ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Frankpledge - Wikipedia

フランクプレッジ (frankpledge, 偽りのない誓約) は英和辞典には 10 人組 の訳語が与えられていますが、 これは日本の 1596~1626 年頃の自治組織である 10 人組 との類似から訳語が与えられているようです。ややこしくなることが想定されるため、 ここではフランクプレッジとカナ表記することにします。 フランクプレッジは中世初期 (5 世紀末 or 6 世紀から 10 世紀) と中世盛期 (1000 年から 1300 年代) のものです。

フランクプレッジ (Frankpledge)

フランクプレッジ 中世前期 (Early Middle Age) と 中世盛期 (High Middle Age) を通じてイングランドで普通の 共同保証関係 (joint suretyship) のシステムであった。 本質的な特徴はタイジング (tithings) で結び付けられた人々の間の強制的な 責任分割であった。 この単位は、主プレッジ (chief-pledge) あるいはタイジングマン (tithing-man) と 呼ばれる指導者の下で、タイジング (tithing) で犯罪の嫌疑があるどのような人も提出する責任があった。 もし、その人が現れなければ、全グループに罰金が科せられた。

女性、聖職者そしてより豊かな自由人 (freemen) が除外されたが、 そうでなければ 12 才以上の男は相互保障 (mutual surety) のシステムに組織された。

  1. 原点
  2. アングロ・サクソンの保証 (Anglo-Saxon sureties)
  3. 地理とフランクプレッジの儲け
  4. 後の歴史的発展
原点

フランクプレッジ (frankpledge) の最初の言及は、 1114 年 - 1118 年に、Leges Henrici Primi と共に登場した; しかし、 マームズベリのウィリアム (William of Malmesbury) のような人物はこれを、 ノルマン以前の時代 (pre-Norman times) と 大カヌート (Canute the Great) の法律に結び付けることに熱心であった。 歴史家によっては、 アングロ・サクソンの frith-borth (逐語的には "peace-pledge" (平和-誓約)) に、 フランクプレッジ (frankpledge) の明らかな予知を見てきた。 他の者が考えたことは、 12 世紀の解説者 (commentator) は後の概念を、より昔の文章に読み、 borth システムがフランクプレッジ (frankpledge) ほど、厳格・包括的でないことであった。 この考えで ウィリアム征服王 (William the Conqueror) はフランス人の侵略者に関する暗殺の復活と共に、 組織的・普遍的にタイジング (tithing) が強制的なフランクプレッジ (frankpledge) の 採用をすることに重要な役割を演じ、 ノルマン人の権力を増大・強固にして、 もっと激しい政策を設立した。

アングロ・サクソンの保証 (Anglo-Saxon sureties)

borh は補償システムで、 これにより個人 -- 家族の一員、召使の主人 (master for servants)、 扶養家族の支配者 (lord for dependent) -- は不品行 (misdemeanor) が起きた時に、法廷で他の者を 提出する責任があった。 同時にアングロ・サクソン社会の末期に、10 人のグループで 法的問題の責任をますます分かち合った。 このグループは tehothung あるいはタイジング (tything) (すなわち 10 人の thing (集まり)) と呼ばれた。

タイジング (tything) はこの中から選ばれたタイジングマン (tythingman) の リーダーシップ (leadership) の下にあり、招集されたどのような人も法廷に 提出する責任があった。 最初のタイジングは全く自発的な協会 (association) であり、 自由メンバーの互いの同意を通じて形成されたグループであった。 元々、不変的に強制的にすることを妨げたシステムの側面は、 土地を持った人のみがグループに課せられた罰金を払うことが余儀なくされたことであった。

土地がない人は frith-borh の一員としては価値がなかった。 というのは、没収する土地がなく、固定した住まいがない人には法律はほとんど支配力が なかったからであった。 そのため、土地がない人は法律により、荘園領主に服従せざるを得ず、 領主は彼に部下すべての行動に責任があった; 彼の地所は いわば、私的な frith-borh となり、公的な frith-borhsの自由人の代わりに dependent から構成されていた。 この 2 つのシステムは、多くの違いがあり、一緒に存在した。 しかし、自由人 (freeman) はより少なくなり、領主はより強力となる一般的傾向があった。
--  アルバート F, ポラード, イングランドの歴史: 政治的進化の研究
(Albert F. Pollard, The History of England: A Study in Political Evolution)

タイジング (tidhing) は終に領土の単位、村の一部分となり、 一方 borh とタイジング (tithing) の最後の合併はノルマンのフランクプレッジ (frankpledge) システム の下支えをした。 その究極的形態で、 もしも個人が法廷の出頭命令に姿を見せなければ、タイジング (tithing) は 出頭命令された人の逃亡には何の手助けもしていないという旨の宣誓をした。 そうでなければ、彼らは逃亡者の行動に責任があることになり、 彼の行動が招いた罰金を支払うことを余儀なくされた。 法廷におけるタイジング (tithing) のメンバーのこの調査 (examination) は フランクプレッジの調査 (view of frankpledge) の表現の起源である。

地理とフランクプレッジの儲け

フランクプレッジ (frankpledge) はウェールズ及び 8 ヵ所の北方且つ境界カウンティ (county) では 実施されなかったが、 それ以外では デーンロウ (Danelaw) の支配下と イングランドの南部、南西部の地域では普通であった。 しかしながら、 エドワード 1 世 (Edward I) の時までに、シェリフ (sheriff) のツアーン (tourn、[訳注:巡視の意味]) も ノーサンバランド (Nothumberland) と カンバーランド (Cumberland) のようなシャイア (shire) で現れ始めた。

シェリフ (sheriff) により実施された年に 2 度のフランクプレッジの調査 (view of frankpledge) には 罰金に含まれる他の儲けの機会は無論のこと、 シェリフへのタイジングの少額 (tithing penny) の支払いが関連した: この理由から、ツアーン (tourn)、あるいは領主あるいはバラ (borough) によるフランクプレッジの調査 (view of frankpledge) の 私的獲得からの免除は、特権の価値があった; 一方逆に、1217 年の マグナ・カルタ (Magna Carta) はシェリフ (sheriff) がフランクプレッジ (frankpledge) から合法的に要求できるものを明白に制限しようとした。

後の歴史的発展

フランクプレッジ (frankpledge) システムは 14 世紀に退潮し始めた。 一方で、中央集権化した王室政権の拡張と、一方で私的地主によるフランクプレッジの調査 (view of frankpledge) の 増大する流用 (appropriation) は共に地方システムを弱体化することに貢献した; より大きな農業の分化と流動性によっても同様となり、 このプロセスは黒死病の影響により悪化した。 にもかかわらず、このシステムは 15 世紀まで元のまゝ生き延びた、 もっとも、ますます地元の巡査 -- 以前の主任プレッジ (chief pledge) -- が治安判事の下で活動して、取って代わられた; 彼らの監督はフランクプレッジの調査 (view of frankpledge) の残りであった。

究極的には、フランクプレッジ (frankpledge) の背後の原則は、 イングランドとウェールズで、暴動に関してなお効力があった。 「1886 年の暴動 (損害) 法」 (Riot (Damages) Act 1886) までは 行政教区のメンバーは彼らの地区内の暴動によるいかなる損害の支払いにも 共同で直接責任があった。 この法律 (及び 2016 年の後継) の下では、損害は、 関連する地方自治体の警察税 (police rate, [訳注:rate=固定資産税]) (今では地方税 (council tax) の一部分) により、間接的に地元住民に課せられる。