ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Ancient borough - Wikipedia

以下の前書きの部分だけ borough を「自治区」と訳し、それ以後では「バラ」とカナ表記しています。 というのは、borough は歴史的には burh ( バー, 壁で囲まれた集落) から始まり、当初は自治を与えられた町というわけでは なく、これが時間と共に自治を与えられた町に変貌するためです。序文では borough を「自治区」と訳し、 本文中では borough を「バラ」とカナ表記することにします。

古代自治区 (Ancient borough)

古代自治区 (ancient borough) はイングランドとウェールズにおける下層地方政府 (lower-tier local government) の歴史的ユニット (historic unit) である。 古代自治区 (ancient borough) は重要な町に広がったのみで、 君主 (monarchy) により、さまざまな時に贈与された認可状により設立した。 この歴史は主にこのような町の起源、及び、どのようにして自治 (self-government) の 権利を手に入れたかの方法にかかわっている。 古代自治区 (ancient borough) は 「1835 年の都市法人法」 (Municipal Corporations Act 1835) により改革され、 これにより直接選挙で選ばれた法人 (corporation, 自治体) を導入し、 新しい産業の町 (industrial town) の法人化 (incorporation) を可能にした。 都市自治区 (municipal borough) は 1974 年に地方政府の目的のためには使用されることがなくなり、 自治区 (borough) の地位は国王により与えられる名誉称号になった。

市と自治区 (cities and borough) の
初期の歴史分析 (1704 年)
ウェアラム (Wareham) の
バーの壁 (burh wall)
  1. アングロ・サクソンのバー (burh)
  2. ノルマン人のイングランドのバラ (Boroughs in Norman England)
  3. 法人化の認可状
  4. バラ (borough) の一覧
  5. 改革と交換
アングロ・サクソンのバー (burh)
バー (burh)を参照。

ブリテン島 (Britain) を通して、ローマ帝国の退潮を達成したゲルマン民族の侵入の影響は ローマ帝国の都市組織 (Roman municipal organization) を破壊することであった。 アングロ・サクソン (Anglo-Saxon) がブリテン島に定住後に、 ローマの植民地と野営地 (camp) の遺構は初期のイングランド人により部族の砦を作るために使用された。 これらの位置にもかかわらず、ローマの植民地遺跡におけるバー (burh) は ローマの都市組織 (municipal organization) と何の連続性もなく、 その代わりにヨーロッパ大陸の中心市街地 (urban center) の 並行リバイバル (parallel revival) に似ている。 「ケントの人々のバー」("burh of the men of Kent") -- Cant-wara-byrig あるいはカンタベリ (Canterbury) -- の名の下におけるローマのドゥロベルヌム (Durovernum) の再定住はこの観点を説明している。 「ウェスト・ケントの人々のバー」(burh of the men of West Kent) は ロチェスター (Rochester) の Hrofesceaster (Durobrivae) にあり、 多くの他のシースター (ceaster, [古英語、市、町]) は初期の イングランドのバー (burh) に専有されたローマの野営地 (camp) の存在をマークしている。 部族のバー (burh) は土の壁で守られ、王室の命令でバー (burh) を 建設・維持する一般的な義務はアングロ・サクソンの法律で強化された。

バー (burh) の平和を妨げる非礼 (offence) は、hām あるいは普通の住居の平和を妨げる非礼よりも、高い罰金で処罰された。 しかしながら、初期の英語にも当時のラテン語にも、 人の集落の幾つかの形式を述べる色々な言葉を区別する固定された使用法はなく、 要塞化された共同体の避難所はそれに応じて、どのように純粋な、 命名法のテスト (nomenclative test) でも、村、あるいは個人の要塞から明白に区別することができなかった。

デーン人の侵略

9 世紀末と 10 世紀始めに、新しいバー (burh) の系統的な木組み (timbering) の証拠があり、 デーン人に対するウェセックス (Wessex, /ˈwɛsɪks/) の防衛のための要塞を提供する目的があった。 そして周辺の地区はその保守に責任があったようである。 軍事的な要塞としての任務を担うバー (burh) と、このような目的がないロイヤル・ビル (royal vills, vill = 村や町を表す古い英語) の 間の区別がつくのはデーン人の侵略の後である。 ロイヤル・ビル (oyal vill) の幾つかはバラ (borough、自治区) のクラスになったが、 他のルートによっていた。 そして差し当たって、個人の要塞と王室の住処は無視できる。 これは 依存する地区の公的な要塞と行政の中心であり、これがバラ (borough、自治区) に固有な主な造作の源泉であった。 多くの原因が国の防衛のために建設されたバラ (borough) の固有の条件を作る傾向があった。 これらは人工的な防衛が最も必要な場所に設置され、 平野、川沿いの道の分岐点、トレード用に自然な目印が付いた中心地、 時には丘や湿地帯が十分な自然な防衛を形成した場所であった。 典型的には、バー (burh) の要塞化は木材の上張りをした土塁 (earth ramparts) から構成されていた。 パリセイド (palisade) が時に使用された。

綿密な防衛としてのバー (burh) のネットワークの考え (concept) は通常 アルフレッド (Alfred) によるものとされている。

アルフレッド (Alfred) がこの一見したところ、処理しにくい窮地のために考案した解決は革命以外の ものでなく、この革命は今や 880 年代に始まった。 バイキング (Viking) がいつでも、どこでも攻撃できるのであれば、 ウェスト・サクソンズ (West Saxons) はいつでも、どこでも守ることができなければならなかった。 これを可能にするために、アルフレッド (Alfred) は防衛の中心地のネットワークの建設を、彼の王国中に命令し、 幾つかは要塞化されたローマの場所と鉄器時代の場所に建設され、 幾つかは完全に最初から建設された。 これらのバー (burhs) を分散させて、ウェスト・サクソン (West Saxon) の場所が、 互いに 20 マイル程度 -- 1 日の行軍距離 -- 以上にならないようにした。

このネットワークは手書き文書に記述され、後世に写されて生き延び、 学者にバーガル・ハイデッジ (Burghal Hidage、/ˈbɜːrɡəl ˈhaɪdɪdʒ/) と命名され、 ウェセックス (Wessex) とイングランドの マーシア (English Mercia,/ˈmɜːrʃiə, -ʃə/) で 33 のバー (burhs) を列挙している。 これらの大半は ノルマン征服 (Norman Conquest) 以後の時代まで生き延び、 後世の議会自治区 (Parliamentary Boroughs) と都市法人 (municipal corporations) の核である。

商的重要性

アルフレッド (Alfred) の末裔である エドワード (Edward) と エセルスタン (Æthelstan) によるバイキングからの再征服に成功してから、 後者は法律で一連の改革を実施し、 これは、これまでは主に要塞であったバー (burhs) の都市型発展 (urban development) への追加の推進力を与えた。 バー (burhs) はあらゆるチャンネルによって商業を引き寄せた; 野営 (camp) と宮廷、行政の中心、 教会の中心 (というのは国の母教会 (mother-church) は主要バー (burh) に置かれていた)、 すべてが維持管理のために市場 (market) に目を向けた。 バー (burh) には法律により、 重さと長さの認可されたはかりを持った造幣局、 王室貨幣鋳造者、そして両替商が提供されていた。 バー (burh) や港における商取引 (mercantile transaction) は、 軍事的重要性ではなく商的重要性が強調される時に、このように呼ばれ、 特別な法の特権の下で実施された。 これは疑いもなく国王の税の取り分を確実にするためであった。 バー (burh) や港にはリーブ (reeve, [地方行政代表者]) が配置された。 リーブ (reeve, [地方行政代表者]) とは王室官吏 (royal officer) のことで、責任を負ったのは: バー (burh) からの徴税、 土地と家屋の賃貸料、 商業の関税 (custom)、 裁判の罰金からの利益の王室の取り分、 であった。

法的及び行政的な役割

少なくとも 10 世紀から、 バー (burh) にはムート (moot、議会) あるいは法廷 (court) があり、 この法廷と他の法廷の関係は憶測しかない。 960 年頃の エドガー (Edgar) の法律により、1 年に 3 回会合することが要求され、 とても可能性が高いことに、 ここにバラ地区 (burghal district, burgh = borough = バラ) の賃貸人 (tenant) が出席することが強制され、 この時、生命・自由・土地に関する申し立て (plea) があり、 人々は良好な行動を保証する証拠 (pledge) を見つけることを余儀なくされた。 これらの大会合ではバラのリーブ (borough reeve (gerefa), [バラの行政代表者]) が座長を務め、 法を宣言し、法廷の原告 (suitor) により与えられる判断を導いた。 リーブ (reeve、[地方行政代表者]) を支援したのは、補佐 (assistant) のグループで、 デボン (Devon) ではウィタン (witan) と呼ばれ、 デインロー (Danelaw, /ˈdeɪnˌlɔː/) のバラ (borough) では (一般に 12 人の) 法律家 ("lawmen" ) が支援し、 他の町ではおそらくは アルダマン (alderman, 参事会員) -- 上級バージェス (burgesses、[バラの住民]) -- が支援し、 これに軍事と警察の権力者が付き、場合によっては世襲制であった。 これらの人々は完全法廷の大会合でリーブ (reeve, [地方行政代表者]) を支援し、 付随する会合で裁判官として彼と共に座った。 後者の会合は決着していない事件と些細な原因を決着するために開かれた。 これらは強制的ではなく、これらの余分な会合に出席するために特別に召喚されなかった。 これらに従属的な裁判の集会は公的に開催され、 同じ権力者により開かれ、すべての burh-wara の年会 (annual gathering) として開かれ、 バラ (borough) 行政に関する他の事業が、少なくとも後年に、決定された。 町議会は多くの場合に、これらの年会に起源があった。

エドガー (Edgar), イングランド王 959 年 - 975 年

大きな町では分離した警察システムを持つ区への分割は初期のころにたどることができ、 軍組織の単位として登場し、町の門の防衛に責任を負った。 ロンドンの警察システムは 930 年 - 940 年の記録に詳細に述べられている。 ここでは自由人 (free people) が組長 (headman) の監督下で、10 人の組にグループ化された。 ロンドン法廷 (court of London) に属する司教 (bishop) とリーブ (revees, [地方行政代表者]) が システムのディレクターとして登場し、彼らの中に後世の区 (ward) のアルダマン (alderman, 参事会員) を見ることができる。 カンタベリー (Canterbury) の区 (ward) を表す言葉 bertha の使用と 後世のロンドンのウォードムート (wardmoot, 区議会) が muter の組織には無論のこと 10 人組 (frankpledge) のシステムにも 使用された事実は町における軍隊と警察システムの間の関連を示している。

アングロ・サクソン時代の認可状 (chapter) で、 バー (burh) 内の閉鎖領域である haw が認可状でしばしば伝達されたことは、あたかも これが伝達された近隣における領地 (apanage of the lands) であることであった; この国に上陸することに成功したノルマン人の開拓者 (settler) はそこで、 バー (barhs) に住むことに成功した。 これは密接な関連が シャイア (shire) のセイン (thegns、従士) と shirestow の間に存在したからであり、 この関連は部分的には恐らく義務によるもので、特権によるものでもあった。 国王はケント (Kent) の避難場所として borough haws を譲渡し、 ロンドンでは彼は商的特権と共にこれらを司教 (bishop) に譲渡した。 shirestow の異質な借地権 (tenure) -- この特別な形式のバラ (borough) の最も顕著な特徴の 1 つ -- と呼ばれるものは、 バージェス (burgesses、[バラ (borough) の市民]) によっては、自分達が選んだ領主に自分達をゆだねる事由により、 更に増大し、この領主に「訴訟と奉仕」(suit and service、[訳注:法廷 (court, 会議) に出席する義務と領主への奉仕]) を約束し、 恐らくその代わりに保護されるために借りた。 これらのバージェス (burgesses, [バラ (borough) の市民]) に対して領主は司法権 (jurisdictional rights) を主張することができ、 これらは、ある場合にはある種のソウク (sokes, [訳注: 領主裁判権]) 内における特別な権利を王室が譲渡することで増大した。 大バラ (great borough) はソーク (sokes)、 あるいは seignorial jurisdiction の地域で、ハチの巣構造 (honeycomb) となり、 、 この中では王室のリーブ (royal reeve) の権威は大いに制限され、領主のリーブ (reeve, [地方行政代表者]) の権威が優先した。 haws は、バー (burhs)、 すなわち要塞の中の要塞で、地方平和 (local "peace") を享受し、公式の侵入から保護した。

バラ (borough) における借地権 (tenure) と司法権 (jurisdiction) の異質性 (heterogeneity) の上に、 地位の異質性 (heterogeneity) があった; バー-セイン (burh-thegns、thegns=従士) とナイト (cnihts, ?) 、 メルカトーレス (mercatores、[訳注:ラテン語、merchants])、 色々な種類のバージェス (burgesses, [バラ (borough) の市民]) がおり、 これらは恐らく軍隊要素、商業要素、そして農業要素を代表する 3 グループであった。 バー (burh) は一般に、元々が村の集落であった兆候があり、 これは開放地 (open fields) で囲まれ、 1835 年以前のバラ (borough) の境界の輪郭を暗示している。 この地域が規則として、まもなくバラ (borough) の管轄地域になった。 この地域へのバラ (borough) の権威の制限は古代のものでなく、ノルマン人の開拓によるという事実を示す少々の 証拠がある。

ノルマン人のイングランドのバラ (Boroughs in Norman England)

バラ (borough) が権威を持つ広い地区 (district) はノルマン人の城の支配下に置かれ、 この城自身が古いイングランドの burhwork の税によって建設された。 バラ (borough) の法廷 (court) はそれ自身の直接の領土内でのみ、仕事を継続することが許された。 そして紛争を防ぐために城がバラ (borough) の外に設置された。 国防計画における立場を失い、burgess cnihts は 壁で囲まれた場所の古い特権の奨励下で 彼らの主なオブジェクトの商売を実施した。 多くの領主のバージェス (burgesses, [バラ (borough) の市民]) がいた多くの協調的要塞に付け加え、 単独の領主が保持した小さなバラ (borough) があった。 多くの場合に、この seignorial 形式のバラ (borough) は王室の地所に作られた。 国王の vill -- これは規則として、hundred の管轄の中心 -- から、時々バラ (borough) が作られた。 Domesday Book より前の境界線は曖昧であるが、 あり得ることは、場合によっては、王室による管轄の譲渡により、 populous royal vill の住民は -- ここでは地区の hundred court がすでに開かれており -- 地区の hundred court とは違い、 紛争を決着するための恒久的な法廷を設置することが認可された。 一様な借地権 (tenure) のあるこの形式のバラ (borough) は国王の地所のみならず、 国王の tenants-in-chief の地所においても創設され、1086 年には、これらは恐らくすでに無数にあった。

町と荘園

ステントン (Stenton) が注意したように、 ノルマン時代 (Norman Period) の明らかな実践では、 田舎の荘園に住む領主は近くのバラ (borough) の家屋 (複数) を所有し、 これはより初期にアングロ・サクソンによって進展された習慣の継続であった:

ドゥームズデイ・ブック (Domesday Book) から明らかなことは、 1086 年に、バラ (borough) の資産の一部分 -- 家屋敷、一軒の家、一群の家 -- は開けた土地 (open country) の荘園にしばしば付属していた。 例えば、 レスター (Leicester) では 134 軒の家屋がこのようにして単独あるいはグループで、27 の異なる荘園に付属していた。 調べた限りでは、バラ (borough) の資産は荘園の利益を生む付属物であった。 これは領主が事業でバラ (borough) に来た時の宿泊場所を提供し、トラブルがあるときの避難場所を提供した。 この習慣を説明する証拠の大半は ノルマン征服 (conquest) の後に関係しているが、 アングロ・サクソン (Anglo-Saxon) の時代にさかのぼってたどることができ、アングロ・サクソンの国王たちはこれを奨励した。
城の近くの定住を奨励するために譲渡された特権

バラ (borough) は、変わることがないわけではないが、常にノルマン人の城 (Norman castle) の 仲間であった。 ある場合には、フランスのボーグ (bourg, 町) はイングランドのバラ (borough) のそばに作られ、 この 2 つは何世代も、法律と習慣で異なったままであった; 他の場合には、フランスのボーグ (bourg) はイングランドの村のそばに作られた。 ノルマン人領主の非常に多くの追随者は、ほとんど確実なことに、 自分自身の国では、町の住民であり、移住により バーグの特権 (burghal privileges, [burgh = borough]) を何も失わなかった。 どの城も保守のために熟練した職人のグループを必要とし、 領主は城の蓄えのために、あらゆる種類の商品を城門に引き寄せることを望んだ。 守備隊の強さは、城の近辺を、 法律の特権によって守られていない人々にとって危険な場所にした; そして、その近辺に望ましい移住者をひきつけるために、 ノルマン人あるいはイングランド人のバラ (borough) に享受されているものと類似の 法的な特権が、開拓者に提供される土地区画の建設者に保証された。 定額の固定された賃貸料、農奴に要求された年貢からの解放、 城の司法権 (jurisdiction) からの解放、 分離したバラ (borough) の司法権 (jurisdiction) の創設、 自分たちの役人 (officer) を選ぶ権利があったり、なかったり、 手数料と罰金の最高額を固定する規則、 あるいはバージェス (burgesses, [バラの市民]) 自身による罰金の査定を約束したり、 城主 (castellan) の権利 -- とりわけ城主の司法権の地域内の全員から城のための食糧の強制取り立てをする権利 -- を無効にすること、 勝手な土地使用税からの解放、 移動の自由、 資産を譲渡し、土地を遺贈する権利、 そして初期の領主の認可状 (seignorial charter) で命名されたこれ以外の特権は領主 (seignorial) 形式の ノルマン人のライバー・バーガス (liber burgus, 自由バラ) を構成していたものである。

これらのすべての特権は、すべてのバラ (borough) で享受されたわけではなかった; ある場合には、非常にわずかな領主の権利 (seignorial right) の譲渡が領主の 認可状に同行し、これが農奴 (villeins) から バージェス (burgesses, [バラの市民]) を作った。 認可がいくら自由であっても領主あるいは彼のリーブ (reeve, [地方行政代表者]) は なお、そのような場所のバージェス (burgesses, [バラの市民]) と密接な個人関係のままであり、 この性質が借地権 (tenure) の一様性と共に、 古いイングランド形式のバラ (borough) から、これらを引き離し続け、 ここで領主と賃借人の間の色々な種類の個人関係が存在しえた。 古い習慣 (custom) を維持する権限を譲渡する王室の認可状は封建制事件 (incident) の 幾つかを古いバラ (borough) に系統的に導入することを防止した。 国王の権限は領主のものの前例となり、 国王が同意する遺贈 (devise with the king's consent) は合法的であった。 これらの方法により、領主の立場は弱体化し、他の領主の要求 (seignorial claims) は後に回避されたり、 異議が唱えられた。 領主が維持しそびれた権利は国王と都市自治体 (municipality) の間で分割された; 例えばロンドンでは、 国王はすべての没収財産 (escheats, [訳注:死亡者に遺言書または法定相続人がない場合]) を獲得し、 一方バラ (borough) の法律ではバージェス (burgess, [バラの市民]) の孤児の 後見人の身分 (wardship) の権利を確保した。 ノルマン人の時代から王室バラ (borough) の年間の収益は規則として、シェリフ (sheriff, 長官) により、 カウンティに提出される一般 "農家" に含まれた; 時々、これはカウンティ農家 (county farmer) からではなく、 王室農家 (royal farm) から提出された。 国王は、一般に バラ (borough) から来る色々な品物の組み合わせを受理した。 バージェス (burgesses, [バラの市民]) はその組み合わせが量で変わらないようにする努力で結束し、 処罰から増大されることを恐れ、 正しい時に正しい量の条項を確保することになった。

認可状

延滞した貸借料の罰金の徴収と支払期限を過ぎた差し押さえは、 バラ (borough) の法廷を通して獲得され、 法廷のバージェス (burgess, [バラの市民]) にとり利害問題となり、 最初にバージェスが学んだことは、協調行動であった。 国王から許可状を買うために、おそらくはバラ法廷 (borough court) によって金が集められ、 カウンティのシェリフ (sheriff, 長官) を通してではなく、 大蔵省 (the exchequer) に直接対応 (answer) する役人 (officer) を選ぶことになった。 シェリフ (sheriff, 長官) は多くの場合に、 イングランドのバラ (borough) を威圧する (overawe) ためにノルマン人により設定された城の城守 (constable) でもあった。 彼の権力は大きく、十分に危険で、バラ (borough) にとり、特別に憎らしい (obnoxious) 役人になることになった。 ヘンリー 1 世 (Henry I) は 1131 年頃に、ロンドン市民に自分達の シェリフ (sheriff, 長官) と 国王への嘆願を保持するための対応可能な司法官 (justiciar) を選ぶ権利を与えた。 1130 年に、リンカーン市民 (Loncoln) は彼らの市を国王直属 (in chief) にするために支払った。 12 世紀末までに、多くの町は彼ら自身のリーブ (reeves, [地方行政代表者]) の手で支払い、 ジョン (John) は認可状で、バラ (borough) の役人 (officer) の任命で許される自由の選択、 そして却下する王室の権力に関する規則を作り始めた。

リチャード1世 (Richard I) の治世で、ロンドン (London) はフランスの コミューン (communes, 共同体) の真似をして、 役人の長 (chief officer) を市長 (mayor) と称した; 1208 年に ウィンチェスター (Winchester) にも市長 (mayor) がおり、 この肩書 (title) はすぐにめずらしくなくなった。 2 名以上の市民を選んで、国王の嘆願を保持させる認可された権限は、 多くのバラ (borough) の検死官 (coroners) -- 彼らは初期のロンドン司法官 (justiciar) の地位を専有 -- の支配を大いに変更し、 これは ヘンリー 2 世 (Henry II) による刑法の組織化の導入によっていた。 バージェス (Burgesses, [バラの市民]) は自分たちの間、あるいは自分たちと町にいるよそ者の間の紛争で、 自分達の法廷の刑事裁判と民事裁判に訴えており、 彼らはこの権利の確認を認可状によって確実にした。 これは巡回裁判での裁判を除外するのではなく、遠くの法廷で 申し立てをする必要性を逃れたいためであった。 バージェス (burgess, [バラの市民]) は原告であるにせよ、被告であるにせよ、 特権のある人であり、この観点で、聖職者 (clergy) の恩恵 (benefit) に 少々類似した恩恵 ("benefit") を要求できた。 バラ (borough) が、自分達の役人 (officer) を通して、税 (due) に関し応答することを許可することで、 国王は賃借料の委託と多くの権限をバラ (borough) に手渡し、 これはまもなく多くの利益の源泉となることが判明した。 最初の認可状の購入時点における都市手続き (municipal proceedings) の 性質を示す記録は何も残っていない。 確かなことは、12 世紀の共同体が彼らの新しい立場の可能性に敏感になり、 トレードは新たな推進力 (impulse) を受け取り、 バラ法廷のあいまいな規約による権力 (constitutional powers) を 新しく定義する必要性が起きた。、 最初は大蔵省、(exchequer) との処理をして、 王室への申し立て (royal plea) をする役人 (officer) の選択は、 ほとんど確実に少数の金持ちに制限され、彼らは必要な保障を見つけることができた。 この選択は、 恐らくより小さな裁判会議 (judicial assembly) の 1 つで指名され、 全共同体の大きなミカエル祭集会 (Michaelmas assembly) で表明された。 有力者 (magnates) とは違う選択をする民衆 (vulgus) の試みを聞くのは 次の世紀に至るまでない。 民衆 (vulgas) は幾つかの同業者組織 (craft organization) によって効果的な行動をすることができ、 この必要性に気が付いたのは、 税が重すぎるか、トレードの法律問題に議論の余地がある時であった。

課税が政治改革につながった

ヘンリー 2 世 (Henry II) の治世におけるバラ (borough) の課税は国王の裁判官 (justice) に よって評価され、彼らは頭割り (per capita) の額を固定した; しかし、バラ (borough) が贈り物の申し入れをすれば、 評価はバージェス (burgesses, [バラの市民]) がした。 最初の場合は課税は有力者が負担した、 共同体毎 (per communam) の課税 (levy) では、評価は (ロンドンでは) ウォードムート (wardmoot, 区議会) を 通してなされ、より貧しい階級が負担した。 ヘンリー 2 世 (Henry II) の治世では、ロンドンは両方の方法で課税され、 メイジャー男爵 (barones majores) は頭割りで (by head)、マイナー男爵 (barones minores) はウォードムート (wardmoot, 区議会) を通していた。 課税の圧力は 13 世紀にバーグ規則 (burghal constitutions, burgh = borough) のより密接な定義につながった。 平民 (Commons) は収支計算の会計検査 (audit of accounts) を求め、 (ロンドンでは) 都市業務 (municipal affairs) を聞くのみではなく、処理するためであった。 この世紀末までにロンドンは 2 つの会議 -- すなわち市長とアルダマン (alderman) のもの -- をはっきりと設置し、 昔のバラ法廷 (borough court) とコモン議会 (common council) を代表し、 後者は市の区 (ward) を通して表明されるように平民の声を代表した。 区 (ward) の議員 (councillors) の選択は恐らくはアルダマン (alderman) と彼らにより 招集される区陪審 (ward jury) に基づいて提示された。 場合によっては、陪審 (jury) は異なった領域を代表するのではなく、 異なった階級を代表するために招集された; 従って、ロンドンには、富裕、中間、貧困の 1272 名の陪審 (jury) がいて、 恐らくはグループの納税名簿 (tax roll) によって分割されたグループのオーソリティ (authority) により 選択された。 他の場所ではトレーダーと職人 (artisan) の幾つかのグループはギルドから構成され (ギルドは職業利益により結びつく平民階級の間の共同行動を組織する全能な代表機関 (all-powerful agencies))、 町の歴史は議会 (council) を 支配したギルドとここから除外されたギルドの間の闘争の歴史になった。

多くの都市革命 (municipal revolution) が起き、 そして多くの規約の実験が 13 世紀以後、国中全てで試みられた。 段階的に新会員選出 (co-optation) に向けた計画、 2 人が 4 人を選び、6 人がそれ以上を選び、官僚階級 (officialdom) の中心から円を広げることで、 中世を通じて多くの支持を得た。 ロンドンのやり方のように 2 つの組織 -- アルダマン (alderman) と議会 (council) -- のやり方は 14 世紀に広く好まれ、おそらくは 上院と下院 (Houses of Lords and Commons) の真似である。 市長 (mayor) は時々国王 ("sovereign") の様式に合わせ、 多くの特権を与えられた。 大いなる尊敬が古代人 -- すなわち 「都市のオフィス」 (municipal office) をすでに持っている人 -- に払われた。 15 世紀に至るまで、もっとも高度に進展した町の幾つかにも、到達する意見 ("voice") を考える秩序ある取り決めがなく、 これらは統治組織の小さな議会のみで使用され、 人々の大きな選挙議会ではなかった。 ロンドンでは 13 世紀に「バラ参政権」 (borough "franchise") を 新メンバーに認める規則的なシステムがあり、 これは最初は参政権のいかなる形式も与えるものとみなされず、 バラの法廷とバラのトレードで特権的な地位を確保するための 方法と見なされた。 入会 (admission) を得るには、 相続・買収あるいは贈与、ある場所では婚姻、 そしてロンドンでは、少なくとも 1275 年からは、 都市の徒弟登録であった。 新しい自由人は、特権の代わりに、 他のバージェス (burgess, [バラの市民]) と分かち合うことを拘束されたのは: バージェス (burgess) に降りかかる課税、統制等の全ての重荷であった。 個人的なサービスは常には必要でなく、 町によっては、多くの在住していない バージェス (burgess, [バラの市民]) がいた。 後世には、この自由への入会 (admission) は 国会参政権 (parliamentary franchise) を確保する手段として、使用されるようになり、 バラ (borough) の自由は自由に売却・贈与された。

バラ (borough) の平民 (the commons) が最初に興味を持った選挙はバラの長官 (magistrate) のものであった。 平民は、ある場合にバラ (borough) の選挙に参加する権利を行使することに成功した時に、 彼らはこれを保持し続けることはまれであった。 というのは恐らくは彼らの力が恐れられたのが全ての場合ではなく、 時々これに続く暴動の理由からであった。 これにより、政府が干渉することになり、これはバラ (borough) の誰もが望まなかった、 参政権を与えられた地位 (enfranchised position) が没収される可能性により、 バージェス (burgesses, [バラの市民]) は全体としては随分従順であった。 13 世紀にロンドンは繰り返し "国王の手に落ち"、重い罰金と、ロンドン塔 (the Tower) の城守 (constable) の下に置かれた。

法人化の認可状

15 世紀にバラ (borough) の騒動により、新しい規約 (constitution) が作られ、 この幾つかは王室認可状 (royal charter) の結果であり、 それ以外は国会の立法 (parliamentary legislation) の結果であった。 この時期の法人化の法の進展によっても、 バラが新しい認可状 (charter) を求めることを余儀なくされ、 これは今や法律の骨の折れる要求を満たさなければならなかった。 法人化の認可状が発行された時期は国王政府が、 バラ政府 (borough authority) を 行政 & 裁判スタッフ (executive and judicial staff) の 一部分としてますます見なした時で、従って、政府はスタッフの選択方法に密接に興味を持った。 新しい認可状は人気支配 (popular control) を狭くするように草案された。 バラは市長 (mayor) が率いる法人 (corporation) の支配下に置かれ、 大半の場合には人気支配 (popular control) の概念には至らず、 法人 (coporation) への任命の全システムは既存メンバーによる 新会員選出の 1 つであった。 これに対する一般の抗議 (popular protest) がないことは、 昔の人気支配 (popular control) が実際ではなく、 名目的であったからで、新しい認可状は 2 つの議会を随分大きくした。 これらの議会 (council) は王室の貸付 (royal loans) と benevolence を満たすことで、 課税の重い重荷を担い、 12 世紀の有力者 (magnates) のように頭割り (per capita) で支払い、 しばらくの間、 全体としては支配するものと支配されるものの間の摩擦の証拠はほとんどない。 法人 (corporation) の深部 (closest) における人気のない変化や怠慢 (neglect) は、 リート法廷の陪審員 (leet jury) とセッション法廷の陪審員 (session jury) の陳述で、公式の抗議の手段があったが、 執行手段がなかった。 判決 (verdict) の手段により彼らは統治組織 (governing body) に対して脅すことができ、 町のためではなく統治組織のための、議会 (council) の行動に対して憤りを表明することができ、 政府組織メンバーの不正が疑われる場合に、 巡回裁判(assizes) の裁判官 (justices) (ロンドン外部の会期シーズンの裁判官 (judge), 巡回裁判("assize")) の援助を求めた。

エリザベスは "先頭支配者 (head ruler) によりなされる虐待の理由" から法人化 (incorporation) を嫌っていることを繰り返し 断言した。 しかし彼女の治世では、彼らは枢密院 (privy council) により極めて簡単に支配され、 ここが国会議員の選択を指示し、 政府政策の支援者がバラ (borough bench) の空席を埋めることを確実にした。 政府組織のメンバーと特別オフィス保持者 (holders of special offices) の名称を明示する テューダー朝 (Tudor) と ステュアート朝 (Stuart) の認可状の 実践により、 新しい認可状が要求される時に、敵対する人を追放する方法が開かれた。 違法行為から役人 (officer) の解雇を認可する少々あいまいな言葉の条項もあった。 もっとも規則では任命は終身であった。 ステュアート朝 (Stuart) の下で、そして コモンウェルス (Commonwealth, イギリス連邦) の下で、 政治的そして宗教的感情がバラ (borough) で高揚したときに、 議会 (council) の多数と中央政府のどちらによっても、これらの条項が使用されて、 劇的なパージ (purging) により、議会 (council) の性質を型に入れた。 コモンウェルス (Commonwealth) の下で始めて使用された別の支配手段は、 国会 (parliament) の色々な法律により提供され、 これにより、都市オフィス (municipal office) のすべての保持者は宣誓の試練にさらされた。 コモンウェルス (Commonwealth) の下で、バラ (borough) の支配をするために中央政府により使用される 方法に何の改良もなかった。

支配政策 (ruling policy) に反対する者はすべて 1652 年の国会法 (act of parliament) により 参政権を失い (disfranchise)、資格を奪われた。 この法律から生じた事例は委員達 (commissioner) により審理され、 少将 (major-general) の委員会 (commissions) は彼らにバラ (borough) の政策を 支配する機会を与えた。 コモンウェルス (Commonwealth) の認可状はほとんど保存されていない、しかしながら、 幾つかは法人の要求に応じて刊行された。 ある場合には、認可状はバラ (borough) における人気投票の機会を指し示すと思われる言葉を 使用している。 1958 年に、裁判官が与えた意見では町の議会 (council) は認可状の条項にかかわらず 内規 (by-laws) により決定できることであった。 18 世紀には裁判官は反対の結論を出した。 人気投票の使用が確立している場所でさえ、 国会選挙の結果を支配する方法があった。 閉鎖法人 (close corporations) は、国会議員を選ぶ権利は疑わしいが、 新しいバージェス (burgesses, [バラの市民]) を認め、 国会選挙で在住していない者 (non-residents) に参政権を与える (enfranchise) 唯一の権利があった。 紛争が国会議員の選択で持ち上がれば、典型的には 2 つの競合する選択がなされ、 問題は下院に持ち込まれた。 下院は町の議会 (council) が指名した者よりも、人気投票で 選ばれた候補者を選ぶことが多く、 これは王室認可状も内規も通常の参政権を削減しないとの一般原則によっている。 しかし、国の組織に委ねられた場合、与党によりゆさぶられると、選挙の請願で、 いかなる原則も固執されなかった。 バラ (borough) を作る王室権限はエリザベスと ジェームズ 1 世 (James I) により、 従順な議会を確保するために自由に行使された。

王政復古における王室によるバラ (borough) の支配

後のステュアート朝はこの方法を見捨て、ジョージ国王達 (Georges, [訳注: 1 世から 3 世, ジョージアン期]) により作られた少々の新しいバラ (borough) は 政治的理由によって作られなかった。 後のステュアート朝の目的はすでに存在している法人を支配することで、新しいものを作ることではなかった。 チャールズ2世 (Charles II) は彼の王政復古の時以来、閉鎖法人 (close corporations) の厳密な 支配を行使して、 従順な国会のみならず、バラ (borough) の裁判官 (justice) と柔軟な陪審員 (jury) の中に 柔軟な行政官 (executive) を確保しようとした。 この人たちがバラ (borough) の役人 (officer) の選択を実施した。 1660 年に規則になったことは、すべての将来の (町の) 認可状が国王に明確に留保することは、 アルダマン (alderman)、記録係 (recorder)、そして町役人 (town-clerk) の最初の指名 (名前) であり、 但し書きに、 普通議会 (common council) と共に、国会議員の選挙結果 (return) を入れることになった。 「1661 年の法人法」 (Corporation Act of 1661) は王室委員達 (royal commissioners) に権力を与えて、町議会 (council) の構成を決着し、 必要な宣誓をしないのにもかかわらず、 イングランド国教会 (Church of England) の聖餐式 (sacraments) を拒否する者、 あるいは不満を持つと思われる者を全て排除することであった。 そうであったにせよ、 従順な裁判官を確保する困難さは 1682 年に再び非常に大きくなり、 バラ参政権 (franchise) に対する一般攻撃が国王により開始された。 ロンドンの裁判官が国王と課税に敵対する判決を出し、 チャールズ 2 世 (Charles II) は市 (city) を自分の意図に沿って捻じ曲げる色々な試みをしてから、 権限開示令状 (quo warranto) を市長 (mayor) と平民 (commonalty) に発行し、 市民たち (citizens) を認可状を超えた不法侵入 (encroachment) で非難した。 このようにして、これは反逆者のような人々の組織集団の行動規制をする、良い先例のある国王権限に類似し、 王室裁判官がバラ (borough) の法的に欠陥のある行動を見つけることを容易にした。 そして、更に可能にしたことはロンドン人 (Londoners) の議論で、これによると、 市長、平民 (commonalty) そして市民 -- 見えないボディー・ポリティック (body politic invisible) -- を処刑することは不可能で、 告発は統治組織 (govering body) のあらゆる特別なメンバーに対してのみで、 法人は法人として、没収で苦しむこともなく、降伏することもないことであった。 裁判官は国王に判断を与え、認可状は没収され、国王自身の選択による、 アルダマンの法廷 (court of alderman) を政府に設置した。 ジェームズ2世 (James II) が譲るまでは、ロンドンには普通議会 (common council) がなかった。 チャールズ 2 世 (Charles II) とジェームズ 2 世 (James II) の手続きの目新しさは、権限開示令状 (quo warranto) の武器を系統的に使用して、 認可状の一般的取り消しを確実にすることであった。 次に与えられた新しい認可状 (charter) では、 もっと重要な任命には国王の同意が必要となり、理由なしに役人 (officer) を取り除く権利が国王に与えられた。

1687 年のジェームズ 2 世 (James II) の下で、 6 名の委員が任命されて、法人を 「規制」 し、 カトリックに対する刑法 (penal law) の廃止に反対するすべての人々が法人から除去された。 新しい任命は 「我々は次の人を選ぶことをあなたに要求する:」 "We will and require you to elect" (人の名前) を 掲載した令状の下になされた。 ジェームズ 2 世 (James II) が破局的な政策から撤退しようとした時に、 布告を公布して、バラ (borough) を古代の認可状に戻した。 政府認可状 (government charter) はその後、 全部ではないにせよ、多くのバラ (borough) で、閉鎖法人 (close corporation) を設立する認可状であり、 この時から 1835 年まで、 バラ (borough) は規約上の (constitutional) 成長で 何の進展もなかった。

バラ (borough) の一覧

次の場所は 1307 年 - 1660 年にバラ (borough) の認可状があったか、 あるいは他の情報源から、当時あるいはそれ以前にバラ (borough) の地位があったことが知られている。

訳注
面倒なので、すぐにわかるものだけにカナ表記を与えています。
イングランド
ウェールズ
改革と交換

統治組織のメンバーを唯一の法人メンバーとして扱い、 法人の資産が浪費された場合に、法人がバラ (borough) の住民に釈明義務がある考えを拒絶する 閉鎖法人 (close corporate) の傾向は、過去の歴史が忘却されると、ますます明白になった。 法人の一員は自分達をクラブの一員とみなすようになり、 自分達の中で、同じ土地と物資を分割することが儲かるように見えれば、 分割することが合法的に保証されるとみなすようになった。 法人の規約 (constitution) が認可状により閉鎖的でない場合にも、 都市の参政権 (franchise) を拡張する古い方法が、相続以外の方法で使用されなくなると、 選ぶ資格のある人 (electorate) がますます減少して、制限される傾向があった。 1838 年に イプスウィッチ (Ipswich) では、自由人 (freemen) は人口のたった 1/55 しかなかった。 もしも有権者が増やすことになれば、 国会選挙で法人が支持するように喜んで投票する投票者に バラの自由 (バージェス (burgess, [バラの市民]) の地位) の大規模受け入れによって実施した。 例えば、1830 年代の改革前のラウス (Louth, /laʊθ/) の法人は グラマー・スクールの統治組織で、これは町の主な寄付を受けた地主 (endowed landowner) であった。 バラ (borough) の腐敗増大は防止されないまま改革法案まで継続した  (しかし、時には回避した。下を参照。) 幾つかのバラ (borough) はその時までに破産し、 ある場合には国会議員に頼り、彼らの収入をやりくりした。 バッキンガム(Buckingham) では、市長が決算報告 (rendering account) をせずに、 町の全収入を受け取った; 時には、しかしながら、重い刑事責任が役人 (officer) に降りかかった。

改革時代前に、不満により (国会の) 複数の地方法 (Local Acts) で時々実を結んだ。 これは特別委員会の権威下に色々な行政の詳細が置かれた。 法人が疑わしくなければ、監督下に割り当てられなかったことであろう。 信託 (trust) は困難から逃れる別の便利な方法を提供し、ある町では信託 (trust) から 都市行政 (municipal administration) のシステムが開発され、ここには視認できる法人がなかった。 従って、 ピーターバラ (Peterborough) が、 ある種の慈善団体の支配に成功した封土譲受人 (feoffee, [訳注:封建領土の turstee]) は とても制限のある権力を持つ 町議会 (town council) の一形式を構成した。 17 世紀にシェフィールド (Sheffield) は "慈善用途に与えられた土地の悪用を是正するため" に法律の下に置かれ、 バラ (borough) であった都市行政 (municipal administration) は trustees of Burgery あるいは タウン・トラスト (Town Trust) の手に引き渡された。 国会法 (act of parliament) の下に作られた多くの特別機関 (special authorities) は多くの混乱、紛争、そして重複 (overlapping) に至り、 一般改革の必要性を増大した。

バラ (borough) の改革は国会改革 (parliamentgary reform) の問題の 1 部分として取り扱われた。 1832 年、国会選挙における法人の排他的特権が廃止され、 男性の住民に参政権 (franchise) が与えられ、 都市参政権 (municipal franchise) の問題は次に処理することになった。 実際には、これはバラ国会参政権 (borough parliamentary franchise) をカウンティ参政権 (county franchise) と同じにした。 1833 年に、委員会は都市法人 (municipal corporations) の管理組織 (administration) を調査し、 委員は国会バラ (parliamentary Boroughs) よりもずっと多くの法人を見つけた。 国会バラ (parliamentary Boroughs) の多くは、廃止されていなくても、消滅しかけていないにせよ純粋に 名目的となっていた。 活動中なのは本質的に、閉鎖的一族 (closed number of families) の 寡頭政治であった。 少数の例外があり、議会 (council) が地域住民全員、あるいはそこで生まれた者によって選挙されていた。 大多数は住民の代表ではなかった。 調査 (inquiry) の結果が 「1835 年の都市法人法」 (Municipal Corporations Act 1835) になり、 これは都市参政権 (municipal franchise) を地方税の納税者 (ratepayers, [訳注:不動産税の納税者]) に与えたが、 自由人 (freemen) を名簿 (Roll) に載せたままにすることも許可された。 全体で、都市法人 (municipal corporations) は法律で処理され、 町議会 (town council) は 市長 (mayor)、 アルダマン (alderman)、 議員 (councillors) から構成されることになり、 議会 (council) は同様な権力が与えられ、治安判事 (commission of the peace) の仕事を持つものと、そうでないものに分かれた。 治安判事の職 (The Commissions of the Peace) も改革の道具であった。 多くのバラ (Borough) には以前の 市長 (Mayor)、 アルダマン (Alderman) の寡頭体制で、 記録係 (Recorder) により助言されたバラ法廷 (borough courts) があったが、 これらは廃止され、 治安判事 (magistrate) は カウンティ毎 -- このカウンティは実際はカウンティ自治区 ('county borough') であったと思われる -- で任命された。 この改革は議会 (council) 自身の規約 (constitution) と同様に重大であった。

議事録 (minutes) がバージェス (burgess, [バラの市民]) の誰の検査にも開かれたものとなり、 会計報告書の会計検査が必要となった。 小売商の排他的権利は、 町によってはバラ (borough) の自由人 (freemen) や、専門ギルドあるいは会社 (ロンドンの リブリー・カンパニー (livery companies, /ˈliv(ə)rē/) に類似したもの) に制限されていた。 警察システム -- これは場所によっては町の見張り (town watch) のようになお中世のもの -- は、議会 (council) の支配下に置かれた警官隊の ピール改革 (Peel reforms) の 方向で現代化された。 バラ (borough) の境界内の色々な特権が与えられた領域は わずかな例外を除いて、バラ (borough) の部分を構成した。 議会 (council) が法人資産を譲渡する権力は密接に制限された。 法律の運用は後の立法で拡張され、 続く色々な修正と法令は 「1882 年の都市法人法」 (Municipal Corporations Act 1882) で統合された。