部族と交渉を始めた。 彼は 1752 年のログズタウンの条約 (Treaty of Logstown) を完成し、 地元のインディアンは彼らの"ハーフ・キング" ("Half King"、半王) であるタナカリサン (Tanacharison、/ˌtænəkəˈrɪsən, -əxə-/、[訳注:Tanaghrisson (/ˌtænəˈɡrɪsən, ˌtænəxˈrɪsən/) とも言う]) と イロコイ (Iroquois) の代表を通して条項に同意した。 これらの条項には モノンガヒラ川 (Monongahela River) の流出口 -- 現在のペンシルバニア州ピッツバーグ -- に要塞 (strong house) を建設する許可が含まれていた。

オハイオ・カントリー (Ohio Country) におけるエスカレーション (escalation)

ニュー・フランスの総督 (Governor-General) である マルキス・ド・ラ・ジョンキエール (Marquis de la Jonquière) は 1752 年 3 月 17 日に亡くなり、 一時的にシャルル・ル・モワーヌ・ド・ロンゲール (Charles le Moyne de Longueuil,ロンゲールのシャルル・ル・モワーヌ) によって交代させられた。 彼の恒久的な交代はマルキス・デュケーヌ (Marquis Duquesne、デュケーヌ侯爵) になることになっていたが、彼は 1752 年まで ニュー・フランスに到着して、 地位に就任することがなかった。 オハイオ領土 (Ohio territories) における継続した英国の活動により、ロンゲール (Longueuil) は直ちに、 シャルル・ミッシェル・ド・ラングラード (Charles Michel de Langlade) -- 海兵隊 (Troupes de la Marine) の将校 -- の指揮下の別の遠征を派遣した。 ラングラード (Langlade) は 300 名を与えられ、これにフランス系カナダ人とオタワ部族の戦闘士 (warrior) が含まれていた。 彼の目的は英国とのトレード関してのセレロン (Céloron) の停止命令に従わなかったことにより、 ピカウィラニー (Pickawillany) のマイアミ族 (Miami) を処罰することであった。 6 月 21 日に、フランスの戦争部隊 (party) はピカウィラニー (Pickawillany) のトレード・センターを攻撃して、 3 人のトレーダーを捕らえ、14 名のマイアミ・インディアン (Miami Indians) を殺し、 これにオールド・ブリトン (Old Briton) が含まれていた。 彼は遠征隊の何人かのインディアンによって、儀式的に食われたと言われている。

フランスの砦の建設

1753 年春に、 ポール・マラン・ド・ラ・マルグ (Paul Marin de la Malgue) は 海兵隊 (Troupes de la Marine) とインディアンからなる 2000 名の 兵力の指揮権を与えられた。 彼の命令はオハイオ峡谷における国王の土地を英国から守ることであった。 マラン (Marin) はセレロン (Céloron) が 4 年前に地図を作ったルートの後を追った。 しかしながら、 セレロン (Céloron) はフランスの領有権の主張を鉛板の埋設場所までに制限し、 一方、マラン (Marin) は砦を建設して守備隊を置いた。 彼は、最初はペンシルバニアのエリー (Erie) の近くのエリー湖の南岸にプレスク・アイル砦 (Fort Presque Isle) を建設し、 ルブーフ川 (LeBoeuf Creek) の源流まで道路を建設させた。 彼は次にペンシルバニアのウォーターフォード (Waterford) にル・ブーフ砦 (Fort Le Boeuf) を建設し、 ルブー フ川 (LeBoeuf Creek) の源流を守備するようにデザインした。 彼は南下するにつれ、英国のトレーダーを追い払ったり、捕らえたりして、英国人とトレーダーを警戒させた。 タナグリサン (Tanaghrisson) はミンゴ・インディアン (Mingo Indians) の族長 (chief) で、 この部族は植民地の拡張により西に追われたイロコイ (Iroquois) などの部族の残り (remnant) であった。 彼はフランス人を猛烈に嫌い、フランス人が父を殺して、食らったと非難した。 彼はル・ブーフ砦 (Fort le Boeuf) に移動して、フランス人を軍事行動で脅したが、 マラン (Marin) は馬鹿にしてはねつけた。

1754年のル・ブーフ砦 (Fort Le Boeuf)。1753 年の春に
フランス人はオハイオ・カントリーに一連の砦の建設を始めた。

イロコイ (Iroquois) はニューヨーク北部 (upstate New York) のウィリアム・ジョンソン (William Johnson) の 邸宅に飛脚 (runner) を派遣した。 彼はニューヨーク地区及びそれ以遠のインディアン問題の英国の最高責任者 (Superintendent) であった。 ジョンソン (Johnson) はイロコイ (Iroquois) には Warraghiggey (ウォレジギー) -- 「偉大なことをする人」 ("he who does great things") の意味 -- と呼ばれた。 彼はイロコイ (Iroquois) の言葉を使い、この地区の イロコイ連合 (Iroquois Confederacy) の尊敬される名誉メンバーに なり、1746 年にイロコイ (Iroquois) の大佐 (colonel) になった; 彼は後に西ニューヨーク民兵 (Western New York Militia) の大佐 (colonel) に依頼された。

インディアンの代表とジョンソン (Johnson) はジョージ・クリントン総督 (George Clinton) と他の アメリカ植民地の幾つかの当局者と共に、ニューヨークのオールバニー (New York, Albany) で会合した。 モホーク族長 (Mohawk) の ヘンドリック (Hendrick) は部族協議会 (tribal council) の議長 (speaker) で、 英国が義務を順守し、フランスの拡張を阻止することを主張した。 クリントン (Clinton) は彼が望むように応答せず、 ヘンドリック (Hendrick) は コブナント・チェーン (Covenant Chain, 盟約の鎖) が壊れたと言った。コブナント・チェーンとは イロコイ連合 (Iroquois Confederacy) と英国国王 (British Crown) の間の長期にわたる友好を指していた。

バージニアの反応

バージニアのロバート・ディンウィディー総督 (Robert Dinwiddie) はオハイオ会社 (Ohio Company) の投資家で、 この会社は、もしもフランス人が領有権を固執すれば、資金を失うことになった。 彼は 21 才の ジョージ・ワシントン少佐 (George Washington, 彼の兄弟もオハイオ会社 (Ohio Company) の別の投資家) に命令して、 フランス人にバージニア領地 (Virginia territory) を離れるように 1753 年 10 月に 警告させた。 ワシントンは小部隊と共に出発し、 連れて行ったのは: 通訳として ジェイコブ・ファン・ブレームJ(acob Van Braem)、 クリストファー・ジスト (Christopher Gist、この地域で働く会社の測量技師)、 そしてタナグリサン (Tanaghrisson) が率いる数名のミンゴ族 (Mingos) であった。 12 月 12 日に、ワシントンと一行はル・ブーフ砦 (Fort le Boeuf) に到達した。

ジャック・ルギャルデール・ド・サン=ピエール (Jacques Legardeur de Saint-Pierre) は マラン (Marin) が 10 月 29 日に亡くなった後に、 フランス軍の司令官としてマラン (Marin) を引き継ぎ、ワシントンを晩餐会 (dinner) に招待した。 晩餐会の席上、ワシントンはサン=ピエール (Saint-Pierre) にディンウィディー (Dinwiddie) からの手紙を提示し、 これはフランス軍の オハイオ・カントリー (Ohio Country) からの即時撤退を要求した。 サン=ピエール (Saint-Pierre) が言ったことは: 「あなたが私を引退させるために送った召喚状に関しては、 私は従わざるを得ないとは思わない」 彼がワシントンに述べたことは: 「この地域のフランスの主張は英国のものよりも上である、 というのは ルネ=ロベール・カヴリエ・シュ・ド・ラ・サール (René-Robert Cavelier, Sieur de La Salle) は オハイオ・カントリー (Ohio Country) を 1 世紀以上前に探検しているからである」。

1754 年、バージニア連隊 (Virginia Regiment) のジョージ・ワシントンは派遣され
て、フランス人にバージニア領地 (Virginia territory) を離れるように警告した。

ワシントンの部隊は 12 月 16 日の早くに、ル・ブーフ砦 (Fort Le Boeuf) を去り、 1754 年 1 月 16 日にウィリアムズバーグ (Williamsburg) に到着した。 彼が報告の中で述べたことは: 「フランス人は南方を一掃し」、 彼らがこの場所を要塞化するために取ったステップと、 アレゲーニー川とモノンガヒラ川の合流点を要塞化した彼らの意図を詳述した。

戦争の経過

ワシントンが帰還する前にさえも、ディンウィディー (Dinwiddie) はウィリアム・トレント (William Trent) の指揮下の 40 名の 歩兵中隊をその場所に送り、ここで 1754 年の始めに、防御柵で囲んだ小さな砦 (small stockaded fort) の 建設を始めた。 デュケーヌ総督 (Duquesne) は、同じ時期にクロード=ピエール・ペコーディ・ド・コントルクール (Claude-Pierre Pécaudy de Contrecœur) の指揮下の追加のフランス軍を送り、 サン=ピエール (Saint-Pierre) を解放した。 そしてコントルクール (Contrecœur) は 1754 年 4 月 5 日にベナンゴ砦 (Fort Venango) から南に向けて 500 名を率いた。 これらの軍は 4 月 16 日に砦に到着したが、コントルクール (Contrecœur) は 寛大にもトレント (Trent) の小さな歩兵中隊の退却を許した。 彼は彼らの建設道具を購入して建設を継続し、 デュケーヌ砦 (Fort Duquesne) になった。

初期の戦闘

ディンウィディー (Dinwiddie) はワシントンに命令して、 より大軍を率いてトレント (Trent) の工事を手伝わせるようにした。 ワシントンはその途上で、トレント (Trent) の退却を知った。 「ミンゴ (Mingo) 指導者のタナグリサン」 (Mingo sachem Tanaghrisson) は英国を支援することを約束した、 そこでワシントンは デュケーヌ砦 (Fort Duquesne) に向けて進み続けて、彼に会った。 次に彼はこの地域のフランスの雇用部隊を知り、彼はタナグリサン (Tanaghrisson) の軍隊と 自分の軍隊を合わせて、 5 月 28 日にカナダ人 (Canadiens、 ニュー・フランスのフランス植民者のこと) を不意打ちして、「ジュモンヴィル・グレンの戦い」 (Battle of Jumonville Glen, glen=谷) と呼ばれた。 彼らは多くのカナダ人を殺し、これに司令官のジョセフ・クーロン・ド・ジュモンヴィル (Joseph Coulon de Jumonville) が含まれ、 頭がタナグリサン (Tanaghrisson) によってトマホークで切り裂かれた。 歴史家のフレッド・アンダーソン (Fred Anderson) が示唆することではタナグリサン (Tanaghrisson) の行動の目的は 英国の支援を得ることと、身内 (his own people) の中で権威を再獲得することであった。 彼らはフランス人を支える傾向があり、フランス人と長い間トレードの関係があった。 タナグリサン (Tanaghrisson) の部下がコントルクール (Contrecoeur) に語ったことに よるとジュモンヴィル (Jumonville) は英国のマスケット銃 (musket fire) で殺された。 歴史家はジュモンヴィル・グレンの戦い (Battle of Jumonville Glen) を 一般に北米におけるフレンチ・インディアン戦争の開始且つオハイオ峡谷に おける敵意の開始と見なしている。

戦いの後で、ワシントンは数マイル後退し、ネセシティ砦 (Fort Necessity) を設置した。 カナダ人はここを、ジュモンヴィル (Jumonville) の兄弟の命令下で攻撃し、 「ネセシティ砦の戦い」 (Battle of Fort Necessity) となった。 ワシントンは降伏し、武器携行の退却を交渉した。 彼の部下の報告によると、カナダ軍は ショーニー族 (Shawnee)、 デラウェア族 (Delaware) そしてミンゴ (Mingo) が同行していた、 彼らこそ、タナグリサン (Tanaghrisson) が影響を与えることを望んでいた。 2 つの戦いのニュースは 8 月に英国に到達した。 数ヵ月の交渉の後で、 ニューカッスル公爵 (Duke of Newcastle) の政府は翌年に遠征軍 (army of expedition) を派遣して、フランスを撃退することを決意した。 彼らは エドワード・ブラドック少将 (Major General Edward Braddock) を選んで、 遠征を先導させた。 英国の軍事計画の内容は北米に向けた ブラドック (Braddock) の出発のはるか以前にフランスに漏れた。 呼応して、国王ルイ 15 世は 1755 年にニュー・フランスにディースカウ男爵 (Baron Dieskau) の指揮下の 6 連隊を派遣した。 英国は 1755 年 2 月に艦隊を派遣して、フランス領の港を封鎖しようとしたが、 フランスの艦隊はすでに出帆していた。 エドワード・ホーク提督 (Edward Hawke) は、これをインターセプトするために、 高速小艦隊 (fast squadron) を北米に先行させた。

ネセシティ砦の戦いの最中のワシントン
と戦争会議。討議の後で撤退して砦を
明け渡すことが決定された。
1755 年 6 月に英国はフランス海軍の船を拿捕した。これは
ノバスコシアのアカディア人と ミクマク民兵 (Mi'kmaw
militia) に戦争資材を届けるために派遣されていた。

第二の英国の活動で、エドワード・ボスコ―ウェン (Edward Boscawen) は 1755 年 6 月 8 日にフランスの船アルシード (Alcide) に 砲撃し、この船と 2 隻の部隊輸送船 (troop ship) を捕らえた。 英国は 1755 年中フランスの船舶を苦しめ、船を捕らえて船乗りを捕まえた。 これらの活動により 1756 年春に、まもなく正式の宣戦布告につながった。

敵意の開始に対する初期の政治的反応は 1754 年の 6 月と 7 月にオールバニー議会 (Albany Congress) の召喚であった。 議会 (congress) の目的は色々なインディアンとのトレードと交渉の統一した前線 (front) を形成することであった。 というのは、色々な部族とネーション (nation、国) の忠誠 (allegiance) は展開されかけている戦争に重要であったからである。 代表者が同意した計画は植民地議会に承認されることもなく、国王に承認されたわけでもなかった。 にもかかわらず、議会 (congress) の方式 (format) と計画の多くの詳細は独立戦争の最中の連合政府 (confederation) のひな型になった。

英国の戦役、1755 年

英国は 1755 年の作戦で、攻撃的計画を作った。 ブラドック (Braddock) 将軍は デュケーヌ砦 (Fort Duquesne) に向けた遠征隊を率いることになり、 一方ウィリアム・シャーリー提督 (William Shirley) はオスウィーゴ砦 (Fort Oswego) を要塞化し、 ナイアガラ砦 (Fort Niagara) を攻撃する仕事を与えられた。 サー・ウィリアム・ジョンソン (Sir William Johnson) はニューヨークの クラウン・ポイント (Crown Point) のセント・フレデリック砦 (Fort St. Frédéric) を占拠し、 ロバート・モンクトン中佐 (Lieutenant Colonel Robert Monckton) は ノバスコシア (Nova Scotia) とアカディア (Acadia) の間のフロンティアで、 東のボゼジュール砦 (Fort Beauséjour) を占拠することになった。

英国軍がモノンガヒラ (Monongahela) でフランス軍と
インディアン軍から銃火をを受ける。ブラドック遠征隊
デュケーヌ砦 (Fort Duquesne) を奪うのに失敗した時。

ブラドック (Braddock) は 1755 年 6 月のブラドック遠征で、 凡そ 1500 名の軍の部隊と地方民兵 (provincial militia) を引き連れ、 ジョージ・ワシントンを補佐の 1 人にして、 デュケーヌ砦 (Fort Duquesne) を占拠することになった。 この遠征は大惨事であった。 遠征は、木の上、丸太の後ろの隠れた場所から、フランス正規兵、カナダの民兵、インディアンの戦士によって攻撃され、 ブラドック (Braddock) は退却を呼びかけた。 彼は殺され、およそ 1000 名の英国兵士は殺されるか負傷した。 残りの 500 名の英国部隊はワシントンに率いられて、バージニアに退却した。 ワシントンと トーマス・ゲージ (Thomas Gage) は退却を組織化する上でキーの役割を演じ、 この 2 人はアメリカ独立戦争の未来の敵対者であった。

英国政府は、ブラドック (Braddock) の敗北の知らせと、 1755 年 11 月に議会会期の開始と、 戦争の準備のために軍事能力を増大する計画を始めた。 初期の法制上の措置の中に含まれたのは: 1756 年の 「兵士採用法」 (Recruiting Act)、 1756 年の 「外国のプロテスタントを王立アメリカ連隊 (Royal American Regiment) に委任する法律」、 1756 年の 「航行法律」 (Navigation Act)、 そして 1756 年の 「法律の継続」 (Continuance of Acts) があった。 イングランドは 1756 年 5 月 17 日の宣戦布告に引き続き、「海軍捕獲法」 (Naval Prize Act) を通し、 船の捕獲と私掠船巡航の設置を可能にした。

フランスは英国の戦争計画のコピーを手に入れ、 これにはシャーリー (Shirley) とジョンソン (Johnson) の活動が含まれていた。 オスウィーゴ (Oswego) を要塞化するシャーリー (Shirley) の努力は補給の困難さから泥沼に落ち、 大きな遠征を管理する経験のなさから悪化した。 同時に、彼が 「ナイアガラ砦」 (Fort Niagara) の攻撃を計画した時に、 フランス人は彼がいない時に、オスウィーゴ砦 (Fort Oswego) を攻撃するために集結していることに気が付いた。 これに呼応して、「オスウィーゴ砦」 (Oswego)、「ブル砦」 (Fort Bull)、そして 「ウィリアムズ砦」 (Fort Williams) に守備隊を残した。 最後の 2 つの砦は、 ニューヨーク、ローム (Rome) のモホーク川 (Mohawk River) とウッド川 (Wood Creek) の間の オネイダ・キャリー (Oneida Carry、[訳注: ポーテッジの名称]) にあった。 ナイアガラの計画された攻撃で使用するために補給はブル砦 (Fort Bull) に貯蔵した。

ジョンソン (Johnson) の遠征はシャーリー (Shirley) のものよりも良く組織され、 ニュー・フランス総督のマルキス・ド・ヴォードライユ (Marquis de Vaudreuil) が注目した。 ヴォードライユ (Vaudreuil) はオハイオの複数の砦への延長補給ルートを懸念し、 ディースカウ男爵 (Baron Dieskau) を派遣して、シャーリー (Shirley) の予期される攻撃に対してフロンテナック (Frontenac) の防衛を率いさせた。 ヴォードライユ (Vaudreuil) はジョンソン (Johnson) をより大きな脅威とみなし、 ディースカウ (Dieskau) をセント・フレデリック砦 (Fort St. Frédéric) に派遣し、 その脅威に対応させた。 ディースカウ (Dieskau) はハドソン川の航行上限にあるエドワード砦 (Fort Edward) の英国陣地の攻撃を計画したが、 ジョンソン (Johnson) はこれを強固に要塞化し、ディースカウ (Dieskau) のインディアンの支援者は攻撃に乗り気でなかった。 2 つの軍隊はエドワード砦 (Fort Edward) とウィリアム・ヘンリー砦 (Fort William Henry) の 間の血まみれの 「ジョージ湖の戦い」 (Battle of Lake George) で遭遇した。 戦いの終了は決定的でなく、両者は戦場から退却した。 ジョンソン (Johnson) の前進はウィリアム・ヘンリー砦 (Fort William Henry) で停止し、 フランス人はタイコンデローガ・ポイント (Ticonderoga Point) に退却し、 そこでカリヨン砦 (Fort Carillon) (英国が 1759 年にここを獲得してから、タイコンデローガ砦 (Fort Ticonderoga) に改名) の建設を始めた。

グリムロス (Grimross) のアカディア開拓地への英国の襲撃
フランスのルイスバーグ砦 (Louisbourg) を弱体化するため
の努力はアカディア人の強制排除につながった。

モンクトン中佐 (Colonel Monckton) は 1755 年 6 月に ボゼジュール砦 (Fort Beauséjour) を獲得した。 これは、この年の英国の唯一の成功であり、 フランスの砦であるルイブール要塞 (Fortress Louisbourg) を陸上ベースの強化から切り離した。 ルイブール (Louisbourg) への致命的な補給を切り離すために、 ノバスコシア (Nova Scotia) 総督のチャールズ・ローレンス (Charles Lawrence) は フランス語を話す アカディア (Acadia) 人をこの場所から追放する命令をした。 モンクトン (Monckton) の軍隊は、 ロジャーズ・レンジャーズ (Roger's Rangers) の中隊 (companies) を含め、 何千人ものアルカディア人を強制的に排除し、抵抗する多くの者を追い回し、 時には残虐なことをした。 ルイブール (Louisbourg) は補給が切り離されると凋落した。 アカディア人の抵抗は時には極めて強硬で、 ミクマク族 (Mi'kmaq) を含めたインディアンの協力者がダートマス (Dartmouth) とルーネンバーグ (Lunenburg) 等に対する 進行中の対フロンティア襲撃と協調した。 どのような大きさにせよ、唯一の衝突は 1755 年のプティコーディアク (Petitcodiac) のものと、 1757 年のアナポリス・ロイヤル (Annapolis Royal) の近くのブラディ川 (Bloody Creek) のものであり、 ファンディ湾 (Bay of Fundy) の周りに渡るアカディア人 (Acadia) を、 プティコーディアク川 (Petitcodiac) とセント・ジョーン川 (St. John)、そしてサンジャン島 (Île Saint-Jean) から追放する戦役以外にはなかった。

フランスの勝利 1756 年 - 1757 年

ブラドック (Braddock) が亡くなり、ウィリアム・シャーリー (William Shirley) が北米における英国軍の指揮権を担ってから、 1755 年 12 月におけるオールバニー (Albany) の会合で、彼は 1756 年の計画を説明した。 彼が提案したことは、 ナイアガラ (Niagara)、クラウン・ポイント (Crown Point)、そしてデュケーヌ (Duquesne) を獲得する努力を新たにし、 オンタリオ湖北岸のフロンテナック砦 (Fort Frontenac) を攻撃して、 メイン地方 (Maine district) の荒野を通り抜けて、 ショディエール川 (Chaudière River) を下って、ケベック市を攻撃することであった。 彼の計画は他の人が同調せず、議論になったため泥沼となった。 このような人にウィリアム・ジョンソン (William Johnson)、そしてニューヨーク総督のサー・チャールズ・ハーディ (Sir Charles Hardy) がおり、 その結果、ほとんど支持がなかった。

ニューカッスル (Newcastle) は 1756 年 1 月に、彼をラウドン卿 (Lord Loudoun) で交代し、 ジェームズ・アバクロンビー少将 (Major General James Abercrombie) を彼の副司令官に任命した。 この 2 人のどちらも、フランスが北米に派遣した 3 名の将校ほど戦役の経験がなかった。 フランスの正規軍の補強は 1756 年 5 月にニュー・フランスに到着し、 ルイ=ジョセフ・ド・モンカルム少将 (Major General Louis-Joseph de Montcalm) により率いられ、 副司令官にシュバリエ=シャルル・ド・ブーラマック (Chevalier-Charles de Bourlamaque) が任命されていた。 彼らはすべて オーストリア継承戦争 (War of Austrian Succession) で経験を積んだ軍人 (veteran) であった。 1756 年 5 月 18 日に英国は公式にフランスに宣戦を布告して、ヨーロッパにおける戦争に拡大し、 七年戦争と呼ばれるようになった。

1756 年 1 月に、ジョン・キャンベル
(John Campbell) は北米における新し
い英国の司令官に任命された。
1757 年 8 月にルイ=ジョセフ・ド・モンカルム
により率いられたフランス兵と原住民の戦士は
成功裏にオスウィーゴ砦を攻撃した。

ヴォードライユ総督 (Vaudreuil) は総督としての役割に付け加え、フランス軍の司令官になる望みがあり、 補強が到着する前の 1756 年の冬に役目を務めた。 スカウト (Scout) は英国の補給チェーン (supply chain) の弱さを報告した。そこで彼はシャーリー (Shirley) が オネイダ・キャリー (Oneida Carry、ポーテッジの名称) に設置した砦を 攻撃する命令を下した。 ブル砦の戦い (Battle of Fort Bull) で、フランス軍は砦と大量の補給を破壊し、 これに 45,000 ポンドの火薬が含まれていた。 これらはオンタリオ湖の戦役に対しての英国の望みを阻止し、すでに補給が少なくなっていた オスウィーゴ (Oswego) の守備隊を危険な状態にした。 オハイオ峡谷のフランス軍はこの地域を通して、インディアンと策謀を続け、 彼らにフロンティアの開拓地を襲撃することを奨励した。 これにより、西部フロンティア沿いに警告が継続し、難民の流れが交戦から逃れるために、 東部に戻った。

英国の新しい司令部は 7 月まで就任しなかった。 アバクロンビー (Abercrombie) がオールバニー (Albany) に到着したが、ラウドン (Loudoun) が承認するまで重要な行動を取ることを拒否し、 モンカルム (Montcalm) は彼の無気力 (inertia) に対して大胆な行動をした。 彼はオスウィーゴ (Oswego) の守備隊に対する繰り返し攻撃をするヴォードライユ (Vaudreuil) の仕事の上に事を進め、 彼の本部をタイコンデローガ (Ticonderoga) に移動することにより、戦略的フェイントを実行し、 あたかもジョージ湖 (Lake George) に沿った別の攻撃の前触れのようにした。 アバクロンビー (Abercrombie) はオールバニー (Albany) で釘付けとなり、モンカルム (Moncalm) は密かに離れ、 8 月にオスウィーゴ (Oswego) に対して、成功裏の攻撃をした。 その後でモンカルム (Montcalm) と彼の指揮下のインディアンは捕虜の個人的私物の処理で不一致になった。 ヨーロッパ人はこれを価値あるものと思わず、インディアンが捕虜から貴重品を奪うことを妨げたが、これが インディアン達を怒らせた。

ラウドン (Loudoun) は有能な統治者であったが、用心深い野戦指揮官で、 1757 年に 1 つの重要な作戦を計画した: ニュー・フランスの首都ケベックの攻撃であった。 彼はウィリアム・ヘンリー砦 (Fort William Henry) にかなりの軍を残して、モンカルム (Moncalm) の注意をそらし、 ケベックへの遠征の組織を始めた。 彼は次に植民地に責任を持つ国務大臣 (Secretary of State) の ウィリアム・ピット (William Pitt) により、 ルイブール (Louisbourg) を最初に攻撃することを命令された。 遠征は色々な種類の遅延により悩まされたが、最後にノバスコシア (Nova Scotia) のハリファックス (Halifax) から 8 月始めに 出帆する用意ができた。 この間に、フランスの船はフランスの海岸における英国の封鎖を逃れ、 艦隊がルイブール (Louisbourg) でラウドン (Loudoun) を待ち、 これは英国艦隊よりも数が多かった。 この強さに直面し、 ラウドン (Loudoun) は虐殺がウィリアム・ヘンリー砦 (Fort William Henry) で 起きた知らせの最中に、ニューヨークに戻った。

フランスの非正規兵 (カナダ人の斥候とインディアン) は 1757 年の前半を通して、 ウィリアム・ヘンリー砦 (Fort William Henry) を繰り返し攻撃をした。 1 月に彼らはタイコンデローガ (Ticonderoga) の近くで英国の騎馬警察 (ranger) を待ち伏せた。 2 月には彼らは凍結したジョージア湖 (Lake Georgia) を横断して陣地を襲撃し、主要な要塞の外にある倉庫と建物を破壊した。 8 月始めにモンカルム (Montcalm) と 7,000 名の部隊は砦を囲み、 砦は降伏して釈放宣誓 (parole) の下に撤退することが同意された。 撤退が始まった時に同盟しているモンカルム (Montcalm) のインディアンの幾人かが英国人の列を攻撃した、 というのは、 彼らは 略奪、 殺し、 何百人もの男、女、子供、そして奴隷を捕らえる機会を失ったことに怒っていたからである。 包囲戦の余波により天然痘が遠くのインディアンの人々に伝搬したかもしれない。 というのはインディアンによっては、戦役に参加するために、 ミシシッピ川を越えて移動し、あとで戻ったと言われているからである。 現代の著作家であるウィリアム・ネスタ― (William Nester) は、証拠はないが、インディアンはヨーロッパ人の 保菌者に曝されたかもしれないと信じている。

モンカルムは原住民の戦士が英国人を攻撃する
のを制止しようとした。何人かの英国兵士は
ウィリアム・ヘンリー砦の包囲戦の後で殺された。
英国の征服、1758 年 - 1760 年

ヴォードライユ (Vaudreuil) と モンカルム (Montcalm) は 1758 年には再補給が最小であった。 というのはフランス領の英国による封鎖はフランスの船運を限られたものにしたからである。 ニュー・フランスにおける状況がさらに悪化したのは: 1757 年の貧弱な収穫、 困難な冬、 そして、伝えられることによれば フランソワ・ビゴ (François Bigot、領土の行政長官) の腐敗した策謀であった。 植民地を補給する彼の計画は価格を上げ、モンカルム (Montcalm) が信じたことは、彼のポケットと仲間のポケット をいっぱいにすることであった。 西部のインディアン部族における大規模な天然痘の発生により、 彼らの多くは 1758 年にトレードから遠ざかった。 疫病はおそらく、戦いの後のウィリアム・ヘンリー砦 (Fort William Henry) の混雑した状態を通して拡散した; しかし、インディアンはフランス人が「悪い薬」 ("bad medicine") を持ち込んだことを責め、 更にはウィリアム・ヘンリー砦 (Fort William Henry) における獲物 (prize) を得られないようにしたことも責めたことは言うまでもない。

モンカルム (Montcalm) は彼の乏しい資源をセント・ローレンス川の防衛に焦点をあわせ、 主な防衛拠点はカリヨン (Carillon)、ケベック (Quebec) そしてルイブール (Louisbourg) であった。 一方、 ヴォードライユ (Vaudreuil) は前年に非常に効果的であった襲撃戦術の継続を議論したが、うまく行かなかった。 北米における英国の失敗はヨーロッパ戦線における他の失敗と結びつき、 ニューカッスル (Newcastle) は彼の軍事顧問であるカンバーランド公爵 (Duke of Cumberland) と共に権力から失脚につながることになった。

ニューカッスル (Newcastle) とピット (Pitt) は不安定な連合で結びつき、ピット (Pitt) は軍事計画で支配した。 彼は 1758 年の戦役の計画に乗り出し、大まかには、ラウドン (Loudoun) により発展された。 1757 年の失敗の後で、彼の代りにアバクロンビー (Abercrombie) が司令官になった。 ピット (Pitt) の計画は地方民兵 (provinicial militia) により支援された大量の正規兵を含む 3 回の重要な攻撃行動を 呼び求め、これはニュー・フランスの中心部を獲得することを目的にした。 2 回の遠征は成功し、 デュケーヌ砦 (Fort Duquesne) とルイブール砦 (Fort Louisbourg) はかなりの数の英国軍によって陥落した。

1758 年

フォーブスの遠征 (Forbes Expedition) は 1758 年 9 月 - 10 月の英国の戦役で、 ジョン・フォーブス (John Forbes) により率いられた 6000 名の部隊が、 紛争中の オハイオ・カントリー (Ohio Country) からフランス人を追い出すために派遣された。 フランス人は デュケーヌ砦 (Fort Duquesne) から退却し、英国人がオハイオ峡谷をコントロールするのにまかせた。 ノバスコシア (Nova Scotia) のルイブール (Louisbourg) のフランスの大砦は包囲戦の後に獲得された。

英国軍がルイブール砦を包囲する。
フランスの砦は 48 日間の包囲戦
の後 1758 年 7 月に陥落。
カナダを侵入するために派遣された
英国遠征隊は 1758 年 7 月にカリヨン
の戦いでフランス軍に撃退された。

第 3 回の侵入は 「カリヨンの戦い」 (Battle of Carillon) における有り得ないフランスの勝利で停止した。 この戦いで、 3,600 名のフランス人が 18,000 名の正規兵、民兵、そしてインディアンの同盟から構成される アバクロンビー (Abercrombie) の軍隊を、フランス人が、カリヨン (Carillon) と呼び、 英国人がタイコンデローガ (Ticonderoga) と呼ぶ砦の外で打ち破った。 アバクロンビー (Abercrombie) の派遣したジョン・ブラッドストリート (John Bradstreet) の遠征がフロンテナック砦 (Fort Frontenac) -- これにニュー・フランスの西部の砦に向けた補給とヨーロッパに向けた毛皮の貯蔵所が含まれる -- を破壊した時に、 アバクロンビー (Abercrombie) は (敗北による) 大惨事から少々を救済していた。 アバクロンビー (Abercrombie) は呼び戻され、ルイブール (Louisbourg) の勝利者であるジェフェリー・アムハースト (Jeffery Amherst) によって交代された。

フランス人は 1758 年に戦争の大半の戦域で一般的に貧弱な結果に終わった。 新しい外務大臣は ショワズール公爵 (duc de Choiseul) となり、 彼は英国の資源 (rescources) を北米とヨーロッパ大陸から引き離すために英国本土の侵入に焦点をあわせることを 決意した。 侵入は軍事的にも政治的にも失敗し、ピット (Pitt) は再びニュー・フランスに対して多大な戦役を計画し、 英国本国の同盟であるプロシャ (Prussia ??) に資金を送り、一方フランス海軍はラゴス (Lagos) と キブロン湾 (Quiberon Bay) における 1759 年の海戦で敗北した。 幸運であったことは、フランスの補給船の何隻かはフランスを何とか離れ、 フランスの海岸における英国の封鎖を回避した。

1759 年 - 1760 年

英国はカナダの北西フロンティアで戦役を遂行することを続け、 これは西と南のフランスのフロンティアの砦を切り離すためであった。 彼らはタイコンデローガ砦 (Ticonderoga) とナイアガラ砦 (Fort Niagara) を獲得し、 1759 年の夏に サウザンド諸島 (Thousand Islands) でフランス人を破った。 1759 年 9 月にジェームズ・ウルフ (James Wolfe) は 「エイブラハム平原の戦い」 (Battle of the Plains of Abraham) でモンカルム (Montcalm) を破り、 これにより、どちらの司令官も死亡した。 戦争後、フランス人は降伏して市を英国に渡した。

3 ヵ月間のケベック市の包囲戦の、
後で英国軍はエイブラハム平原
にある市を確保した。
フランス当局者は 1760 年に
モントリオールを英国軍に
明け渡した。

1760 年 4 月に、 フランソワ=ガストン・ド・レビ (François Gaston de Lévis) はフランス軍を率いて、ケベックを取り戻そうとした。 彼は 「サンテフォワの戦い」 (Battle of Sainte-Foy) で勝利したが、レビス (Lévis) のその後のケベック包囲戦は敗北に終わり、 この時、英国船が守備隊を救済するために到着した。 レビス (Lévis) が退却してから、彼は別のダメージを受けた。 この時、 レスティグーシュ (Restigouche) における英国海軍の勝利により、 彼の軍隊を再補給するためのフランス船が失われた。 7 月にジェフェリー・アムハースト (Jeffrey Amherst) は次いで、18,000 名ほどの英国軍を率いて、モントリオールに 対して 3 面攻撃 (three pronged attack) をした。 多くのカナダ人は逃亡したり、英国軍に降伏した。 一方でフランス軍の原住民同盟者は和平と中立を求めた。 ド・レビス (De Lévis) とマルキス・ド・ヴォードライユ (Marquis de Vaudreuil) は仕方なく、 9 月 8 日に、モントリオール降伏文書 (Articles of Capitulation of Montreal) に署名し、これにより事実上、 英国によるニュー・フランスの征服が完了した。

散発的戦争、1760 年 - 1763 年

戦闘の大半は 1760 年にアメリカで終了した。 もっとも、これはヨーロッパで、フランスと英国の間で継続した。 顕著な例外はフランスによるニューファンドランド島 (Newfoundland) のセント・ジョーンズ (St. John's) の占領である。 アムハースト将軍 (General Amherst) はこの不意打ち攻撃 (surprise action) を聞き、 直ちに甥のウィリアム・アムハースト (William Amherst) の指揮する部隊を派遣した、彼は 1762 年 9 月に シグナル・ヒルの戦い (Battle of Signal Hill) の後で、ニューファンドランド (Newfoundland) のコントロールを回復した。 アメリカに配置された英国部隊の多くは西インド諸島 (West Indies) における英国の 活動に参加するために再配置された、このような活動に、 スペインが紛争のフランス側に遅れて登場した時の、スペイン領ハバナの確保、 そしてモンクトン少将 (Major General Robert Monckton) が率いた 1762 年の 「フランス領マルティーク島に対する英国の遠征」 (British expedition against French Martinique) がある。

和平

モントリオールのヴォードライユ総督 ( Governor Vaudreuil) は 1760 年 9 月にアムハースト将軍 (General Amherst) と降伏を交渉した。 アムハーストは総督の要望を承諾し、 植民地に残ることを選ぶフランスの住民には、 ローマ・カトリックの伝統で礼拝し、資産を所有し、 家庭で邪魔されない自由が与えられることになった。 英国は病気や負傷したフランス兵の医療を提供し、 フランスの正規兵は英国船に乗船してフランスに帰されたが、 彼らが現在の戦争で再び任務に就かないことが同意された。

アムハースト将軍 (General Amherst) は西部におけるフランスの砦を英国のコントロールに移管することも監督した。 彼がこの土地に導入した政策は多くのインディアンを動揺させ、1763 年の 「ポンティアックの反乱」 (Pontiac's Rebellion) に 寄与した。この一連のフロンティアの砦と開拓地への攻撃により、英国部隊を継続して配置する必要があり、 1766 年まで解決しなかった。

北米の戦争は 1763 年 2 月 10 日のパリ条約 (Treaty of Paris) の署名で終了し、 ヨーロッパ戦域の戦争は 1763 年 2 月 15 日の フベルトゥスブルク条約 (Treaty of Hubertusburg) で決着した。 英国はミシシッピ川の東、あるいは カリブ海の島の グアドループ (Guadeloupe) と マルティニーク (Martinique) のいずれかの北米大陸の所有を 引き渡す選択をフランスに与えた。これらは英国に占領されていた。 フランスは前者を譲る選択をしたが、セント・ローレンス湾の 2 つの小さな島である サンピエール島・ミクロン島 (San Pierre and Miquelon) とこの地域の漁業権を保持することを交渉することができた。 彼らが見なしたことは、カリブ海のサトウキビの経済価値が大陸の毛皮よりも大きく、 守るのに容易であることであった。 フランスの哲学者の ヴォルテール (Voltaire) はカナダを見くびって、数エーカーの雪以上のものでないと言及している。 英国はしかしながら、ニュー・フランスを得て満足であった、 というのは北米の植民地の防衛がもはや問題ではなくなったからである; 彼らには砂糖を得る多くの場所もあったからである。 スペインはキューバを再度手に入れるために英国にフロリダを手渡した。 しかし彼らはフランスからルイジアナも手に入れ、これにニューオーリンズも含まれた。 これは彼らの損失の埋め合わせであった。 英国とスペインはミシシッピ川の航行がすべての国の船舶に開放されることも同意した。

赤色:1763 年より前の英国領、桃色:1763 年の英国の獲得
茶色:1762 年より前のスペイン領、1762 年のスペインの獲得
桃色斜線:未定義
結果として起きる平和は北米の政治的光景を劇的に変更し、
ニュー・フランスは英国とスペインに引き渡された。
結果

戦争はヨーロッパの 3 大国、その植民地、そしてこの領地に住む人々の間の 経済的、政治的、政府機関的、そして社会的な関係を変えた。 フランスと英国はどちらも戦争の理由から資金的に苦しみ、著しい長期的な結果があった。

英国はフランス領カナダとアカディア (Acadia) のコントロールを手に入れた、 これはおよそ 80,000 人の主にフランス語を話すローマ・カトリックの住民を含む植民地であった。 1755 年に始まったアカディア (Acadia) 人の国外追放により、 ヨーロッパからの移民と南の植民地からの移民に土地が利用可能となった。 英国は多くのアカディア (Acadia) 人をアメリカの植民地中に再定住させたが、 多くはフランスに戻り、少々はニューオーリンズ (New Orleans) に赴いた。 ここは彼らがフランス領のまゝであると期待したのである。 少々はフランス領 ギアナ (Guiana) と フォークランド諸島 (Falkland Islands) のような色々な場所を開拓するのに送られたが、 この努力は成功しなかった。 ルイジアナの人口は ケイジャン (Cajun) 人口の基礎に貢献した。 (フランス語の "Acadien" は "Cadien" に変化し、次に "Cajun" になった。)

ジョージ3世 (King George III) は 1763 年 10 月 7 日に 1763 年の王室布告(Royal Proclamation of 1763) を交付し、新たに征服した領地の分割と統治を概略した。 これはある程度、カナダ政府とファースト・ネーション (First Nation) の 間の関係を (現在も) 管理し続けている。 この条項に含まれていることに、 アパラチア山脈西の土地の権利 (reservation) がインディアンのものであることで、 ますます増える西方に向かう開拓者の一時的な障害にすぎない境界であった。 布告にはローマ・カトリックのカナダ人による市民参加 (civic participation) を 防止する条項も含んでいた。

1774 年の ケベック法 (Quebec Act) はローマ・カトリックのフランス系カナダ人により、 1763 年の布告から提出された問題を処理し、そして、 これはインディアン居留地 (Indian Reserve) をケベック植民地 (Province of Quebec、[訳注:1763 年 - 1791 年]) に移動した。 この法律 (Act) はフランスの民法 (Civil law) を維持し、 封建領主制 (seigneurial system) -- 中世の規約 (code) で、一世代以内にフランス革命でフランスから取り除かれたもの -- を含んでいた。 ケベック法 (Quebec Act) は大体はプロテスタントの 13 植民地にとり、 カトリック制 ("popery") の進展で重要な懸念であった。 これは典型的に他の耐えがたい法律 (Intolerable Act) と関連していた。 この法律は最終的にアメリカ独立戦争 (America Revolutionary War、直訳すると:アメリカ革命戦争) につながった。 ケベック法 (Quebec Act) はケベック植民地 (Province of Quebec) の憲法文書 (constitutional document) として機能し、 1791 年の憲法法律 (Constitutional Act) で取って変えられた。

1774 年に通過したケベック法 (Quebec Act) の写し。これは
フランス系カナダ人とインディアンが抱える幾つかの悲しみに
対処した。もっとも、これはアメリカ植民地の人を怒らせた。

七年戦争は英国 (Great Britain) の国の負債 (national debt) を倍増した。 王室 (Crown) はこれを支払うための収入源を求め、 植民地に新しい税金を課そうとした。 これらの試みはますます強硬な抵抗にあい、終に部隊が呼ばれて 国王の権威 (Crown's authority) が強制され、そしてこれは究極的に アメリカ独立戦争 (American Revolutionary War、アメリカ革命戦争) の開始につながった。 フランスはアメリカを所有することに比較的ほとんど価値を認めることがなかった。 これは、高度に利益のある砂糖生産の アンティル諸島 (Antilles Islands) を除いており、 この場所は (フランス領として) 維持された。 ショワズール大臣 (Minister Choiseul) が考えたことはパリ条約 (Treaty of Paris) でうまい取引をしたことであり、 ヴォルテール (Voltaire) が書いたことは、ルイ 15 世 (Louis XV) は "数エーカーの雪" (a few acres of snow) をなくしただけである。 しかしながら軍事的敗北と戦争の資金的な負担はフランスの君主を弱体化し、 1789 年のフランス革命の到来に貢献した。

アメリカにおいて大国フランスが消去されたことは、 インディアンの部族によっては強力な同盟が喪失したことを意味した。 オハイオ・カントリー (Ohio Country) は今や植民地開拓者にとりもっと利用可能となり、 これはブラドック (Braddock) とフォーブス (Forbes) による軍事道路の建設によっていた。 ルイジアナ領地 (Louisiana territory) のスペインの引継ぎは 1769 年まで完成することがなく、 ささやかな影響があった。 スペイン領フロリダの英国の引継ぎにより、彼らと仕事をしたくないインディアンの部族が西方に移住する結果になった。 この移住は、 チョクトー族 (Choctaw) と クリーク族 (Creek) -- 歴史的な敵で、土地を求めて競合していた -- の間の緊張が増大する結果にもなった。 フロリダのコントロールの変化によって、 ここのスペイン系カトリックの大半の人々がここを去ることになった。 大半はキューバに行ったが、キリスト教徒になった ヤマシー族 (Yamasee) はメキシコの海岸で再定住した。

フランスは、アメリカ独立戦争で英国に対するフランス・アメリカ同盟 (Franco-American alliance) の制定により、 1778 年にアメリカに戻った。 これを、歴史家のアルフレッド A. ケーブ (Alfred A. Cave) は 「モンカルム (Montcalm) の死の復讐」と述べている。