ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Fen - Wikipedia

以下の文章には出てこないが、 ザ・フェンズではフェンのことをフェンランドとも言っている。

フェン (Fen)

フェン (fen) は湿地帯の主要な型式の 1 つである、 これ以外には 「草の茂る沼沢地」(grassy marsh)、 「林の沼地」 (forested swamp)、および 「泥炭のボグ」 (泥炭の湿原、peaty bog) がある。 ボグ (湿原、bog) とともに、フェン (fen) は泥沼 (mire) の一形式である。 フェンは鉱物質栄養性泥炭地 (minerotropic peatland) であり、 通常ミネラルの豊かな地表水 (surface water) あるいは地下水で給水される。 これらははっきりした水の化学で特徴づけられ、 水は pH が中性もしくはアルカリ性で比較的に高度な溶融したミネラルのレベルがあるが、 ほとんど植物栄養素がない。 ここは通常、草と カヤツリグサ (sedge) が優勢で、典型的には一般に茶色のコケ (moss) があり、 これには Scorpidium あるいは Drepanocladus がある。 フェンはしばしばほかの種類の植物が高度に多様で、 これには ムシトリスミレ (Pinguicula) のような食虫植物がいる。 これらは大きな湖と川に沿って起きることがあり、 季節による水位の変化が湿った土壌を維持し、樹木がほとんどない。 フェンの植物の個々の種の分布はしばしば 水の形態と栄養の集中に密接に関係している。

エストニア西のアヴァステ・フェン
(Avaster Fen) の外側
訳注
右の方の絵の説明に次が書いてある:
フェンは泥炭を形成し、地下水が給水する湿原である。 フェンがボグと違うのは、これらがボグほど酸性ではなく、 高い栄養レベルがあり、もっと色々な動植物を支える。 フェンはしばしば草、カヤツリソウ、rush [訳注:草のような植物、Juncus 属] 、野生の花で覆われている。
フェンが提供する重要な恩恵には洪水の予防と危険性の削減、水質の改善である。 人目をひく lady slipper orchid はフェンで成長する。

フェンには固有な植物の種類があり、時々環境状態を最も適切に表示している。 例えばニューヨーク州のフェンの指示植物には スゲ (Carex flava), Cladium mariscoides, キンロバイ (Potentilla fruticosa), Pogonia ophioglossoides および Parnassia glauca がある。

訳注
左から順に Carex flava, Cladium mariscoides, Potentilla fruticosa, Pogonia ophioglossoides そして Parnassia glauca.

フェンはボグ (bog) と区別され、ボグは酸性で、 ミネラルが少なく、 ミズゴケ属 (genus Sphagnum) の豊富なコケと共に カヤツリグサ (sedge) と 灌木 (shrub) が優勢である。 ボグはドームの型をした広大な土地に存在する傾向もあり、 ここで雨から常に豊富な湿気のほとんどすべてを受け取るが、 フェンは傾斜地、平坦地や窪地に登場し、 雨に付け加え、表面水と地下水で補給される。

フェンは過去に土地の排水と泥炭の切り出しによっても被害を受けた。 幾つかは、今では現代の管理方法により、注意して復元されている。 主な挑戦は自然な水の流れの形態を復元し、 水の質を維持し、木の植物の侵入を防ぐことである。

  1. 植生
  2. 文学における用語の使用
  3. 画像
植生

カー (carr) は米国東部の 「森林沼地」 (wooded swamp) の北ヨーロッパにおける同じ言葉であり、 英国で湿森林 (wet woodland) とも呼ばれている。 これは ヤナギ (willow (salix spp.)) や ハンノキ属 (alder (Alnus spp.)) の ような一般に小さな木々が生えたフェンである。 一般にフェンは泥炭が集積すると構成物が変化する。 従って、フェンで見い出される種のリストは、 より前の段階から残っているものから、次の段階の先駆種 (pioneer) に至る連続した発展の いろいろな種に及んでいる。

塩基の豊かな水 (base-rich water) の流れがボグを通り抜けると、 これらにフェンの帯が並び、雨が給水するボグ (rain-fed bog) の島 (iland) を分離する。

ビーバーによる一時的な氾濫はフェンによくない影響を与える。

文学における用語の使用

シェークスピアは リア王 (King Lear) で (文字通り沼沢地 (marsh) から湧き出る) 霧を述べるために 「フェンが吸い込む」 (fen-sucked) という言葉を使用しており、 この時リア王は 「彼女の美しさにとりつくがよい。強烈な日の光で引き出されたフェンが吸い込む霧よ ! 倒して水膨れにさせろ」 J.R.R. トールキン (J.R.R Tolkin) の指輪物語 (The Lord of the Rings) の巻 3, 第 2 章 「ローハンの騎手」(The Riders of Rohan) で、 アラゴルン (Aragorn) は 「しかし日が戻れば、北には夜明けとフェンの間に我々の道がある」 と言っている。

画像
アヴァステ・フェンは
エストニアで最大のフェンの
1 つ、面積は 88km2
アヴァステ・フェン ウィッケン・フェン (Wicken Fenn)
の光景、前面に典型的植生
背景に木々と藪を特徴に
するカー (carr) の植生