ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Custos rotulorum - Wikipedia

Custos rotulorum の英語の発音は

CUSTOS ROTULORUM | Definition of CUSTOS ROTULORUM by Oxford ...

で聞くことができます。(スピーカー・アイコンをクリックすればよい。)

カストス・ローチュロールム
(Custos rotulorum)

カストスローチュロールム ((/ˈkʌstɒs roʊtjʊˈlɔːrəm/; 複数形:カストーデーズ・ローチュロールム (custodes rotulorum、/(ˌ)kəˈstō(ˌ)dēz ; ku̇ˈstōˌdās , kü-/)、 ラテン語 巻物の保管者 ("keeper of the rolls")、新ラテン語 : [ˈkus.tos roˈtuː.lo.rum]) は市のポスト (civic post) で、(スコットランドを除く) 英国とジャマイカで受け入れられている。

  1. イングランド、ウェールズと北アイルランド
  2. アイルランド
  3. ジャマイカ
イングランド、ウェールズと北アイルランド

カストスローチュロールム (custon rotulorum) は イングランド、ウェールズ、そして北アイルランドのカウンティの記録の保管者 (keeper) で、 その職 (office) の理由から、カウンティの最高の市の高官 (highest civil officer) である。 このポジションは現在では大体は儀礼的である。

1545 年までは (カストスローチュロールムの) 任命は 大法官 (Lord Chancellor) に よっていたが、現在は王室署名 (Royal sign-manual) の下で、 国王により行使され、通常は地位のある人によって保持されている。 この任命は 1836 年以来、イングランドを通じて、カウンティのレフテナント卿のものと結びついていた。 ランカシャーのカストスローチュロールム (custos rotulorum) は、 以前は ランカスター公爵大臣 (Chancellor of Duchy of Lancaster) により任命され、 カウンティ・ダラム (County Durham) のものは、パラタイン権利 (palatine, [訳注:王室の特権]) の廃止まで、 ダラム司教 (Bishop of Durham) に与えられていた。 伝統的には彼は治安判事 (justices of the peace) の 1 人であった。 アイル・オブ・イーリー (Isle of Ely, イーリー島) のカストスローチュロールムは 「1837 年のリバティー・オブ・イーリー法」 ('Liverty of Ely Act 1837') に至るまで、 イーリー司教 (Bishop of Ely) のまゝであった。

実際には、記録は治安書記 (clerk of the peace) の管理にあった。 後者は 1888 年に至るまで、 カストスローチュロールム (custos rotulorum) により任命されたが、 この年の地方政府法 (Local Government Act) の通過に引き続き、 任命はカウンティ議会 (county council) の 常設の合同委員会 (standing joint-committee) により実施された。 治安書記 (clerk of the peace) のポストは 「1971 年の法廷法」 (Courts Act 1971) により廃止された。

ウィリアム・ランバード (William Lambarde, 1536年 - 1601年) が記述したことによると、 カストスローチュロールム (custos rotulorum) は 知識、冷静 (countenance)、名声 (credit) により選ばれた。

アイルランド

カストスローチュロールム (custos rotulorum) の役割は アイルランド王国 (Kingdom of Ireland) でも採用され、 名詞後置の "CoRo" (post-nominal "CoRo") として 省略されている。 1831 年から、この肩書は、 役人 (office-holder) として各カウンティの既存の レフテナント卿 (Lord Lieutenant) に引き渡され、 この時から、 カウンティ・ダブリン (County Dublin) のレフテナント卿の一覧は ダブリンのカストスローチュロールム (Custos Rotulorum) と対応している。 カストスローチュロールムは 「1898 年の地方政府法 (アイルランド)」 (Local Government (Ireland) Act 1898) により廃止された。 1922 年、 アイルランド自由国 (Irish Free State) の創設により、その時までに大体は名用のポストであったものが廃止されることになった。 しかしレフテナント卿はなお北アイルランドで維持されている。

ジャマイカ
歴史

カストスの職 (Office of the Custos) はジャマイカでは植民地時代の過去から 進展した。 これは 14 世紀の英国にさかのぼることができ、 1391 年に国王 リチャード 2 世 (King Richard II) が、 カウンティにおける法律と秩序維持の助けのために、 カストス (Custodes) と治安判事 (Justices of the Peace) を任命する 「大委任」 (Grand Commission) を発令した。

ジャマイカでは、この職の最初の言及は 島内の 「法廷の秩序ある手続き」 ('Orderly Proceedings of the Courts') を処理する布告における 1668 年 7 月 28 日の立法議会 (Legislative Council) の議事録に登場している。 カストスの職 (Office of Custos) を保持する者は総督 (Governor) により 任命された教区の最初の市民として記述され、 教区における良好な秩序・規律の維持の支援をして、法律の規則を守る代理であった。 名前で言及されている最初のカストス (Custos) は 「ポート・ロイヤル・カストス」 (Custos of Port Royal) のヘンリー・モーガン (Henry Morgan) であり、 1680 年のカーライル伯爵 (Earl of Carlisle) が総督である最中のことであった。

カストスローチュロールム (Custos Rotulorum) あるいは 「治安判事の巻物の保持者」 (Keeper of the Roll of the Justices of the Peace) は 治安判事 (Justice of the Peace) である必要があり、 彼の管轄内に起きるような些細な犯罪を処理しなければならなかった。 色々な時におけるカストス (Custos) の義務と権力に含まれたことは:

任命と義務

1959 年 7 月 5 日に議会に承認され、 1963 年 2 月 5 日に公表された内閣文書 No 2 (Ministry Paper Number 2) の付録 I は、 ジャマイカのすべての教区にカストスローチュロールム (Custos Rotulorum) がいることの あらましを述べている。 カストス (Custos) は総理大臣の忠告で行動する総督 (Governor-General) により任命され、 法人地区 (Corporate Area) の場合を除いては、彼は任命される教区の住民である。

この文書はカストス (Custos) の機能と義務を次のように明記している。

上記のことに付け加え、近年のカストス (Custodes) は次のような任務ににも就いてきた:

特権

カストス (Custos) は次の資格があった: