ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Appalachian Mountains - Wikipedia

以下の文章で:mountains は一律「山脈」と訳し、plateau は一律「高原」と訳します。 フロント (front) は (前面にある) 山脈や急斜面の意味で使用されており、 適当な訳語が見つからないので、カナ表記「フロント」 のまゝに留めます。

自然地理学的分割は色々な分割方法があるのではないかと思われます。 ここではアパラチア・ハイランズ (Appalachian Highlands) は 7 つのプロビンスに分割されていますが、 アパラチア山脈の冒頭の、 米国地質調査所 (USGS) による分割では アパラチア・ハイランズ (Appalachian Highlands) は 13 のプロビンスに分割されています。 しかし地域 (region) がプロビンス (province) に分割され、プロビンスがセクション (section) に分割される点では 同じようです。

ハイランズ (Highlands) は高原 (Plateaus) と 山脈 (Mountains) を含み、 高地 (uplands) と低地 (lowlands) が別にある。 ハイランズ (Highlands) は高原 (Plateaus) の意味に使うこともあるが、 山岳地帯 (mountainous region) の意味に使うこともあり、ここでは後者の意味と思われる。

アパラチア山脈 (Appalachian Mountains)

アパラチア山脈 (Appalachian Mountains) はしばしば ザ・アパラチアンズ (Appladhians) と呼ばれ、北米東部の山脈のシステムである。 アパラチア山脈はおおよそ 4 億 8000 万年前の オルドビス紀 (Ordovician Period) に 始めて形成された。 山脈はかってアルプスとロッキー山脈のような高さに達し、その後自然に侵食された。 アパラチア山脈 (Apparachian chain) は東西の移動の障壁になる。 というのは、これらは稜線と峡谷の交互の列が、東西に走る基幹道路や鉄道に対立しているからである。

2007 年 8 月の光景、バック・アレゲーニー山の傾斜から
東を見る。見えるのはアレゲーニー山 (ウェスト・バージニア
州の モノンガヒラ国立森林公園、中距離)、シェナンドーア山
(バージニア州ジョージ・ワシントン国立森林公園、遠距離)

アパラチア山脈の正確な境界の定義は (色々と) 違っている。 米国地質調査所 (USGS, United States Geological survey) はアパラチア・ハイランズ (Appalachian Highlands) の自然地理学的分割 (physiographic division) を次の 13 のプロビンス (province) から構成されるものとしている: 大西洋岸高地 (Atlantic Coast Uplands), 東部ニューファンドランド大西洋 (Eastern Newfoundland Atlantic), 海洋アカディア・ハイランズ (Maritime Acadian Highlands), 海洋平野 (Maritime Plain), ノートルダム・メガンティク山脈 (Notre Dame and Mégantic Mountains), 西部ニューファンドランド山脈 (Western Newfoundland Mountains), ピードモント (Piedmont), ブルーリッジ (Blue Ridge), バレー&リッジ (Valley and Ridge), セント・ローレンス峡谷 (Saint Lawrence Valley), アパラチア高原 (Appalachian Plateaus), ニューイングランド・プロビンス (New England province), そして アディロンダック山脈 (Adirondack areas) である。 アパラチア山脈がアディロンダック山脈 (Adirondack Mountains) を含まないことに注意する必要がある、 アディロンダック山脈は カナダ楯状地 (Canadian Shield) の一部で、 グレンビル造山帯 (Grenville Orogeny) に属する; これらはアパラチア山脈と異なる成長する山脈である。

  1. 概観
  2. 地理
  3. 地質学
  4. 生態学 (Ecology)
概観

山脈 (mountain range) の大半は米国にあるが、 これはカナダ南東に延長し、 100 - 300 マイル (160 - 480 km) の地帯を 形成して、 ニューファンドランド島 (Newfound land) から 1,500 マイル (2,400 km) 南西の米国アラバマ州中央まで走っている。 領域は サン・ピエール島・ミクロン島 (islands of Saint Pierre and Miquelon) の 一部分を含み、ここはフランスの海外領土である。 全体 (system) は一連の山脈に分かれ、個々の山は平均するとおよそ 3000 フィート (910 m) ぐらいである。 グループの中で最高の山はノース・カロライナ州の ミッチェル山 (Mout Mitchell) で、 6,684 フィート (2,037 m) であり、 これは米国のミシシッピ川以東の最高点である。

ミッチェル山からの光景、6,684 フィート (2,037 m) で、
ノース・カロライナ州のミッチェル山はミシシッピ川以東の最高峰である。

アパラチア (Appalachian) の用語は山脈に関連した幾つかの異なる領域を言及する。 最も広域には、 山脈全体に周辺の丘と切り裂かれた高原 (dissected plateau、 開析された高原) 領域をあわせたものを言及する。 この用語は、もっと制限して中央と南部のアパラチア山脈の領域を 言及するのに使用され、 通常は、 ケンタッキー (Kentucky), テネシー (Tennessee), バージニア (Virginia), メリーランド (Maryland), ウェスト・バージニア (West Virginia), そして ノース・カロライナ (North Carolina) の各州の地域を含み、 時には更に、 南部のアラバマ (Alabama)、ジョージア (Georgia)、 そしてサウス・カロライナ (Sous Carolina) の西、 そして北部のペンシルバニア、オハイオの南、東、中央、そして アップステート・ニューヨークの南部の一部が含まれる。

アーカンソー (Arkansas) とオクラホマ (Oklahoma) のワシトー山脈 (Ouachita Mountains、/ˈwɒʃɪtɔː/) も元々アパラチア山脈の一部であったが、 地質学の歴史によって分離された。

名前の起源

1528 年のフロリダ州の北部海岸沿いの内陸を探検している時に、 アルバル・ヌニェス・カベサ・デ・バカ (Álvar Núñez Cabeza de Vaca) を含む ナルバエス探検隊 (Narváez expedition) は、 現在のフロリダ州タラハシー (Tallahassee、/ˌtæləˈhæsi/) の近くのアメリカ原住民の村を見つけた。 この名前を彼らは Apalchen (アパルチェン) あるいは Apalachen [a.paˈla.tʃɛn] (アパラチェン) と転写した この名前はすぐにスペイン人により Apalachee (アパラチー) に変えられ、 種族と北の内陸にずっと広がる領域の名称として使用された。 パンフィロ・デ・ナルバエス (Pánfilo de Narváez) の 探検隊は 1528 年 1 月 15 日に Apalachee (アパラチー) 領土に始めて進入し、 この名称を適用した。 今では "Appalachian" と綴り、これは米国におけるヨーロッパ人の 4 番目に古い地名である。

1540 年の デ・ソト探検隊 (de Soto expedition) のあとで、スペイン人の地図製作者は 部族の名称を山脈自身にあてはめ始めた。 最初の Apalchen (アパルチェン) が地図に登場した のは 1562 年のディエゴ・グティエレス (Diego Gutierrez) の地図である; 山脈に最初に使用したのは 1565 年の ジャック・ルモワヌ・ドゥモルグ (Jacques le Moyne de Morgues) の地図であった。

西半球のディエゴ・グティエレス (Diego Gutiérrez) の 1562 年の
地図の詳細、地名の "Appalachia" ("Apalchen") の変種が始めて使用。
(地図:Americae sive qvartae orbis partis nova et exactissima descriptio)

この名称は 19 世紀末に至るまで、普通には山脈全体には使用されなかった。 競合する名称で、もっと一般的なものは、 アレゲーニー山脈 (Allegheny Mountains)、 アレゲーニー (Allegheny)、あるいはアレゲーニア (Alleghenia) であった。 19 世紀始めに、 ワシントン・アーヴィング (Washington Irving) は 米国をアパラチア (Appalachia) あるいはアレゲーニア (Alleghania) に 改名することを提案した。

アパラチア山脈の南地区の米国方言では、 /ˌæpəˈlætʃɪnz/ と発音し、3 番目の音節は "latch" のように発音する。 山脈の北地区では /ˌæpəˈleɪtʃɪnz/ あるいは /ˌæpəˈleɪʃɪnz/ のように発音し、 3 番目の音節は "lay" のように、そして 4 番目の音節は "chins" あるいは "shins" のように発音する。 地区の住民の間には、どの発音が最も正しいかに関して、時には大きな議論がある。 ここ以外では、形容詞の Appalachian の最も普通に受け止められている発音は /ˌæpəˈlætʃiən/ で、 最後の 2 つの音節は、単語の Romanian のように発音する。

地理
地区 (region)

全体 (whole system) は 3 つの大きな地区 (section) に分割される。

ブルー・リッジ・パークウェイの
Craggy Garden からの光景

ニューヨーク州の アディロンダック山脈 (Adirondack Mountains) は時々 アパラチア山脈 (Apparachian chain) の一部と 考えられるが、地質学的に言えば、カナダの ローレンシャン山脈 (Laurentian Mountains) の南の延長である。

本当の褶曲山脈 (folded mountains) -- リッジ&バレー地形区 (ridge and valley province) と呼ばれる -- に付け加え、 山脈の北と西の切り裂かれた高原 (dissected plateau、 開析された高原) の領域は 通常、アパラチア山脈にグループ化される。 これに含まれるのはニューヨーク州南東の キャッツキル山脈 (Catskill Mountains)、 ペンシルバニア州のポコノ山脈 (Proconos, /ˈpoʊkəˌnoʊz/)、 ニューヨーク州南西、ペンシルバニア州西、オハイオ州東、そして ウェスト・バージニア州北の アレゲーニー高原 (Allegheney Plateau) がある。 この同じ高原は以下では カンバーランド高原と呼ばれる: ウェスト・バージニア州南、 ケンタッキー州東、 バージニア州西、 テネシー州東、そして アラバマ州北。

切り裂かれた高原地区 (plateau area、 開析された高原) は、実際には地質学的山脈を構成しないが、 普通には山脈 (mountains) と呼ばれ、ケンタッキー州東とウェスト・バージニア州では こうである。尾根は高くないが、地形は随分と凹凸がある。 オハイオ州とニューヨーク州では、高原の幾つかは氷河の作用を受けており、 ここは、鋭い尾根が丸くなり、峡谷がある程度埋められている。 氷河の作用を受けた地域は、通常は山脈 (mountains) とは呼ばずに丘陵地帯 (hill country) と呼ばれる。

アパラチア地区 (Appalachian region) は米国の東の海岸地帯 (seaboard) と 国の中西部地帯の間の地理上の分水嶺 (divide) と見なされる。 東部大陸分水嶺 (Eastern Continental Divide) はペンシルバニア州から ジョージア州までアパラチア山脈のあとを追っている。

アパラチア・トレイル (Appalachian Trail) は 2,175 マイル (3,500 km) のハイキング・トレイルで、 メイン州 (Maine) のカターディン山 (Mount Katahdin、/kəˈtɑːdɪn/ kə-TAH-din) から、 はるばるジョージア州のシュプリンガー山 (Springer Mountain) まで走り、 アパラチア山脈 (Appalachian system) の大きな部分を越えたり、通り過ぎる。 国際アパラチア・トレイル (Intgernational Applachian Trail) は このハイキング・トレイルの ニューブランズウィック州 (New Brunswick) と ケベック州 (Quebec) における カナダ側のアパラチア山脈の部分への延長である。

主な頂上 (Chief summits)

アパラチア山脈帯 (Appalachian belt) に含まれるのは、上で列挙した山脈 (range) と共に、 ニューイングランドで南の大西洋に傾斜する高原、 中央と南部の大西洋岸の州を通じて、南東側の海岸平面 (coastal plain) の境界に傾斜する高原、 そして北西部で 五大湖と内陸平原に向けて傾斜する アレゲーニー高原 (Allegheny plateau) と カンバーランド高原 (Cumberland plateau) がある。 山脈帯 (belt) の注目すべき造作は長さ方向の広い峡谷で、 これにはグレート・アパラチア峡谷 (Great Appalachian Valley) が含まれ、 これは南区間では、山岳システムを 2 つの等しくない部分に分割するが、 最北端では、典型的なアパラチアの造作を持つ全ての山脈の西になり、 アディロンダック山脈グループ (Adirondack group) からこれらを分離している。 山岳システムには支配的な高度の中心がないが、どの部分でも、頂上はむしろ一様な高さに上昇し、 とりわけ中央区間では、色々な尾根と山間の峡谷はシステム全体と同じ傾向がある。 頂上のどれも、万年雪の領域には達していない。

ニューファンドランド (Newfoundland) の ロングレンジ山脈 (Long Range) の山脈は 2,700 フィート (800 m) 近くの高さに達する。 ケベックのシックショック山脈 (Chic-Choc) と ノートルダム山脈 (Notre Dame) では、より高い頂上は 4,000 フィート (1,200 m) 以上になる。 ノバスコシア州 (Nova Scotia) と ニューブランズウィック州 (New Brunswick) の孤立した峰と低い山脈は 1000 フィートから 2700 フィート (300 m から 800 m) に変化する。 メイン州 (Maine) では幾つかの峰は 4,000 フィート (1,200 m) を越え、これにはカターディン山 (Mount Katahdin) の 5,267 フィート (1,605 m) が含まれる。 ニューハンプシャー州 (New Hampshire) では、多くの頂上は 5,000 フィート (1,500 m) を越え、 これに含まれるものは: ホワイト山脈 (White Mountains) の ワシントン山 (Mount Washington) の 6,288 フィート (1,917 m)、 アダムス山 (Adams) が 5,771 フィート (1,759 m)、 ジェファーソン山 (Jefferson) が 5,712 フィート (1,741 m)、 モンロー山 (Monroe) が 5,380 フィート (1,640 m)、 マジソン山 (Madison) が 5,367 フィート (1,636 m)、 ラファイエット (Lafayette) が 5,249 フィート (1,600 m)、 そしてリンカーン山 (Lincoln) が 5,089 フィート (1,551 m) である。 グリーン山脈 (Green Mountains) では、最高点のマンスフィールド山 (Mt. Mansfield) は 高さ 4,393 フィート (1,339 m) である; 他に含まれるものは: キリングトン峰 (Killington Peak) は 4,226 フィート (1,288 m)、 キャメルズ・ハンプ (Camel's Hump) は 4,083 フィート (1,244 m)、 エイブラハム山 (Mt. Abraham) は 4,006 フィート (1,221 m)、 そして幾つかの山 (heights) で 3,000 フィート (900 m) を越えるものがある。

ペンシルバニア州には 2500 フィート (800 m) 以上の高さの頂上は 60 以上ある; デイビス山 (Mount Davis) とブルー・ノブ (Blue Knob) は 3000 フィート (900 m) 以上である。 メリーランド州ではイーグル・ロック (Eagle Rock) とダンス山 (Dans Mountain) は著名な地点で、 それぞれ 3,162 フィート (964 m) と 2,882 フィート (876 m) に到達する。 グレート・バレー (Great Valley) の同じ側で、 ポトマック川の南に、 ピナクル (Pinnacle) が 3,007 フィート (917 m) で、 ピジョン・ルースト (Pidgeon Roost) が 3,400 フィート (1,000 m) である。 ウェスト・バージニア州では、 150 以上の峰が 4,000 フィート (1,200 m) 以上の高さで、 これには アレゲーニー山脈 (Allegheny Mountains) の最高峰であるスプルース・ノブ (Spruce Knob) の 4,863 フィート (1,482 m) が含まれる。 この州の他の幾つかの地点が 4,800 フィート (1,500 m) 以上の高さがある。 4,848 フィート (1,478 m) のソーニー・フラット (Thorny Flat) のチート山 (Cheat Mountain) (スノーシュー山 (Snowshoe Mountain))、 そして、 4,842 フィートのボールド・ノブ (Bald Knob) はウェスト・バージニア州の、より注目に値する峰である。

ブルーリッジ山脈 (Blue Ridge Mountains) は、 ペンシルバニア南部でそびえ、 当地ではサウス山脈 (South Mountains) と呼ばれ、州内でおよそ 2000 フィート (600 m) の 高さに到達する。 サウス・マウンテン (South Mountain) はメリーランド州の メイソン・ディクソン線 (Mason-Dixon line) のすぐ下のキロク山 (Quirauk Mountain) で 2,415 フィート (654 m) の最高点に達し、 南のポトマック川に向けて高さが減少する。 バージニア州では一旦 ブルーリッジ山脈 (Blue Ridge) は再び 2000 フィート (600 m) 以上に達する。 バージニア州の ブルーリッジ山脈 (Blue Ridge) で、以下はロアノーク川 (Roanoke River) の北にある最も高い峰の幾つかである: ストーニー・マン (Stony Man) 4,031 フィート (1,229 m), ホークスビル山 (Hawksbill Mountain) 4,066 フィート (1,239 m)、 アップル・オーチャード山 (Apple Orchard Mountain、[訳注:リンゴ園の山]) 4,225 フィート (1,288 m)、 ピークス・オブ・オッター (Peaks of Otter、[訳注:カワウソの峰]) 4,001 フィートと 3,875 フィート (1,220 m と 1,181 m)。 ロアノーク川 (Roanoke River) の南の ブルーリッジ山脈 (Blue Ridge) には、 バージニア州の最も高い峰があり、これには ホワイトトップ山 (Whitetop Mountain) 5,520 フィート (1,680 m) と マウント・ロジャース (Mount Rogers) 5,729 フィート (1,746 m) があり、 後者はペンシルバニア州 (Commonwealth) の最高点である。

ブルーリッジ山脈 (Blue Ridge) の南区間の主要な峰 (chief summit) があるのは: 2 つの主な頂上域 (crests) -- テネシー州とノース・カロライナ州の境界に沿ったウェスタン・フロント (Western Front) あるいはウナカ・フロント (Unaka Front)、及びノース・カロライナ州の イースタン・フロント (Eastern Front) -- あるいは (これらの) 2 つの主要山脈の間の幾つかの "横断尾根" (cross ridge) の 1 つにある。 イースタン・フロント (Eastern Front) の主な部分山脈 (subrange) に含まれるものは: ブラック山脈 (Black Mountains), グレート・クラギ―山脈 (Great Craggy Mountains)、 そして グレート・バルサム山脈 (Great Balsam Mountains) であり、 主要な峰 (chief summit) に含まれるものは、 テネシー州とノース・カロライナ州の境界近くの グランドファーザー山 (Grandfather Mountain) 5,964 フィート (1,818 m)、 ブラック山脈 (Black Mountains) のミッチェル山 (Mount Mitchell) 6,684 フィート (2,037 m)、 グレート・バルサム山脈 (Great Balsam Mountains) の ブラック・バルサム・ノブ (Black Balsam Knob) 6,214 フィート (1,894 m)、 コールド山 (Cold Mountain) 6,030 フィート (1,840 m) である。 ウェスタン・ブルー・リッジ・フロント (Western Blue Ridge Front) は次の部分に分割されている: ウナカ山脈 (Unaka Range), ボールド山脈 (Bald Mountains)、 グレート・スモーキー山脈 (Great Smoky Mountains)、そして ユニコイ山脈 (Unicoi Mountains) であり、 その主要な峰に含まれるのは: ウナカ山脈 (Unaka Range) の ローン山 (Roan Mountain) 6,285 フィート (1,916 m)、 ボールド山脈 (Bald Mountains) のビッグ・ボールド (Big Bald) 5,516 フィート (1,681 m) と マックス・パッチ (Max Patch) 4,616 フィート (1,407 m)、 グレード・スモーキー山脈 (Great Smoky Mountains) の クリングマンズ・ドーム (Clingmans Dome) 6,643 フィート (2,025 m), ル・コンテ山 (Mount Le Conte) 6,593 フィート (2,010 m), 及びマウント・ギヨ (Mount Guyot) 6,621 フィート (2,018 m)、 そしてテネシー州 - ジョージア州 - ノース・カロライナ州の境界近くの ビッグ・フロッグ山 (Big Frog Mountain) 4,224 フィート (1,287 m)。 である。 横断尾根 (croee eidge) の著名な頂上に含まれるものに、 プロット・バルサムズ (Plott Balsams, 山脈) の ウォーターロック・ノブ (Waterrock Knob) (6,292 フィート (1,918 m)) がある。 ジョージア州北の一帯で多くの峰が 4,000 フィート (1,200 m) を越え、 これには州で最高のブラスタウン・ボールド (Brasstown Bald) の 4,784 フィート (1,458 m)、 4,696 フィート (1,413 m) のラブン・ボールド (Rabun Bald) がある。

ボールド山脈 (Bald Mountains)
排水 (drainage)

アパラチア山脈の川 (rivers and streams) に関する多くの地質上の問題がある。 グレート・アパラチア峡谷 (Great Appalachian Valley) の存在にもかかわらず、主要な川の多くは山脈の軸を横断している。 アパラチア山脈の 分水嶺 (drainage divide) はバージニア州の ニュー川 (New River) の すぐ北の山岳帯 (mountainous belt) を横断する曲がりくねったコースを追っている。 ニュー川の南では川は ブルーリッジ山脈 (Blue Ridge) に向かい、より高いウナカ (Unaka、山脈) を横断し、 グレート・バレー (Great Valley) から重要な支流を受け取って、 カンバーランド高原を広がる渓谷 (water gaps) で横断し、 カンバーランド川テネシー川を経由して、 オハイオ川とミシシッピ川に流れ、次にメキシコ湾に流れる。 中央区間のニュー川の北で、 川はリッジ&バレー (Valley Ridge)、 あるいはそのすぐ向こうに源流があり、 渓谷を通り抜けて、 グレート・バレー (Great Valley) に至り、 次に ブルーリッジ山脈 (Blue Ridge) を横断して、 ロアノーク川 (Roanoke River)、 ジェームズ川 (James River)、 ポトマック川 (Potomac River) そして サスケハナ川を経由して、 海岸平野を突き抜けて潮汐河口に向かう。

ウェスト・バージニア州の Gauley Bridge
近くのニュー川を見下ろす崖

高地 (height of land) の北区間は山岳帯 (mountainous belt) の内陸側にあり、 排水の主要な (複数の) 流れは北から南に走る、 これはハドソン川で例証される。 しかしながら、ハドソン川が通り抜ける峡谷は、氷河時代の巨大な氷河 により切断された。 この同じ氷河がニューヨーク州南に最終的な モレーンを堆積して、東西の ロング・アイランド (Long Island) を形成した。

地質学

今日のアパラチア山脈で露頭する岩を見れば、 褶曲し (folded)、 衝上断層した (thrust faulted) 海洋堆積岩 (sedimentary rocks)、 火成岩 (volcanic rocks)、 古代の海底の薄片 (sliver) の引き延ばした帯 (elongated belts) が明らかで、 これらの岩が、プレートの衝突 (plate collision) の最中に変形したことの強力な証拠が提供される。 4 億 8000 万年ほど前のアパラチア山脈 (Appalatian ranges) の誕生により、 プレートの衝突による幾つかの造山活動の最初のものがマークされ、 これは超大陸 (supercontinent) の パンゲア大陸 (Pangaea) の形成で頂点を迎え、 アパラチア山脈がその中央付近になった。 北米とアフリカがつながっていたため、 アパラチア山脈はモロッコの 小アトラス山脈 (Little Atlas) と同じ山脈の一部分であった。 この山脈は 「中央パンゲア山脈」 (Central Pangean Mountains) と呼ばれ、スコットランドまで広がっており、 その後、 中生代 (Mesozoic Era) に 北米/ヨーロッパ の衝突から イアペトゥス海 (Iapetus Ocean, /aɪˈæpɪtəs/) が開放された。 ( カレドニア造山運動を参照。)

道路工事で露出した古い断層、ペンシルバニア州
ヘイズルトン (Hazleton) の近く、州間道路 81 のそば
このような断層は、褶曲したアパラチア山脈では普通
古地理復元が示すアパラチア盆地、
デボン紀中頃

オルドビス紀 (Ordovician Period) の中頃 (およそ 49600 - 44000 万年前) の 最中に、プレートの動きの変化により、 北米の最初の古生代の造山活動 (Paleozoic mountain-building) の イベント (タコニック変動 (Taconic orogeny)) の段階になった。 かって静かであった アパラチア受動 縁辺部 (Appalachian passive margin) はとても活発なプレート境界 (plate boundary) に変化し、 この時、隣接する海洋プレート (oceanic plate) である イアペトゥス (Iapetus) は 北アメリカ 安定陸塊 (North American craton) と衝突し、その下に沈み始めた。 この新しい 沈み込み帯 (subduction zone) の誕生と共に、 初期のアパラチア山脈 (Appalachians) が生まれた。 大陸縁辺部 (continental margin) に沿って、火山が育ち、沈み込みの開始 (initiation) と一致した。 衝上断層 (thrust faulting) は受動縁辺部 (passive margin) に置かれたより古い堆積岩 (sedimentary rock) を持ち上げ(uplift) て、曲げた (warp)。 山脈が上昇するにつれ浸食により、時と共にすり減らされ始めた。 川は岩屑を下流に流し、近くの低地に堆積させた。 タコニック造山運動 (Taconic Orogeny) は一連のプレート衝突による造山の丁度最初のものであり、 これはアパラチア山脈の形成に貢献し、北米とアフリカの衝突で頂点を迎えた。 (Alleghanian orogeny (未翻訳) を参照。)

中生代 (Mesozoic Era) の終わりまでに、アパラチア山脈は浸食されて、ほとんど平坦な平原になった。 新生代 (Cenozoic Era) の最中に、この地域が持ち上げられるまでに、 現在の特徴ある地形は形成されなかった。 上昇により川が若返り、川は急速に古代の川床を削ることで応答した。 川によっては弱い地層に沿って流れ、この地層は褶曲 (fold) と断層 (fault) が何百万年も前に 作ったものであった。 他の川はとても急速に下を削ったため、 抵抗力のある山の核の褶曲した岩を横断して切り取り、 岩石層と地質構造を横断して渓谷 (canyon) を切り開いた。

USGS の米国アパラチア・ゾーン
鉱物資源

アパラチア山脈には 無煙炭と更には 瀝青炭の重要な鉱床がある。 褶曲した山脈では、石炭は無煙炭のように変性し、 ペンシルバニア州北東の石炭地区 (Coal Region) で象徴される。 ペンシルバニア州西部、 メリーランド州西部、 オハイオ州南東部、 ケンタッキー州東部、 バージニア州南西部、そして ウェスト・バージニア州の瀝青炭の炭田は 堆積岩形式の石炭を含んでいる。 石炭採掘の「山頂除去の方法」 (mountain top removal method、[訳注:露天掘りの一種]) は、山頂を完全に取り除き、 広範囲な領域と、アパラチア山脈地域の生態系 (ecosystem) を現在危機に落としている。

アパラチア山脈ペンシルバニア州西部における 1859 年の石油の 商業量の発見により、現代米国の石油産業が開始した。 マーセラス・シェール層 (Marcellus Shale formation) とユーティカ・シェール層 (Utica Shale formation) における 商業天然ガスの埋蔵の最近の発見により、 再びアパラチア盆地 (Applachian Basin) に、石油産業の注意が集まった。

アパラチア山脈の高原によっては、鉄や亜鉛のような金属の鉱物を含んでいる。

生態学 (Ecology)

アパラチア山脈は、とりわけ中央と南地区は、北米でもっとも生物多様性に 富んだ場所の 1 つである。 長い尾根と峡谷の南北方向の向き付けは多くの動植物の種類に貢献している。 (色々な) 種が寒暖の交互の時期に、ここからどこへでも移住し、 もっとも適したマイクロクライメイト (microclimate、微細気候) に定住する。

植物相 (Flora)

アパラチア山脈の植物相は変化に富み、 地質、緯度、海抜、利用可能な湿度にとても基本的に応答している。 地球植物学的 (geobotanically) に、これらは北米大西洋地区 (North American Atlantic Region) の植物地理区 (floristic province) を構成している。 アパラチア山脈 (Appalachians) は基本的には落葉性の広葉樹と常緑の針葉樹から構成されている。 しかし、常緑広葉のアメリカ・ヒイラギ (American holly、Ilex opaca) と落葉性針葉樹である カラマツ (tamarack or eastern larch, Larix laricina) も含んでいる。

支配的な北方高地針葉樹 (northern and high elevation conifer) は アカトウヒ (red spruce, Picea rubens) で、 これらはニューイングランド北とカナダの海面レベルから、 海抜 4,000 フィート (1,200 m) で生育している。 これはノースカロライナ州とテネシー州におけるように、 アパラチア山脈山頂 (crest) から最も高い高地沿いに生育している。 中央アパラチア山脈では、通常海抜 3000 フィート (900 m) に限定されるが、 幾つかの寒い峡谷 (cold valley) では、高度は低い。 アパラチア山脈南部では、これは高い高度に限定される。 別の種にはクロトウヒ (black spruce、Picea mariana) があり、 これは北米でどの針葉樹よりも北に延長し、 アパラチア山脈北の高い高度とペンシルバニア州南に至る沼地に見いだされる。

アパラチア山脈は 2 種類のモミ (fir) が生育する場所でもある。 このモミは亜寒帯バルサムモミ (balsam fir、Abies balsamea) と南方高地の地域固有種であるフレイザーモミ (Fraser fir, Abies fraseri) である。 フレイザーモミ (Fraser fir) はアパラチア山脈南の非常に高い場所に限定され、 ここでアカトウヒ (red spruce) と共に壊れやすい生態系 (fragile ecosystme) を作り、 これは「南アパラチア山脈トウヒ・モミ森林」 (Southern Appalachian spruce-fir forest) と呼ばれる。 フレイザーモミ (Fraser fir) は 5500 フィート (1,700 m) 以下ではほとんど見られることがなく、 6200 フィート (1,900 m) で支配的な木の形式になる。 比較すると、バルサムモミ (balsam fir) はほとんど海面レベルから、 アパラチア山脈北の樹林限界 (tree-line) まで見いだされるが、 アパラチア山脈中央のバージニア州とウェスト・バージニア州の南までのみに至っており、 ここでは通常、海抜 3,900 フィート (1,200 m) より上に限定される。 但し、寒い峡谷 (cold valley) は除く。 奇妙なことに、これはバージニア州のオーク (oak) と関連している。 バージニア州とウェスト・バージニア州のバルサムモミ (balsam fir) は人によっては、 もっと北方の種類とフレイザーモミ (Fraser fir) の自然な雑種と思われている。 アカトウヒ (red spruce) は高地と沼地の生息地で普通であるが、 バルサムモミはクロトウヒ (black spruce) と tamarack と共に、後者でもっと特徴的である。 しかしながら、バルサムモミ (balsam fir) は pH が 6 にもなる土壌でも十分にうまく行く。

カナダツガ (eastern or Canada hemlock、Tsuga canadensis) は別の重要な常緑針葉樹で、 北から南のアパラチア山脈沿いに生育し、 アカトウヒ (red spruce) とモミよりは低い高度に限定される。 これは一般にトウヒとモミよりは豊かで、より酸度が低い土壌を占有し、 深くて日陰があり、湿気の高い山の峡谷 (valley) と小さな谷間 (cove) に特徴的である。 これは不幸なことに、 ヘムロック・ウーリー・アデルジド (hemlock woolly adelgid、Adelges tsuga、カメムシ目の昆虫) -- 外来種の昆虫 -- にさらされ、森林の木として急速に根絶されかけている。 それほと豊富ではなく、アパラチア山脈南に限定されているのは カロライナ・ツガ (Carolina hemlock、Tsuga caroliniana) である。 カナダツガと同様に、この木もヘムロック・ウーリー・アデルジド (hemlock woolly adelgid) によってひどく苦しめられている。

アパラチア山脈の松の特性を持つ幾つかの種には: イースタンホワイトパイン (eastern white pine, Pinus strobus), バージニアパイン (Virginia pine, Pinus virginiana), ピッチパイン (pitch pine, Pinus rigida、松脂松), テーブル・マウンテン・パイン (Table Mountain pine、Pinus pungens、松の一種) そして ショートリーフパイン (shortleaf pine, Pinus echinata) がある。 レッドパイン (red pine, Pinus resinosa) は亜寒帯種 (boreal species) で、 ウェスト・バージニア州の南まである数少ない高地孤立種を形成する。 これらの種のすべては、ホワイトパイン (white pine) を除き占有する傾向があるのは: 砂混じり、 岩混じり、 貧弱な土壌の場所で、 大半が酸性である。 ホワイトパイン (white pine) -- 材木の理由から評価される大きな種 -- は豊かで、湿気のある土壌、特性が酸性あるいはアルカリ性で もっともよく振る舞う傾向がある。 ピッチパイン (pitch pine) は酸性、沼地の土壌でも自然に振る舞って (at home) おり、 テーブル・マウンテン・パイン (Table Mountain pine) も時々、この生息地で見受けられる。 ショート・リーフ・パイン (short leaf pine) は他の種よりも、 一般により暖かい生息地とより低地で見受けられる。 列挙したすべての種は、開放された場所、 あるいはわずかに日陰がある生息地で最も良好である、 もっともホワイト・パイン (white pine) は日陰のある小さな谷間 (cove)、峡谷 (valley)、 そして氾濫原でも生い茂っている。

アパラチア山脈は、 大きな美しい落葉性の広葉樹で特徴づけられる。 これらの存在 (occurrence) は E. ルーシー・ブラウン (E. Lucy Braun) の 1950 年の古典である 「米国東北部の落葉樹の森林」 (Deciduous Forests of Eastern North America) (Macmillan, New York) に最も良く要約、そして記述されている。 最も多様で、豊かな森林は混合中性 (mixed mesophytic) あるいは中程度の湿度のタイプで、 これは大体は、 アパラチア山脈南部と北部の、肥沃で湿気のある山地の土壌に制限され、 とりわけカンバーランド山脈とアレゲーニー山脈に制限されるが、 アパラチア山脈の小さな谷間 (cove) でも生い茂っている。 他の特徴的な キャノピー (canopy、天蓋) 種には: ホワイトバスウッド (white basswood、Tilia heterophylla), イエロー・バックアイ (yellow buckeye、Aesculus octandra、トチノキの一種), サトウカエデ (sugar maple、Acer saccharum), アメリカブナ (American beech、Fagus grandifolia), チューリップツリー (tuliptree、Liriodendron tulipifera、モクレンの一種), ホワイト・アッシュ (white ash、Fraxinus americana) そして イエロー・バーチ (yellow birch、Betula alleganiensis、 カバノキの一種) 他の普通の木には: レッド・メイプル (red maple、Acer rubrum、楓の一種), シャグバーク・ヒッコリー (shagbark hickory、Carya ovata、ペカンヒッコリー) そして ビターナット・ヒッコリー (bitternut hickory、 Carya cordiformis)) そして ブラックバーチあるいはスィートバーチ (black or sweet birch、Betula lenta)。 小さな低木層と灌木に含まれるのは: ハナミズキ (flowering dogwood、Cornus florida), ホップホーンビーム (hophornbeam、Ostrya virginiana、カバノキの一種), ウィッチ-ヘイゼル (witch-hazel、Hamamelis virginiana、 マンサク科の一種) そして スパイスブッシュ (spicebush, Lindera benzoin、 クロモジ属の一種). 何百もの多年生、一年生の草があり、 この中には草と薬草があり、例えば アメリカ人参 (American ginseng、Panax quinquefolius、チョウセンニンニンに類似), ゴールデンシール (goldenseal、Hydrastis canadensis), ブラッドルート (bloodroot、Sanguinaria canadensis) and ブラックコホシュ (black cohosh, Cimicifuga racemosa) がある。

前述の木、灌木、そして薬草は、 それほど肥沃でない中湿性の森にもずっと広範囲に分布し、 このような森はアパラチア山脈南部及び中央を通じて、 低層及び中層高度で、 小さな谷間 (cove)、川の峡谷 (stream valley)、氾濫原 (flood plains) を占有している。 アパラチア山脈において、 そしてパパラチア山脈の中央部と南部では、 標高の高い所で、 このような多様な中湿性の森はそれほど多様でない 「北方広葉樹林」 (northern hardwood) に道を譲り、 キャノピー (canopy、天蓋) を支配するのは: アメリカ・ブナ (American beech), サトウカエデ (sugar maple), アメリカ・バスウッド (American basswood、Tilia americana) そして イエロー・バーチ (yellow birch) であり、 そして はるかに少ない灌木と草の種がある。

より乾燥し、岩がちな高地と尾根は、 オーク・栗 (oak-chestnut) の形式の森で占有され、 ここで支配的であるのは 色々な種類の オーク (oaks、Quercus spp.), ヒッコリー (hickories、Carya spp.) そして、 過去には、 アメリカグリ (American chestnut、Castanea dentata) であった。 アメリカグリは外来の菌である クリ胴枯病 (chestnut blight、Cryphonectaria parasitica) により キャノピー種 (canopy species) としては事実上撲滅されたが、 根から生える若木の芽としては生存しており、根は菌により枯れないのである。 現在の森のキャノピー (canopy、天蓋) では、栗は大体はオークで置き換わった。

アパラチア山脈南部と中央部のオークの森を構成するのは大体は: ブラック・オーク (black, Quercus velutina)、 ノーザン・レッド・オーク (northern red, Quercus rubra)、 ホワイト (white, Quercus alba)、 チェスナット・オーク (chestnut, Quercus prinus) そして スカーレット・オーク (scarlet, Quercus coccinea) 及び ヒッコリー (hickories) 例えば、ピグナット・ヒッコリー (pignut, Carya glabra) で、とりわけこうである。 最も肥沃な森は、中湿性タイプのグレードで、通常は小さな谷間 (cove)、穏やかなスロープにあり、 支配的にホワイト・オークとノーザン・レッド・オークであり、 一方最も乾燥した場所では、 チェスナット・オークあるいは時には、 スカーレット・オークないしはノーザン・レッド・オークが支配的である。 アパラチア山脈北部では、 オークはホワイト・オークと ノーザン・レッド・オークを除いて消えうせ、 一方で後者は更に北に拡張している。

オークの森には中湿性の森にある色々な小さな木、灌木、そして草の層がない。 灌木は一般にツツジ科 (Ericaceae) とその近縁 (ericaceous) で、 これが含むのは: アメリカ・シャクナゲ (mountain laurel、Kalmia latifolia), 色々な ブルーベリー (blueberries、Vaccinium spp.) の種, ブラック・ ハックルベリー (black huckleberry、Gaylussacia baccata), 何種類かの落葉性の ツツジ (rhododendrons、azaleas), そしてツツジ科のより小さなもの、例えば ヒメコウジ (teaberry、Gaultheria procumbens) そして トレーリング・アービュタス (trailing arbutus、Epigaea repens) がある。 常緑のオオシャクナゲ (great rhododendron、Rhododendron maximum) は湿気のある川の峡谷に特徴的である。 これらが登場することは、 大半のオークの森の土壌の支配的な酸性の性質と一致している。 比較すると、もっと珍しい チンカピン・オーク (chinquapin oak, Quercus muehlenbergii) はアルカリ性の土壌が必要で、一般に石灰岩が地表近くにある場所で育つ。 従って、ツツジ科近縁 (ericaceous) の灌木 (shrub) はこれと関係していない。

ピスガー (Pisgah) 国立森林公園のオオバシャクナゲ (Great laurel) の茂み

アパラチア山脈の植物相 (flora) は色々な コケ植物 (bryophyte) の集合 ( 蘚類 (mosse) と 苔類 (liversort)) を含み、更には 菌類 (fungus) を含む。 幾つかの種は、めずらしく [且つ/あるいは] 地方固有である。 維管束植物 (Vascular plant) と同様に、 これらは、存在する土壌の性質と温度環境に密接に結びつく傾向がある。

東部の落葉性の森は幾つかの深刻な昆虫と病気の発生にさらされる。 最も顕著なものの 1 つは、外来の マイマイガ (gypsy moth, Lymantria dispar) で、 これはこれは基本的にオークに寄生し、深刻な落葉と大量の枯死の原因になる。 しかし、これは弱い個体を除去する恩恵もあり、 遺伝的な蓄積を改良し、ひいては、枯れ木の集積により、一種の豊かな生息地を作る。 広葉樹の芽はすぐにも出てくるので、 この蛾はヘムロック・ウーリー・アデルジド (hemlock woolly adelgid) ほど有害ではない。 恐らく、もっと深刻なものは、 外来のブナ樹皮病 (beech bark disease complex) で、 これは カイガラムシ (scale insect、Cryptococcus fagisuga) と真菌成分 (fungal component) のどちらも含んでいる。

19 世紀と 20 世紀の始めに、アパラチア山脈の森は 過酷で破壊的な伐採と土地を開くことにさらされ、 これにより、国立森林公園と国立公園に指定され、更には多くの州の保護地に指定された。 しかしながら、このような活動と他の破壊的活動が継続した、 もっとも縮小した形であった。 そして生態的に基礎を置く、管理の実践がほんの少しが根付いただけである。

アパラチア山脈の沼地は亜寒帯の生態系であり、 これはアパラチア山脈の多くの場所、 とりわけ、アレゲーニー山脈 (Allegheny) と ブルーリッジ山脈 (Blue Ridge) にある。 普通に沼地 (bog) と呼ばれるが、 多くは技術的にフェンである。

シェナンドーア国立公園 クランベリー・グレイズ (Cranberry Glades)、
ウェスト・バージニア州の沼地の保護区
動物相 (Fauna)

アパラチア山脈の森を特徴づける動物に tree squirrels が 5 種含まれる。 もっとも普通に見られるのは、低所からある程度の高さまで生息する トウブハイイロリス (eastern gray squirrel、Sciurus carolinensis) である。 類似の生息域を占有するのは少し大きなフォックス・リス (fox squirrel、Sciurus niger) と ずっと小さな南ムササビ (southern flying squirrel、Glaucomys volans) である。 より寒い北とより高い生息域にもっと特徴的なものはレッド・リス (red squirrel、Tamiasciurus hudsonicus) で、 一方アパラチア山脈の北ムササビ (northern flying squirrel、Glaucomys sabrinus fuscus) は極めて似ているが、 北方の広葉樹とスプルース・モミ (spruce-fir) の森に限定されている。

南ムササビ (Southern flying squirrel)

リスのようにありふれている、うさぎの東ワタオウサギ (eastern cottontail、Silvilagus floridanus) と オジロジカ (white-tailed deer、Odocoileus virginianus) がいる。 後者はとりわけ、 シンリンオオカミ (eastern wolf、Canis lupus lycaon) とクーガー (cougar) の絶滅の結果、ずっと数が増えた。 これにより、アパラチア山脈の森の多くの植物が食べられすぎて (overgrazing and browsing)、 ひいては農作物の破壊につながった。 他の鹿にはアメリカヘラジカ (moose、Alces alces) があり、北部でのみ見受けられ、 そして エルク (elk) があり、これは一度絶滅したが、 アパラチア山脈の南部と中央部で移植 (transplantation) により復活した。 ケベックではシックショック山脈 (Chic-Chocs) にはセント・ローレンス川の南の唯一の トナカイ (Caribou、Rangifer tarandus) の個体群 (population) がいる。 北では普通で、南方のバージニア州とウェスト・バージニア州の高所まで拡張しているもう一つの種は スノーシュー・ヘア (snowshoe hare、Lepus americanus、ウサギの一種) の変種である。 しかしながら、これらのアパラチア山脈中央の個体群 (population) は散逸していて、とても少ない。

とても興味ある他の種は、 ビーバー ( beaver、Castor canadensis) で、毛皮の理由から絶滅しかけていたが、 随分と復活した。 この復活により、山脈中にダムと他の構造の建設を通じて、生息域に極端な変更をもたらした。

他の普通の森の動物は アメリカグマ (black bear、Ursus americanus), ストライプド・スカンク (striped skunk、Mephitis mephitis), アライグマ (raccoon、Procyon lotor), ウッドチャック (woodchuck、Marmota monax), ボブキャット (bobcat、Lynx rufus), ハイイロキツネ (gray fox、Urocyon cinereoargenteus), アカギツネ (red fox、Vulpes vulpes) がおり、 近年では コヨーテ (coyote、Canis latrans) がおり, これはヨーロッパ人の到来と シンリンオオカミ (eastern wolf) と アメリカアカオオカミ (red wolf、Canis rufus) の絶滅で好まれることになった種である。 ヨーロッパの イノシシ (boars、Sus scrofa) は 20 世紀始めに導入された。

森の特徴的な鳥は: 野生の七面鳥 (turkey, Meleagris gallopavo silvestris)、 エリマキライチョウ (ruffed grouse、Bonasa umbellus), ナゲキバト (mourning dove、Zenaida macroura), ワタリガラス (common raven, Corvus corax), アメリカオシ (wood duck、Aix sponsa), アメリカワシミミズク (great horned owl、Bubo virginianus), アメリカフクロウ (barred owl、Strix varia), screech owl (Megascops asio), アカオノスリ (red-tailed hawk、Buteo jamaicensis), カタアカノスリ (red-shouldered hawk、Buteo lineatus), そして オオタカ (northern goshawk、Accipiter gentilis), 更には色々な種類の「鳴き鳥」 ("songbirds"、Passeriformes) がおり、 とりわけウォーブラー (warblers、小さな鳴き鳥) のようなものがいる。

七面鳥 (eastern wild turkey) の雄

極めて重要なのは サラマンダー (salamander) の多くの種で、とりわけ 肺がない種 (lungless species、Family Plethodontidae) で、 林床 (forest floor) で葉とゴミに隠されて大量に生きている。 しかしながら、最も頻繁に見られるのは イースタン・ニュート (eastern or red-spotted newt、イモリの一種、3 段階に変態) (Notophthalmus viridescens) で、 陸上のイモリ (eft) の段階はしばしば開放・乾燥した林床 (forest floor) で遭遇する。 サンショウウオ (salamander) はアパラチア山脈の森 (forest) で 最大の動物生物量 (animal biomass) であると評価されている。 カエル (frog) とヒキガエル (toad) はそれほど多様化・豊富ではないが、 ウッド・フロッグ (wood frog、Rana sylvatica) はイモリ (eft) のように、乾燥した林床 (forest floor) で普通に遭遇する。 一方、幾つかの小さなカエルの種は、例えば スプリング・ピーパーズ (spring peepers、Pseudacris crucifer、カエルの一種) のように、鳴き声で森を活気づける。 サラマンダー (salamander) と他の両生類は林床 (forest floor) と 水生生息域 (aquatic habitat) で、小さな生物を摂取することで、養分循環 (nutrient cycling) に 大いに貢献している。

爬虫類は両生類ほど豊富・多様ではないが、幾つかの蛇は動物の顕著なメンバーである。 最大のものの一つに、無毒な黒蛇 (black rat snake、Elaphe obsoleta) があり、 一方、 コモン・ガーター蛇 (common garter snake、Thamnophis sirtalis) は最も小さなものの一つであるが、最も豊富にいる。 アメリカ・マムシ (American copperhead、Agkistrodon contortrix) と ヨコシマガラガラヘビ (timber rattler、Crotalus horridus) は有毒な マムシ亜科 (pit viper) である。 トカゲが少々いるが、 ヒロズトカゲ (broad-headed skink、Eumeces laticeps) は、長さが 13 インチ (33 cm) までで、 木登りと泳ぎが素晴らしく、外見と行動が、最大で、最も壮観なものの 1 つである。 最も普通な亀はイースタン・ボックス・タートル (eastern box turtle、Terrapene carolina carolina、 アメリカハコガメ属 (box turtle) の一種) で、 アパラチア山脈中央部と南部の、高地と低地の両方で見られる。 水生種の中で最も顕著なものは、大きな カミツキガメ (common snapping turtle、Chelydra serpentina) で、 アパラチア山脈中に登場する。

アパラチア山脈の川は、高度に多様な真水の魚がいることで著名である。 最も豊富で、多様なものは コイ科 (minnow family、family Cyprinidae) のもので、 多彩な ダーター種 (species of darters、Percina spp.) も豊富である。

日影があって、冷たいアパラチア山脈の川の特徴的な魚の 1 つは、 カワマス (wild brook or speckled trout、Salvelinus fontinalis) であり、 これは、 ゲームフィッシュとしてひどく求められている。