ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Court of quarter sessions - Wikipedia

Court of quarter session に 「四季裁判所」 の訳語が与えられていますが、 court には 「裁判所」 以外に次の意味があります ( Court | Definition of Court by Merriam-Webster)。 訳しにくいので大まかな翻訳です。

a sovereign's formal assembly of councillors and officers
カウンシラー (議員、顧問) と官吏からなる国王の正式な会議

つまり、court には元々「裁判所」以外の意味があり、四季裁判所には 限定的ではありますが行政機能があります (例えば道路建設など)。

四季裁判所 (Court of quarter sessions)

四季裁判所 (court of quater sessions or quater sessions) は 地方法廷で 1388 年からイングランド王国 (Kingdom of England) で、 毎年、4 回の設定時期に開かれた。 (ウェールズでは 1536 年の合併議会法 (Act of Union, [訳注:イングランドとの合併]) に引き続いて開かれた。)

ミドルセックスの裁判所 (Session House)、1810 年

四季裁判 (quarter sessions) は各カウンティの中心地 (seat)、カウンティ自治区 ) (county borough)、 そして無数の非カウンティ自治区 (numerous non-county boroughs, 非カウンティ自治区 = カウンティ自治区でない自治区) にあった。 後者は主に古代自治区 (ancient borough) にあったが、これに限るわけでなく、 自身の四季裁判所を開催する資格を持っていた (以下を参照)。 もっとも、小さな自治区によっては、1951 年に自身の四季裁判所を失った (以下を参照)。 四季裁判は全て 1972 年にイングランドとウェールズで廃止され、 この時 「1971年の裁判所法」 (Courts Act 1971) により、 四季裁判と巡回裁判 (assize) が単一のクラウン裁判所 (Crown Court) で置き換わった。 スコットランドでは、四季裁判所は 1975 年まで存続し、この時廃止されて、 地方裁判所 (district courts) で置き換わり、 後に治安判事裁判所 (justice of the peace courts) で置き換わった。

四季裁判所は 1388 年以来イングランドとウェールズで開催された 四半期の始まる日 (quarter days) の理由から命名された。 これらの日は後にエピファニー (Epihany)、イースター (Easter)、 ミッドサマー (Midsummer)、そしてミカエル祭 (Michaelmas) に落ち着いた。

  1. 評判 (reputation)
  2. 管轄 (jurisdiction)
  3. スタッフ (staff)
  4. 民政の権限 (Civil jurisdiction)
  5. 自身の四季裁判所があった非カウンティ自治区
  6. 変更
  7. スコットランド
  8. アイルランドの四季裁判所
  9. ロウアー・カナダの四季裁判所
  10. アッパー・カナダの四季裁判所
  11. 連邦以前のカナダの四季裁判所
  12. 合衆国
評判 (reputation)

ペントレー (Bentley) が 「19 世紀のイングランドの刑事裁判」 (English Criminal Justice in the Nineteeth Century) で 注意するように、 「このような法廷は、この世紀を通じて一貫して評判が悪かった」、 理由は、議長が証拠を適切に評価しなかったことと、 被告に対して明らかな偏見を見せたこと、 巡回裁判 (assize) に比べると判決が重かったことがある。 四季裁判所の議長は法的な資格を持っている必要がなかった。

管轄 (jurisdiction)

四季裁判 (quarter session) は一般に、陪審なしで治安判事 (justice of peace) により、 小治安裁判 (petty session) で即決裁判できない犯罪を扱い、 これは起訴の過程で送られて (sent up)、 四季裁判所で扱う。

四季裁判所は最も重大な犯罪 -- もっとも顕著なものは、極刑、あるいは後には終身刑の判決になるもの -- を扱う裁判権を持っていなかった。 このような犯罪は定期的な巡回裁判 (assize) に回された。

スタッフ (staff)

各カウンティの四季裁判は 2 人以上の治安判事 (justice of peace) から構成され、 議長が統括し、議長が 1 人の陪審と共に座った。 自身の四季裁判所を持つ資格があるカウンティ自治区 (county borough) とそれ以外の自治区 (borough) では一群の裁判官 (a bench of justices) のかわりに 1 人のレコーダー (recorder, [訳注:裁判記録を取る治安判事あるいは裁判官]) がいる。

各四季裁判所には治安書記 (clerk of the peace) と呼ばれる書記 (clerk) がいる。 カウンティの四季裁判所では、 この人はカウンティのカストスローチュロールム (custos rotulorum, /ˈkʌstɒs roʊtjʊˈlɔːrəm/,記録係) -- 巻物 (roll) と記録 (record) の管理を任されたカウンティの治安判事 (justice of the peace) -- により任命される。 書記 (clerk) には手数料の大きな収入があり、 通常はカストスローチュロールム (custos rotulorum, /ˈkʌstɒs roʊtjʊˈlɔːrəm/,記録係) の友人もしくは親類であった。 書記 (clerk) は自分自身で職の義務を履行をすることがほとんどなく、 代理として行動する事務弁護士 (solicitor) を任命して、手数料の分け前を取った。 1852 年の後には、手数料の代わりに、給料による支払いが次第にもたらされた。

カウンティによっては、 複数の四季裁判所があり、 カウンティ自治区 (county borough) と自治区 (borough) の四季裁判所のものとは完全に違っていた。 例えば、 ヨークシャーには ノース・ライディング (North Riding)、 ウェスト・ライディング (West Riding)、 そしてイースト・ライディング (East Riding) があり、 一方、ノーサンプトンシャー (Northamptonshire) のソウク・オブ・ピーターバラ (Soke of Peterborough) は別に管理された。 これらの分割は、カウンティ議会 (county councils) が及ぶ行政カウンティに継続した。

民政の権限 (Civil jurisdiction)

四季裁判 (quarter sessions) には限られた民政の権限 (civil jurisdiction) も少々あり、 「1888 年の地方政府法」 (Local Government Act 1888) により選挙で選ばれた カウンティ議会 (county councils) が作られる前に、 それぞれのカウンティに重要な行政機能を持っていた。

裁判所 (courts) の行政事業の多くは治安判事の委員会 (committees of magistrates) に委嘱され、 治安判事が明確な責任を負っていた。 これらの行政機能の大半はカウンティ議会 (county councils) が 1888 年に設立された時に、カウンティ議会に譲渡された (transfered)。

これらの機能に含まれるものは:

自身の四季裁判所があった非カウンティ自治区

次の非カウンティ自治区 (non-county borough、カウンティ自治区でない自治区) は 自身の四季裁判所を持ち続け、1971 年の裁判所法 (Courts Act 1971) により 1972 年に廃止された。

変更

次の四季裁判所は 1951 年 10 月 1 日に 「1949 年の治安判事法」 (Justices of the Peace Act 1949) により廃止された。

  • ベリック・アポン・ツイード
    (Berwick-upon-Tweed)
  • バイデフォード (Bideford)
  • ブリッジノース (Bridgnorth)
  • カーマーゼン (Carmarthen)
  • チチェスター (Chichester)
  • ファバーシャム (Faversham, /ˈfævərʃəm/ )
  • ハバーフォードウェスト (Haverfordwest, /ˌhævərfərdˈwɛst/)
  • ハイズ (Hythe, /ˈhaɪð/)
  • ラドロー (Ludlow, /lʌd.loʊ/)
  • モールドン (Maldon, /ˈmɔːldən/)
  • オズウェストリー (Oswestry, /ˈɒzwəstri/)
  • リッチモンド (Richmond)
  • リバティー・オブ・リポン (Liberty of Ripon)
  • ライ (Rye)
  • サフロン・ウォルデン ()Saffron Walden)
  • サンドウィッチ (Sandwich)
  • サウス・モルトン (South Molton)
  • スタンフォード (Stamford)
  • サドバリー (Sudbury, /ˈsʌdbəri/)
  • テンターデン (Tenterden)
  • セットフォード (Thetford)
  • ティバートン (Tiverton, /ˈtɪvərtən/)
  • ウォリック (Warwick)
  • ウェンロック (Wenlock)

この法律により、 ワイト島 (Isle of Wight) には別の四季裁判が設置された。

スコットランド

四季裁判 (quarter session) はスコットランドでは、「1661 年のスコットランド議会法」 (cap. 38) (Act of Parliament of Scotland in 1661 (cap. 38)) により設置され、 これは各カウンティの治安判事 (justices of peace) が 3 月, 5 月, 8 月の最初の火曜日、 10 月の最後の木曜日に互いに集まることを指示した。 しばしば、四季裁判 (quater sessions) が遅延し、この場合には一般裁判 (general session) になった。 四季裁判は 「1975 年地区裁判所法 (スコットランド)」 (District Courts (Scotland) Act) によって他の地方裁判所 (local courts) と共に廃止され、 この法律により、 治安判事 (justices of the peace) は、 治安法廷が交代されて以来、 一連の一様な地区法廷 (district courts) に出席することになった。

アイルランドの四季裁判所

四季裁判所があったのは: 各カウンティ、 市と町のカウンティ、 更には デリー (Derry), キンセイル (Kinsale, /kɪnˈseɪl/) そして ヨール (Youghal, /ˈjɔːl/) の自治区 (borough) であった。 法廷の記録者 (recorder) は一人で座った。 ダブリン市には、巡回裁判 (assize) がなく、 四季裁判は、反逆罪を除いて、市の境界内で起きたすべての犯罪が対象になっていた。 「1840 年の都市法人法 (アイルランド)」 (Municipal Corporation (Ireland) Act 1840) は 多くの市の法廷と、自治区法廷 (borough court) を廃止したが、 ダブリン (Dublin), コーク (Cork), ゴールウェイ (Galway) そして キャリックファーガス (Carrickfergus) は彼らの法廷を維持した。

1867 年に、アイルランドの 法務長官 (Attorney-General) の Hedges Eyre Chatterton は 四季裁判ではなく巡回裁判で裁判すべき事件を規制するガイドラインを発行した: 反逆罪 (treason), 殺人 (murder), 重反逆罪 (treason felony), 強姦 (rape), 偽証 (perjury), 殺人を意図した暴行 (assault with intent to murder), 違法集会 (party processions), 選挙暴動 (election riots), そして 政治的あるいは暴徒の性質のすべての犯罪 (all offences of a political or insurrectionary character) であった。

四季裁判は アイルランド自由国 (Irish Free State) で、 「1924 年の裁判法」 (Courts of Justice Act 1924) によって廃止された。 この裁判権は (巡回裁判 (assize) とカウンティ裁判所の裁判と共に) 大まかには巡回裁判所 (Circuit Court) に移された。

ロウアー・カナダの四季裁判所

四季裁判所 (courts of quarter sessions of the peace) は 1764 年 8 月に 創設され、各地区 (district) の議長が率いた。 モントリオール (Montreal) ではモントリオール総督 (Governor of Montreal) は 四季裁判所の議長で交代された。

1763 年から 1790 年までのロウアー・カナダの四季裁判の一覧:

17891 年に、27 地区 (district) が設立されて、3 つの創設地区の代わりになった。 モントリオールが市として法人化された 1832 年に、モントリオール市長の役割は 四季裁判所の議長の代わりとなり、 モントリオール市議会が裁判所の代わりになった。

アッパー・カナダの四季裁判所

四季裁判所 (a Court of Quarter Session) は各地区 (district) で 1 年に 4 回開催され、 地区の行政を監督し、 アッパー・カナダ (Province of Upper Canada, 1841 年以後はカナダ・ウェスト (Province of Canada West)) の訴訟を扱った。 これは 1788 年に創設され、1849 年まで有効であり、この時地方政府 (local government) と 裁判所はカウンティ政府 (county government) に割り当てられ、 1780 年代に創設された地区システム (district system) の代わりになった。

アッパー・カナダ、 後のカナダ・ウェストの四季裁判所の一覧。

連邦以前のカナダの四季裁判所
合衆国

四季裁判所 (courts of quarter sessions、四半期裁判所) は北米植民地にも存在した。 これは時々、一般裁判所 (courts of general sessions) とも呼ばれた。 合衆国が独立な国になった時、 一般裁判所 (Courts of General Sessions) は英国のものから独立し、 次第に他の法廷システムで置き換えられた。 もっとも、四季裁判所 (Court of Quarter Sessions) あるいは四半期法廷 (quarterlye court) の名称は 幾つかの管轄の、幾つかのカウンティ立法組織で維持された。

ペンシルバニア州では一般裁判所 (the courts of general sessions) が継続し、 この州の憲法が 1968 年に書き直され、この法廷の管轄が各カウンティの既存の 民事訴訟裁判所 (courts of common plea) の下に置かれた。

ニューヨークでは四季裁判所 (Courts of Quarter Sessions) が 1683 年に、 ニューヨークの最初の議会 (Assembly) で設立された。 これは、民事訴訟と刑事訴訟の両方の裁判権が 1691 年まであり、この時、 これは判決が死刑や終身刑ではない重罪 (felony crimes) に制限された。 法廷はニューヨークのすべてのカウンティで、 ニューヨーク・カウンティ (現在のマンハッタン) を除き、廃止された。 ニューヨーク・カウンティでは一般裁判所 (Court of General Sessions) が 1962 年まで継続し、 この時、この範囲 (scope) は ニューヨーク最上裁判所 (New York Supreme Court) に退化した (devolve)。 このニューヨーク最上裁判所 (New York Supreme Court) とは、 一般管轄 (general jurisdiction) の trial level の法廷で、 ニューヨーク・システムの最高裁判所 (highest court) と混同してはいけない。こちらは ニューヨークの控訴裁判所 (New York Court of Appeals) と呼ばれる。 廃止された時に、ニューヨーク・カウンティの 一般裁判所 (Court of General Sessions) は 米国で最古の刑事法廷であった。

北西部領土 (Northwest Territory) で、総督のアーサー・セント・クレアー (Arthur St. Clair) は ペンシルバニアのものに基づいて、カウンティ政府 (county government) のモデルを作成した。 各カウンティでは、四季裁判所 (a court of quarter sessions of the peace) は 3 人以上の治安判事 (justice of the peace) から構成され、 カウンティの行政委員会と予算委員会として任についた。 1804 年にオハイオが州になった後で、 四季裁判所 (courts of quarter sessions of the peace) はカウンティ委員会 (boards of county commissioners) で置き換えられた。

オーストラリア

四季裁判所 (Quarter Sessions) はニュー・サウス・ウェールズの植民地でも開かれた。

インドとマレーシア

インド、バングラデシュ、そしてマレーシアで、 四季裁判所は恒久的な法廷 (permanent Sessions Courts) に発展した。