ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Lord-lieutenant - Wikipedia

レフテナント卿とは昔の英国のカウンティ (州) の統治者で、国王の代理でした。 イングランドの儀礼カウンティの冒頭を参照。 (レフテナントは英国式発音のカナ表記で、米国式発音ではルテナント (中尉) になる。)

レフテナント卿 (Lord-lieutenant)

レフテナント卿 (lord-lieutenant, /lɛfˈtɛnənt/) は 英国 (United Kingdom) のレフテナント制地域 (lieutenancy area) における英国君主 (monarch) の 個人的な代理である。 歴史的には、各レフテナント (lieutenant) はカウンティの民兵 (militia) を 組織する責任があった。 1871 年に、地方民兵 (local militia) におけるレフテナントの 責任が取り除かれた。 しかしながら、必要であれば、彼らが身体的に健全な人々が 戦うことを求める権利を正式に失ったのは 1921 年になってのことであった。

レフテナント卿は今では名ばかりの名誉の地位で通常は カウンティの退役した著名な人物に与えられている。

レフテナント卿により掲揚される旗 (banner) スコットランドの王室旗 (Royal
Banner),これはスコットランドの
レフテナント卿が使用できる。
  1. 原点
  2. 19 世紀
  3. 20 世紀
  4. 現在
  5. アイルランドのレフテナント卿
  6. レフテナント卿に対する呼びかけの形式 (Forms of address for lord-lieutenants)
  7. 植民地で同等なもの
  8. 他の国におけるおよその同等物
原点
イングランドとウェールズ

レフテナントが 1540 年代に始めてイングランドの幾つかのカウンティに任命されたのは、 国王 ヘンリー 8 世 (King Henry VIII) によっており、 シェリフの軍事機能がカウンティに手渡された時である。 各レフテナントは彼のカウンティの地方民兵部隊 (local militia unit) を集め、 この効率に責任を負った。これは自作農民階級 (yeomanry) と 義勇兵 (volunteers) の後のことであった。 彼は、これらの軍隊の司令官で、彼はこの軍隊の将校を任命した。 これらの依頼された任務は元々は一時的なもので、 しかも状況により、地方民兵を特別に監督し、よく準備する必要がある場合のみであった; しばしばスコットランドやフランスの侵入が予期される時であった。

訳注
yeomanry には「義勇農騎兵団」の意味があるが、これは 1761 年のことになるので、 時間が前後する。そのため本来の意味である「自作農民階級 (ヨーマン)」と訳した。

レフテナントは、まもなくもっと組織化され、 恐らくはヘンリーの後継者の国王 エドワード 6 世 (King Edward VI) の治世の時に (レフテナント制の) 設立が 1550 年のイングランド議会によって承認された。 しかしながら、レフテナントが全てのカウンティとカウンティ法人に任命され、 事実上、恒久的なものになったのは、1585 年のスペイン軍の侵略の脅威があって 始めてのことであった。 1590 年代にはカウンティの幾つかにはレフテナントがいなかったが、 スペインの無敵艦隊を打破した後も この職が存在し続け、 英西戦争 (Anglo-Spanish War) が終わってからも、 国王 ジェームズ 1 世 (King James I) により (レフテナント制が) 維持され続けた。

レフテナントの職 (office of lieutenant) は イングランド共和国 (Commonwealth, [訳注:清教徒革命]) の下で廃止されたが、 王政復古 (Restoration) に引き続き、 「1662 年のロンドン市の民兵法」(City of London Militia Act 1662) の下で再設置された。この法律は 次を宣言した。

国王陛下と後継者は時々、場合が必要とすれば、 陛下と後継者は、イングランド、ウェールズ自治領、そして べリック・アポン・ツィード (Berwick-upon-Tweed) の、幾つかの及びそれぞれのカウンティ、市、そして場所において、 陛下のレフテナントに適切と考える人々に、幾つかのレフテナントの職を委任する。

明白に述べられていないが、その日付から、 レフテナントは 「全体としてのカウンティ」 (counties at large) に任命され、 管轄区はカウンティ内の カウンティ法人 (counties corporate) を含んでいた。 例えば、17 世紀と 18 世紀の デボン (Devon) のレフテナントは エクセター市 (City of Exeter) に代理レフテナントを任命し、 時々 「デボンとエクセターのレフテナント」 (Lieutenant of Devon and Exeter) として記述されている。 1 つの例外はハバーフォードウェスト (Haverfordwest, /ˌhævərfərdˈwɛst/,[訳注:ペンブルックシャーの町]) で、ここには 1974 年に至るまで、 レフテナントが任命され続けた。 この例外の起源はペンブルックシャー (Pembrokenshire) の 以前のパラタインの地位 (palatine status) にあるのかもしれない。

訳注
「パラタインの地位」(County palatine) は County palatine - Wikipedia からわかります。
In England, Wales and Ireland a county palatine or palatinate was an area ruled by a hereditary nobleman enjoying special authority and autonomy from the rest of a kingdom or empire. The name derives from the Latin adjective palātīnus, "relating to the palace", from the noun palātium, "palace".
[邦訳]: カウンティ・パラタインとは、 イングランド、ウェールズ、そしてアイルランドで、 世襲貴族で統治された地域で、 特別な権限、及びそれ以外の王国あるいは帝国からの自治権を享受しているものである。 この名称はラテン語の形容詞である palātīnus (宮廷 (palace) に関連する) に由来し、 名詞の palātium (宮廷 ("palace")) に由来する。

この時の、この職の公式な肩書は 陛下の 「カウンティ x のレフテナント」(His or Her Majesty's "Lieutenant of the county of x") であったが、 この職に就いているほとんどすべての人が、この地域の貴族であったため、 彼らは 「レフテナント卿」 (Lord Lieutenant) と呼ばれた。

ロンドン市 (City of London) はレフテナント職の権限は一意的に与えられ、 ミドルセックスのレフテナントの権限 (authority) からは除外されていた。 ロンドン塔管理長官 (Constable of the Tower of London) とシンク・ポーツの管理人 (Warden of the Cinque Ports) は それぞれタワー・ハムレッツ (Tower Hamlets) とシンク・ポーツ (Cinque Ports、五港) の 職権上レフテナント (ex-officio lieutenants) であり、 これらはレフテナント制と民兵の問題に関する立法ではカウンティとして扱われた。

アイルランド

アイルランドのカウンティではカウンティの民兵の責任を取る高官は ジェームズ 2 世 (James II) に 至るまでは、レフテナント (Lieutenant) と呼ばれ、それ以後は知事 (Governor) と呼ばれた。 1 つのカウンティには 3 名までの知事がありえた。 カウンティ行政長官 (county magistgrates) を推薦する責任は カストスローチュロールム (Custos rotulorum, /ˈkʌstɒs roʊtjʊˈlɔːrəm/,記録係) にあった。 「1831 年のカストスローチュロールム法 (アイルランド)」 (Custos Rotulorum (Ireland) Act 1831) は知事の任務をキャンセルし、 民兵とカウンティ行政長官の機能を再設置されたレフテナント (これは認可状により任命され、 レフテナント卿に合わせた) の職に移動し、アイルランドのレフテナント卿に代理レフテナントを任命する権力を与えた。 アイルランド共和国では、1922 年の アイルランド自由国 (Irish Free State) の創設以来、 レフテナント卿は任命されることがなく、関連法規はすべて無効になった。

北アイルランド

1921 年に北アイルランドの設立と共に、 北アイルランド総督を通して、 6 つのカウンティ及び デリー (Derry) と ベルファースト (Belfast) の 2 つの カウンティ自治区 (county borough) にレフテナント卿が任命され続けた。 1973 年にカウンティとカウンティ自治区 (county borough) は地方政府の単位としては 廃止されたが、 レフテナント卿は今や女王により、 1973 年 10 月 1 日の直前に地方政府の目的で定義された カウンティとカウンティ自治区 に直接任命されている。

スコットランド

バルカース伯爵 (Earl of Balcarres) のコリン (Colin) は 1688 年に ファイフ (Fife) のレフテナント卿に任命され、 およそ 1715 年頃から少々のカウンティに、レフテナントが任命されたが、 恒久的なレフテナントが王室許可証 (Royal Warrant) により設立されるのは、 1794 年になって始めてのことであった。 1797 年の民兵法 (Militia Act 1797) により、 「カウンティ、Stewartry、市、そして地域」に任命された レフテナントはカウンティ民兵部隊を招集・命令する権力が与えられた。

エジンバラ (Edinburgh), グラスゴー (Glasgow), アバディーン (Aberdeen) そして ダンディー (Dundee) の市長 (Lord Provost) は 職務によって、彼らのそれぞれの市のレフテナント卿でもあった。

レフテナント制で、レフテナント卿はスコットランド王立軍 (Royal Arms of Scotland) の旗 (banner) を掲揚することが公式に許可されているスコットランドの数少ない個人の 1 人である。 この旗はもっと一般的にライオン・ランパント (The Lion Rampant) と呼ばれている。

訳注
Rampant | Definition of Rampant by Merriam-Webster によると
standing on one hind foot with one foreleg raised above the other and the head in profile —used of a heraldic animal
後ろ足で立ち、前足をもう一方の上に持ち上げ、頭は横向き -- 紋章の動物に使用される。
19 世紀

「1802 年の民兵法」 (Militia Act 1802) はイングランドとウェールズで 「カウンティ、ライディング、及び地域のためのレフテナント」 ("Lieutenants for the Counties, Ridings, and Places") を任命して、彼らにカウンティの民兵 (county militia) の指揮権を与えた。 それ自身カウンティである町と市の場合に、 長官 (chief magistrate) (すなわち、市長、主任執行吏 (chief bailiff) あるいは法人の他の長) が 国王によるレフテナントの任命がない場合に代理レフテナントを任命する権限があった。

「1871 年の軍の規制法」 (Regulation of the Forces Act 1871) によりレフテナントは 「カウンティの民兵」 (county militia) の長を解任され、 レフテナントにより行使された権限、義務、指揮権は国王に復帰したが、 最初の任命の助言の権限はレフテナントに留保された。

「1882 年の民兵法」 (Militia Act 1882) はレフテナントの権限を国王に復帰した。

レフテナント制 (lieutenancies) は 1882 年の法律の 29 項 (Section 29) により、 新しい基礎の上に再設置された。 この項が記述したことは 「女王陛下は英国の幾つかのカウンティで時々レフテナントを任命する」 ( "Her Majesty shall from time to time appoint lieutenants for the several counties in the United Kingdom") であった。 レフテナント制を目的にしたカウンティは 「全体としてのカウンティ」 (county at large) として定義し直された。 但し、カウンティ・ヨーク (county of York) の各ライディング (riding) は分離したカウンティとなることになった。 この法律の下で、レフテナントを任命する特許状 (letters of patent) の テキストが記述することによると、レフテナントの肩書は次で与えられる。

カウンティ X と このカウンティの内部、範囲・区域の中の、 自治市 (cities boroughs)、 リバティ (liberty)、 法人化されていなかったり、 特権がある場所等を何でも (含む場所) の レフテナント

これは 1662 年以来存在してきた状況の正式な認識であり、 イングランドの カウンティ法人 (counties corporate) の 大多数のレフテナント制は付随するカウンティと共同で保有した -- 例えば、レフテナントが任命されたのは: グロスター・カウンティ (County of Gloucester) グロスター市 (City and County of Gloucester, [訳注:City and County = カウンティ法人]) そしてブリストル市 (City and County of Bristol) であった。

ハバーフォードウェスト (Haverfordwest) はレフテナントを維持することが許可されたが、 一方、 タワー・ハムレッツ (Tower Hamlet) とシンク・ポーツ (Cinque Ports) はレフテナント制 (lieutenancy) の ためのカウンティと見なされることが継続されることになった。

1889 年から、イングランドとウェールズのレフテナント制カウンティ は 「1888 年の地方政府法」 (Local Government Act 1888) により設立した 行政カウンティカウンティ自治区 (county borough) のグループ化に対応することになった。 新しいカウンティ・オブ・ロンドン (County of London) の創設はタワー・ハムレッツ (Tower Hamlets) のレフテナント制の 終了につながることにもなった。 この法律によって、シンク・ポーツ (Cinque Ports) のレフテナント制も消滅した。

「1898 年の地方政府法 (アイルランド)」 (Local Government (Ireland) Act 1898) の 69 項により、 レフテナント制のカウンティは、新しく創設された行政カウンティに、 揃えなおされた。 1 つの例外は カウンティ・ティペラリー (County Tipperary) であった、 ここは 2 つのカウンティ議会で管理されたが、レフテナント制では合体したままであった。 イングランドとウェールズの立法と対比すると、 各カウンティ自治区 (county borough) はそれ自身のレフテナントを持つことになり、 カウンティ自治区にされなかったカウンティ法人は廃止された。 これにより、 ベルファースト (Belfast) のカントリー自治区と ロンドンデリー (Londonderry) のカントリー自治区に 1 人のレフテナントを作ることになり、 キルケニー市 (city of Kilkenny), ドロヘダ自治区 (borough of Drogheda) そして ゴールウェイ町 (town of Galway) のもの複数を廃止することになった。

レフテナントの仕事は名誉のもので、王室の喜びの最中に実施されるが、 事実上一生のものである。 この仕事への任命は、国璽 (great seal) の下に、特許状 (letters-patent) によっている。 必ずしもというわけではないが、通常は、 レフテナントに任命された人は カストスローチュロールム (custos rotulorum,/ˈkʌstɒs roʊtjʊˈlɔːrəm/,記録係) あるいは記録係 (keeper of the rolls) に任命される。 カウンティ裁判所の治安判事 (county bench of magistrates) の任命は通常はレフテナントの推薦によって実施された。

20 世紀

「1907 年の領土軍と予備役の法律」 (Territorial and Reserve Forces Act 1907) は カウンティ領土軍連合 (county territorial force associations) を設立し、レフテナントがその長で、カウンティ連合 (county association) の長にならった。 これはカウンティとカウンティ法人の組み合わせを レフテント制カウンティとして再記述した。

1921 年に、北アイルランドの設立で、 レフテナントは 北アイルランド総督 (Governor of Northern Ireland) を通して、 6 つのカウンティと 2 つのカウンティ自治区 (county boroughs) に任命され続けた。 翌年の アイルランド自由国 (Irish Free State) の創設により、アイルランドの残りのカウンティの レフテナント制は廃止された。 1973 年にカウンティとカウンティ自治区 (county borough) が北アイルランドで地方政府の単位として 廃止され、レフテナンテ卿は今や、 「1973 年 10 月直前に地方政府の目的のために定義された カウンティとカウンティ自治区」に対し国王によって直接任命されている。 1975 年に、レフテナント卿の用語は公式にレフテナントの代わりになった。

1965 年のイングランドの地方政府改革により、 広域ロンドン (Greater London)、 ハンティンドン (Huntingdon)、 ピーターバラ (Peterborough) にレフテナントが任命されることになり、 ロンドン、 ミドルセックス、 ハンティンドンの複数カウンティへのレフテナントが廃止された。

(広域ロンドン以外で) イングランドとウェールズを通し、 もっと基本的な地方政府の改革により、 1974 年に新しい 大都市カウンティ非大都市カウンティ、そしてウェールズの カウンティが創設された。 新しいシステムを設立した 「1972 年の地方政府法」 (Local Government Act 1972) の 218 項が記述したことは: 「女王はイングランド、ウェールズ、そして広域ロンドンの 各カウンティにレフテナント卿を任命すること」 であった。 この法律はレフテナントの代わりにレフテナント卿の用語を最初に 使用した法令と思われる。

既存のレフテナント卿は可能な限り、 対応する新しいカウンティの 1 つに任命されていた。 これが可能でない場合に、既存の任務保持者がレフテナント卿 の下級のカウンティ・レフテナント (lieutenant of a county) になる。 例えば モンゴメリーシャー、(Montgomeryshire) のレフテナント卿は ポーイス (Powys) のレフテナント卿に任命され、 ブレコンシャー (Breconshire, ˈbrɛknɒkˌʃɪə, -ʃə) とラドノシャー (Radnorshire) の者は、 各々単に 「ポーイス (Powys) のレフテナント」 として指定されていた。 この方法は一時的なもので、 この方法では 1974 年以来、どのレフテナントも任命されていない。 もっとも、この権力はなお存在している。

1975 年に、スコットランドで、カウンティは地方政府の目的のための使用を停止した。 「1973 年の地方政府法」 (Local Government (Scotland) Act 1973) はカウンティをリージョン (regions, 地域) で置き換え、 各リージョンにはおおよそ 1 人、あるいはそれ以上のレフテナント卿が任命されている。 レフテナントが任命される地域はカウンティに近似され、 新しい地方政府行政地区の言葉で定義されている。

現在

1996 年に、スコットランドのリージョン (region, 地域) と行政地区 (district) は 更なる地方政府の再編成で廃止され、この日以来、レフテナント卿は 「レフテナント制地域」 ("lieutenancy area") に任命された。 この地域は大半の場所で、スコットランドの歴史的カウンティにおおよそ同等である。

2012 年現在の英国 (United Kingdom) の
レフテナント制地域

1995 年以来のイングランド地方政府の部分的改革により、いわゆる 儀礼カウンティ ("ceremonial counties") の創設に至り、 今ではここにレフテナント卿が任命されている。 「1997 年のレフテナント制の法律」 (Lieutenancies Act 1997) はイングランドの レフテナント制を扱った最も最近の主な法律であり、現在の使用されている地域の明確な一覧を含んでいる。 儀礼カウンティはカウンティ議会地区 (county council areas) と ユニタリー自治体 (unitary authority)、あるいはこれらの一部分からなる組み合わせから 構成されている。

ウェールズにおける 1996 年の地方政府再編成以来、 レフテナント制は今では "保存されたカウンティ"、 すなわち、1974 年から 1996 年に至る行政目的に使用されたカウンティに任命されている。

ロンドン市 (City of London) は 1882 年以来導入された変化で影響を受けていない。 ここにはただ一人のレフテナント卿ではなく、レフテナント制委員会がある。 委員会の議長はロンドン市長 (Lord Mayor) である。

義務

レフテナント卿はそれぞれのレフテナント制地区 (lieutenancies) における君主の代理である。 国王の威厳を維持することが彼らの主要な義務であり、 これをするために、彼らは、 自主的で善意ある組織に与える時を通して、 そして彼らのカウンティの事業と社会生活で取り入れる利益を通して、 協調の精神と良好な雰囲気の奨励を求めた。

レフテナント卿の現代の責任に含まれることは:

所属カウンティの国王代理として、レフテナント卿は 政治に関係せず、どの政党にも事務所を設置していない。 彼らは終身で任命されているが、退役の通例の年齢は 75 才で、国王は退役させることができる。

代理

各レフテナント卿は、彼 (あるいは彼女) が任命する副レフテナント卿と代理レフテナントに支援される。 副レフテナント卿はレフテナント卿が外国に行ったり、病気や、それ以外で対応できないときに (仕事を) 引き継ぐ。 レフテナント卿は 30 名から 40 名の副レフテナントを任命し、これはカウンティの人口に依存している

報酬

彼らには報酬がないが、秘書のための最小の手当、移動手当 (mileage allowance) と運転手が付く。 男性のレフテナント卿は儀礼制服 (ceremonial uniform) の手当を受領し、 これは王族の一員を接待する時や他の公式行事で身に着ける。 女性のレフテナント卿には制服がないが、バッジがあり、儀礼の場合に身に着ける。

制服

少なくとも、18 世紀以来、軍隊式の制服 (このポストの軍隊起源に適切であったもの) が 男性のレフテナントにより着用された。 1831 年以来、一般の参謀将校 (geeral staff officer) が着用する制服と類似していたが、 通常の将校が着用する金のレース (lace) の代わりに銀であった。 時と共に制服のデザインは軍隊の制服の変化と一致して変更された。 現在はダーク・ブルーの制服で、一般将校の軍隊 No. 1 の服の様式である (しかし、ボタン、肩章 (epaulettes)、肩帯 (sash) 等が付き、金ではなく銀になっている)。 帽子をかぶり、鋼のさやが付いた剣を身に着ける。 帽子のバッジ等はレフテナントのカウンティの場所に依存して変化する: バラがイングランドで付き、 シャムロック (shamrock, [訳注:アイルランドの花]) がアイルランドで付き、 アザミ (thistle) がスコットランドで付き、 プリンス・オブ・ウェールズの羽根 (Prince-of-Wales feathers) がウェールズで付く。 全体として、レフテナント卿の記章 (insignia) は英国陸軍の中将 (lieutenant general) に類似している。

イングランドのレフテナント卿の制服
に含まれるのは:帽子のバラと王冠の
バッジ (rose-and-crown badge) と肩章
レフテナント卿、正式の制服
(20 世紀初頭)

男性の副レフテナント卿と代理レフテナントの制服は スタイルが似ているが、レフテナント卿のものと異なる造作がある: 肩章 (shoulder boards) の上には国の象徴 (バラ、シャムロック、あるいはアザミ) の上に王冠がない。 赤い襟章 (collar patch) の上に銀がなく、青い紐 (cord) (副レフテナントは単純な灰色の縞 (stripe))、 そして帽子の頂上の周りに金の組紐 (braid) の唯一の列がある (副レフテナントはオークの葉がなく、単純な金のテープ)。 付け加えると、代理レフテナントは上司よりも細い肩章を身に着け、 赤い帽子の帯は小さな灰色の縞 (stripe) で水平に分割されている、 従って、副レフテナント卿の服は英国陸軍の以前の准将 (brigadier general) のものに類似し、 代理レフテナントの服は佐官 (field officer) に類似している。

アイルランドのレフテナント卿

アイルランドのレフテナント卿は 1922 年の アイルランド自由国 (Irish Free State) の創設に至るまで、 アイルランドにおける英国統治の長であった。

レフテナント卿に対する呼びかけの形式
(Forms of address for lord-lieutenants)
植民地で同等なもの

イングランド帝国 (English Empire)、 後には英国帝国 (British Empire) の植民地では、 レフテナント卿の義務は一般に 最高司令官 (commander-in-chief) あるいは総督 (governor) に よって実施された。 どちらの職務も同じ人物によって専有されることがあった。

1 つの実例として、 これはなお英国の 2 番目の場合の、最古の現存する植民地であるバーミューダ (Bermuda) の場合があり、 ここでは「北米と西インド諸島基地のための王立海軍工廠」 (Royal Navy's headquarters, main base, and dockyard for the North America and West Indies Station) が米国 (United States of America) の独立に引き続いて設立された。 植民地は 1612 年の公式な定住以来 、民兵と義勇軍 (volunteer forces) を招集した。(騎馬隊は後に追加され) 正規歩兵 (regular infantry) の小さな軍隊が 1701 年から 1783 年まであった。 大きな正規軍の守備隊が 1794 年以後に増強され、 予備役の軍隊が 1812 年のアメリカ戦争 (American War) が終わってから姿を消した。 これは地方政府が保守することに興味を失ったからであった。 この時点から 1960 年代に至るまで、総督 (governor) はほとんど排他的に王立砲兵隊の上級将校あるいは 王室技術者であり、軍事司令官 (military-in-chief) であった (そして当初は副提督 (vice admiral) であった)。 民兵の法律 (Militia Act) や植民地政府からの資金なしで、 民兵をよみがえらせる試みは、総督 (Governor) と司令官 (Commander-in-Chief) の承認の下で、この世紀を通じて実施されたが、どれも 継続しないことが判明した。 植民地政府は終に民兵と義勇軍 (volunteer forces) (バーミューダ士官候補兵団 (Bermuda Cadet Corps), バーミューダ・ボランタリー工兵隊 (Bermuda Volunteer Engineers), バーミューダ民兵歩兵隊 (Bermuda Militia Infantry) は後に追加) を招集することを余儀なくされ、 これらを指揮下に置いたのは: 総督 (Governor) と司令官 (Commander-in-Chief) であり、 更には彼の下士官 -- バーミューダ司令部 (Bermuda Command) (あるいはバーミューダ守備隊 (Bermuda Garrison)) 担当の准将 (brigadier) -- の作戦上の支配下に置かれた。 バーミューダ司令部 (Bermuda Command) は正規兵を含むが、更には (海軍と対照的に) 植民地の非常勤の軍事力 を含んでいた。 王室海軍と正規陸軍 (regular army establishments) はバーミューダ (Bermuda) から撤退したが、 バーミューダ総督 (Governor of Bermuda) は 王立バーミューダ連隊 (Royal Bermuda Regiment) の司令官のまゝであった。 (もっとも、もっと最近の総督は職業軍人将校ではなかった。) (王立バーミューダ連隊 (Royal Bermuda Regiment) は BMA (Bermuda Militia Artillery, バーミューダ民兵砲兵隊) と BVRC (Bermuda Volunteer Rifle Corps、バーミューダ・ボランティア・ライフル隊) の 1965 年の混成物 (amalgam) で、 これはどちらも第一次世界大戦後に 国防義勇軍 (Territorial Army) に 則して再組織されていた。)

他の国におけるおよその同等物

フランスとイタリアでは、知事 (prefect) (フランス語でプリフェ (préfet)、イタリア語でプレフェット (prefetto)) の役割は、 レフテナント卿 (lord-lieutenant) のものとは違っている、 フランスの地域圏 (region、レジオン) と県 (department, デパルトマン) の知事 (prefect) は公共サービス (public service) を提供し、更にはコントルールする機能に責任がある。 スウェーデンの landshövding とノルウェーの "fylkesmann" は地域知事 (regional governor) で、 責任を持つのは: 提供される事業の行政的コントロール機能、 地方とカウンティの自治体 (municipalities) により成される決定、 更には地域 (region) の国王代理である。 オランダでは 「国王の長官」 (King's Commissioner) (オランダ語で Commissaris van de Koning) は 君主によって任命されるが、 レフテナント卿とは違い、政党に属している。