ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

The Fens - Wikipedia

フェン (fen) に関してはフェンに説明があり、 本文中 (形成と地形) にも説明がある。 ザ・フェンズ (The Fens) はフェンランズ (Fenlands) とも呼ばれ、 フェンが多くあったイングランド東部の特別な場所になる。 なお本文中ではフェンランド (fenland) もフェン (fen) と同じ意味に使っている。

ザ・フェンズ (The Fens)

ザ・フェンズ (The Fens) はフェンランズ (Fenlands) とも呼ばれ、 イングランド東部の沿岸の平野 (coastal plain) である。 自然な湿地性の地域ではあるが、フェンの大半は数世紀前に排水され、 平坦で、乾燥した、低地の農業地帯で、排水水路 (drainage channel) と人工の川 (ダイク (dyke) と排水路 (drain)) と自動ポンプ場 (pumpint station) で支えられている。

ザ・フェンズ、
シープウォッシュ・クロッシングから
イングランド東部
ザ・フェンズの位置を示す

フェンは湿地帯、あるいはかっての湿地帯の 個々の地域を指す用語で、次の性質を満たすものである: 水質は中性もしくはアルカリ性で、比較的大量のミネラルが溶融しているが、 これ以外の植物性栄養素がないものである。

フェンランドは主にウォッシュ湾 (the Wash) の海岸の周りにある: これは 4 つのセレモニアル・カウンティ (ceremonial county) に及ぶ: リンカンシャー ケンブリッジシャー ノーフォーク (Norfork)  及びサフォーク (Suffolk) の小さな区域、ひいては歴史的カウンティである ハンティンドンシャー (Huntingdonshire) は言わずもがなことである。 全体では 1500 平方マイル (3900 km2) の領域を占有する。

フェンランドの大半は平均海面の数メートル以内にある。 オランダの類似の領域と同じようにフェンランドの大半は元々、 淡水湿地あるいは海水湿地から構成され、 これが人工的に排水され、排水堤防とポンプにより洪水から守られ続けている。 この排水システムの支援により、 フェンランドは英国で耕作に適した穀類と野菜の 主要な農業地区になった。 ザ・フェンズはとりわけ肥沃で、英国のグレード 1 の農地のおよそ半分を含んでいる。 ザ・フェンズはイングランドの聖地 (Holy Land of England) と言及されてきた、 これはかっての修道院の理由からで、今では教会と大聖堂になっている: クロウランド (Crowland)、 イーリー (Ely)、 ピーターバラ (Peterborough)、 ラムジー (Ramsey)、及び ソーニー (Thorney) がある。 これ以外のフェンズの重要な集落には: ボストン ケンブリッジ、 スポールディング (Spalding)、 ウィズビーチ (Wisbech) がある。、

  1. 背景:歴史的洪水と排水
  2. 形成と地形
  3. 歴史
  4. ザ・フェンズの排水
  5. ザ・フェンズにおける現代の農業と食料生産
  6. 復元
  7. スポーツ
  8. 集落
  9. ポピュラー・カルチャーで
背景:歴史的洪水と排水

ザ・フェンズは、この周りのチョークと石灰岩の高地よりもずっと低地であり、 大抵の場合平均海面よりも 10 m もない。 実際、排水とその結果の泥炭フェンズの縮小により、フェンズの多くの部分は平均海面よりも下にある。 17 世紀の 1 人の作家は (オランダとの比較で) フェンランドは海面よりも完全に上である述べていたが、 この地域は現在では英国で最低の土地、 ケンブリッジシャーのホルム・フェン (Holme Fen) を含み、 これは海面下およそ 2.75 m である。 ザ・フェンズの中には幾つかの丘があり、歴史的に「島」と呼ばれた、 これは周りの低地のフェンが浸水しても、乾燥したままであったからである。 フェンの島の最大はアイル・オフ・イーリー (Isle of Ely) であり、 ここに、イーリーの大聖堂都市が建設された: 最高の地点は平均海水面上 39 m である。

人工的な排水と洪水保護がなければザ・フェンズは定期的な洪水に見舞われやすく、 とりわけ冬には高地から押し流される水の重い荷重と川があふれることにより起こりやすい。 ザ・フェンズの幾つかの場所はかって一旦洪水となって、永久に小さな湖 (あるいは mere (ミア)) となり、 一方、ある場所は満ち潮のときのみ洪水になった。 現代以前には、 耕作に適した農業は周辺の高地、フェンの島、そしていわゆる "タウンランド" (町の土地、Townland) に限定され、 タウンランドとはザ・ウォッシュ湾周辺のアーチ状の泥地 (silt land) で、 ここに町の耕作に適した土地があった。 これらの土地は泥炭の縮小が始まる前は泥炭のフェンより低かったが、 もっと安定した泥の土壌が中世の農民により埋め立てられ、泥炭地域や海から押し寄せる洪水に対して 堤防が作られた。 フェンランドの残りは、牧畜、魚釣り、家禽、藁ぶき屋根のためのアシとスゲ (sedge) の収穫に専念した。 このようにして、中世と現代初期のフェンはイングランド南部のこれ以外の場所 -- 基本的には耕作に適した農地 -- と対照的であった。

19 世紀と 20 世紀の現代的な排水が到来して以来、 ザ・フェンズは完全に変貌し、今日では耕作に適した農業は、ほとんど完全に牧畜の代わりになり、 ザ・フェンズの経済は穀類、野菜、そしてナタネ (rapeseed) とセイヨウアブラナ (canola) のような 現金作物 (cash crop) にひどく投資されている。

ザ・フェンランドの排水は河川の排水と、河川の間の土地の内部排水から構成されている。 内部排水はレベル (level) ないしは地区により組織され、 各地区は 1 つもしくはそれ以上の教区のフェンの部分を含んでいる。 組織の詳細は発展の歴史により異なるが、この地区には次が含まれている:

上のすべては イングランド内戦 (1642 年 - 1649 年) の後のある時期にすべて再排水された。

これらは 18 世紀と 19 世紀に排水された。

形成と地形

最も最近の氷河期 -- 英国ではディベンシアン (Devensian) と呼ばれ、1 万年前 -- 英国とヨーロッパ大陸は フリースラント (Friesland) と ノーフォーク (Norfolk) の間が尾根でつながっていた。 北海の海底の地形が示すことは、 イングランド東の南部の川はライン川に流れ、 従って英国海峡を通り抜けていた。 現代の海岸沿いのザ・フェンズ北側から、排水路が北海の北の盆地に流れていた。 氷が解けるにつれ、上昇する海面が低地を水没させ、究極的に現代の海岸になった。

これらの上昇する海面はフェンランド盆地の、それ以前は内陸の森林地帯に氾濫し、 その後、数千年の間、海水と淡水の湿地帯の広範囲な進展につながった。 泥と粘土の土壌が、海水地区と潮汐の影響を受ける川底に、 海からの洪水により堆積し、 一方、有機的な土壌、あるいは泥炭が淡水の湿地に発展した。 フェンランドの水面の高さは鉄器時代に頂点に達した; 青銅器時代初期と新石器時代の集落は泥炭によっておおわれ、 ごく最近に発見された。 ローマ時代に水位は再び下がり、 海岸の近くで堆積した新しいドロの土壌の上に、集落が可能となった。 水位は中世初期に再び上昇したが、 今度は人工的な堤防が、海岸の集落と内陸を海洋の泥の堆積から守った、 もっとも泥炭は内陸フェンの淡水湿地で発展し続けた。

フェンの湿地は歴史的には次を含んでいた:

集落の主な地域は:

一般に、今日、フェンランドでみられる主な 3 型式の土壌の 1 つには、 エネルギーがある海洋環境 (energetic marine environment of creeks) に 起因するミネラルを基礎にする川のドロがあり、 これは潮汐のあるドロの干潟と塩性湿地 (salt-marsh) に堆積され、 一方、泥炭はフェンとボグ (bog) で育つ。 泥炭は黒い土壌を生成し、これは米国の腐葉土壌 (muck soils) と直接比較される。 roddon -- 乾燥した水路の上昇した河床 -- は建物の建設に、これほど安定していない泥炭よりも、もっと適切である。

19 世紀以来、 フェンの酸性泥炭はすべて消滅した;泥炭の乾燥・消耗により アルカリ性泥炭の土壌の深さが随分と縮小し、 泥炭フェンの広い領域の全体的な高さが縮小した。

歴史
ローマ帝国以前の定住

中石器時代 (Mesolithic) 以後に、フェンの近くに人の集落があったことの証拠がある。 ここから示唆されることは、 ケンブリッジシャーの中石器時代の集落はとりわけフェンの端と フェンの中の低地の島にあり、湿地帯の狩猟と魚釣りの機会を利用した。

ローマ帝国の農業と土木工事

ローマ帝国は フェン・コーズウェイ (Fen Causeway) を建設し、 これはザ・フェンズを横断する道路で、 後に イースト・アングリア (East Anglia) と呼ばれる個所と後に中央イングランドとなる個所を接続するものであった; これはデンバー (Denver) と ピーターバラ (Peterborough) の間を走っている。 ケンブリッジ (Cambridge) と イーリー (Ely) を接続しているが、 一般に道路システムはザ・フェンズを避けている。但し、 地域の製品 -- とりわけ塩、牛肉、皮 -- を搬出するためにデザインされた補助道路 (minor road) を除いている。 羊は、当時 19 世紀と同様に、おそらくはタウンランド (Townland) とフェンの島 (fen island) のより高い土地で育てられた。 ローマ帝国の時代にはおそらく排水の努力もあり、 これにはカー・ダイク (Car Dyke) が含まれ、フェンランドの西端に沿って、ピーターバラと リンカンシャー の間を走っていたが、大半の運河は輸送のために建設された。

ローマ帝国の集落が、どれほど海側に拡張していたかは不明で、 これは後の洪水の最中にこの上に堆積したからである。

ローマ帝国後初期の集落

ローマ帝国後、初期の集落はタウンランド (Townland) にあった。 明らかなことに、ここは少々繁栄し、 とりわけ川によりフェンの向こうの高地に行ける場所では繁栄した。 このような場所に ウィズビーチ (Wisbech、/ˈwɪzbiːtʃ/ WIZ-beech)、 スポールディング (Spalding)、 スウィンズヘッド (Swineshead) 及び ボストン (Boston) があった。 タウンランド教区のすべては細長い土地に展開され、 フェン、湿地、及び海の生産物にアクセスできた。 フェンの端では教区は同様に細長くなり、 高地とフェンのどちらにもアクセスできるようになっていた。 従って、町は同じ教区内の遠くの農場よりも、 しばしば互いに近い場所にあった。

中世初期と中世

ローマ帝国領英国 (Roman Britain) の終了後には記録の断絶 (break) がある。 イケニ族 (Iceni) のあるものは 西に移動してザ・フェンズに入り、 アングル人を避けたと思われ、 アングル人は北海を横断して アンゲルン (Angeln) (現在の シュレースヴィヒ) から移住し、 イースト・アングリアとなる場所に定住した。 ザ・フェンズは水と湿地に取り囲まれ、簡単に防衛できる安全な場所を提供し、 侵略する アングロ・サクソン人にとりわけ望ましいわけではなかった。

ある人達はウェスト・ウォルトン (West Walton)、 ウォルソケン (Walsoken)、 ウォルポール (Walpole) の名称 [訳注:以上は村の名称] は英国原住民を暗示し、 Wal- は古英語 (Old English) の walh -- 外国人 (foreigner) -- に由来していると信じている。 しかしながら、村々は昔のローマ帝国の海の壁 (sea wall) の近くにあり、 従って wal- の要素はおそらくは wal あるいは weal -- wall (壁) -- に由来する。 Walton は一般に 「壁の町」 (wall-town) を意味し、 Walsoken は 「壁のそばの特別管轄下の地区」 を意味し、 Walpole は単に 「壁のポール」 (wall-pole、古英語の wal + pal) を意味するか、 あるいは 「井戸のプール」 (well pool、古英語の welle + pol) を意味するものと思われている。

記述された記録がアングロ・サクソン人の英国で復帰したときに、 ザ・フェンズの幾つかの部族の名称はトリバル・ヒダージ (Tribal Hidage、[訳注:イングランドでまとめられたアングロ・サクソンの 35 の部族のリスト]) とキリスト教の歴史に記録されている。 これに含まれるものに North Gyrwe (ピーターバラとクロウランド), South Gyrwe (イーリー), the Spalda (スポールディング), 及び Bilmingas (サウス・リンカンシャーの一部) がある。

アングロ・サクソン人のイングランドの初期のキリスト教の時代に、 何人かのキリスト教徒が荒地 -- ザ・フェンズが成り果てたもの -- に見いだされる孤独を求めた。 王室と密接に関連した、このような聖者には: グスラック (Guthlac)、エセルドレーダ (Etheldreda)、 ペガ (Pega)、及びウェンドリーダ (Wendreda) がいた。

島々における隠者の住処は共同体の中心となり、 後に巨大な地所を持つ修道院になった。 「聖者グスラックの生涯」 (Life of Saint Guthlac) -- 8 世紀初頭にザ・フェンズに住んだ イースト・アングリアの隠修士 (hermit) の伝記 -- で記述されていることによると、 聖者グスラックはその当時ザ・フェンズに住んでいる英国人と思われる人々に何度か攻撃された。 しかしながら、 バートラム・コルグレイブ (Bertram Colgrave) は、ある版の前書きで、 この地域に英国人の生き残りがいたことの証拠がないことと、 この地域の英国名称が「非常にまれ」であることからこれを疑っている。

修道院の生活はデーン人の侵入と定住により邪魔されたが、 10 世紀中ごろの修道院の復活により、復帰することになった。 11 世紀には、全地域がアングロ・サクソン人の連合イングランドに組み込まれた。 ここは避難と策謀の場所のままであった。 アルフレッド・アシリング (Alfred Aetheling) が殺されたのはここで、 ヘリワード・ザ・ウェイク(Hereward the Wake) がノルマン人のイングランドに対して反乱の基地にしたのは ここであった。

フェンランドの修道院にはいわゆるフェン・ファイブ (Fen Five) (イーリー大聖堂修道院 (Ely Cathedral Priory)、 ソーニー大修道院 (Thorney Abbey)、 クロイランド大修道院 (Croyland Abbey, [訳注:クロウランド大修道院 (Crowland Abbey) と同じ])、 ラムジー大修道院 (Ramsey Abbey)、 そしてピーターバラ大修道院 (Peterborough Abbey)) 更にはスポールディング修道院 (Spalding Priory) が含まれるのは言うまでもない。 重要な地主であったため、修道院はザ・フェンズの初期の排水努力で重要な役割を演じた。

王室森林

12 世紀の大半と 13 世紀初頭にサウス・リンカンシャーのフェンは森林になった。 この地域を囲い込む境界は: スポールディングからウェランド川に沿ってマーケット・ディーピング (Market Deeping) に至り、 次にカー・ダイク (Car Dyke) に沿ってドウズビー (Dowsby) に至り、 ザ・フェンズを横断してウェランド川に至った。 13 世紀初頭に森林が伐採された。 森林化された時と伐採された時の正確な日付に関しては合意されていないが、 森林が伐採されたのは マグナ・カルタ (Magna Carta) あるいは 13 世紀初頭のこの言いかえと関連しているようである。 もっとも、これは 1240 年になって、ようやく起きたことかもしれない。 森は周辺のタウンシップの経済に影響を与えたようであり、 現在のボーン・オー川 (Bourne Eau) は森林の伐採時に建設されたようである。 というのは町は 1280 年頃に一般的に繁栄していたからである。

森はおよそホーランド (Holland) (リンカンシャー) の半分と、 ケスティーブン (kesteven) の半分を占めており、ケスティーブン森と呼ばれている。

ザ・フェンズの排水
ザ・フェンズを排水するための近世の試み

ローマ帝国の水力学 (hydraulics) の幾つかの兆候が現存し、 幾つかの中世の排水工事もあったが、土地排水 (land drainage) は 1630 年代に色々な投資家が熱烈に開始し、 彼らはこうするための契約を チャールズ 1 世と交わしていた。 このようなシンジケートの 1 つのリーダーがベッドフォード伯爵 (Earl of Bedford) で、 彼は技術者としてコーネリウス・フェルマイデン ( Cornelius Vermuyden) を採用した。 一般的に信じされていることと違い、フェルマイデンは 1630 年代に ケンブリッジシャー ノーフォークの 「グレート・フェン」 (Great Fen) の排水に関わっておらず、1650 年の建設の 2 段階目で関わったのみである。 計画は地元民からの大きな反対にもかかわらず実施され、 彼らは魚釣りと (水鳥の) 狩猟の生計を失うことになっていた。 フェン・タイガー (フェンの虎、Fen Tiger) と呼ばれるフェンの人々が排水努力を妨害 (sabotage) しようとした。

17 世紀地図のリンカンシャー南部
排水されていないフェン内部の定住されていない場所が見える。

2 本の掘割 (cut) が ケンブリッジシャーの (複数の) フェンに作られ、 グレート・ウーズ川 (River Great Ouse) とキングズ・リン (King's Lynn) で海に接続した -- これはオールド・ベッドフォード川 (Old Bedford River) とニュー・ベッドフォード川と呼ばれ、 後者はハンドレッド・フット・ドレイン (Hundred Foot Drain) とも呼ばれた。 どちらの掘割もベッドフォード伯爵にちなんで名付けられ、 彼は冒険家ジェントルマン (gentleman adventurers, = 投資家) と共に建設の資金繰りをし、 その結果生じだ農地に多額の助成金を与えられた。 工事は低地帯 (Low Countries、[訳注:ベルギー、 ルクセンブルグ、オランダ]) の技術者により指図された。 この初期の排水に引き続き、ザ・フェンズはなお極端に洪水になりやすく、 風力ポンプ (windpump) が使用されて、影響される地域から水を汲み上げた。 「冒険家の会社」 (Company of Adventurers) は 1963 年にもっと正式に 「ベッドフォード・レベル会社」 (Bedford Level Corporation) として法人化された。

ウィッケン・フェン (Wicken Fen)
風力ポンプ
ザ・フェンズの排水ミル (Drainage Mills)
リンカンシャー、ザ・フェンズ、
ジョン・セル・コットマン作

しかしながら、彼らの成功は短命であった。 一旦、排水されると泥炭は縮小し、畑は更に低くなった。 もっと効率よく排水すれば、事態はもっと悪くなり、まもなく畑はまわりの川よりも低くなった。 17 世紀終わりには土地は再び水の下になった。

3 つのベッドフォード・レベルを一緒にすれば最大の計画であったが、 彼らは唯一の計画ではなかった。 リンジー卿 (Lord Lindsey) と仲間のサー・ウィリアム・キリグルー (Sir William Killigrew) は 1638 年までにリンジー・レベルに農民を居住させていたが、 イングランド内戦の勃発により、1765 年の議会法まで工事が破壊され、 議会法によりブラック・スルース委託委員 (Black Sluice Commissioners) が形成された。

ベッドフォード・レベル会社の多くの元々の記録は、 レベルの地図も含め、 ケンブリッジのカウンティ記録事務所 (County Record Office) の 「ケンブリッジシャー文書局・地方研究サービス」 (Cambridgeshire Archives and Local Studies Service) で現在保管されている。

現代の排水

ザ・フェンズの排水の重要な部分は 18 世紀末と 19 世紀初頭に達成し、 再び激しい地元の暴動と工事の妨害 (sabotage) があった。 最終的な成功は 1820 年代に登場し、 この時、風力ポンプが石炭を動力とする強力な蒸気エンジン -- 例えばストレタム・オールド・エンジン (Strethum Old Engine) -- で置き換えられ、 蒸気エンジン自身もディーゼル動力ポンプ -- 例えばプリックウィロウ博物館 (Prickwillow Museum) にあるようなもの -- で置き換えられ、 そして第二次世界大戦後には 、小さな電動ステーションに代わり、 これが現在でも使用されている。

グレート・ウーズ川のそばの
ストレタム・オールド・エンジン
プリックウィロウ博物館
ザ・フェンズの変化する顔と排水の物語

泥炭の枯れた植物は腐ることがなかった、 これは空気が遮断されているからである (泥炭は嫌気性 (anaerobic, 酸素を含まない) である)。 泥炭が排水されると、酸素がここに到達し、 これ以来泥炭はゆっくりと酸化した。 これにより、初期の乾燥による収縮と共に、更に風により土壌が除去されて、 ザ・フェンズの大半は満ち潮の水位よりも下にあることになった。 排水された最高部分が今や平均海面上数 m にしかすぎず、 川の大きな堤防のみが、一般的な洪水防御と共に、 土地が氾濫するのを防いでいる。 にもかかわらず。これらの建造物は今や過去よりも、もっと効果的である。

ザ・フェンズは今日、 海から守る 60 マイル (97 km) の堤防と、 96 マイル (154 km) の川の堤防によって守られている。 11 の内部排水委員会 (IDB, internal drainage board) のグループは 286 箇所のポンプ場と 3800 マイル (6,100 km) の水路を維持し、全体の容量は オリンピック競技場サイズのプール 16,500 基を 24 時間で排水できる、 あるいはラトランド・ウォーター貯水池 (Rutland Water) を 3 日で排水できる。

ザ・フェンズにおける現代の農業と食料生産

2008 年現在、ザ・フェンズには農業と園芸に関連した 4000 の 農場があると見積もられており、これには 耕地、家畜、家禽、酪農業、果樹園、野菜、そして鑑賞植物と花が含まれる。 これらは常勤と季節労働者でおよそ 2,700 人を採用している。 次に、これは食料と飲料水の製造・配布におよそ 250 の事業を支え、およそ 17,500 人を採用している。

ザ・フェンズの 70% 以上が環境の世話の計画に従事し、 この下で 270 マイル (430 km) の生垣と 1780 マイル (2,860 km) の運河が管理され、 ミズハタネズミ (water vole) のような絶滅危惧動物 (endangered animals) のための、 野生動物の大きな回廊と生息地が提供されている。

復元

2003 年に、グレート・フェン・プロジェクト (Great Fen Project) が開始し、ザ・フェンズの一部分を元々の農業以前の状態に戻すことになった。 北海による定期的な氾濫は、 ザ・フェンランズの特質を更新し、 1911 年のブリタニカ百科事典 (Encyclopædia Britannica) によれば、 慣習的に 「海の深刻な氾濫によって荒廃するもの」 として特徴づけられている。 現代的なアプローチは少々の農地を再び氾濫させて、自然保護区に変えることである。 プロジェクトの主催者は真水の導入により、 タシギ (snipe)、 タゲリ (lapwing)、 及び サンカノゴイ (bittern) のような種が奨励されることを望んでいる。

フェン水路接続 (The Fen Waterways Link) は排水路の幾つかに航行を復元する計画である。 サウス・フォーティ・フット・ドレイン (South Forty-Foot Drain) と カー・ダイク (Car Dyke) の一部分を使用して、ボストンとケンブリッジの間のルートにすることが計画されている。

スポーツ

ザ・フェンズはイングランドの バンディ (bandy) とスピード・スケートの原点である。 ここはグレート・ブリテン・バンディ連合 (Great Britain Bandy Federation) の 本拠地で、 リトルポート (Littleport) にはアイス・スポーツ用の屋内スタジアムの建設を 目的にしたプロジェクト準備ができている。 もし成功すれば、 これはバンディ・ピッチ (bandy pitch) と スピード・スケート用楕円競技場 (speed skating oval) で 国内最大の氷の面 (sheet of ice) を持つことになる。

イングランド・バンディ連合のロゴ、
これはザ・フェンズに根拠地をおいている。
集落

多くの歴史的都市、町、村はザ・フェンズで育ち、 数少ない高台の上にあった。これらには次が含まれる:

古代の場所には次がある:

ポピュラー・カルチャーで

著作家の何人かはザ・フェンを彼らの作品で何度も呼び物にしている。 例えば:

次の小説、あるいはそのかなりの部分が、フェンズを舞台にしている。

ある映画では多くの部分でザ・フェンランズを舞台にしている。

1974 年の 「ルック・アンド・リード」 (Look and Read) シリーズの 「クラウド・バースト」 (Cloud Burst) はザ・フェンズを舞台にして撮影。 1995 年の BBC シリーズの Ghosts のエピソード Three Miles Up はザ・フェンズを舞台にした。

少なくとも 1 つのビデオ・ゲームがザ・フェンズを舞台にした。