ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Historic counties of England - Wikipedia
イングランドの歴史的カウンティ
(Historic counties of England)

イングランドの歴史的カウンティはノルマン人 (Normans) が 統治のために設置した地域で、多くの場合は アングロ・サクソン (Anglo-Saxons), ジュート (Jutes), ケルト (Celts) 等に よって設立された初期の王国と シャイア (shires、行政地区) に基づいていた。 これらは、この代わりに、 古代カウンティ (ancient counties)、 伝統的カウンティ (traditional counties)、 以前のカウンティ (former counties)、 あるいは単にカウンティ (counties) と呼ばれる。 設置後に続いた数世紀と、 更には行政機能により、 カウンティは地方文化と独自性を生む助けになった。 1889 年に 行政カウンティ (administrative counties) の創設後に、 カウンティが統治のために使用されなくなってからも、 この役割は継続した。 行政カウンティは、その後の年月の更なる地方政府改革により改正された。

1851 年のイングランドのカウンティ、表示されているのは大河川、
ヨークシャーのライティング (riding) 達、そして残りの飛び地

都市型地区 (urban areas) を含む部分的に自己統治する自治区 (borough) とは違い、 中世イングランドのカウンティが存在したのは主に中央政府の権力を強化 (enforce) する 手段としてであり、君主が選択された代表 -- シェリフ (sheriff) そして後に レフテナント卿 (lord lieutenants) -- とその従者 (subordinate) である治安判事 (justice of peace) を通して、 地方地域に制御を行使することを可能にした。 カウンティは元々、 司法管理 (administration of justice)、 税金の徴収、 民兵の組織化 (organization of military) のために使用され、 後には地方政府と議会の代表を選ぶために使用された。 これらは主な都市型地区から離れた国の多くの部分で、 現代の地方政府地域の基礎を形成し続けているが、 新たに創設された地域では、時々これらが基礎を置く歴史的カウンティ から境界が随分と変化している。

  1. 命名法
  2. 歴史
  3. 機能
  4. カウンティの一覧
  5. 行政的・儀礼的使用 (Administrative and ceremonial uses)
命名法

カウンティの名称は、これが形成された方法に関してのヒントが与えられており、 これは 管理の中央から名称を得た分割、、 古代の王国、 あるいは民族グループに専有された地域 から形成されている。 イングランドのカウンティの大半は最初のカテゴリーに属し、 名称が中央の町に接尾語 "-shire" を合成して作られ、 例えばヨークシャー (Yorkshire) がある。 以前の王国で、 連合イングランド (united England) の伯爵領となったものは、 この作り方の特徴がない; 従って 以前の ジュート人 (Jutes) の王国である ケント (Kent), サリー (Surrey), ワイト島 (Isle of Wight) には "...shire" が使用されない。 接尾語の "-sex" で終わるカウンティ - 以前のサクソン王国 (Saxon kingdoms) - もこのカテゴリーに属している。 これらの名称の幾つかにはコンパスの方向が含まれる。 第 3 のカテゴリーには コーンウォール (Cornwall) と デボン (Devon) のようなカウンティが含まれ、 これらの名称はそこに住んでいた部族に対応する。 カウンティ・ダラム (County Durham) は名称と起源に関しては例外であり、3 つのカテゴリーのいずれにも属さない。 こうではなく、これはパラタイン特権を持つダラム・カウンティ (County Palatine of Durham) になった監督管区 (diocese) で、ダラム司教 (Bishop of Durham) によって支配されていた。 こうでなければ、予期される形は "Durhamshire" であるが、これはほとんど使用されない。

多くのカウンティには慣習的な省略形がある。 大半の場合には、これらは単純な切り捨て (truncation) から構成され、 通常、末尾の "s" が "shire" を表し、例えば バークシャー (Berkshire) の代わりに 「バークス」("Berks") となり、 バッキンガムシャー (Buckinghamshire) の代わりに「バックス」 ("Bucks") になる。 省略形によっては明らかでなく、例えば シュロップシャー (Shropshire) (の省略形) の "Salop" があり、 これはカウンティの都である シュルーズベリー (Shrewsbury) のノルマン語由来の言葉 (Norman-derived word) から来ている; オクスフォードシャー (Oxfordshire) の省略形の "Oxon" はラテン語の Oxonium (オクスフォードのカウンティと市の両方を意味する) から来ている; ハンプシャー (Hampshire) の省略形は "Hants"; ノーサンプトンシャー (Nothamptonshire) の省略形は "Northants" である。 カウンティ名は公的文書で、接尾辞の -shire を省いて、 「カウンティ・オブ」 ("County of") を頭に付けることができ、 例えば 「カウンティ・オブ・ケント」 ("County of Kent") あるいは 「カウンティ・オブ・ヨーク」 ("County of York") となる。 類似の使用が 2 つの場合にあり、 -shire の接尾辞を持つカウンティ名は町名の後に使用できない、 この場合には正しい構成は 「カウンティ・オブ・バークス」 ("County of Berks") と 「カウンティ・オブ・ウィルツ」 ("County of Wilts") である。 "-shire" の接尾辞はカウンティによっては追加され、 例えばその起源にかかわらず、 「デボンシャー」 ("Devonshire"), 「ドーセットシャー」 ("Dorsetshire" そして 「サマセットシャー」 ("Somersetshire") がある。 例えば 1603 年以来デボンシャー伯爵 (Earl of Devonshire) と、1694 年以来デボンシャー公爵 (Duke of Devonshire) がいた。

歴史
起源

グレート・ブリテン島 (Great Britain) はローマ人によって始めて行政地区に分割され、 最もあり得ることは、川のように重要な地理的造作に従った。 ローマ人が到来するまで、明白な部族の地域があったが、絶え間のない流動があり、 領地は増えたり減ったりした。 410 年頃のローマ領英国の消滅後、これらの土地の最初の分割は一般的に見捨てられた、 もっとも ポーイス (Powys), ドゥムノニア (Dumnonia) そしてエルメット (Elmet) のような小さな王国の形を取る伝統的な分割は、 この地域に残り、南西イングランドのように、 ブリトン人 (British) のもののままであった。 後にイングランドのカウンティとなる地域はこの後すぐに形を表し始め、 ケント王国 (Kingdom of Kent) は 445 年頃に開拓者によって設立された。 南イングランドでは、もっと広く、 シャイア (shire) が ウェセックス王国 (Wessex) の行政構造の部分として、 より初期の部分王国 (sub-Kingdom) から出現し、 マーシア (Mercia) が 10 世紀にウェスト・サクソン (West Saxon, [訳注:ウェセックスのこと]) の支配下になると、 ウェセックス (Wessex) はマーシア (Mercia) に シャイア (shires), 自治区 (borough) (あるいは burhs)、 そしてアルドメン (ealdormen, /ˈal-dər-mən/, 長) のシステムを課した。 イングランド王国 (Kingdom of England) が 927 年に全体として統一されると、 行政的利便性から、これを再分割することが必要となり、 この目的のために、より初期の王国から伯爵領 (earldom) が創設された。 ノルマン征服 (Norman conquest) の時までに、 王国全体はシャイア (shire) に分割された。 グロスターのロバート (Robert of Gloucester, [訳注:歴史家 1260 - 1300 頃]) は 35 のシャイア (shire) とみなし、 マームズベリのウィリアム (William of Malmesbury) は 32、 ハンティンドンのヘンリー (Henry of Huntington) は 37 とみなした。 大半の場合は、中世のカウンティ、あるいはシャイア (shire) は シェリフ (sheriff) ("shire-reeve" (シャイヤ・リーヴ) に由来する ([訳注:reeve = 地方行政代表者])) により君主のために管理された。 ノルマン征服 (Norman conquest) の後で、 シェリフ (sheriff) は交代され、 シャイア (shire) はカウンティ (county) -- フランス方式の "カウント (伯爵) の支配する地域" -- になった。

イングランドとウェールズのカウンティの 1824 年の地図

イングランドの全ては ノルマン征服 (Norman conquest) の時までに、シャイア (shire) は分割されていたが、幾つかのカウンティは 後に形成された、例えば、ランカシャー (Lancashire) は 12 世紀に作られた。 恐らく、その異なる起源により、カウンティは大きさが随分異なる。 カウンティの境界は 「1888 年の地方政府法」 (Local Government Act) まで随分と固定されていた。 各シャイア (shire) が責任を負ったのは: 中央政府のための税の徴収、地方の防衛、そして巡回裁判 (assize court) を通じての裁判であった。

南イングランド (Southern England)

南イングランドでは、カウンティは大半が ウェセックス王国 (Kingdom of Wessex) の再分割であり、 多くの場所で併合した、以前は独立の、王国あるいは部族の領地であった。 ケント (Kent) は ケント王国 (Kingdom of Kent) に由来し、 サリー (Surrey) は恐らくオールド・ジュート語 (Old Jutish) の 言葉である 「土地の贈り物」 ('gift of land') に由来し、 エセックス (Essex)、サセックス (Sussex) そしてミドルセックス (Middlesex) は イースト・サクソンズ (East Saxons), サウス・サクソンズ (South Saxons) そしてミドル・サクソンズ (Middle Saxons) から来ている。 ノーフォーク (Norfolk) と サフォーク (Suffolk) は イースト・アングリア王国 (Kingdom of East Anglia) の ノース・フォーク ("North Folk", [訳注:北の人々]) とサウス・フォーク ("South Folk", [訳注:南の人々]) を表す再分割であった。 イングランドの南岸の唯一のカウンティが今では通常、接尾辞の "-shire" を取る、 このカウンティは ハンプシャー (Hampshire) で、元の "Hamwic" (sic) の町に由来し、 この場所は今では サウサンプトン (Southampton) 市の一部分である。 「失われた」 サクソン (Saxon) のカウンティはウィンチコムシャー (Winchcombeshire, /ˈwɪntʃkəm/) で、 これは 1007 年から 1017 年まで継続し、その後 グロスタシャー (Gloucestershire) に組み込まれた。 ドーセット (Dorset, /ˈdɔːrsɪt/) と サマセット (Somerset, /ˈsʌmərsɪt, -sɛt/) はその名前を saeta に由来し、 saeta とは ドーチェスター (Dorchester) と サマートン (Somerton) の町のまわりの地区の住民のことである; この名前は 9 世紀にサクソン (Saxons) により始めて使用された。 デボン (Devon) とコーンウォール (Cornwall) はサクソン (Saxon) 以前のケルト部族に基づいていた。 この部族はラテン語で、 Dummonii (ダンモニー) と Cornovii (コルノビー) と呼ばれ、後者の場合に 接尾辞の "wealas" が付き、これは外国人を意味し、サクソン (Saxons) によって追加された。

ミッドランズ (Midlands)

ウェセックス (Wessex) が 10 世紀に マーシア (Mercia) を併合したときに、 この地域をほぼ同じ大きさと税徴収の可能性あるいはハイデッジ (hidage) を持つ色々な シャイア (shires) に再分割した。 これらは一般に (接尾辞の) "-shire" と共に、 カウンティの中心の町 (カウンティの都) の名称を取った。 実例には ノーサンプトンシャー (Northamptonshire) と ウォリックシャー (Warwickshire) がある。 場合によっては、元々の名称がすり減った (worn down) 場合がある。 例えば、 チェシャー (Cheshire) は元々 "Chestershire" (チェスターシャー) であった。

東ミッドランズ (Midlands) で考えられていることは、 カウンティの境界はデンマーク人の軍隊 (Danish army) の ユニットの間の デーンロウ (Danelaw) の 9 世紀の分割を表しているかもしれないことである。 ラトランド (Rutland) は ノッティンガムシャー (Nottinghamshire) に関連する変則的な領地あるいはソウク (soke, [訳注:裁判権]) であったが、 最も小さいカウンティと思われるようになった。 リンカンシャー (Lincolnshire) は リンジー王国 (Kingdom of Lindsey) の後継であり、 ケステバン (Kesteven,/ˈkɛstəvən/ or /kəˈstiːvən/) とホーランド (Holland) の領地を引き受けた、 この時、スタンフォード (Stamford) はカウンティの都になりそびれた唯一の デーンロウ (Danelaw) 自治区 (borough) であった。

2010 年と比較せよ。

北イングランド (Northern England)

ノーサンブリア王国 (Northumbria) の多くも シャイア (shire) であった。 これらのカウンティで最もよく知られたものはハラムシャイア (Hallamshire) とクラベンシャイア (Cravenshire) であった。 ノルマン人はこれらの分割を使用しなかった、そこでこれらは古代のカウンティと一般にみなされていない。 巨大なカウンティである ヨークシャー (Yorkshire) はバイキング王国 ヨーク (York) の後継で、 1086 年の ドゥームズデイ・ブック (Domesday Book) の時に包含していると考えられたのは、 その後に ランカシャー (Lancashire) 北部になるもの、 更には カンバーランド (Cumberland) の一部分、 そしてウェストモーランド (Westmorland) となるものであった。 後のカンバーランド (Cumberland) とウェストモーランド (Westmorland) の大半は 1092 年までスコットランドの支配下にあった。 1066 年の ノルマン征服 (Norman Conquest) と 北部の蹂躙 (Harrying of the North) の後で、 イングランド北部の大半は人口を減らしたまゝ (depopulated) 残り、 ドゥームズデイ・ブック (Domesday Book) の チェシャー (Cheshire) とヨークシャー (Yorkshire) の報告 (return) に含まれた。 しかしながら、この土地の幾つかの地位に関して少々の不一致がある。 リブル川 (River Ribble) とマージー川 (River Mersey) の間の土地は ドゥームズデイ・ブック (Domesday Book) で、"Inter Ripam et Mersam" と言及され、 チェシャー (Cheshire) の報告 (return) に含まれている。 この土地が実際にチェシャー (Cheshire) の一部であったことを意味するか否かははっきりしない。 後にカウンティ・ダラム (County Durham) と ノーサンバーランド (Northumberland) になったノースイースト・ランド (Northeast land, [訳注:北東の土地]) は記録されていない。

カンバーランド (Cumberland), ウェストモーランド (Westmorland), ランカシャー (Lancashire), カウンティ・ダラム (County Durham) そして ノーサンバーランド (Northumberland) はカウンティとして 12 世紀に設立された。 ランカシャー (Lancashire) は確固として 1182 年であった。 ダラム司教 (Bishop of Durham) の領土の一部であるヘクサムシャー (Hexhamshire) は分裂し、 1572 年まで独立なカウンティと見なされ、 この時 ノーサンバーランド (Northumberland) の一部分になった。

ウェールズの境界

ドゥームズデイ・ブック (Domesday Book) の時に、後にウェールズとなったものの幾つかの部分はイングランドのカウンティに含まれた: 例えば、 モンマス (Monmouth) は ヘレフォードシャー (Herefordshire) に含まれた。 付け加えると、 ドゥームズデイ・ブック (Domesday Book) は、 チェシャー (Cheshire) の一部分として、 後にウェールズの一部分になった地域を含め、 これには 2 つのハンドレッド (hundred) である Atiscross と Exestan 、及び Duddestan Hundred (当時はこう呼ばれた。) の南部があり、 後者は後に Maelor Saesneg (English Maelor) と呼ばれ、 そして (更にその後)、"Flintshire Detached" (分離フリントシャー) と呼ばれた。 マーチ・オブ・ウェールズ (March of Wales) の部分は ノルマン征服 (Norman conquest) の後で、 マーチャー領主 (Marcher Lords) によりイングランドの国王から大まかには独立に統治され、 1535 年にイングランドのカウンティである シュロップシャー (Shropshire), ヘレフォードシャー (Herefordshire)、そして グロスタシャー (Gloucestershire) に組み込まれた。

モンマスシャー・カウンティ (county of Monmouthshire) の地位に関しての歴史的あいまいさがある。 既存のカウンティ (複数) に追加された他の境界地区 (Marcher areas) と同様に、これは 「1535 年のウェールズの法の法律」 (Laws in Wales Act 1535) により 「ウェールズの上記カントリーあるいは領地」("the said County or Dominion of Wales") から作られた。 これは次にイングランド立法府 (English Assizes) のオクスフォード巡回裁判区 (Oxford circuit) に追加された。 法的目的では、これはイングランドの一部と見なされたが、 法律は 19 世紀以来、しばしば 「ウェールズ・モンマスシャー」 ("Wales and Monmouthshire") で適用された。 これは、国会目的のために、1950 年までイングランドのカウンティの中に掲載され、 地方政府のために 1974 年まで掲載された。 しかし、「1972 年の地方政府法」 (Local Government Act 1972) は明確にこの地域をウェールズの一部分として含めた。

カウンティ法人 (Counties corporate)
カウンティ法人を参照。

1130 年頃の ヘンリー 1 世 (Henry I) の認可状 (charter) により、ロンドン市 (City of London) に それ自身のシェリフ (Sheriff) が与えられた。 ロンドン市のシェリフ (Sheriff) はミドルセックス・カウンティ (county of Middlesex) にも 管轄権があった。 従って 「ロンドンとミドルセックスはこの時から、行政的観点からは 1 つと見なされていた。 もっとも分離した独自性は維持された。 この関係は 「1888 年の地方政府法」 (Local Government Act 1888) がミドルセックスの新しいハイ・シェリフ (High Sheriff) の職を作るまで継続し、 このシェリフ (sheriff) は他のイングランドとウェールズのカウンティと同じように任命され、 自身のハイ・シェリフ (high sheriff) を持つロンドン・カウンティ (County of London) を作り、 ロンドン (Lodon) のシェリフ (sheriff) の管轄をシティに制限した。

中世に幾つかの他の大きな市と町は隣接するカウンティから分離した、自己統治するカウンティの 地位を授与された。 このようなカウンティは カウンティ法人 (county corporate) あるいは 「それ自身カウンティ」 ("county of itself") と 呼ばれた。 大半の実際的目的のためにこの分離した地位は 19 世紀末に交代され、 この時 カウンティ自治区 (county borough) が導入された。

ブリストルは中世に主要な港として発展し、 エイボン川 (River Avon) の両側にまたがった。 この川は グロスタシャー (Gloucestershire) と サマセット (Somerset) の間の古代の境界を形成した。 1373 年に エドワード 3 世 (Edward III) が布告したことは:

... 前述のブリストルの町はその郊外と区域 (境界が今や存在) は今後、 前述のグロスター (Gloucester) とサマセット (Somerset) のカウンティから陸上でも、水上でも、 いかなる方法によっても、分離・免除される; これは 「それ自身カウンティ」 (county in itself) となり、 ブリストル・カウンティ (county of Bristol) と永久に呼ばれることになる ...

類似の取り決めは後に適用されたのは: ノリッジ (Norwich) (1404 年), サウサンプトン (Southampton) (1447 年), カンタベリー (Canterbury) (1471 年), グロスター (Gloucester) (1483 年), エクセター (Exeter) (1537 年), そして プール (Poole) (1571 年) である。

認可状が譲渡され、 自治区 (borough) あるいは市がカウンティとなった、 このような自治区あるいは市には リンカン (Lincoln) (1409 年), ノッティンガム (Nottingham) (1448 年), リッチフィールド (Lichfield) (1556 年) そして ウスター (Worcester) (1622 年) があった。 コベントリー市カウンティ (County of the city of Coventry) は 1451 年に ウォリックシャー (Warwickshire) から分離され、市を取り囲む広い地域を含んだ。

認可状が分離したカウンティの地位を与えた市と自治区 (borough) には: チェスター (Chester) (1238 年/1239 年), ヨーク (York) (1396 年), ニューカッスル・アポン・タイン (Newcastle upon Tyne) (1400 年) そして (Hullshire の周辺地域と共に) キングストン・アポン・ハル (Kingston-upon-Hull) (1440 年) がある。 1551 年に、スコットランドとの境界にある ベリック・アポン・ツイード (Berwick upon Tweed) はカウンティ法人になった。

飛び地

古代のカウンティには多くの変則と、多くの小さな飛び地があり、 これは一区画の土地が政治的に 1 つのカウンティの 1 部分ではあるが、 カウンティの残りの部分と物理的につながっていないものである。 「1844 年のカウンティ (分離部分) 法 」 (Counties (Detached Parts) Act 1844) が通過した。 これは、このような飛び地の多くを、これを取り囲むカウンティの一部分として扱うことになった。 これは、国会の目的の為には 「1832 年の大改革法」 (Great Reform Act 1832) の下で、すでに実施されていた。

1844 年の法律によって影響された大きな飛び地は: ダラム・カウンティ (County Durham) の飛び地の アイランドシャー (Islandshire), ベドリントンシャー (Bedlingtonshire) そしてノーハムシャー (Norhamshire) が含まれ、 これらはその結果、ノーサンバーランド (Northumberland) のハンドレッド (hundred) として扱われ; そしてヘイルゾーイン (Halesowen /heɪlzˈəʊɪn/) の飛び地部分で シュロップシャー (Shropshire) の部分を形成し、、 これは残りの部分がそうであったように、その後 ウスターシャー (Worcestershire) の一部分として扱われた。

1844 年の法律が触れなかった飛び地に含まれたのは: ダービーシャー (Derbyshire) の一部分、 ドニスソープ (Donisthorpe) の周辺で、 局所的には レスターシャー (Leicestershire) にあった; そして、ウスターシャー (Worcestershire) のより大きな飛び地の大半があり、 ここは ダドリー (Dudley) の町を含み、 スタッフォードシャー (Staffordshire) によって取り囲まれたままであった。 付け加えると、 ランカシャー (Lancashire) のファーネス (Furness) 部分は、ウェストモーランド (Westmorland) の 細長い土地で、ランカシャー (Lancashire) の残りの部分から分離されたままであった -- もっともモアカム湾 (Morecambe Bay, /ˈmɔːrkəm/) の潮汐干潟を経由してアクセスできた。

1889 年

最初のカウンティ議会が 1889 年に設置された時に、 これらは行政カウンティと呼ばれる新しく作られた組織 (entity) に広がった。 分離したカウンティ統治を持つ幾つかの歴史的分割にも 行政カウンティが作られ、 とりわけヨークシャー (Yorkshire) の別々のライディング (riding, [訳注:行政区画])、 リンカンシャー (Lincolnshire) の分離した部分、 そしてサセックス (Sussex) のイースト (East) とウェスト (West) の分割がこうなっていた。 「1888 年の地方政府法」 (Local Government Act) の言葉遣いに含まれたことは: 新しい 「行政カウンティ」 ("administrative county") とロンドン 「カウンティ」 ("county" of London) の両方を作ることと、 同時に作られたカウンティ自治区 (county borough) が、 非行政目的のために、地理的に所属するカウンティの一部分のまゝであることを確実にすることであった。 これらのカウンティは "すべての目的 -- シェリフ (sheriff), レフテナント (lieutenant), カストスローチュロールム (custos rotulorum,/ˈkʌstɒs roʊtjʊˈlɔːrəm/,記録係, keeper of the rolls), 裁判官 (justices), 民兵 (militia), 検死官 (coroner) 等のいずれか --" のために使用されることになった。 この影響により、カウンティ法人であった新しいカウンティ自治区が分離したカウンティとしての 地位を維持したことである。 今から考えると、これらの法令カウンティ ("statutorey" county) は イングランドの儀礼カウンティ (ceremonial counties) の先駆であったと確認できる。 1891 年、1901 年、そして 1911 年の国勢調査で 「古代カウンティ」 ("ancient counties") の数が提供された。

この (少し不正確な) 1814 年の地図はスタッフォードシャー (Staffordshire) によって取り囲まれた ウスターシャー (Worcestershire) の分離部分にある ダドリー (Dudley) を示している。すぐ南東の シュロップシャー (Shropshire) の飛び地 (ヘイルゾーイン教区 (Halesowen)) に注意、 そしてスタッフォードシャーの 1 部分 (Broom and Clent) が同様に南西にあることにも注意。

町によっては歴史的カウンティ間に分割された。こうなったのは: バンベリー (Banbury), バートン・アポン・トレント (Burton upon Trent), ニューマーケット (Newmarket), ピーターバラ (Peterborough), ロイストン (Royston), スタンフォード (Stamford), タムワース (Tamworth), トッドモーデン (Todmorden、/ˈtɒdmərdən/) そして ウォリントン (Warrington) であった。 ニューマーケット (Newmarket) と タムワース (Tamworth) では、 歴史的境界が本通り (high street) の中央をまっすぐ走り、 そしてトッドモーデン (Todmorden) では ランカシャー (Lancashire) と ヨークシャー (Yorkshire) の間の歴史的に手の負えない境界 (ワルズデン・ウォーター (Walsden Water, /ˈwɒlzdən/) と呼ばれる川) には、 トッドモーデン市役所 (Todmorden Town Hall) がカルバート (culvert) のトンネルの真上に建設され、 2 つのカウンティ間の中間で境界が市役所を分割しており、 分割は建築に反映されている。 1888 年の法律が確実にしたことは、すべての都市型衛生地区 (urban sanitary district) は単一の カウンティの一部分にすることであった。 この原理は 20 世紀に維持された: バーミンガム (Birmingham), マンチェスター (Manchester), レディング (Reading) そして シェフィールド (Sheffield) のようなカウンティ自治区 (county boroughs) が隣接するカウンティに拡張する時、 追加された地域はカウンティ自治区 (county borough) の 地理的カウンティに結び付いた。 しかしながら、この原理は ストックポート (Stockport) や カーディフ (Cardiff) には適用されることがなく、分割されたまゝであった。 後者はそれどころか、イングランドとウェールズの間に分割されたまゝであった。。

1965 年と 1974 年

1965 年 4 月 1 日に、多くの変化が実施された。 広域ロンドン (Greater London) の新しい行政地域が創設され、 その結果、ロンドンとミドルセックスの行政カウンティが廃止され、 同時に周辺カウンティから領域を取り込んだ。 同じ日に、ケンブリッジシャー&エリー島 (Cambridgeshire and Isle of Ely, [訳注:1965 年 - 1974 年のカウンティ]) そして ハンティンドン&ピーターバラ (Huntingdon and Peterborough, [訳注:1965 年 - 1974 年のカウンティ]) の新しいカウンティが行政カウンティの組の合併により形成された。 新しい地域は レフテナント制 (lieutenancy) と シェリフ制 (shrievalty) の目的のためにも採用された。

ウォリックシャー (Warwickshire) の古代カウンティの境界は 1974 年の行政地区 (緑) よりも大きな地域に至っている。

1974 年に重要な地方政府改革が 「1972 年の地方政府法」 (Local Government Act 1972) の下に起きた。 この法律は行政カウンティとカウンティ自治区を廃止し、 イングランドを (広域ロンドンと シリー諸島 (Isles of Scilly) を除外して) カウンティに分割した。 これらには 2 つの形式があり、 大都市カウンティ (metropolitan county) と 非大都市カウンティ (non-metropolitan clounty) であった。 地方政府を別にして、新しいカウンティは 司法 (judicial), シェリフ制 (shrievalty), レフテナント制 (lieutenancy) 等の目的のための 「他の種類のカウンティの代わり」 ("substituted for counties of any other description") であった。 幾つかのカウンティ、例えば カンバーランド (Cumberland), ヘレフォードシャー (Herefordshire), ラトランド (Rutland), ウェストモーランド (Westmorland) そして ウスターシャー (Worcestershire) は行政地図から消え、 一方で新しいカウンティ、 例えば エイボン (Avon), クリーブランド (Cleveland), カンブリア (Cumbria) そして ハンバーサイド (Humberside) が 6 つの新しい 大都市カウンティ (metropolitan county) に付け加えて 登場した。

広域都市圏の市街地は歴史的カウンティの境界を自由に横断する傾向がある。 実例には ボーマス・プール・クライストチャーチ (ドーセットとハンプシャー) (Bournemouth–Poole–Christchurch (Dorset and Hampshire)), 広域マンチェスター (チェシャー、ダービーシャーとヨークシャー) (Greater Manchester (Cheshire, Derbyshire, Lancashire and Yorkshire)), マージーサイド (チェシャーとランカシャー) (Merseyside (Cheshire and Lancashire)), ティーズサイド (ヨークシャーとカウンティ・ダラム) (Teesside (Yorkshire and County Durham)), サウス・ヨークシャー (ヨークシャー、ノッティンガムシャーとダービーシャー) (South Yorkshire (Yorkshire, Nottinghamshire and Derbyshire)), タインサイド (カウンティ・ダラムとノーサンバーランド) (Tyneside (County Durham and Northumberland)) 及び ウェスト・ミッドランズ (スタッフォードシャー、ウォリックシャーとウスターシャー) (West Midlands (Staffordshire, Warwickshire and Worcestershire)) . 広域ロンドン (Greater London) 自身も、5 つの古代カウンティにまたがっている: -- エセックス (Essex), ハートフォードシャー (Hertfordshire), ケント (Kent), ミドルセックス (Middlesex), サリー (Surrey) -- そしてロンドンの都市型地域 (urban area) はバッキンガムシャー (Buckinghamshire) とバークシャー (Berkshire) に無秩序に広がっている。 「1972 年の地方政府法」 (Local Government Act 1972) は一般に 1 つのカウンティの中に広域都市圏を結合しようとし、 一方で実行できる限り、歴史的カウンティの境界を維持した。

郵便カウンティ

金融危機の期間中に、郵便局は 1965 年と 1974 の改革に従って、 郵便カウンティの多くを変更することができたが、全部ではなかった。 2 つの重要な例外は 広域ロンドン 広域マンチェスターであった。 広域ロンドンは 1965 年に (同一郵便番号に) 採用されなかった。 というのは、当時の郵便局によれば、こうすると、とても費用がかかるからで、 一方広域マンチェスターを採用しない理由として、マンチェスター郵便地区 (post town) の 地名のあいまいさを挙げた。 恐らくは、この理由から、広域マンチェスターの場所決定に、 古代カウンティは完全に使用されなくなったわけではない。 これはロンドン郵便地区 (post town) に属さない広域ロンドンの場所と同様である。 人々にとり、 ミドルセックスのアクスブリッジ (Uxbridge)、 エセックスのダゲナム (Dagenham)、 あるいはケントのブロムリー (Bromley) のことを話すのは普通であるが (以上はロンドンの郵便地区 (post town) の外)、 サリー (Surrey) のブリスクストン (Brixton)、 ケント (Kent) のグリニッジ (Greenwich)、 あるいはエセックスのウェスト・ハム (West Ham) のことを話すことはほとんどない (これはロンドン郵便地区の中)。

イングランドの以前の郵便カウンティ、
1974 年から 1996 年
1996 年に、更なる地方政府の改革と仕分け装置 (sorting equipment) の現代化に引き続き、 ロイヤル・メール (Royal Mail) は郵便の宛先の全てでカウンティの使用を停止した。 その代わり、今では郵便番号の外側コード (最初の半分) を使用している。 以前の宛先のカウンティ番号 (postal counties) は 2000 年に、 郵便番号住所ファイル・データベースから除かれ、別名ファイル (alias file) に含まれた。 これは相互参照 (cross-reference) の詳細に使用され、 利用者が追加してもよいが、 以前の通り名、あるいは歴史的、行政的且つ以前の郵便カウンティ番号のように、もはや必要ではなかった。

2009 年の公開審議会の最中に郵便事業委員会 (Postcomm, Postal Service Commission) が多くの応答者 (respondent) が別名ファイルのカントリーの使用に反対していることに気づいた。 2010 年 5 月に郵便事業委員会が表明したことは、 ロイヤル・メール (Royal Mail) ができる限り早い時期に別名ファイルでカントリーの使用を廃止することを奨励した。 しかしながら、 既存のソフトウェアによっては、カウンティの使用を含んでいたため、ロイヤル・メール (Royal Mail) は 2013 年 以前に変更しないように忠告された。

カウンティ・クリケット

イングランドの歴史的カウンティは カウンティ・クリケット・チーム と ECB カウンティ委員会 (ECB = England and Wales Cricket Board) を 通してイングランドのクリケット統治の基礎として使用され続けた。 例外があるのは: ラトランド (Rutland) はレスターシャー (Leicestershire) に統合されている; ワイト島 (Isle of Wight) はハンプシャー (Hampshire) の外部に自身の委員会がある; 儀礼カウンティのカンブリアに委員会があり、 ここはカンバーランド (Cumberland) とウェストモーランド (Westmorland) 両方の代表である。 付け加えると、ECB カウンティ委員会はウェールズのカウンティを 1 つ含んでいる。

歴史的カウンティの境界の認識

イングランドの地方政府委員会によるイングランドに おける地方政府の構造の見直しにより起きたことは: 1990 年における イースト・ライディング・オブ・ヨークシャー (East Riding of Yorkshire)、 ヘレフォードシャー (Herefordshire)、 ラトランド (Rutland) とウスターシャー (Worcestershire) の行政地域としての復元; エイボン (Avon)、 クリーブランド (Cleveland) そして ハンバーサイド (Humberside) を 創設 25 年以内の廃止; 伝統的な境界の復元をしたのは、 サマセット (Somerset) と グロスタシャー (Gloucestershire) の間 (ブリストルを除く)、 カウンティ・ダラム (County Durham) とヨークシャー (Yorkshire) の間 (ティーズ川 (River Tees) の河口にかけて、ティーズ峡谷 (Teesdale) ではない)、 そして ヨークシャーとリンカンシャーの間で、 この地区の儀礼目的 (ceremonial purposes) のためであった。 ハンティンドンシャー (Huntingdonshire) の場合は 2 度考察されたが、 委員会が気が付いたことは、 「ラトランド (Rutland) と ヘレフォードシャー (Herefordshire) で認められたような、 ハンティンドンシャー (Huntingsonshire, /ˈhʌntɪŋdənʃ(ɪ)ə/) に対する例外的なカウンティの忠誠心がなかった」 ことである。

英国カウンティ協会 (ABC, Association of British Counties) は、 「リアル・ランカシャーの友」 (Friends of Real Lancashire) と 「ヨークシャー・ライディング協会」 (Yorkshire Ridings Society) の ような地域関係団体と共に、歴史的カウンティを奨励している。 これが述べることは

... ABC が論争することは、英国は地方政府の永久に変化する名称と 地域から分離した、固定された人気の高い地理を必要とする... 従って、ABC は標準的で人気の高い英国の地理参照枠として、 歴史的カウンティの使用を完全に再設立し、 更に社会、スポーツ、文化的活動の基礎としての使用を奨励する。

「歴史的カウンティを求めるキャンペーン」 (Campaign for Historic Counties) は公的活動の場と国会議員の両方において、 歴史的カウンティの復元運動に専念した。 彼らの目的は:

  1. 地図、道路、そして住所が標準として歴史的カウンティを含めること。
  2. すべての地方議会名から、「カウンティ」の用語を取り除くこと。
  3. 歴史的カウンティは儀礼目的 (ceremonial purpose) のために使用されること。

2013 年に、「共同体と地方政治の国務長官」 (Secretary of State for communities and local government) のエリック・ピクルス (Eric Pickles) は イングランドの 39 の歴史的カウンティの連続的存在を識別し (recognize)、承認した (acknowledge)。 2014 年 4 月 23 日に、新しいイニシアティブ (initiative) が表明されて、 伝統的なイングランドのカウンティのつづれ織り (tapestry) を支援し、 これには伝統的なカウンティ名が通りと道標に表示されることを 防止する制限を取り除くことが含まれた。 2014 年 8 月に、最初の道標が設置され、 歴史的カウンティのヨークシャー (Yorkshire) の境界がマークされた。 政府はイングランドのカウンティの境界の新しいオンラインの双方向地図も出版している。 政府はこれ以前に規則を変更して、 地方とカウンティの旗を許可申請せずに掲揚することを許可し、 カウンティと共同体の旗が地方共同体によりデザイン・掲揚することの新しい高まり (wave) の 奨励で、旗協会 (Flag Institute) を支援した。 イングランドの歴史的カウンティの旗は、これらの独自性 (identity) を支援して、 政府の事務所から掲揚されてきた。 39 の歴史的カウンティのうち、 38 には今や登録された旗があり、 この多くは最近採用された。 2019 年 7 月に、英国政府は 「イングランドの歴史的カウンティのつづれ織り (tapestry) は我々の国を一緒に引き寄せる絆の 1 つである」 と述べている。

歴史的カウンティのランカシャー の旗、リアル・ランカシャーの友 の努力により 2008 年に採用 歴史的カウンティのダラムの旗、 旗協会 (Flag Institute) により 組織されたコンペで 2013 年に採用

サセックス (Sussex) とヨークシャー (Yorkshire) は共に歴史的カウンティで、行政目的の単位としては長期間見捨てられたが、 文化的地域として広く認められ続け、スポーツに重要となり、 多くの組織により地位の単位として使用されてきた。 これらのカウンティとそれ以外の幾つかにはカウンティの日があり、 この時、歴史的カウンティの文化と歴史が祝賀される; このカウンティの日の多くは 21 世紀に作られた。

直接行動グループである 「カウンティ・ウォッチ」 (County Watch) は 2004 年に作られ、 このメンバーがカウンティの境界の標識で間違えて設置してあるものを取り除くことになった。 このような標識はイングランドとウェールズの歴史的・伝統的なカウンティの境界を記していないのである。 彼らはイングランドの色々な場所で、「間違えた」 (wrongly sitged) カウンティ境界標識と 彼らが称するものを、幾つか取除き、再区分し、あるいは設置した。 例えばランカシャー (Lancashire) では 30 の標識が取り除かれた。 カウンティ・ウォッチ (County Watch) はそのような行動によって、標識を設置した議会により批判された: ランカシャー・カウンティ議会 (Lancashire County Council) が指摘することは、 標識の再設置で納税者が支払う必要があることであった。

ミドルセックス (Middlesex) とモンマスシャー (Monmouthshire) を含む、 すべての古代カウンティの境界と政治機能を復活する公約 (manifesto commitment) をしている 唯一の政党はイングランド民主党 (English Democratic Party) である。

機能

中世末までに、カウンティは幾つかの機能の基礎として使用された。

司法管理と法の執行 (Administration of justice and law enforcement)

巡回裁判所 (Assize Courts) はカウンティあるいはこの主な分割を組織の基礎として使用した。 治安判事 (Justice of the peace) はノルマン時代のナイツ・オブ・ピース (Knights of the peace, 治安騎士) を起源に持ち、 各カウンティで任命された。 司法階層 (legal hierarchy) の頂点には各カウンティ毎にハイ・シェリフ (High Sheriff) と カストスローチュロールム (Custos rotulorum, /ˈkʌstɒs roʊtjʊˈlɔːrəm/,記録係, keeper of the rolls) がいた。

司法 (justice) はカウンティの牢屋と矯正施設 (house of correction) の維持に責任があった。 19 世紀の間に刑罰の改革者 (penal reformer) は牢屋のしばしば原始的な状態に反対して運動し、 「1877 年の刑務所法」 (Prison Act 1877) の下で、 これらは内務省 (Home Office) の管轄になった。

19 世紀まで、法の執行 (law enforcement) は大半が教区レベルで実施された。 しかしながら、人口がますます流動的となり、 このシステムは時代遅れとなった。 ロンドンの大都市警察 (Metropolitan Police) の成功裏の設立に続き、 「1839 年のカウンティ警察法」 (County Police Act 1839) により、 治安判事 (justice of the peace) が自治区 (borougjh) の外でカウンティ警察を組織する権限を与えられた。 カウンティ警察力の構成は 「1856 年のカウンティと自治区の法律」 (County and Borough Police Act 1856) により必須となった。

防衛 (Defence)

1540 年代に レフテナント (lord lieutenant) の職が制定された。 レフテナント (ieutenant) は軍事的役割があり、 それ以前はシェリフ (sheriff, 長官) により行使され、 各カウンティで民兵を招集・組織することに責任を取らされた。 レフテナント (lieutenant) はその後、義勇軍 (Volunteer Force) の責任を与えられた。 1871 年に、レフテナント (lieutenant) は民兵の長 (head) としての地位を失い、 彼らの職は大体は儀礼的 (ceremonial) になった。 英国陸軍のカードウェル&チルダーの改革 (Cardwell and Childers Reforms) は歩兵連隊 (infantry regiments) の招集地区 (recruiting area) をカウンティに結び付けた。

国会議員の選抜 (Parliamentary representation)

各イングランドのカウンティは (自治区 (borough) が選抜するバージェス (burgesses) に付け加え)、 2 人の騎士 (Knights of the Shire) を下院に送った。 ヨークシャー (Yorkshire) は 1821 年に 2 人のメンバーを手に入れ、この時グラムパウンド (Grampound、[訳注:コーンウォールの自治区選挙区]) が選挙権を失った。 「1832 年の大改革法」 (Great Reform Act of 1832) は カウンティを通して、メンバーの再配分をした。 古代カウンティの境界に基づいた選挙区は 1918 年まで使用されつづけた。

地方政府

16 世紀以後、治安判事 (justice of peace) が 「カウンティ業務」 ("county business") と 呼ばれる色々な行政機能を引き受けるにつれ、カウンティは地方政府の単位として ますます使用され続けた。 以上は四季裁判所 (quarter sessions) で処理され、 1 年に 4 回レフテナント卿 (lord lieutenant) により招集された。 19 世紀までにカウンティの行政長官 (county magistrate) が権力を行使したのは: 居酒屋 (alehouse) の許可、 橋, 刑務所, そして保護施設 (asylum) の建設、 主要道路, 公的建物, 慈善施設の監督、 そして重さと計量の規制 (regulation) であった。 裁判官 (justice) はこれらの活動の支援をするために、 地方税 (local tax) を課す権力が与えられ、 1739 年にカウンティの収入役 (treasurer) の支配下で、 これらは単一の "カウンティ税" (county rate) として統一された。 道路と橋を建設・維持するために、カウンティ測量技師が任命されて、給与を支払われた。

1880 年代までに、 より幅広い種類の機能が、カウンティ全体を基礎にして提供されれば、 もっと効率がよいであろうと示唆された。

再分割 (subdivision)

カウンティによっては重要な再分割がある。 この中で最も重要なものはヨークシャー (Yorkshire) の分割である: イースト・ライディング (East Riding)、ウェスト・ライディング (West Riding)、ノース・ライディング (North Riding)、そしてエンスティ・オブ・ヨーク (ainsty of York) である。 ヨークシャー (Yorkshire) は非常に大きいので、このライディング (riding) は行政的分割としての元々の役割から 全く離れ、地理的な用語として確立した。 2 番目に大きなカウンティであるリンカンシャー (Lincolnshire) は 3 つの歴史的なパート (part, 部分) に分割される: パート・オブ・リンジー (part of Lindsey)、 パート・オブ・ホーランド (part of Holland)、 パート・オブ・ケスティーブン (part of Kesteven) である。 そして パート・オブ・リンジー (part of Lindsey) はそれ自身、3 つのライディング (riding, [訳注:行政区画]) に分割されている (ノース・ライディング (North Riding)、サウス・ライディング (South Riding)、そしてウェスト・ライディング (West Riding) である)。 他の分割に含まれるのは: ミドルセックス (Middlesex) におけるタワー・ハムレッツ (Tower Hamlets) の特別な地位、 サセックス (Sussex) をイースト・サセックス (East Sussex) とウェスト・サセックス (West Sussex)、 そしてサフォーク (Suffolk) を イースト・サフォーク (East Suffolk) とウェスト・サフォーク (West Suffolk) への分解がある。 そして、もっと非公式に、従ってもっと曖昧であるが、 ケント (Kent) をイースト・ケント (East Kent) とウェスト・ケント (West Kent) への分解。

ヨークシャーは主な 3 分割があり、
ヨークシャーのライディング (riding) と呼ばれる:
1. ノース・ライディング、2. ウェスト・ライディング、3. イースト・ライディング

幾つかのカウンティには内部に リバティ (liberty) あるいはソウク (soke) があり、 分離して管理されていた。 ケンブリッジシャー (Cambridgeshire) にはエリー島 (Isle of Ely) があったし、 ノーサンプトンシャー (Northamptonshire) にはソウク・オブ・ピーターバラ (Soke of Peterborough) があった。 このような分割は四季裁判所 (Quarter Session courts) のようなもの (entity) に使用され、 後の行政カウンティにより、カウンティ議会 (county council) の支配下で継承された。

大半のイングランドのカウンティはハンドレッド (hundred) と呼ばれる再分割に分割された。 ノッティンガムシャー (Nottinghamshire), ヨークシャー (Yorkshire)、そしてリンカンシャー (Lincolnshire) は ワペンテイク (Wapentakes、[訳注:ハンドレッドに対応する分割]) (デンマーク語起源の (領土の) 単位) に分割され、 一方、ダラム (Durham)、ノーサンバーランド (Nothumberland)、カンバーランド (Cumberland) そしてウェストモーランド (Westmorland) は 区 (ward) に分割され、 区 (ward) は元々軍事目的のために組織された領域で、城を中心にしていた。 ケント (Kent) とサセックス (Sussex) にはカウンティとハンドレッドの間に中間レベルがあり、 ケント (Kent) ではレイズ (lathe) と呼ばれ、サセックス (Sussex) ではレイプ (rape) と呼ばれた。 ハンドレッドあるいは同等のものはタイシング (tithing) と教区 (parish) に分割され (これらはなお行政的に使用されている唯一の分割である)、 これらは今度はタウンシップ (township) と荘園 (manor) に分割された。 17 世紀に、ミドルセックス (Middlesex) のオスルストーン・ハンドレッド (Ossulstone hundred) は 4 分割され、 これはハンドレッドの機能の代わりになった。 自治区 (borough) と教区 (parish) はイングランド中を通じて、 地方サービスの主な提供者であった。 これは、その場しのぎの委員会、後には地方政府行政地区 (local government district) が作られるまで継続した。

カウンティの一覧

古代カウンティは次で与えられる。

カウンティ 別名 短縮形 追加の身分 1891
年の
面積
順位
ベッドフォードシャー
(Bedfordshire)
County of Bedford Beds 36
バークシャー
(Berkshire)
County of Berks Berks Royal county 34
バッキンガムシャー
(Buckinghamshire)
County of Buckingham Bucks 33
ケンブリッジシャー
(Cambridgeshire)
County of Cambridge Cambs 25
チェシャー
(Cheshire)
County of Chester Ches County palatine 20
コーンウォール
(Cornwall)
Corn Duchy + partial palatine powers 15
カンバーランド
(Cumberland)
Cumb 11
ダービーシャー
(Derbyshire)
County of Derby Derbys 19
デボン
(Devon)
Devonshire 3
ドーセット
(Dorset)
Dorsetshire Dor 23
ダラム
(Durham)
County of Durham (informally, County Durham) Co Dur County palatine 21
エセックス
(Essex)
10
グロスタシャー
(Gloucestershire)
County of Gloucester Glos 17
ハンプシャー
(Hampshire)
County of Southampton, Southamptonshire Hants 8
ヘレフォードシャー
(Herefordshire)
County of Hereford Here 27
ハートフォードシャー
(Hertfordshire)
County of Hertford Herts 35
ハンティンドンシャー
(Huntingdonshire)
County of Huntingdon Hunts 37
ケント
(Kent)
9
ランカシャー
(Lancashire)
County of Lancaster Lancs County palatine 6
レスターシャー
(Leicestershire)
County of Leicester Leics 28
リンカンシャー
(Lincolnshire)
County of Lincoln Lincs 2
ミドルセックス
(Middlesex)
Mx, Middx, Mddx 38
ノーフォーク
(Norfolk)
Norf 4
ノーサンプトンシャー
(Northamptonshire)
County of Northampton Northants 22
ノーサンバーランド
(Northumberland)
Northumb, Northd 5
ノッティンガムシャー
(Nottinghamshire)
County of Nottingham Notts 26
オクスフォードシャー
(Oxfordshire)
County of Oxford Oxon 31
ラトランド
(Rutland)
Rutlandshire Rut 39
シュロップシャー
(Shropshire)
County of Salop Shrops, Salop 16
サマセット
(Somerset)
Somersetshire Som 7
スタッフォードシャー
(Staffordshire)
County of Stafford Staffs, Staf 18
サフォーク
(Suffolk)
Suff 12
サリー
(Surrey)
Sy 30
サセックス
(Sussex)
Sx, Ssx 13
ウォリックシャー
(Warwickshire)
County of Warwick Warks, War, Warw 24
ウェストモーランド
(Westmorland)
Westm 29
ウィルトシャー
(Wiltshire)
County of Wilts Wilts 14
ウスターシャー
(Worcestershire)
County of Worcester Worcs 32
ヨークシャー
(Yorkshire)
County of York Yorks 1

イングランドの歴史的カウンティは 国内統計局 (Office for National Statistics) が出版する 「地名索引」 (IPN, Index of Place Names) に含まれている。 IPNに含まれる各 「場所」 は所属する歴史的カウンティと、 更には一連の行政地域に関連づけられている。

行政的・儀礼的使用 (Administrative and ceremonial uses)

2009 年のイングランド地方政府の構造変化の時に、 随分と変更された境界を持った古代カウンティが、 多くのイングランドの儀礼的・非大都市カウンティを形成し続けた。 幾つかの古代カウンティはその名称が現在の複数の単位に保存され続け、 例えばノース・ヨークシャーとウェスト・ヨークシャーにおけるヨークシャーがある、 あるいは今や別の形式の再分割に対応し、例えば ハンティンドンシャー行政地区 (Huntingdonshire district, /ˈhʌntɪŋdənʃ(ɪ)ə/) がある。 地域によっては、 古代カウンティは、地方政府の用途に見捨てられ、後に復活された。

他の用途

バイス・カウンティ (vice counties, 部分カウンティ) は 1852 年以来、生物学的記録に 使用され、大抵は歴史的なカウンティの境界に基づいている。 これらは、すべての飛び地を無視し、大きなカウンティは再分割することにより変更され、 より小さな地域を隣接するカウンティに合併している; 例えばラトランド (Rutland) とレスターシャー (Leicestershire)、 そしてファーネス (Furness) とウェストモーランド (Westmorland) がある。 静的な境界は生物多用性の長期的研究を容易にする。 これらは、これ以外のグレート・ブリテンとアイルランドにわたっている。