ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Sheriff - Wikipedia

ハイ・シェリフも参照。

シェリフは西部劇では保安官の意味になりますが、元々は英国のカウンティ (シャイア) の政府高官。

シェリフ (Sheriff)

シェリフ は色々な義務を持つ政府高官 (government official) で、 この職 (office) が始まったイングランドと歴史的な結びつきがある幾つかの 国で存在している。 アイスランドには、類似ではあるが独立に発展した職があり、 これは通常、英語にシェリフ (sheriff) と翻訳され、これは以下で扱う。

  1. 説明
  2. 大ブリテン島とアイルランド (Great Britain and Ireland)
  3. オーストラリア
  4. 北米
  5. インド
  6. 南アフリカ
  7. 関連する公職 (Related offices)
説明

歴史的にはシェリフ (sheriff) はシャイア (shire、州) に責任を持つ 法律高官 (legal official) で、 この用語は "shire reeve" (シャイアの治安判事、古英語の scirgerefa) が短縮したものである。

英国英語では、 シェリフの政治的あるいは法的な職のこと、 シェリフの事務所を表す用語 (term of office of a sheriff)、 あるいはシェリフの管轄区 (jurisudiction of a sheriff) は、 イングランドとウェールズではシュリーバルティ (shrievalty, /ˈshrē-vəl-tē/) と呼ばれ、 スコットランドではシェリフドン (sheriffdom) と呼ばれる。

近世には、 シェリフの法的、政治的、そして儀礼的義務の特別な組み合わせは国ごとに随分と違っている。

大ブリテン島とアイルランド (Great Britain and Ireland)
イングランド、ウェールズと北アイルランド

古英語の用語は国王のために、シャイア (shire、州) やカウンティを通して平和を維持することに責任がある 王室長官 (royal official (reeve)) を指定した。 この用語は ノルマン征服 (Norman Conquest) にもかかわらず、イングランドで保持された。

今日、シェリフ (sheriff) あるいはハイ・シェリフ (high sheriff) は儀礼的な、カウンティあるいは市の高官である。 商的な組織の幾つかは、この用語を使用して、高等裁判所強制執行高官 (High Court enforcement officers) を言及している。

スコットランド

スコットランドでは、シェリフは、シェリフ法廷 (sheriff courts) の裁判官 (judicial office holder) であり、 スコットランド司法組織の一員である。

主シェリフ (Sheriff principal)

最も上級のシェリフは主シェリフ (sheriff principal) で、 6 つのシェリフ管轄区 (sheriffdom) で裁判の権限 (judicial authority) と同様に行政の権限 (administrative authority) があり、 管轄区において、シェリフ法廷全ての効果的な遂行と管理に責任がある。 主シェリフ (sheriff principal) はシェリフ上告審 (Sheriff Appeal Court) の 上告シェリフとして出席する; シェリフ裁判所 (sheriff court) の即決裁判 (summary trials) と治安裁判所の裁判 (justice of the peace court) の判決と有罪判決に対する上告 (appeal) を聴聞する。 主シェリフ (sheriff principal) の追加の義務は北部灯台委員会 (Northern Lighthouse Board) (これはスコットランドの一般灯台局 (general lighthouse authority)) の 委員になることと地方犯罪裁判委員会 (local criminal justice boards) の議長を務めることが含まれ、 後者の委員会は 地方検察官 (procurator fiscal)、 スコットランド警察 (Police Scotland) と スコットランド共同体司法 (Community Justice Scotland, 判決後の更生を担う) スコットランド裁判所と法廷任務 (Scottish Courts and Tribunals Service) をまとめている。

シェリフ

シェリフ (sheriff) はスコットランドの民事法廷 (civil court) と 刑事法廷 (criminal court) の 大半の事件を扱い、 起訴されるべき犯罪の 15 人の陪審員の 1 人として正式起訴 (solemn proceeding、[訳注:略式の反対]) の議長を務め、 略式起訴犯罪 (summary offense) の略式裁判 (summary proceedings) においては単独で務める。 シェリフは法的な資格が必要で、 弁護士 (advocate) あるいは事務弁護士 (solicitor) として少なくとも 10 年間の資格が必要である。 略式起訴におけるシェリフの判決の権力は 12 ヶ月の禁固、あるいは £10,000 までの罰金である。 正式起訴 (solemn proceedings) では、最大の判決は 5 年の禁固、あるいは無制限な罰金である。

シェリフは死亡事件調査 (fatal accident inquiries) の議長を務め、 これは突然、あるいは疑わしい死亡の状況を調査するために招集され、 就業中、拘留中 (custody) 、あるいは刑務所 (secure accommodation) における死亡が含まれる。

略式シェリフ (Summary sheriffs)

略式シェリフ(Summary sheriffs) は簡単訴訟手続き (Simple Procedure) の下で持ち込まれる民事訴訟 (Simple Precedure) と 略式訴訟 (summary proceedings) の下で持ち込まれる刑事訴訟 (criminal cases) を扱う。 それらの判決権力は略式訴訟 (summary proceedings) を処理するシェリフと同一である。

アイルランド共和国

アイルランド共和国ではシェリフ (アイルランド語: sirriam) は 「1945 年の法廷高官の法律」 (Court Officers Act 1945) の 12 条 (5) (section 12 (5)) の下に 任命され、職務の幾つかを実行し、 カウンティの記録係 (county registrar) によって実行されるような機能の幾つかを実行した。 実際には 2 種類のシェリフが任命されてきた:

1922 年の アイルランド自由国 (Irish Free State) の創設以前には、 シェリフに関連するアイルランドの法律はイングランドのものを映し出し (mirror)、 下級シェリフ (under-sheriff) は、引退すれば職務をカウンティの記録係 (county registrar) に移動ことにより、 段階的に廃止した。 これは巡回裁判所 (Circuit Court) の高官として 1926 年の法律で定められた。 ダブリン市 (Dublin city) の下級シェリフ (under-sheriff) が 1945 年に引退したときに、 市の記録係 (registrar) は他の責任であまりに忙しくて、彼の仕事を引き継げなかった。 そこで 「1945 年の裁判所高官の法律」 (Court Officers Act 1945) を作って、新しいシェリフの職が下級シェリフ (under-sheriff) の機能の少々、あるいは全部を 引き継ぐようにした。 4 人のダブリンとコークのシェリフがまもなく任命されて、 下級シェリフ (under-sheriff) の責任の大半を担った。 国税シェリフ (Revenue sheriff) が 1980 年代末に脱税を取り締まるために、国のこれ以外の地域に導入された。 1993 年に会計検査院長官 (Comptroller and Auditor General) は 国税庁委員会 (Revenue Commissioners) のために、シェリフにより集められ、保持されている資金は 資金混同 (commingling) の危険があるとの懸念を表明した。 これは 1998 年に改革され、シェリフがこのような金で獲得した利子を保持することを 禁止し、この保証のために報酬を増やした。 1990 年代に至るまでの間中、シェリフのポストは法務大臣 (minister of Justice) の贈り物であったが、 2010 年代までに、これは公的な雇用サービスにより宣伝された。

オーストラリア

シェリフの職はオーストラリアの大半の州と領土で存在し、色々な義務がある。

北米
カナダ

カナダの大半の州 (province) と領土はシェリフ任務を稼働させている。 シェリフが主に関連する任務は: 法廷の治安、逮捕後の囚人の移送、 法律の手続きの処理と、民事判決の実施である。 シェリフは刑法 (Criminal Code) の 2 項 (section 2) の下に、 治安高官 (peace officer) として定義されている。 オンタリオ州におけるシェリフの義務は法的な手続きの処理と、 民事判決の実施を扱うのみである。 彼らは裁判所の治安に関連する義務を実施することがなく、 これは裁判所がある場所の警察 (都市警察、地域警察、あるいはオンタリオ州警察) に よって処理される。 シェリフの任務が存在しないカナダの他の部分では、 王立カナダ騎馬警察 (Royal Canadian Mounted Police) がこれらの義務を実施する。 ケベックには 2 層の裁判所治安システムがあり、 法廷には武装した州の特別巡査が裁判所の治安を守り、 州の矯正高官 (correctional officers) が囚人の 護衛/輸送 の義務を実施する。

アルバータ州

2006 年にアルバータ州 (Province of Alberta) は アルバータ州シェリフ支部 (Alberta Sheriffs Branch) (以前の 法廷・囚人治安局 (Courts and Prisoner Security agency) の後継) の義務を拡張して、 含めるようにしたのは: 輸送執行 (traffic enforcement)、 保護治安 (protective security)、 及び調査機能の少々 (シェリフ調査支援ユニット (Sheriffs Investigative Support Unit) と 安全共同体・近隣ユニット (Safer Communities and Neighbourhoods Unit)) であった。 2008 年現在、アルバータ州シェリフ支部輸送部門 (Alberta Sheriff Branch traffic division) は 105 名の 輸送シェリフ (traffic sheriffs) を含み、州の 7 地域の 1 つに配属している。 シェリフは囚人管理で、アルバータ州 (Alberta) の色々な警察の任務の支援もしている。

ブリティッシュ・コロンビア州

ブリティッシュ・コロンビア州のシェリフの任務 (British Columbia Sheriff Service) を参照 (未翻訳)。

ノバスコシア州

ノバスコシア州 (Nova Scotia) ではシェリフの任務は、 裁判官、 法廷スタッフ、 公衆、 そして拘留されている人々の安全 (safety) と警備 (security) に焦点がおかれる。 ノバスコシア州のすべてのカウンティに地方シェリフ (local sheriffs) がおり、全部で 200 名の 数になる。 彼らは 20,000 名の受刑者 (inmates) と作業し、 1 年に 200 万 km 以上を移動する。シェリフが責任を負うのは: 法廷の警備 (court security); 囚人の施設及び法廷の全ての階 から/へ の輸送; 民事と刑事文書の幾つかの送達; 法廷命令の遂行である。

ケベック州

ケベック州では、シェリフ (shérifs) は陪審の選考過程に責任がある。

米国

植民地時代北米のカウンティ高官としてのシェリフの職は 1660 年代に記録されている。 現代の米国ではシェリフの範囲は州とカウンティにより変化する。 (カウンティはルイジアナ州では教区 (parish) と呼び、 アラスカ州ではバラ (boroughs, 自治区) と呼ぶ。) シェリフは最も頻繁には選挙で選ばれたカウンティ高官で、 管轄内で主要民間人の法執行高官として任務に就く。 シェリフは裁判所の命令 (order) と指令 (mandate) を執行し、 遂行する義務は: 例えば立ち退き、 裁判所の命令に従って、財産 (property) と資産 (asset) を差し押さえ、 令状 (warrants) と法律文書を送達する。 都市型地区に自分自身の警察があるような、幾つかのカウンティでは シェリフの仕事が民事手続きの執行義務に制限されることがあり、 一方他のカウンティではシェリフは主な警察力として任務に就き、 市・町・タウンシップに自分の警察力があるにせよ、カウンティ自治体全域が 管轄となることがある。 シェリフはカウンティ刑務所をしばしば管理し、 管轄地域にある裁判所の警備機能に責任がある。

インド

インドの市の中で、かっての英国の植民地である ムンバイ (ボンベイ) (Mumbai (Bombay)), コルカタ (カルカッタ) (Kolkata (Calcutta)) そしてチェンナイ (マドラス) (Chennai (Madras)) のみにシェリフが存在してきた。 英国のハイ・シェリフ (High Sheriff) に基づいて 1700 年代に設立され、 司法組織の実施部門であり、 陪審を集め、人々を裁判にかけ、囚人を牢屋に入れることを監督し、 資産を差し押さえて売却した。 1800 年代中ごろの後では、この役目の責任と権力は削減され、 この地位は儀礼的なものになった。 ムンバイ (Mumbai) とコルカタ (Kolkata) のシェリフはなお存在している。 もっともチェンナイ (Chennai) のポストは 1998 年に廃止された。

現在は、シェリフは政治的重要性が低く、執行しない役割で、 市に関連した機能、会議、外国からのゲストを歓迎する責任を負っている。 このポストは儀礼上のリストでは市長に次ぐ 2 番目である。

南アフリカ

南アフリカではシェリフは法廷高官で、法廷の実施部門として機能する。 彼らは出廷命令 (summons) と召喚状 (subpoena) のような 法廷の手続きの任につくことに責任がある。 彼らは法廷命令の実施に重要な役目を果たす; これには不動産と動産の差し押さえ、 立ち退き (eviction)、 取り壊し (demolition) などがある。

1986 年のシェリフ法 90 (Sheriffs Act 90 of 1986) は 1990 年 3 月 1 日に有効となり、この職業を規定した。 シェリフは法律の 2 項 (Section 2) の観点から、 法務・憲法開発大臣 (Minister for Justice and Constitutional Development) により任命される。

関連する公職 (Related offices)
アイスランド

アイスランドでは、 sýslumenn (単数形 sýslumaður, シェリフ ("sheriff") と翻訳される) は、 国の管理者で、管轄区で実施権力の持ち主で、彼らのシェリフの事務所の長である。 シェリフはある種の法律の問題を担当し、これは典型的にはある種の登録と、法廷の命令の実施に かかわっている。 シェリフの義務は管轄によってわずかに異なるが、 大まかには次のようにカテゴリー化できる:

アイスランドには 24 名のシェリフとシェリフの管轄区がある。 管轄区はアイスランドの行政的分割 (administrative division) によって定義されることがなく、 主にカウンティと都市 (municipalities) の混合物である。

シェリフのポストは アイスランド自治州 (Icelandic Commonwealth) と ノルウェイ王国 (Kingdom of Norway) の間の協定 (agreement) である Old Covenant (古い盟約) により委任された。 1262 年と 1264 年の間に批准された協定はシェリフのポストを政府の最古の世俗地位で、 なおアイスランドで動作している (operate)。