ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

High sheriff - Wikipedia

シェリフも参照。

ハイ・シェリフ (High sheriff)

ハイ・シェリフはイングランド、ウェールズ、そして北アイルランドの 各シェリフ制カウンティ (shrieval county) の儀礼的オフィサー (ceremonial officer、役人)、 あるいは米国の州における幾人かの有給のシェリフ (sheriff, 保安官) の中の主シェリフ (chief sheriff) の ことで、後者は法廷に関する機能で他の者よりも身分が上で、他の者に命令する。 カナダでは、ハイ・シェリフ (High Sheriff) は最高裁判所と地方裁判所 (supreme and provincial courts) の管理任務 (administrative service) を提供する。

この職は アイルランド自由国 (Irish Free State) で存在していたが、1926 年に廃止された。

イングランドとウェールズでは、ハイ・シェリフの職は 「1972 年の地方政府法」 (Local Government Act 1972) の 指示により創設され、1974 年 4 月 1 日に取り入れられた。 この目的は本来のカウンティのシェリフと、 カウンティ法人に指定された市 (city) と自治区 (borough) のシェリフを区別するためであった。 ロンドン市 (City of London) を除き -- ここには 2 名のシェリフ -- これらの市と自治区には最早シェリフがおらず、 シェリフの職には、イングランドとウェールズのハイ・シェリフしかいない。 この職は今では儀礼任務がある無給の特権であり、 シェリフは、国王により枢密院 (Privy council) の認可状 (warrant) を通して毎年任命される。 但し、コーンウォール (Cornwall) ではコーンウォール公爵 (Duke of Cornwall) により 任命され、 マージーサイド (Merseyside)、広域マンチェスター (Greater Manchester) とランカシャー (Lancashire) では、 ハイ・シェリフはランカシャー公爵 (Duke of Lancashire) (現在は女王) により任命されている。 イングランドとウェールズでは、この職の民政執行 (civil (civil judgement) enforcement) の権力が存在しているが、慣例により行使されていない。

イングランドとウェールズのハイ・シェリフ協会のホームページが 2021 年に記述することでは、 (ハイ・シェリフの) 役目は 「非政治的な王室の任命」 で、1 年間・無給である。

  1. イングランド, ウェールズ, そして北アイルランド
  2. アイルランド
  3. カナダ
  4. 米国
イングランド, ウェールズ, そして北アイルランド

イングランド、ウェールズ、そして北アイルランドでは、 ハイ・シェリフ ( ロンドン市 (City of London) では 2 人のシェリフ) が 理論的にはカウンティにおける国王の司法代理 (judicial representative) で、 レフテナント卿 (lord-lieutenant) は国王の個人的・軍事の代理である。 ハイ・シェリフの管轄であるシェリフ制カウンティ (shrieval counties) は、 もはや行政地区と境界が同じでなく、 古代のカウンティともっと最近の地方自治体 (local authority) の混合物を 表している。 このポストはスコットランドのシェリフと対比され、ここではシェリフ法廷の裁判官である。

ハイ・シェリフが慣例的に、正式な場で、
ベルベットの法廷服 (Court Dress) を着ている。

単語のシェリフは用語シャイア・リーブ (shire reeve, シャイアの治安判事、[訳注:ノルマン征服以前]) の短縮形である。 この用語は古英語 (Old English) の scīrgerefa ( IPA /ˈʃiːr.jeˌreː.fɑ/, シーアジェレーファ) に由来し、 シャイアあるいはカウンティ (shire or county) を通して、 平和 (reeve) を維持する責任がある王室オフィサーを示す。 この用語は ノルマン征服 (Norman Conquest) にもかかわらず、イングランドで維持された。 シェリフの職は 10 世紀のカウンティに起源があった; この職はノルマン人の国王の下で、権力の絶頂に到達した。 シェリフは元々法廷では重要な人 (men of great standing) であり、 13 世紀には成り行きにより、職が各カウンティの重要人物 -- 通常は地主 -- に 譲り渡された。 「 オクスフォード条項 (1258 年)」 (Provisions of Oxford (1258)) に よりこの職の任期が 1 年となることが確立した。 イングランドとウェールズのシェリフの任命と義務が 「1887 年のシェリフ法」により再定義された。 1974 年 4 月 1 日に 「1972 年の 地方政府法」(Local Government Act 1972) の条項の下で、 それ以前はシェリフと呼ばれた職が、ハイ・シェリフ (high sheriff) の肩書になった。

ハイ・シェリフを選ぶために、可能性のある次期のハイ・シェリフの名前の一覧が決定機関 (tribunal) に 提出され、ここが 3 名を選択して国王に提出する。 推薦 (nomination) は毎年 11 月 12 日に実施され、職の任期は 3 月 25 日の 「 (聖母マリアの) お告げの日」 (Lady Day) -- これは 1751 年までは 1 年の最初の日 -- から始まった。 他に適任な人がいれば、3 年間に 2 度任命されてはいけなかった。

推薦 (nomination)

「1887 年のシェリフ法」 (Sheriffs Act 1887) (の改正版) により、シェリフは 11 月 12 日 ( 聖マルティヌスの日 (Martinmas)) (あるいはこれが日曜日であれば次の月曜日) に推薦しなければならない。 推薦者は 財務大臣 (Chancellor of the Exchequer)、 枢密院議長 (Lord President of the Council)、 イングランドの首席裁判官 (Lord Chief Justice of England) の 2 名以上; 枢密院 (Privy Council) の他のメンバー (複数); 高等裁判所 (High Court) の 2 名以上の裁判官である。 改正は 1998 年にあり、 財務大臣 (Chancellor of the Exchequer) は、 もしも、大蔵卿 (Lord High Treasurer) がいなければ、 単に条件付きの参加 (entitlement) ではなく、完全参加 (full entitlement) になった。 というのは大蔵関連 (treasurership) は 憲法制定会議 (constitutional convention) により、 常に委員会 (commission) に入れられたからで、 2006 年には 大法官 (Lord Chancellor) は 「2005 年の憲法改正法」 (Constitutional Reform Act 2005) の運営 (operation) を通して、 推薦委員 (nominating officer) から取り除かれた。

訳注
財務大臣 (Chancellor of the Exchequer) と大蔵卿 (Lord High Treasurer) の役割の違いがややこしいので、 別に英々辞書で調べておくと、 Chancellor Of The Exchequer | Definition of Chancellor Of The ... によると
Chancellor Of The Exchequer a member of the British cabinet in charge of the public income and expenditure
公的な収入と支出の責任を担う英国内閣の一員
Lord High Treasurer - Wikipedia (大蔵卿) には随分長い説明があるので、 その歴史的な特徴づけを引用しておきます。(面倒だからこれ以上調べない。)
The Treasury was originally a section of the Royal Household with custody of the King's money.
トレジュリー (treasury, 大蔵省) は元々王室一家の部門の一つで、 国王の資金の管理をした。

これらの推薦委員 (officer) はイングランドとウェールズの各カウンティ (county) に 3 名の候補者を推薦 (nominate) する。 (但し、 コーンウォール (Cornwall), マージーサイド (Merseyside), 広域マンチェスター (Greater Manchester) そしてランカシャー (Lancashire) を除く。) そして、これは「女王の防備係」 (Queen's Remembrancer) の羊皮紙 (parchment) に記載される (enroll)。

「1887 年のシェリフ法」 (Sheriff's Act 1887) の下におけるハイ・シェリフとしての 推薦の適格性 (eligibility for nomination) と任命が除外するのは: 上院議員 (peers of Parliament), 下院議員 (members of the House of Commons), 女王陛下の歳入・税関庁の委員あるいは役人 (commissioners or officers of Her Majesty's Revenue and Customs), 郵便局員 (officers of the Post Office) そして 完全に給料を支払われている海軍、陸軍、王立空軍 (Royal Air Force) の将校 (officer), (聖職禄をもらっているにせよ、そうでないにせよ) 聖職者, そして 実際に仕事をしている法廷弁護士 (barristers) あるいは事務弁護士 (solicitors) である。

穴を開ける (Pricking)

穴を開ける慣習 (practice of pricking) はイングランドとウェールズのハイ・シェリフの任命に 使用された慣習である。

毎年 2 月か 3 月に、前年の 11 月に用意された 2 つの羊皮紙が枢密院 (Privy Council) の会議で 国王 (ランカシャー公爵 (Duke of Lancaster) でもある) に提示される。 更に別の羊皮紙が 11 月にコーンウォール (Cornwall) のために描かれ、 コーンウォール公爵 (Duke of Cornwall) に提示される。 (あるいは公爵 (Duke) がいなければ、国王に提示される。)

一定の適任な人物たち (高等裁判所 (High Court) の裁判官と枢密院 (Privy Council)) がシェリフ制カウンティ (county shrievalty) の ために複数の候補者を推薦し、この中の 1 名を国王が各々 (のカウンティ) に選ぶ。 実際には、最近では、一覧の最初の名前が常に選ばれる; 2 番目と 3 番目は、続く年、あるいは不適任あるいは死亡により、 シェリフになる傾向がある。

国王は各カウンティごとに、 銀のボドキン (bodkin, 髪ピン) で文書の適切な名前に穴を開ける (pricking (or piercing)) ことで同意を表し、 最後に羊皮紙に署名する。 ランカシャー公爵 (Duchy of Lancaster) の羊皮紙はライツ (Lites) と呼ばれ、 選択の儀式は「ライツに穴を開ける」 (Pricking the Lites) と呼ばれる。用語のライツ (Lites) は リスト (List, 一覧) を意味し、かってはヨークシャー (Yorkshire) のために留保されていた; 名称がランカシャー (Lancashire) に移った日は不明である。 ライツ (lites) は 1974 年 4 月 1 日以来、歴史的なランカスターの ランカスターのカウンティ・パラタイン (county palatine, [訳注:王室の特権を持つカウンティ]) に 完全に、あるいは部分的に含まれる 3 つのカウンティに使用され: これはランカシャー (Lancashire), 広域マンチェスター (Greater Manchester), そしてマージーサイド (Merseyside) である。

この慣行はエリザベス 1 世の治世のある年にさかのぶると信じられ、 この時、エリザベス 1 世はペンがなくて、その代わりに名前に印をつけるために、 ボドキン (bodkin、髪ピン) を使うことを決意した。 対比すると、キャンベル卿 (Lord Campbell) がおそらくは出版する意図なしに、 "閣下、これは国王が名前の書き方を知らなかった古代に始まっています" と述べた。 これはアルバート皇太子 (Prince Albert) がビクトリア女王から穴を開けることと署名を手に入れた時に、 いつこの慣行が始まったかを彼に尋ねた時のことであった。 ハイ・シェリフ協会 (High Sheriff's Association) はべラム (vellum, 高級羊皮紙) に穴を開けるのは確実に記録を変更できなくすると議論している。 この職に就いている人が時々大きな経費を負担し、 不人気な政策を実施しなければならないことを前提にすれば、 君主の選択を変更することは時々その気になることである。

宣言 (declaration)
d

ハイ・シェリフの職を引き受ける前にしなければならない宣言は 「1887 年のシェリフ法」 (Sheriffs Act 1887) の 第 2 の予定に含まれている。 こーウォール公爵 (Duchy of Cornwall) の場合には、追加の言葉が挿入されている; 例えば、宣言に含まれることは: "厳粛に宣言することは、私は女王陛下、そしてコーンウォール公爵 (Duke of Cornwall) にも良好に忠実に仕える。" である。

責任

現在のハイ・シェリフはほとんど本当の責任がなく、 彼らの機能は大まかには代表することで、 これには王室訪問の随行、 高等裁判所裁判官の開廷式 (a High Court judge opening ceremony), 新しい指導者の公表 (proclamation of a new leader)、 そして選挙の時の選挙管理官 (returning officer) としての行動である。

理論的な責任に含まれることは: 高等裁判所裁判官 (High Court judges) の健全性 (well-being) と保護、法廷における世話; 国王に対する国民 (subject) の忠誠を維持すること である。 しかしながら、ハイ・シェリフの仕事の大半は委譲 (delegate) されている。 (例えば、地方警察が今では裁判官と法廷を守っており、) 従って、実際には、ハイ・シェリフの地位は基本的に儀礼的 (ceremonial) である。

ハイ・シェリフは伝統的にはカウンティ内部の法と秩序の維持に責任があった、 もっとも、これらの義務の大半は、今では警察に移譲 (delegate) されている。 法と秩序の間の密接な関連性の結果、 この地位は法執行機関 (low enforcemnent) に関連する人々 (警察官、弁護士、治安判事 (magistrate)、そして裁判官) に与えられた。 ハイ・シェリフは元々は逮捕に抵抗する容疑者を殺すことが許され、 これは 17 世紀でも合法であった。 エドワード・コーク (Edward Coke) が注意するように、 ハイ・シェリフが義務を手伝わせるために巡査たち (constables) を採用すれば、法律は彼らにも及んだ。

権力

「1887 年のシェリフ法」 (Sheriffs Act 1887) の条項の下で、 シェリフが令状の執行 (execution fo writ) で抵抗されれば、 彼は 「カウンティの権力を引き連れる」 (pose comitatus (ポッセ・コミテータス、民警団) と呼ばれる) ことになり、 自ら赴いて執行し、抵抗するものを逮捕し、監獄に引き渡した。 このような抵抗者は微罪 (misdemeanor) で有罪となった。

例外的なカウンティ

ロンドン市

ロンドン市 (City of London) には 2 人のシェリフがおり、 ロンドン市の同業者組合員 (livery man) により、毎年選挙で選ばれた; 彼らの機能はハイ・シェリフのものと類似していたが、同等ではなかった、 というのは 1887 年の法律には以下の保留 (saving) がついていた: 「この法律のいずれも、ロンドンの市長 (mayor), 平民 (commonalty), そして市民 (citizen) がロンドンのシェリフを選ぶ特権に影響することがない」。 ロンドンの 2 人のシェリフは 1889 年までミドルセックス (Middlesex) のシェリフも務め、 この時ミドルセックス (Middlesex) のハイ・シェリフの職が創設された。

コーンウォール

コーンウォール公爵領 (Duchy of Cornwall) の 1337 年の最初の 認可状が述べることは、 このカウンティのシェリフを任命する権利はコーンウォール公爵 (Duke of Cornwall) に 与えられている。 更に 2 つの認可状 -- 1337 年 3 月 18 日付けと 1338 年 1 月 3 日付け -- が述べることは、国王のシェリフがコーンウォールに進入して、国王の令状を執行できないことであった。 コーンウォールのハイ・シェリフは現在の国王とコーンウォール公爵 (Duke of Cornwall) (すなわち皇太子 (crown prince)) の両方に仕えることを宣誓する。 コーンウォール公爵 (Duke of Cornwall) がいない時に、公爵領議会 (Duchy Council) はなおあり、 イングランド君主 (English monarch) (1707 年以後は、英国君主 (British monarch)) の下の 信託統治である。 推薦と任命 (Nomination and appointment) は一般にヒラリー (Hilary) の最中に行われ、 コーンウォール公爵領事務所 (Duchy of Cornwall Office) を経由して表明される。

訳注
ヒラリー (Hilary) とは、 ポワティエのヒラリウス (St Hilary of Poitiers) の祭日のことか ?

ダラム (Durham)

ダラムのハイ・シェリフは 1836 年までダラムの君主司教 (Prince-Bishop, [訳注:君主 (prince) としての資格を有する司教]) により任命され、 この年に、カウンティ・パラタイン (county palatine, [訳注:王室の特権を持つカウンティ]) の管轄権が国王に譲渡された。 この時以来、ダラムのハイ・シェリフはイングランドとウェールズの他のハイ・シェリフと同じように任命された。

アイル・オブ・イーリー (Isle of Ely, イーリー島)

1535 年/1536 年の議会法 (Act of Parliament) により この場所のパラタインの地位 (palatine status) が終わりとなった後、 司教 (bishop) は カストスローチュロールム (custos rotulorum, /ˈkʌstɒs roʊtjʊˈlɔːrəm/,記録係) のままで、 主執行人 (chief bailiff) を終身で任命して、 リバティ (libety) 内部でハイ・シェリフの機能を遂行させた。

ランカシャー

ランカシャーのハイ・シェリフを推薦・選択する権利はランカスター公爵 (Duchy of Lancaster) の権利によって 君主に譲渡された。 1974 年より前には、この権利はランカシャーのハイ・シェリフのみに適用されたが、 1972 年の地方政府法 (Local Government Act 1972) の行政の変更により、 広域マンチェスターのハイ・シェリフとマージーサイド (Merseyside) のハイ・シェリフも ランカスター公爵領 (Duchy of Lancaster) の管轄 (jurisdiction) の下に編入された。 イングランドの他のカウンティと同様に、 3 名がランカシャー (Lancashire) の任命のために、ランカスター公爵領の大蔵大臣 (Chancellor of the Duchy of Lancaster) に推薦される; 大蔵大臣 (chancellor) は私的な謁見で、これらを彼の推薦と共に、君主に提示する。 新規の任命は、通常ヒラリー (Hilary) の最中に表明される。

ロンドンとミドルセックス

ウェールズ

ウェールズのカウンティのシェリフの推薦 (nomination) は 「ウェールズと境界地帯のカウンシル」 (Council of Wales and the Marches) の法令 (statute) と ヘンリー 8 世 (Henry VIII) の下のウェールズ裁判官 (Welsh justices) により始めて与えられた。 1689 年にカウンシル (council) の廃止で、 「ウェールズの大法廷」 (Court of Great Sessions) の裁判官 (justices) に移された。 この法廷が 1830 年に廃止された時に、 この権利は今度は、 王座裁判所 (King's Bench), 財務裁判所 (Exchequer), そして民訴裁判所 (Commons Pleas) の法廷 (複数) に移された。 最後に、1845 年の議会法により、 ウェールズにおけるシェリフの推薦 (nomination) と任命はイングランドにおけるものと同一になった。

アイルランド

「1920 年のシェリフ法 (アイルランド)」 (Sheriffs (Ireland) Act 1920) はハイ・シェリフの義務を カウンティ大陪審 (county grand jury) の招集と巡回裁判 (assize) における裁判官 (jury) の世話に限定した。 アイルランド自由国 (Irish Free State) では、Courts of Justice Act 1924 により、 大陪審 (grand jury) と巡回裁判 (assize) が廃止され、ハイ・シェリフの職が正式に、 「1926 年の裁判所執行吏の法律」 (Court officers Act 1926) により廃止された。 この職は北アイルランドでは存在し続けた。

カナダ

ニューファンドランド・ラブラドール州 (Province of Newfoundland and Labrador) では、 ハイ・シェリフは、ニューファンドランドの最高裁判所と地方裁判所 (provincial court) の 管理と執行任務の提供に主な責任がある。 ハイ・シェリフのオフィスは 陪審システム (jury system) を管理し、 法廷の警備を提供し、法廷の命令と決定を執行する。 これらのオフィサーは彼らに与えられた命令と法律に従って、シェリフの名称で行動する。 これらに含まれるのは、執行吏 (bailiffs)、副シェリフ (Deputy Sheriffs)、 有料の副シェリフ (fee-for-service Deputy Sheriffs)、 そしてハイ・シェリフの全ての従業員とスタッフである。 シェリフのオフィサーは法廷の命令を実施する権力と義務のどちらも持っている。 彼らはカナダの刑法の下の治安官 (peace officer, 警官) であり、 法執行官 (law enforcement officers) の権力と保護の全てを持っている。

米国

ハイ・シェリフの米国での地位は一般に州の上級シェリフ、あるいは 州全体のシェリフ部門 (sheriff's department) の長である。 このような地位はロード・アイランド (執行ハイ・シェリフ (executive high sheriff)) とハワイに存在している。 ニュー・ハンプシャーでは、10 人のハイ・シェリフが各カウンティの 上級法執行官 (law enforcement officer) であり、州の至る所に警察力があった。

チェロキー・ネイション (Cherokee Nation) は以前、ハイ・シェリフを任命しており、 彼はオクラホマ州のチェロキー・ネイション (Cherokee Nation) の監獄の所長 (warden) で会計係 (treasurer) でもあった。 この地位は 1876 年に創設され、ライト・ホース (Light Horse、アメリカインディアンの騎馬警察) の廃止後であった。 最初のハイ・シェリフはサム・シックスキラー (Sam Sixkiller) で、1876 年に任命された。