ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Forbes Road - Wikipedia
フォーブス・ロード (Forbes Road)

フォーブス・ロードは、当時英国領アメリカの歴史的軍事道路で、 始めは 1758 年に完成し、ペンシルバニア州カーライル (Carlisle) から アレゲーニー川 モノンガヒラ川の合流点 -- 現在の ピッツバーグ中心街 (downtown) -- に至るもので、 経由したのは、 ラウドン砦 (Fort Loudon)、 リトルトン砦 (Fort Littleton)、 ベッドフォード砦 (Fort Bedford)、 リゴニエ砦 (Fort Ligonier) であった。 この道路は、元々およそ 220 マイルの長さで、 ジョン・フォーブス准将 (Bridadier General John Forbes) にちなんで名付けられた。 彼は 1758 年の英国が率いる遠征隊の司令官で、 この遠征隊がフレンチ・インディアン戦争 ( 七年戦争とも呼ばれる) の最中に道路を建設した。 フォーブス・ロードとブラドック・ロード (Braddock's Road) は英国が戦争中に荒野を 通り抜けて西に切り開いた 2 つの主な陸上ルートであった。 この仕事はアパラチア山脈の険しい北東 - 南西の尾根によって複雑になり、 ここは一般に尾根の間の不斉地 (broken terrain) で、 深く森が茂り、数々の沼と川があった。

フォーブス・ロード、リトルトン砦 (Fort Littleton) から
デュケーヌ砦 (Fort Duquesne) まで。

ブラドック・ロード (Braddock's Road) と フォーブス・ロード (Forbes Road) の物理的障壁は アメリカ西部を通り抜けるその後の道路と比較すると、 まったく平凡であるように見えるが、 これらはそれにもかかわらず重要な障害であった。 レジナルド・ブリッグス (Reginald Briggs) がフォーブス・ロードを見ることによると: 「道路のより重要な登りと下りを合わせると、 1 個の不規則な 8000 フィート以上の高さの障害を克服することに等価であったが、 カーライル (Carlisle) からピット砦 (Fort Pitt) までの 217 マイルで、 正味の結果はおよそたった 170 フィートの高さのみであった。」

多くのフォーブス・ロードは不適切な名称である。 ジェームス・バード大佐 (Col. James Burd) が、 ラウドン砦 (Fort Loudon) からペンシルバニア州のレイズタウン (Raystown) (ベッドフォード (Bedford)) に至るまでの、 大半の初期の工事を実施し、 1755 年のブラドック・ロード (Braddock's Road) と接続すために、 南西の主要な供給ルートの準備をした。 ヘンリー・ブーケ大佐 (Col. Henry Bouquet) は 1758 年のバード・ロード (Burd's road) の上に改良し、 ペンシルバニア州リゴニエ (Ligonier) に拡張した。 ここで彼はオハイオ川の分岐点の手前の道路に、最後の主な砦を建設した。 リゴニエ (Ligonier) から荒れたトレイルがペンシルバニアの荒野を抜けて目印が付けられ、 デュケーヌ砦 (Fort Duquesne) のくすぶった残骸に至り、もっとしっかりした、わずかに南寄りのルートが 後に続いた。 フォーブスは激しい腸の病に苦しみ、すべての手順をはるかに後方から指示した。 もっとも 1758 年にデュケーヌ砦 (Fort Duquesne) を奪う時にはすぐそばにいた。

  1. 歴史
歴史
論争

1755 年のブラドックの敗北により、 ブラドック・ロード (Braddock's Road) の 建設はデュケーヌ砦 (Fort Duquesne) のゴールの 10 マイル以内で停止した。 多くの人、とりわけバージニアと南部植民地の人にとり、 ブラドック・ロードの継続は、 大半が未知のペンシルバニアの荒野を横断する新しい道 (path) よりはずっとはるかに 良識のあることであった。 実際、そのような北ルートが可能であるか否かさえ、不確実であった。 ブラドックのルートはフォーブスが意図したルートよりは、オハイオ川の分岐点まで わずかに長い道であった。 しかし、大半が完成している著しい利点があり、一方フォーブスのルートは不確実な歩行路 以上のものではなかった。 議論に政治的要素も存在した: 多くの事業と可能性のある未来は戦後の交通がたどる植民地の上に降りかかることになるはずであった。 西部の植民地の境界はまだ決着していなかった; バージニアとペンシルバニアは将来のピッツバーグの場所の領有権を主張した。 付け加えると、貴族のバージニア人とスコットランド系アイルランド系トレーダーの 間にはオハイオのフロンティア (frontier) で失われた愛はなかった。 戦争の初期の段階で、 バージニアは、ケチなクエーカー教徒が支配するペンシルバニア議会よりも、 戦争の努力で、はるかに多くの資本と兵士に貢献した。 そして南部の支持者は -- もっとも顕著には ジョージ・ワシントン大佐 (Col. George Washinton) -- は彼らの国 (commonwealth) がその結果、より多くの分け前に あずかるのを当然と信じた。

フォーブス・ルート (Forbes' route) はペンシルバニア州南部 -- 植民地の最も生産的な農地 -- を通り抜け、 食料、荷馬車、馬、そして牛が潤沢に提供される  -- これは、ほとんど開拓されていないメリーランドとバージニア北部では 匹敵できなかった。 ブラドック・ロード (Braddock's Road) は基本的には 主要な集水域 -- ポトマック川、ヨカゲイニ川 (Youghiogheny River, /jɒkəˈɡeɪni/)、モノンガヒラ川 -- の間のポーテッジ道であったが、 フォーブス・ロード (Forbes' Road) は高台にあり、 大きな河川横断に遭遇することがなく、 従って、洪水、深い峡谷、そして待ち伏せの危険の付随する問題を避けた。

フォーブス (Forbes) はブーケ (Bouquet) により有能に支援され、始めはバード・ロード (Burd's Road) を the Turkeyfood (ペンシルバニア Confluence) までたどり、 次に最後の 80 マイルでブラドック・ロード (Braddock's Road) を辿ることを意図したようである。 少しづつ理解したことは、彼の軍隊は 40 マイル南に進行し、 潜在的に強化した軍事基地の目前で再び北に進行するのみで、一方、 少々とても起伏の多い領地を通り抜けて、大規模な洪水の起きやすい河川を横断することであった。 ベッドフォード砦 (Fort Bedford) からデュケーヌ砦 (Fort Duquesne) への直接距離は、 ターキーフット (Turkeyfoot) からデュケーヌ砦 (Fort Duquesne) までとほとんど同じであるが、 高台にあるためフランス軍に奇襲 (surprise attack) できる可能性があった。 そして、最も有り得ることは、 バージニア派遣団 -- とりわけ野心的な若いワシントン大佐 (Col. Washington) -- はフォーブス (Forbes) の忍耐を越えて議論を単に推し進めたことで、 この時、バージニア植民地がフロンティア防衛から縮小し、 一方ペンシルバニアがフランス領の中央に直接前進しているのである。

幾つかの他の要素も働いている; ブラドック・ロード (Bradock's Road) を辿ると、 フォーブスの部隊はネセシティ砦 (Fort Necessity) -- ワシントン (Washington) の敗北場所 -- のそばと、 ブラドック戦場 (Braddock's Field) の虐殺場所 (killing field) を 通り抜け、ここでは虐殺された植民地軍の骨がなお見つかり、掘りだされている。 このような体験は、フォーブスの部隊の士気にためにならなかった。 1758 年の夏と秋は終わりがなく極端な雨で特徴づけられ、 従って、 ブラドック・ロード (Braddock's Road) は、 もしも後を辿れば通れなかったかもしれない。 フォーブスはより広範囲の戦略的懸念が展開することにも強く認識していた; 北部におけるフランス陣地に対しての英国植民地軍の前進、 及び原住民との潜在的な新しい条約は、 フランス人から最も重要な軍事的利点を奪うことになる。 これらの後者の冒険のどちらも英国植民者にとり成功であることが判明した。 フォーブスの意図的な前進により勝利した; デュケーヌ砦 (Fort Duquesne) は人員が不足して補給がなく、戦わずに見捨てられた。

建設

エドワード・ブラドック将軍 (Edward Braddock) と同じように、フォーブス (Forbes) は 何千人もの部隊、補給の荷馬車、そして大砲を、大体途切れのない荒野の横断に 適した道路建設をする手ごわい仕事をした。 ペンシルバニア南中央を横断する元々の歩行路はアメリカ原住民により作られ、 彼らは獣道をたどったようである。 ヨーロッパ人の罠師 (trapper) とトレーダーはあとを辿り、 ささやかな改良と原始的な開拓地を作った。 上で注意したように、 軍事道路の準備工事の大半は 1755 年にジェームス・バード大佐 (Col. James Burd) によって実施され、 彼はラウドン砦 (Fort Loudon) から Raystown (現在のペンシルバニア州ベッドフォード (Bedford)) に向けて道路を建設し、 次にターキーフット ("the Turkey Foot") に向けて南西に道路を建設し、ブラドックの軍隊の補給線とした。

ブラドックの不運な遠征と比較すると、フォーブスは随分と熟慮して進み、およそ 40 マイル毎に 砦 (fort) と リダウト (redoubt、方形堡) を建設し、 その間により小さな 駐屯地 (garrison) を設置した。 彼はまたより小さな脇道の建設も本道に並行して命令し、 すれ違い動作を容易にすることを可能にした。 沼地は道に垂直になるように置かれた丸太の橋で横断した。 水路は橋を架けるよりも浅瀬にした。 フォーブス (Forbes) がピット (Pitt) に宛てた手紙で説明していることは: 「絶対に必要であったことは ... 用心してルート沿いに基地 (post) を作ることで、 これを私はターピン (Turpin) の随筆 (Essay) -- 「戦争について、第 4 巻、最後の章、表題は、戦役プロジェクトを設立できる原理」 ("Sur la Guerre. Last chapter 4th Book, Intitled Principe sur lequel on peut établir un projet de Campagne.") -- から取り上げたプロジェクトから実施した。

フォーブスの軍隊は見捨てられた (そして大体は破壊された) デュケーヌ砦 (Fort Duquesne) を 1758 年 11 月 25 日 にフランス軍から取り上げた。 フォーブスは次にもっと大きな砦をこの場所の近くに建設し、 これをピット砦 (Fort Pitt) と命名し、 出現する村を 「ピッツボロー」 (Pittsborough) と命名した。

フォーブス・ロードの建設は、補給、兵員、そしてトレードの輸送を ペンシルバニア州東部の農場と都市、そして西部の間で容易にし、 その後、長年の間開拓者に西に向かう重要なルートを提供した。 道路は ポンティアック戦争 (Pontiac's War) と独立戦争 (Revolutionary War) において地域住民の 成功に致命的であった。 後年にフォーブス・ロード (Forbes' Road) は、 ブラドック・ロードと比較すると、 フィラデルフィアと北部の都市から オハイオ・カントリー (Ohio Country) への、 ペンシルバニアを通り抜ける、より直接的なルートを提供し、 ブラドック・ルートはメリーランド州カンバーランドから、 西向きに建設され、次に北向きにペンシルバニアに進入した。

フォーブス・ロードをたどる

多くの荒野の道路 (road) のように、 しばしば平行した道 (track) があり、古いものが 通れなくなると、あるいはよりよいルートがわかると、 新しいものが切り開かれた。 その結果、「元々の」フォーブス・ロードをたどる現代の試みは 挫折する課題である; どの道 (track) も区別がつく珍しい場所では、元々の道 (track) を決定することは 不可能である。 フォーブス・ロードの初期の地図には色々な有用性があり、 幾つかは単に不正確である。 もっとも興味あるものは、多くの説明文と共に、 「オハイオ川の分岐点に至る新しい道: 1758 年のジョン・ポッツの地図の熟慮」 ("The New Way to the Forks of the Ohio: Reflections on John Potts's Map of 1758.") に見出すことができる。

ナショナル・ロード (US 40) は大まかには ブラドック・ロード (Braddock's Road) をたどり、アパラチア山脈を横断して、 カンバーランドからピッツバーグに至っているが、 ペンシルバニア州南中央を通り抜けるフォーブス・ロード (Forbes' Road) は (シェルズバーグ (Schellsburg) 西の アレゲーニー・フロントの) ロア―ズ・ギャップ (Rohr's Gap) から、ペンシルバニア州マリ―ズビル (Murrysville) に至るまで、 時々憶測の泥沼に溶け込み、ほとんど確かな位置決めがない。 最も一般的な意味では、 ペンシルバニア・ターンパイク (Pennsylvania Turnpike、ペンシルバニア有料道路) は、 ペンシルバニア州カーライル (Carlisle) からピッツバーグすぐ東のモンロービル (Monroeville) の 近くまでフォーブス・ロードの傾向をたどり、 場所によっては歴史道路の痕跡が消えている。 わずかにより正確なフォーブス・ロードの解釈を達成するには: US 30 をチェンバーズバーグ (Chambersburg) から、 グリーンズバーグ (Greensburg) 西の SR66との合流部に至り、 次に後者を北に向かって、マリーズビル (Murrysville) 東の US 22 に至ればよい。 US 22 は西の方でまもなくペン・アベニュー (Penn Avenue) と接続し、 後者を辿れば、デュケーヌ砦 (Fort Duquesne) とピット砦 (Fort Pitt) の遺跡に至る。 幾つかの歴史マーカー (historical marker) がこのルート沿いに見つかる。

初期の道路の最も密接な再現 -- 修正されることもある -- は次である: 1755 年にバード (Burd) により始めて切り開かれたフォーブス・ロードの区間は、 タスカローラ山 (Tuscarora Mountain) のふもとのラウドン砦 (Fort Loudon) で始まる。 この初期の道は一般的に 西向き - 北西向き (west-by-northwest) から、 随分と急角度に曲がった唯一の場所を通る。 むしろ直接斜面を登って、フォーブス・ロード (SR 75) は 北に走ってパス峡谷 (Path Valley) を登り、カウァンズ・ギャップ (Cowans Gap) に至り、 堆積扇状地 (alluvial fan) を登り、 次に Little Augwick Creek の南支流 (South Branch) の高い峡谷で北に継続する (CR 404)。 リトルトン砦 (Fort Littleton) が頂上のすぐ西に立っている。 砦の南のフォーブス・トレイル・ロード (CR 431) (US 522 から離れた部分 (OFF US 522)) は恐らく正確である。 ペンシルバニア・ターンパイクはハストンタウン (Hustontown) の南の谷を横断する元々のトレイルの大半、 そして最も残念なことにサイドリング・ヒル ( Sideling Hill) を登るためのつづら折り (switchback) の痕跡は消されたようである。

訳注
SR 75 の SR は州道 (state road)、CR 531 の CR は郡道 (Country Road) と思われます。 (なお US 522 の US は US Highway (国道) の意味) この番号はグーグルの地図の道路番号に対応していると思われます。上の説明箇所をグーグルの地図で 見たければ、次のように順番に検索 (英文検索) すれば目的の場所がズームされます: Pennsylvania → Tuscarora Mountain → Fort Littleton. Fort Littleton (リトルトン砦) の砦自身は位置がすぐにわかりませんが、これは町名になっている。

US 30 は、西に向かいすぐにターンパイクと平行になり、 ブリーズウッド (Breezewood) の近くで、US 30 はフォーブス・ロードの最も良い近似のようである。 まだ西に向かい、 ジュニアータ川のレイズタウン支流 (Raystown Branch) を横断する、 この後で、2 本の狭い山道 (pass) (タッセイ山 (Tussey Mountain) とエイビッツ山 (Evitts Mountain)) を通り抜けて、 ペンシルバニア州ベッドフォード (Bedford) に至る。

わずかに北側のループが恐るべきウィルズ山 (Wills Mountain) を迂回している。 歴史マーカーが示しているのは、1755 年のバード・ロード (Burd's Road、バードの道) がコンフルエンス (Confluence) に向けた南西ルートを開始したおよその地点である。 フォーブスの元々のルート (これはブーケ (Bouquet) の直接の監督下で建設) の 新しい西向きの道 (track) も南がちであったようで、そのあとで現在のショーニー州立公園 (Shawnee State Park) を通り抜ける低地 (の道) をたどった。 フォーブスの補給係将校 (quartermaster) であるサー・ジョン・セント・クレア―中佐 (Lt. Ool. Sir John St. Clair) により切り開かれた代替ルートは現在の US 30 を西に 辿っている。 どちらも最初の西への行進の最中に使用された。 公園はブーケ (Bouquet) が ポンティアック戦争 (Pontiac's War) の最中の 1764 年の遠征で使用した ショーニーズ・キャビンズ"(Shawanese Cabins") の野営地の場所であった。

US 30 を西に進み続け、オールド・ログ・チャーチ (Old Log Church、古い丸太教会) を過ぎる脇道は短距離の間、 フォーブス・ロードに並行する。 次の重要な障害はアレゲーニー・フロント (Allegheny Front) で、 これは一見したところ終わりのない別の南北の尾根である。 フォーブスの時代には荷馬車 (wagon) が通過できる山の切れ目があるか否かに関しては疑念があった。 多くの探検の後で、 チャールズ・ロアー少尉 (Ensign Charles Rohr) は北向きの傾向がある谷 (north-trending valley) を発見した。 これは極めて急であったが、荷馬車 (wagon) で登ることができた。 US 30 はするどく曲がってロア―ズ・ギャップ (Rohr's Gap) を通り抜ける。 フォーブス・ロードはギャップを辿って尾根の頂上に至り、 ここで、小さな リダウト (redoubt) であるデュアート砦 (Fort Dewart) (別名 Duart) -- 元々のフォーブス・ロードの最後の遺構 -- が頂上 (summit) を防御している。

フォーブス・ルート 且つ/あるいは 後のルートの暫定的再構成が示唆することは、 ロア―ズ・ギャップ (Rohr's Gap) からフリーグル・ロード (Fleegle Road) で北に進み、 次にランバート・マウンテン・ロード / ランバート・ストリート (Lambert Mountain Road / Lambert Street) で西に進むことである。 セントラル・シティ (Central City) のスクール・ロード (Scholl Road) の 北向きの突き出し (bump) がモニュメント・ロード (Monument Road, 西向き) と接続している。 現在の道路はどれも尾根越えでフォーブス・ロードを辿っていない。 T742 で南に進み、ブラウニング・ロード (Browning Road) で西に進み、 次にリッジ・ロード (Ridge Road) で北に進む迂回はオールド・フォーブス・ロード (Old Forbes Road) に接続する。 これは西にたどって、カントナー (Kantner) とストイスタウン (Stoystown) に至る。 ルートがローレル山 (Laurel Mountain) の上昇する荒れた大地に前進すると、 フォーブス・ロードの幾つかの支道が分岐する。 この地域の光景は露天掘り (strip mining) により、随分と変化し、 元々の道になる最終的な可能性はほとんどない。 西向きの US 30 は南に数マイルの箇所でフォーブス・ロードに並行する。 エドムンド沼 (Edmund's Swamp) にある道路わきの歴史マーカーは 馬と牛の良好な放牧場所が見つかる地域を示している。

US 30 (西向き) は恐らくジェンナーズタウン (Jennerstown) に入る確実なルートである。 以下は全く憶測である; ジェンナーズタウン (Jennerstown) で Rt 30 から SR985 で北へ向かえば、 ステムラー・ロード (Stemler Road) とバーニック・ロード (Barnick Road) [訳注:この 2 つの道路は直列。グーグルの地図では Stemmler となっている] に至り、これは十分な証拠から、初期のフォーブス・ロードの近く、あるいはその上に あるようである。 バーニック・ロード (Barnick Road) とクラインズ・ミルズ・ロード (Klines Mills Road) の交差点の近くで、 ブーケ (Bouquet) により命名されたクリアー・フィールズ (Clear Fields) の野営地があった。 クラインズ・ミルズ・ロード北 (Klines Mills Road north) は セクアノータ・ロード (Sequanota Road) になり、これは貯水池へ向かう荒れた道になる。 有り得そうに思えることは、最も初期のフォーブス・ロードはこの地点の近くで山の鼻 (nose) を駆け上がり、 全ルートの中で最も高い場所を横断したことである。 古い地形図 (topographic map) は尾根の上にジープ・トレイル (jeep trail) を見せている; 現在の状態はこの地図の作者には知られていない。 尾根の西側を越えて、オールド・フォーブス・ロード (Old Forbes) が ローレル・リッジ・トレイル (Laurel Ridge Trail) との交差点の近くで再び始まる (pick up)。 幾つかの異なる 「オールド・フォーブス・ロード」 (Old Forbes Roads) が、この場所で見つかり、 実際、幾つかの初期のやり直し (iteration) である。 リゴニエ (Ligonier) に砦を建設するには人手が必要で、従って、この遠回りのルートは良好な道を切り開くまで使うためであった。 後の、より近い道 ("4 マイル短く、8 マイル改善された" と断言された) は、 時間が許す限り開発された。 初期の道は高い所にある傾向があるので、キッセル・スプリングス・ロード (Kissell Springs Road) に至る尾根を越える第二の道の 失われた痕跡は可能性がある。 キッセル・スプリングス・ロード (Kissell Springs Road) はネイチャー・ラン・ロード (Nature Run Road) と交差する; この後者はまた別のオールド・フォーブス・ロード (Old Forbes Road) と接続している。 この傾向はグラベル・ヒル・ロード (Gravel Hill Road) で北と西に向かい、 次に南下して、リゴニエ砦 (Fort Ligonier) に至る失われた道に向かう。

リゴニエ (Ligonier) の西で US 30 はロイヤルハンナ川 (Loyalhanna Creek) に並行して、チェスナット尾根 (Chestnut Ridge) の ウォーター・ギャップを通り抜ける。 これはデュケーヌ砦 (Fort Duquesne) に至る道路の最後の重要な障壁である。 フォーブス・ロード (Forbes' Road) はフォー・マイル・ラン (Four Mill Run) で予期せずに南へ曲がり、 ヤングスタウン・リッジ・ロード (Youngstown Ridge Road) で 700 フィートの丘に登って越える。 この迂回をする理由は不明である。 恐らくは、きつい地形を通り抜ける時の待ち伏せの恐れを懸念したか、 あるいはギャップが激しい雨、ドロ、そして水に浮く岩屑によって通過できなかったからである。 ブリッグス (Briggs) が示唆することによると、 ヤングスタウン・リッジ (Youngstown Ridge) の水浸しの水路 (waterlogged gully) はフォーブス・ロード (Forbes' Road) の遺物かもしれない。

ヤングスタウン - ラトローブ (Youngstown - Latrobe) の北と西の多くの憶測が、初期の道を 確定するのに再びはびこっている。 ヤングスタウン・リッジ・ロード (Yougstown Ridge Road) を辿って、アーノルド・パーマー・ドライブ (Arnold Palmer Drive) に至り、 クリアビュー・ドライブ (Clearview Drive) に至る道が最も可能性のある道と思われる。 ロイドラン (Lloyd Run、SR 981) で北に向かい、モナステリー・ドライブ (Monastery Drive) で離れ、 ラウンドアバウト (traffic circle) に至り、 次にセント・ビンセント・ドライブ (St. Vincent Drive) で北に向かうのが、初期の道の最良の近似と思われる。 次にユニティ・セメトリー・ロード (Unity Cemetry Road) で西に向かい、その次にマクロ―・ロード (McCullough Road) で北に向かう。 マクロ―・ロード (McCullough Road) はサクスマン・ロード (Saxman Road) によりラトローブ・クラブツリー・ロード (Latrobe Crabtree Road) に接続し、 北に向かってボバード・ラクサ―・ロード (Bovard Luxor Road) に至る。 ボバード・ラクサ―・ロード (Bovard Luxor Road) で西に向かい、セメタリー・ロード (Cemetery Road) で再び北に向かい、 カルバリー・ヒル・ロート (Calvary Hill Road、CR 1032) で西に向かい、 ニュー・アレクサンドリア・ロード (New Alexandria、US 119) で少し南に向かい、 次にオールド・フォーブス・ロード (Old Forbes Road、再び CR 1032) で西に向かう、 数マイルの間、尾根の頂上にしがみつき、 1758 年のスリー・リダウト ("three redoubts") の野営地の場所に至る。 オールド・ハンナズタウン (Old Hannastown) の歴史マーカーの断言することは、次の 2 マイルは 「元々のフォーブス・ロード (Forbes Road) に確かに沿っている」 ことである。 ( ファイア・ステーション・ロード (Fire Station Road、消防署道路) 北にフォーブス・ロード&ハンナズタウン村 (village of Forbes Road and Hannastown) があるが、 恐らくは元々の道の構成のやり直し (iteration) により命名されている。)

フォーブス・ロード (Forbes Road、CR 1032) は西に継続し、最後に現代の SR 66 がその道を さえぎる。 フォーブス・トレイル・ロード (Forbes Trail Road) の南に少し迂回すれば、SR 66 の 下で西に向かうオールド・ルート 66 (Old Rt 66) (初期のフォーブス・ロード (Forbes Road) の可能性) があり、 北に向かってウィリアム・ペン・ハイウェイ (William Penn Highway、US 22) に到達する。 現代の開発が、この地点以後の元々のトレイルの痕跡をすべて消しているようである。 オールド・ウィリアム・ペン・ハイウェイ (Old William Penn Highway) の区間は所々、初期の道をたどっているかもしれない。 上で述べたように、US 22 はそのうちペン・アベニュー (Penn Avenue) と合流し、 これはポイント・パーク (Point Park、ポイント公園) とデュケーヌ砦 (Fort Duquesne) とピット砦 (Fort Pitt) に向けて西に進む。 この地点に近くなると、 ペン・アベニュー (Penn Avenue) はグラント・アベニュー (Grant Avenue) の近くを通過し、 ここはフランス砦に対してのジェームス・グラント少将 (Maj. James Grant) の壊滅的な攻撃の場所であった。

1758 年以後

ペンシルバニア州エクスポート (Export) の南数マイルの所 (PA 66 から離れた所) にブッシー・ラン戦場 (Bushy Run) があり、 ここでブーケ大佐 (Col. Bouquet) は 1763 年に ポンティアック戦争 (Pontiac's War) の流れを変えた。

ハルバート (Hulbert) は、 独立戦争と鉄道の到来の間の年月における、 フォーブス・ロードの成功と人気に関しての人を引き付ける見解によって、 彼の本を締めくくっている:

ブラドック・ロード (Braddock's Road) はフォーブスが随分以前にはっきりと立証したように、 ニューイングランドの旅行者には極端に回り道である。 ペンシルバニアの新しい道路は 1785 年に始まり、この 1788 年の年までに ニューイングランド人の旅行したがるルートではなかった。 ヒルドレス博士 (Dr. Hildreth) が書くことによると、 『山を横断する当時の道路は想像がつく最悪のもので、一方の側に深い溝 (gullies) が切り取られ、 反対側は砂岩のかたまりで 満たされていた....。』 移民の荷馬車は車輪用の lock-chain が提供され、 下向きの勢い (impetus) は大きな丸太、あるいは折れた木の最上部 (tree top) を荷馬車の後ろにロープで結んで制動し、 地面を引きずった。 別の場所では、道路が横に随分傾斜していたため、 割く事ができるすべての人員が、横棒、あるいは荷車の上部に取り付けた短いロープを引いて 転倒を防止することが要求された。 この地方のこの場所の全てとカーライル (Carlisle) までの東部はおよそ 25 年までに、 インディアンの略奪により人が住まなくなった。 現在の住民の多くが、この試行の時代をよく覚えており、 頼りない女性と子供がオハイオのような荒野まで遠くに移住すれば、必ず恐怖を示したことを知っていた。 3 日後に、彼らはベッドフォード (Bedford) の小さな村に到達した。 この時代に、彼らはサイドリング・ヒル (Sideling Hill) を横断し、ジュニアータ川の主な支流の幾つかを浅瀬で渡り、 境界に沿った狭い峡谷を縫うように進んだ。 数マイルごとに、長い荷馬の列が道路で遭遇し、 毛皮と朝鮮人参の荷を積んでいた。 これらは山脈の西地区から搬出する主な 2 つの品物であった。 他の者は、彼らを追い越し、酒、塩の小さな樽 (keg) と 乾燥物資の bale を積んでおり、 ピッツバーグのトレーダーに行く途中であった。

......

... モリス・バークベック (Morris Birkbeck) はイリノイのイングランド人開拓地の創始者で、 1817 年にワシントン DC からピッツバーグまで旅をして、 フレデリックタウン (Fredericktown)、 ヘイガーズタウン (Hagerstown、/ˈheɪɡərztaʊn/)、そしてペンシルバニア・ロードを経由した。 マコーネルズ・タウン (McConnlee's Town) で、5 月 23 日の日付の下で、彼が日記に書き留めたことは: 『我々が [ワシントン DC から] 旅行してきた道路はこの場所で終了し、ここでフィラデルフィアからピッツバーグに至る 大有料道路と遭遇する。』 まわりに見える光景に関して、 バークベック氏 (Mr. Birkbeck) が書くことによると: 『古いアメリカは壊れかけて西に向かっているようである。 我々はこの雄大な道をオハイオに向けて移動するにつれ、家族のグループを見ないことがほとんどない....。 この広大な群集の国内移動がどのようなものかを知るには、 昨年にボルティモアからフィラデルフィアの間でおよそ 12,000 台の荷馬車が 4 匹から 6 匹 [の馬] で通過し、 35 から 40 cwt [100 ポンド] を運んだことを知る必要がある。 輸送経費はフィラデルフィアからピッツバーグまで 1 cwt あたり、およそ 7 ドルであり、 この道路で、物資の輸送に支払う経費は £300,000 を越える。 極端に積載したこれらの数多くの荷馬車 (stage) に付け加え、 無数に多くの旅行者が馬に乗ったり、徒歩、あるいは軽荷馬車に乗り、 喧噪とビジネスの光景が 300 マイル以上の空間に広がっている。 これは実に素晴らしい。』 バークベック (Birkbeck) は カンバーランド・ロードのことは言及していない。 もっともこれは彼の本に付随する地図に描かれている。 有望な移民に対しての彼の忠告は、どの時点でもペンシルバニア・ロード [フォーブス・ロード] で 西に行くことである。
マーカー (Markers)

多くの歴史マーカーはフォーブスが彼の軍隊と共に移動した元々のルート沿いの 場所を示している。 ウェストモアランド郡 (Westmoreland County) では一基のフォーブス・ロード・マーカーが マリーズビル (Murrysville) の東 1.2 マイル (1.9 km) の US 22 に沿ってある。 カンバーランド郡 (Cumberland County) には、カーライル (Carlisle) の南西とシッペンズバーグ (Shippensburg) の北東 1 マイルの US 11 に沿って マーカーがある。 フルトン郡 (Fulton County) にはバーント・キャビンズ (Burnt Cabins) の南西 0.2 マイル (0.32 km) の US 522 に沿って、 1 基のマーカーがある。 フォーブス・ロードのマーカーも、 アレゲーニー郡 (Allegheny)、 ベッドフォード郡 (Bedford)、そして サマセット郡 (Somerset) に 設置されている。

歴史マーカー、ペンシルバニア州
ブリーズウッド (Breezewood) の US 30